FC2ブログ

黒なイロカエルアンコウ♪

2月20日(水) 天気:晴れ 気温:13~20℃ 風:南西7m→北東2m

<秋の浜> 透明度:15~20m 水温:17.8℃ 海況:良好
<野田浜> 透明度:10~12m 水温:17.0℃ 海況:ウネリあり


今日は2月としては異常な暖かさとなりました。大島でも最高気温20℃を記録。
南西風の影響で、朝一は秋の浜しか潜れそうもなかったので・・・
1本目は秋の浜に。。。

昨日と違って、水温が17.8℃と1℃上がっていましたが、流れもありました(^^;
なのであまり無理せず、近場をぐるっと。。。

まずはお肌がキレイなハダカハオコゼ!また脱皮したんですね~
190220-hadakahaokoze.jpg

同じ窪みにはそこそこ大きなミヤケテグリにも会えました♪
190220-miyaketeguri.jpg

エビ好きな方が一人居たので、今日はアカホシカクレエビ(抱卵中)を紹介。
たまにしか撮りませんが、いつ見てもこの子は抱卵中なんですよね(^^;
190220-akahosikakureebi.jpg

浅場のクマドリカエルアンコウygも健在ですね。
190220-kumadori.jpg

そしてIDCさんから黒いイロカエルアンコウygの情報を頂き、早速見てきました。
今年は白とオレンジ色ばかりだったので、この色は新鮮ですね♪
ありがとうございました。
190220-iro.jpg

他にも、ツユベラyg・カンムリベラyg・ウツボ・セナキルリスズメダイyg・
サザナミヤッコ若魚・アオヤガラ
などが。


2本目は、野田浜へ。。。
正直、昨夜のウネリが少し残っていたので、悩んだのですが・・・
ゲストさん達の強い要望もあり、潜ってきました。
結果、揺れが強いのはロープ沿いだけでしたが。。。

水中アーチに到着すると、なんとアオウミガメが休憩していてラッキー♪
しかしこちらに気づかれて沖へ泳いでいってしまいましたが。。。
190220-kame.jpg

砂地を移動してると、13匹のツバメウオの群れ!に遭遇。
冬の海でもこんなに元気に残っていたんですね~
190220-tubameuo.jpg

そしてコロダイが1匹だけうろついていたので1枚。。。
190220-korodai.jpg

他にもネズミフグ・ホシエイ・テングダイ・タカノハダイ・アオブダイなどが。

やっぱり荒れていた直後だったので、ウミウシ類は目に入りませんでした。

明日は、いろいろジオパーク関係の打ち合わせDayとなりそうです。

スポンサーサイト

元気な学生さん達とダイビング♪

2月19日(火) 天気:曇りのち小雨 気温:11~15℃ 風:南西6m

<秋の浜> 透明度:15~20m 水温:16.4℃ 海況:良好
<ケイカイ> 透明度:10~15m 水温:17.8℃ 海況:やや波あり


今日から久々に海ガイド♪学生さん5人組と一緒に2本潜ってきました~
凄いのは、このうち2名がWETスーツで潜ってるという事実。。。
若さってすごい(^^;


1本目は一番海況が穏やかな秋の浜へ。。。
初ドライやWETの方もいたので、少々浅めに&短めに。

まずは未だ頑張ってるドリーこと、ナンヨウハギygにご挨拶。
今日も寒さでサンゴの隙間でジッと堪えていました(^^;

途中、メジナの群れ!やテングダイなどを見つつ沖へ。。。

するとネッタイミノカサゴygに遭遇!
やっぱりこの種の魚はこのくらいのサイズ(8cm以内)くらいが可愛い。
190219-nettaiminokasago.jpg

他にも大きめな?コロダイが3匹ウロウロしていて、学生さん達は
何だかすごく興奮されていました♪

浅場では大きなヒラメ!に遭遇。女子の一人は大きすぎて怖かったとか。。。
まあ確かにジャスト1mくらいでしたもんね。
190219-hirame.jpg

他にも、キカモヨウウミウシ・ツノダシ・イソギンチャクエビ・オトヒメエビ・
ウツボ・アカハタ・イワシの稚魚
などが。


2本目はウミガメ狙いでケイカイに!。。。

午後から南西風が吹いてきて、少々水面は荒れ気味でしたが、
右側のEN口はまだ静かだったので、本日は右エリアに!

いつものようにカメポイントに向かうと幸先良く、すぐに泳ぐアオウミガメが!

ポイントに着くと、まずはイシガキフグがお出迎え♪正面顔は可愛いのです。
190219-isigakifugu.jpg

その後も、水底で休んでるアオウミガメが次から次へと。。。♪
今日は全部で6匹のカメに会えました!


小さめのカメでしたが、目の前で撮影出来たし。。。
190219-kame1.jpg

主かNo.2の大きさの1mオーバーの巨大アオウミガメにも会えました!
190219-kame2.jpg

やっぱりケイカイはウミガメ遭遇率が半端ない(^^;ですね。

他にも巨大アオブダイ・アカエイ・テングダイ・カスザメなども見れました。

予報では今晩、雨・風共に強くなり海は荒れそうなのですが・・・
22時現在、意外と雨も風もないので、もしかすると予報変わって明日も◎かな?


久々に山ウィークな週末に。

2月18日(月) 天気:晴れ 気温:4~13℃ 風:北東→南西3m

<山頂ジオ展ガイド&砂漠トレッキング&星空ツアー>

先週末の2月15日(金)から本日18日(月)まで、山ガイド&星空ガイドのお仕事に。
天気は大きな崩れはなかったのですが、曇りの日が多く、16日(土)の星空だけは
催行中止になってしまいましたが、その夜以外はそれなりに出来ました♪


山頂ジオ展ガイドでは、、、山頂にあるこういった室内ブースにて、訪れた観光客に
トレッキング前の見どころ説明や、トレッキング後の確認や、時間が無くて景色を
見るだけの方向けに、プロジェクターを使ってバーチャルトレッキングをしてみたり・・・
その他、写真パネルの説明や噴火の事などを話したりな説明ガイドをやってるんです。
この時期は椿祭りという事もあり、バスツアー客などが大勢いて、ジオ展ガイドも
案外忙しいのです。

190217-jioten.jpg

写真は17日の山頂展望口からの眺めです♪
190217-miharayama.jpg


本日18日は、日本人&アメリカ人ペアなお二人と一緒に、裏砂漠トレッキングへ!
ハワイ島に行った事のあるお二人からすれば、少し似たようなミニマムな景色だったかも
しれませんが、それでも大島ならではの景観や特徴などを話しながら楽しく歩いてきました。
キャニオンの壁からは今日もモクモクと噴気(ほぼ水蒸気)が出てました~
190218-kyanion.jpg

夕方、海辺から山を振り帰ると、大きな満月に近い月が!
そうなんです、明日19日の夜中と、20日の夜中に見れる満月は今年一番の大きさとなる
スーパームーン!!なのです。明日の夜は天気が絶望的なので、とりあえず1枚パシャリ!
190218-tuki.jpg


明日からは学生さん達と一緒にダイビングしてきまーす!!

ケイカイはウミガメ天国♪

2月14日(木) 天気:曇り 気温:5~8℃ 風:北東7~8m 

<ケイカイ> 透明度:10~15m 水温:17.6℃ 海況:良好

午前中、少しだけ時間がとれたので潜ってきました~
今日は朝から北東風が強めに吹き、秋の浜は荒れ気味。。。なので
久々にケイカイにリサーチDIVしてきました♪

今季は秋から冬にかけて黒潮が離れない影響で水温が高めのままです。
結果、ケイカイにはいつも流れがかかっていて今日も沖は流れてました~


透明度はまずまず。沖へ出ると今日もウミガメパラダイス!
全部で10匹見れました!大・小含め、全部アオウミガメですが・・・(^^;
中でも一番大きな個体の写真を載せます。尻尾がはっきりしてるので♂ですね。
190214-aoumigame.jpg

他にも、ネコザメかドチザメ狙いだったのですが・・・撃沈(><)
アカエイが居たくらいかな。。。
190214-akaei.jpg

浅場ではウミウシがチラホラと。。。

まずはキカモヨウウミウシ!今シーズンは個体数が多めです。
190214-kikamoyou.jpg

そしてマダライロウミウシ!こちらも例年より見かける機会多めです。
190214-madarairo.jpg

最後にセトイロウミウシ!こちらは比較的に普通種で、毎年そこそこ目にします。
190214-setoiro.jpg

水温が高いのは有難いのですが、、、水中生物にしてみれば、人間界の猛暑ですね。
良いのか悪いのか?複雑です。


明日は1日、山頂ジオパーク展のお仕事なので海はお休みです。

ヤクシマキツネウオ生きてました(^^;

2月13日(水) 天気:晴れ時々曇り 気温:6~10℃ 風:北東4m

<秋の浜> 透明度:15~20m 水温:17.6℃ 海況:やや波あり

何だかスッキリしない天気が続き、気温も低めですが、海は変わらず元気ですね。
秋の浜にはやや波がかかっていましたが、潜ってみればいつものキレイな水中でした。

今日は何となく右エリアを散策。。。

まずはダンゴオコゼを確認。相変わらず撮れませんが(^^;生き残っています♪

ドリーこと、ナンヨウハギyg!も越冬しそうな勢いで、元気そうでした♪
190213-nannyouhagi.jpg

そこから一気に沖へ出て、深場に到着すると、消えたと思っていた
ヤクシマキツネウオ!が普通に同じ場所で見られました。2月4日に行った時は
姿なかったので、すっかり消えたものだと思ってましたが、元気でした(^^;
190213-yakusimakituneuo.jpg

側では、フカミスズメダイも確認出来ました~
190213-fukamisuzume.jpg

そしてクダゴンベ!も定位置です。いつもここに居るならガイドとしては助かります。
190213-kudagonbe.jpg

ピカチュウこと、ウデフリツノザヤウミウシもエサであるコケムシを夢中に食べてました。
190213-pika.jpg

戻りながら、この時期でも今年は元気なハタタテハゼ!がペアでまだ健在です。
さすがに個体数は減ってきちゃいましたね~
190213-hatatatehaze.jpg

メガネゴンベygもだいぶ色あせてきちゃいましたが、定位置で頑張ってくれています。
190213-meganegonbe.jpg

浅場では久々にクラカトアウミウシ!に遭遇♪今まで大島ではほとんど見れなかった
種ですから、長く観察出来て嬉しい限りです。
190213-kurakatoa.jpg

他にもクロスジウミウシが見れました。この子、1週間くらいこの場所にいるような?
190213-kurosuji.jpg

そして今日もハシゴ手前では大きなコウワンテグリ!がウロウロと。
改めてよく見ると、いろんな色彩があってキレイな魚ですね♪
190213-kouwanteguri.jpg

明日は、いろいろ私用があって潜れないかも?しれません。


1ヵ月半ぶりなイロカエルアンコウyg!

2月12日(火) 天気:晴れ時々曇り 気温:6~10℃ 風:北東4m

<秋の浜> 透明度:15m 水温:17.6℃ 海況:ほぼ良好

最近ようやく冬らしい寒い日が続いていますね~
でも海の中は、相変わらず水温高めの状態が続いています。。。


本日は際壁から左の砂地方面をリサーチ。。。

まずはヒレボシミノカサゴ~。。。と思ったのですが、姿ありません(><)
残念ながら居なくなってしまったようです。
代わりに、ヒメニラミベニハゼが寂しく残っていました~

際沿いでは相変わらずフタイロハナゴイが多く、華やかです♪
190212-futairo.jpg

イガグリウミウシも目に入ってきました~
190212-igaguri.jpg


他にはこれといった出会いがなく、砂地へ移動。。。

いつものように、セミホウボウがチョロチョロしていました。

可愛いサイズのアオサハギygに会えました!多分、以前からいる個体と
同じだと思います♪
190212-aosahagi.jpg

その付近を散策してると・・・ボブサンウミウシ!(1.5cm)に会えました。
こんな砂地のど真ん中にも居たりするんですね~(^^;
190212-bobusan.jpg

そして、更にはイロカエルアンコウyg!に遭遇。
大きさは3cmくらい。おそらくいる位置から考えても12月に見ていた個体が
少しだけ成長した姿と思われます♪実は消えていなかったんですね~(^^)/
190212-irokaeru.jpg

浅場に戻り、クマドリカエルアンコウygは健在!こちらはまだまだ小さいです♪
190212-kumadori.jpg

逆にハシゴ手前でコウワンテグリ!に遭遇。。。
この子は7cmくらいはあって、記憶の限りでは、過去見た中では最大サイズな
ような(^^;大きすぎてビックリですが、ここまで成長するんですね~。。。
190212-kouwanteguri.jpg

もうしばらくは寒い日が続きそうですね♪

思ったより荒れずに一安心(^^;

2月9日(土) 天気:曇りのち小雨 気温:5~8℃ 風:北東6~7m

<ケイカイ> 透明度:15~20m 水温:17.4℃ 海況:良好
<秋の浜> 透明度:10~15m 水温:17.0℃ 海況:波あり


関東では朝から雪が降り、ニュースで少々騒いでいましたが、大島では雪も降らず
日中は雨も降らず、風もそこまで強くなかったので助かりました(^^;


1本目は今年初となるケイカイへ。。。

黒潮が近いので、流れはそこそこありましたが水中コンディションは良好でした。

根に入ってすぐにマダライロウミウシ(4cm)に遭遇♪
キレイなウミウシなので、個人的には嬉しかったです。
190209-madarairo.jpg

中層には相変わらず、イサキ・メジナ・スズメダイ・アオブダイなどが賑やか!

後半にカメエリアを散策すると、無事に3匹のアオウミガメに会えました♪
中でもこの写真の巨大アオウミガメ!(1m以上)は大迫力!!
一緒に記念写真的に撮ってみました~
190209-aoumigame.jpg


2本目は秋の浜へ。。。

やはり昨日同様レベルで波はありましたが、問題なく潜れて良かったです。

久々にニラミギンポ!が見れました。数年前はウジャウジャいたのですが、
ここ2年は普通ですね。
190209-nirami.jpg

アカホシカクレエビは相変わらず抱卵中です。いったい何回目の抱卵だ?
190209-akahosikakureebi.jpg

セナキルリスズメダイygもあちらこちらで見られて、もう完全に普通種並みです。
190209-senakiruri.jpg

他にも、キイロウミウシ・アカハタ・クマドリカエルアンコウ・クマノミなどが。

初ドライ&2回目のファンダイビングも無事終了。
不安だった海況も何とかもってくれて楽しく潜れて一安心な2日間でした。




プロフィール

OFかっすん

Author:OFかっすん
伊豆大島ダイビングサービス
山&星のネイチャーガイド
オレンジフィッシュ代表 粕谷浩之

ダイビングの情報&陸のネイチャーガイドの記事や写真を紹介しています。

最新記事

最新トラックバック

検索フォーム

ブロとも申請フォーム

QRコード

QR