FC2ブログ

手のひらサイズのヒメクサアジ健在!

4月19日(月) 天気:晴れ 気温:9℃~18℃ 風:北東5m

<秋の浜> 透明度:10~15m 水温:16.8~19℃ 海況:良好

今朝は肌寒かったですね~だけど日中は青空が広がり、気温も急上昇!
風も弱くポカポカ陽気で海も静かでした♪

本日午前中は、昨日の続きで、秋の浜のハシゴ修繕作業!
右側のハシゴの支点を生コンで固定する作業でした。

210419-namakon.jpg

午後からはセルフで潜るバディ潜水夫妻に同行して1本リサーチDIV♪

このところの春濁りの雰囲気はなく、透明度も10m以上沖は15m以上まで
回復しています!

中央の砂地でウロついていると、久々に手のひらサイズのヒメクサアジ!に遭遇!
まだ健在だったんですね~やっぱり小さいと何となく可愛いです。
210419-himekusaji.jpg

イソギンチャクには抱卵中のアカホシカクレエビ!が居ます。
お腹に注目すると、小さな卵が見えます。産むまでにはもうちょっと数が増えますね。
210419-akahosikakureebi.jpg

ハナタツも定位置で見る事が出来ています。
210419-hanatatsu.jpg

浅場に戻り、今日は段上が穏やかっだったのでいるかな~?と思い探していたら、
やっぱり居ました!ホムラスベヨコエビです♪体長8mmくらい(^^;
相変わらず地球外生物のようなエビですよね。
210419-homurasubeyokoebi.jpg

明日はいよいよ、ハシゴ修繕作業の最終作業!新品パイプに交換です。

そして午後からは急遽入ったファンゲストさんと一緒に2DIV予定です。


スポンサーサイト



ユカタハタygも無事越冬したようです。

4月18日(日) 天気:晴れ 気温:14~17℃ 風:西南西12m
 
<秋の浜> 透明度8~15m 水温:17.1~19.0℃ 海況:ほぼ良好

強い南西風の影響で船の就航が気になりましたが・・・やっぱり全便欠航でした(><)
その影響で、セルフで潜ってるバディ潜水ゲストさん達は延泊して明日も潜って帰る
事となりました。


午前中、現地の数ショップが集まり右のハシゴの解体を重機を入れながら行いました。
まあ毎年の事ですが、重機の力は偉大で・・・あっという間に終了。

午後からはセルゲストさん達に同行して1本潜ってきました~

ENすると、ん?キレイだし少し暖かいぞ!水温が19℃台で透明度も良くなりました。
まあ深場は相変わらず17℃ちょうどくらいでしたが。。。

まずはキャラメルウミウシが目に留まりました。少し色が濃いバージョンですね。
210418-kyarameru.jpg

ヒトスジギンポが健在なのを確認してそのまま右方面へ。

大きな岩の隙間を覗くと、案外立派なサイズのユカタハタ!が見れました。
ずっと段落ちに居たヤツが引っ越しでもしたのかな?
210418-yukatahata.jpg

嬉しい事に、ブルーグレー色なオオモンカエルアンコウが戻ってきていました。
いったい見つからない時はどこへ居るのやら。。。
210418-oomon.jpg

気合の入っていない写真ですが、アカオビハナダイも一応。。。
210418-akaobihanadai.jpg

他にヨスジフエダイ・フタイロハナゴイ・カシワハナダイyg・ヒオドシベラygなどが
見れています。

戻りつつ、今が旬?なサガミリュウグウウミウシなどを撮って遊んできました。
210418-sagamiryuuguu.jpg

明日は右のハシゴの土台作りを午前中やって、同じく1本くらいは潜る予定です。


美しいアマミスズメダイyg♪

4月17日(土) 天気:曇り時々小雨 気温:14~17℃ 風:南南東5m

<秋の浜> 透明度:6~10m 水温:17.8~18.8℃ 海況:ウネリあり

午前中はギリギリ持ちましたが予報通り午後から小雨が吹くお天気でした。
本日は、リピーターのゲストさん達を迎えて秋の浜を2本ガイドしてきました~

風はほとんど感じませんが、海はエネルギーのあるウネリ波が入ってました。

ここ数日、また水温が上がったおかげでアマミスズメダイyg達が目に着くように。
定位置に3匹くらいいるのですが、この子が一番小さくてお気に入りです♪
210417-amamisuzumedai.jpg

リクエストで、ジャパピグこと、ハチジョウタツを見に行きました。
今日は意外とあっさり見つかって良かった。写真は証拠写真レベルですが(^^;
どこにいるか見つかりますか?
210417-hachijyoutatsu.jpg

側ではダイアナウミウシが見れました。一昔前にはほとんど目にしなかった種ですが
ここ数年は、毎年見れますね。
210417-daiana.jpg

ヒメニラミベニハゼも相変わらずシャイですが無事見れました。
210417-himeniramibenihaze.jpg

もう一つのリクエストで、ヒオドシベラygも定位置にちゃんと居てくれました。
ちょっと遠いのが本当にネックです(><)
210417-hiodosibera.jpg

他にも、フタホシキツネベラyg・テンクロスジギンポ・サラサゴンベyg・マツバギンポ・
サガミリュウグウウミウシ・ルージュミノウミウシ・イロカエルアンコウなどが。

セルフのバディ潜水チーム1mオーバーのトビエイ!・アオウミガメ・ボブサンウミウシ
なども見れたそうです♪


明日、秋の浜は静かで潜れそうなのですが・・・高速船が就航するのかどうか?
微妙なところです。

GWに向けて、毎年恒例のハシゴ交換もいよいよ明日からちょっとずつ始まります!

ヒオドシベラ未だ健在です♪

4月16日(金) 天気:曇り時々晴れ 気温:12~17℃ 風:北東6m

<秋の浜> 透明度:6~10m 水温:17.2~17.8℃ 海況:ややウネリ

今一つパッとしない天気でしたが、日中は暖かく感じました♪
午後から1本調査で潜りに行ってきましたよ~

何となく右方向へ。。。

ヒトスジギンポが健在な事を確認してから沖へ。

残念ながらブルーグレー色のオオモンカエルアンコウには出会えず(><)
でもどこかには居そうなんですけどね(^^;

そのまま沖へ流すと、前回見た時と同じような場所でミゾレウミウシが見れました。
きっと同じ個体だと思います。
210416-mizore.jpg

さらに沖へ向かい、まだ居るか疑心暗鬼でしたが・・・
ヒオドシベラyg!が未だ定位置に健在でした♪大きさ変わらず4~5cm程。。。
210416-hiodoshibera.jpg

浅場に戻りながら、これと言った出会いが無かったので久々に、
フトスジイレズミハゼ!を撮ってみました。瞳がグリーンで素敵な魚です♪
210416-futosujiirezumihaze.jpg

浅場ではたまーに見かける黒いハダカハオコゼ!に会えました。
見れない時はいくら探しても、見れないのに・・・不思議です。
210416-hadakahaokoze.jpg

最後はやっぱりマツバギンポに癒されてEXです(^^;
210416-matubaginpo.jpg

明日は日帰りでリピーターの若者ゲストさん達&いつものセルフご夫妻です。
日中、雨に降られなければ良いのですが。。。




今日は初めての差木地漁港を潜る♪

4月15日(木) 天気:晴れ 気温:9~13℃ 風:北東6m

<差木地漁港> 透明度:4~6m 水温:17.6℃ 海況:ややウネリ

今朝は久々に少し冷え込みました(^^;
本日は表題のとおり、差木地漁港へ調査ダイビングをしてまいりました。

このポイントは、管轄元の地元漁港組合から特別に正式許可を頂き、ダイビングでも
潜れるようになったので、Cカード講習や他のポイントが大シケで潜れない場合などに
使えるようになります。漁港内という場所柄、普段から静かなので大変助かりますね♪
ただし潜るには、ゲスト1名¥500の協力金が発生しますので、予めご了承下さいませ!

さて、実際に潜ってみると・・・やはり想像通り、透明度は5m前後でした(^^;
まあ今は春濁りの時期ですから仕方ありませんね。逆に言えば、漁港内で透明度5mは
この時期で考えれば十分にキレイな方と言えます。

ちゃんとこうしてサンゴも生きています!
210415-sango.jpg

小さなイソギンチャクも見つけました。夏以降になれば、クマノミも居つくかな?(^^;
210415-isoginchaku.jpg

珍しい魚としてはIDCのArima君に教えて頂いたこのヨコスジイシモチ!という魚。
個人的には初めて見ましたね。大島でも珍しい種だという事です。
210415-yokosujiisimochi.jpg

まだ2~3cmサイズですが、小アジの群れ!なんかも見れました。
210415-koaji.jpg

そして壁沿いでは、やっぱりウミウシがチラホラ。。。

定番種その1、サラサウミウシ
210415-sarasa.jpg

定番種その2、シロウミウシ
210415-siro.jpg

うーん、とりわけファンダイビングを楽しむ!という意味ではちょっと苦しいかもしれませんが、
講習やどうしても潜らないといけない場合には、中々ナイス!なポイントかと思います。
もちろん、今後水温が上がれば案外いろんな魚が見れるようになるかも?しれませんね(^^;

明日は普通にノーマルなポイントを潜ってきまーす。


可愛いマツバギンポと再会♪

4月13日(火) 天気:曇りのち小雨 気温:14~16℃ 風:南5m

<秋の浜> 透明度:6~8m 水温:17.0~17.8℃ 海況:ややウネリあり

今日は天気予報どおり、南風で小雨が時折降る天気でした。
午前中はほとんど降っていなかったので、昼前くらいから1本潜ってきました。

風波はないのですが、小さなウネリがある海況で浅場は意外と揺れました。
透明度はほとんど変わらず、水温は若干上がったかな?

深場ではベニハナダイが美しかったので撮ってみました~
210413-benihanadai.jpg

戻りながら、今日もアマミスズメダイygが可愛く泳いでいました。
210413-amamisuzume.jpg

ハナタツもお腹パンパンで、元気いっぱいでした。
210413-hanatatsu.jpg

浅場で久々にハナミドリガイを撮ってみました~
210413-hanamidorigai.jpg

ラストは、愛くるしい表情が人気のマツバギンポ!に再会。
今度は長く見れるかな~
210413-matubaginpo.jpg

うーん、、、まだまだGWの予約受付中で~す♪

久々にハナタツがペアで揃い組♪

4月11日(日) 天気:晴れ 気温:10~16℃ 風:北北東6m

<秋の浜> 透明度:6~10m 水温:16.7~17.8℃ 海況:やや波あり

今日も朝から素晴らしい青空でしたが、朝のウチはやや北北東の風が強めに吹いたので
秋の浜の水面は昨日よりも波がありました。

昨日からのゲストさん達と一緒に2本潜ってきています。

1本目は深場へ。。。

しかしリクエスト系のハナダイは撃沈(><)最近急に寂しくなったアサヒの根です。
仕方なく、ゲストさんがクダゴンベを撮っている間に、インターネットウミウシを発見!
210411-internet.jpg

根の入り口では先日と同じ個体と思われるピカチュウを発見!
210411-pika.jpg

そのまま根を離れると、今度はカンナツノザヤウミウシに遭遇。久々です。
210411-kanna.jpg

と結局、深場はウミウシばかり(^^;

一気に際沿いに浅く戻り、幸先良く真っ赤な方のハナタツ♀に遭遇!
210411-hnatatsu1.jpg

1mくらい離れた場所に、久々に皮弁の多い茶色いハナタツ♂にも遭遇!
210411-hanatatsu2.jpg

2匹とも見れたのはいつぶりだろうか?(^^;

浅場ではルージュミノウミウシが2個体程、今日も定位置でした。
210411-lurjyu.jpg

2本目は際沿いに。。。

際沿いでも小さなクダゴンベygは健在!
ゲストさんがこの子を撮ってる間に、マツカサウオygを撮っていました。
そーいえば、先々週に潜ったセルフダイバー夫婦が居たよ~って言ってましたっけね。
完全に忘れていました(^^;

210411-matukasauo.jpg

昨日見たハチジョウタツは今日は発見出来ず。。。相変わらず難しいネタです。

浅場では通称アオパンダ!こと、ツツホヤの仲間を久々に撮影!
ちょっと良い角度から撮れなかったのですが・・・まあ何とかパンダに見えますかね(^^;
210411-aopanda.jpg

そして、サンゴの隙間からちょこっとだけ見えるタテガミカエルウオ!
210411-tategamikaeruuo.jpg

ラストは巣穴から出て遊泳中のミナミギンポ!
210411-minamiginpo.jpg

大島もやや春濁りっぽい水中が続きますが、こうしてマクロ系を探して遊ぶには
まったく苦にならず楽しめます。
コロナ陽性者数がまた徐々に上がってきており複雑な心境ですが・・・予約はガラガラです。
あまり大きな声では言えませんが、もしよろしければ少人数でお越し頂き、助けて頂ければ幸いです。




プロフィール

OFかっすん

Author:OFかっすん
伊豆大島ダイビングサービス
山&星のネイチャーガイド
オレンジフィッシュ代表 粕谷浩之

ダイビングの情報&陸のネイチャーガイドの記事や写真を紹介しています。

最新記事

最新トラックバック

検索フォーム

ブロとも申請フォーム

QRコード

QR