台風前と変わらない雰囲気です。

6月14日(木) 天気:曇り時々晴れ 気温:20~23℃ 風:北東3m

<秋の浜> 透明度:8~12m 水温:20~21℃ 海況:良好

週明けの台風後、初の調査DIVをしてきました~
酷く荒れたのは1日だけでしたが、そこそこの荒波だったので、浅場の魚達や
地形の変化があるのかな~?なんて思ったら、まったく変わっていませんでした。

明日のゲストさんが初中級者さんなので、あまり深場にはいかず。。。
水温、透明度に大きな変化はありません。


まずは砂ダマリのクビアカハゼ!越冬組の個体なので、大きさもまずまず。
今日は全然隠れず、結構寄れました。
180614-kubiakahaze.jpg

先週末に見つけたキツネベラygも、同じ岩影で見る事が出来ました。
まあよく動くので、コンデジでは撮りにくいのですが。。。
180614-kitunebera.jpg

際壁に降りると、アマミスズメダイygが2個体!今年は個体数多めかな?写真は1個体のみですが・・・。
180614-amami.jpg

お馴染みのアサヒハナゴイyg2匹も、健在です。
180614-asahihanagoi.jpg

そして今日もすぐ側ではフタイロハナゴイが見れました。水温が上がり、
以前よりも元気で、全然隠れない雰囲気です。
180614-futairo.jpg

側のセナキルリスズメダイygも以前より、だいぶ人馴れしたのか?
かなり撮りやすくなりました。
180614-senakiruri.jpg

浅場に戻る途中、ある岩の亀裂で、THEハコフグygが見れました。
たぶんミナミ~じゃないのはちょっと残念ですが、大きさは1.5cmくらいなので、
十分に可愛いです。
180614-hakofugu2.jpg

そして浅場では、台風の荒波を乗り越えて、ツユベラygが元気にしていました。
今回の台風で一番気がかりだったので、一安心です。
180614-tyyubera.jpg

壁沿いでは、まずはシロイバラウミウシがペアで見つかりました。
この種にしては、まずまず大きな個体だったので目立ってました。
180614-siroibara.jpg

ラストはベニカエルアンコウ!今までとは別の場所でしたが、最近では
貴重なカエルアンコウですので、居るだけ有難いですね。
180614-beni.jpg

他にもガイド仲間の話で、ソウシカエルアンコウ復活!?と聞いたので、
今後が徐々に楽しみですね。


スポンサーサイト

なんとかギリギリ潜れました~(^^;

6月10日(日) 天気:雨時々曇り 気温:21~23℃ 風:北東8~10m

<秋の浜> 透明度:5~10m 水温:20~21℃ 海況:波(強)
<ケイカイ> 透明度:5~10m 水温:20~21℃ 海況:波(中)


やはり天気予報どおり、朝から北東風が強く吹き・・・秋の浜には結構な高さの波が
打ち寄せていました~ただ救いだったのは西側のポイントに台風によるウネリ波が
まだ入ってきていなかったので、午前中は西側の方が意外と静かで驚きました。


しかし、今週末は全員が上級者の秋の浜大好きダイバー達ばかりだったので、
1本目は、高波の中・・・まあ、上級者ならば何とか潜れる秋の浜に。。。
2本目は、朝は静かだったケイカイに(昼頃は意外と波が出てきてしまった)



まずは秋の浜。。。
少しでも安全を考え、左からENしました。
やはり浅場は、かなりのサージで、やや視界不良でしたね(^^;
沖へ出れば、いつもの感じでしたが、陽射しがなかったので水中は暗かった~

その影響で、リクエストのヒレナガネジリンボウyg&ネジリンボウ!は・・・
目視で確認までは出来るが、撮ろうとすると巣穴にシュッ!!
結局は誰も撮れずじまい(><)
それでもヤシャハゼ!だけは、元気いっぱいにサービス旺盛でした。

ハナオトメウミウシが目に入ったので1枚だけ。。。
180610-hanaotome.jpg

他にも、ジョーフィッシュ・キツネベラyg・ツユベラyg・ワニゴチなどが。



2本目はケイカイに。。。

朝見た時は、全然静かだったのですが昼前には回り込んだ北東風の波が
まずまず入ってしまっていて、浅場は結構揺れました~

マクロ派ダイバーさんばかりだったので、ケイカイにしては珍しく・・・
ひたすら壁沿いをのんびりとウミウシ探し。。。


まずはサガミリュウグウウミウシ!
ここ最近は個体数が少し減ったきがしますね。あんなに居たのにどこへ?
180610-sagamiryuuguu.jpg

続いてシロイバラウミウシ!8mmくらい
水中が暗いと、こういった白系のウミウシは案外目に留まります。
180610-siroibara.jpg

久々のスミゾメミノウミウシ!
壁面上の方にいたので、、、水面を入れてみました~
180610-sumizomemino.jpg

最後は、ケイカイの定番種?キャラメルウミウシ!
ただ居る水深が浅いので。。。今日はかなり揺れる中での撮影に。。。
奇跡的に1枚だけまともな写真が撮れていました(^^;
180610-kyarameru.jpg

あて、いよいよ明日は台風がもっとも接近します。
雨のピークは今晩遅くから明日の朝方にかけてっぽいですが、
風は引き続き強いので・・・海は大シケとなりそうですね。





元気に3DIVからの星空ツアー♪

6月9日(土) 天気:晴れ 気温:21~26℃ 風:南南西6m

<秋の浜> 透明度:6~10m 水温:20~22℃ 海況:良好

今日は南風が吹き、晴れたおかげで気温は大島でも今年最高の26℃台まで上昇!
都内は32℃だったらしい。。。(><)
大島ではトライアスロン大会でしたが、久々に暑い陽気でのフル開催でした(^^;


早朝から新たな上級者ゲストさん達を迎え、日中3DIVしてきました~

レースが始まる前の午前中に1本はケイカイに入りたかったのですが・・・
朝見たら、案外波があって、ちょっと大変そうだったので、秋の浜オンリーDIVに。


ジョーフィッシュは最近ちょっとシャイになっていますが、健在です。
巣穴の底に卵でもあったりして。。。?
180609-jyo.jpg

際沿いでは新たな場所でアマミスズメダイygを発見。
まだ小さくて可愛いです。
180609-amamisuzumedai.jpg

ガイド仲間から聞いてた場所と違いましたが?・・・
ツユベラBaby!が新たな仲間として加わりました♪
個人的には今年初です。
180609-tuyubera.jpg

ハシゴのパイプに挟めたオロナミンCの中にいつものニジギンポ!
180609-nijiginpo.jpg

他にも、ヤシャハゼ・ヒレナガネジリンボウ・ホタテツノハゼ・クダゴンベ・
コウイカの赤ちゃん・スジハナダイ・アサヒハナゴイyg・アカホシカクレエビ・
セナキルリスズメダイyg・ニシキウミウシ(大・小)・シロイバラウミウシ・
ホムラスベヨコエビ・ヨコシマエビ・巨大コロダイ・インターネットウミウシ
などが。

夜は、ゲストが変わって・・・星空ガイドツアー♪

天気は最高で、満天の星空の下・・・いくつか流れ星!も見れました~
梅雨の合間の貴重な晴れ日!となり、本日のゲストさんはラッキーでした!
180609-hakutyou.jpg


さてさて、明日は天気も下り坂だし・・・何より北東風が強く、、、どのポイントが
潜れるのか?内心ドキドキです。果たして潜れる海はあるのかな~(><)





山ガイドから海ガイドへ。。。

6月8日(金) 天気:晴れのち曇り 気温:20~25℃ 風:南南西8m

<野田浜> 透明度:8~10m 水温:21℃ 海況:良好
<秋の浜> 透明度:8~10m 水温:21℃ 海況:良好


本日は、午前中に裏砂漠トレッキングツアーで山へ行き、午後からは
初心者のファンガイドで海へ行きました~
スタッフさやかも、午前中はガイド1本、午後からは体験ダイビングでした~


裏砂漠はスタートした午前中は、視界も良好で見事な砂漠景観が楽しめたのですが、
午後に入り、帰路に就く頃には、急に風が強まりみるみるウチに濃霧で前が
見えなくなりました!
いやあ、、、往路で砂漠景色や噴気の壁がキレイに見えて良かった~

180608-urasabaku.jpg

さて、海の方は・・・午後から秋の浜に1本。。。

初心者ダイバーさんだったので、比較的に水深は浅めに。
相変わらず浮遊物が多く、水温は高いのにちょっと残念な感じ。。。

ちょうど見せたアカホシカクレエビ!が偶然にも抱卵中でした♪
もうそんな時期なんですね~
180608-akahosi.jpg

砂地では存在感あったワニゴチ!50cmくらいです。
180608-wanigochi.jpg

浅場では今日もタカベygの群れ!が見事で、中々楽しいです。
180608-takabe.jpg

さて、明日から上級者さんのファンガイドで潜りまくる予定なのですが、
明後日は台風の影響が、かなり心配ですね(><)




また濁り気味に逆戻り。。。

6月7日(木) 天気:曇り時々晴れ 気温:18~24℃ 風:北東4m

<秋の浜> 透明度:8~10m 水温:20.6~21℃ 海況:ほぼ良好

週明けの月曜、火曜とスノーケリングと星空のゲストさんしかいなかったので
久々の水中ログ更新となりました。


昨日から梅雨入りしましたが、今日は陽射しも少しはあり、海は穏やかです。
ちょっと台風の動きが気になるところですが、今のところは影響なしです。
ただ水中透明度は、やや白濁気味。。。でも水温は20℃以上でやや高めです。

沖へ向かう途中、コガネミノウミウシに出会いました。
動いていたので・・・定点観察は無理そうです(^^;
180607-koganemino.jpg

中央の砂地では、相変わらずハゼ達!が絶好調です♪
中でもヤシャハゼ!は50cm以内まで寄れて、Good。
180607-yasya.jpg

ヒレナガネジリンボウygも今日はご機嫌でした。
180607-hireneji.jpg

絶好調と言えば、ホタテツノハゼ!
今日も背鰭全開!にサービス旺盛な感じ(^^;
180607-hotate.jpg

深場のセナキルリスズメダイも元気いっぱいでした♪
180607-senaki.jpg

浅場に戻る途中、アサヒハナゴイygのペアに立ち寄ると・・・
なんとフタイロハナゴイも一緒に泳いでいました!
こんな豪華な組み合わせが、水深25m以内で見れるなんて幸せ。
180607-asahi-futairo2.jpg

段壁でベニカエルアンコウを探すも・・・撃沈。
その代わり、シロイバラウミウシに会えました。久々です。
180607-siroibara.jpg

段上では、久々にヨコシマエビ!に会えました。
最近は御無沙汰でしたが、ずっとここに居たんですね~
180607-yokosimaebi.jpg

EX直前で、やたらにフレンドリーなキタマクラがいました。
何故かコチラに近づいては、離れ、また近づいては離れ。。。
180607-kitamakura.jpg


明日は、山のゲストさん、体験ダイバーさん、ファンダイバーさんと
ちょっとアタフタな1日となりそうです。




プロフィール

OFかっすん

Author:OFかっすん
伊豆大島ダイビングサービス
山&星のネイチャーガイド
オレンジフィッシュ代表 粕谷浩之

ダイビングの情報&陸のネイチャーガイドの記事や写真を紹介しています。

最新記事

最新トラックバック

検索フォーム

ブロとも申請フォーム

QRコード

QR