西側のポイントは激流でした。

6月27日(火) 天気:曇り時々雨

<秋の浜> 透明度:8~15m 水温:21.4℃ 海況:良好
<野田浜> 透明度:10~15m 水温:20.4℃ 海況:流れあり

本日は島民で知り合いの方の姪っ子さんをゲストに迎え、2本潜ってきました~
梅雨らしい、降るんだか降らないんだか微妙な天気でしたが、基本は曇りでした(^^;

1本目は秋の浜へ。。。

初心者でかつ、ブランクが数年あったので潜降はハシゴにつかまって行いました。
しばらくは大丈夫か、様子を伺いながらゆっくり、ゆっくり浅場を進みましたが・・・
結果、耳抜きも中性浮力も問題なかったので、後半は普通に潜れました♪

まずはテンクロスジギンポを見てリラックス♪今日も笑ってる~
170627-tenkurosuji.jpg

棚の上では久々にキイボキヌハダウミウシが見つかりました。
170627-kiibokinuhada.jpg

砂地では今日もアオリイカが産卵に何ペアも訪れていましたよ~
何度見ても神秘的で美しい!ゲストも大興奮でした♪

帰り際、水底を見下ろすと・・・何やら砂がモクモクと。。。
案の定、アカエイが何かを捕食中でした!近づくと逃げられましたが、
かなり近くで見れたと思います。
170627-akaei.jpg

他にも、シマウミスズメ・イロカエルアンコウ・ニジギンポなどが。


2本目は、大島を潜るのが初めてだったので野田浜にしました!

ENする前から、沖の水面には流れが激流であるサインは出てましたが、
実際潜ってみると、やはり沖の水中アーチ付近は本当に激流でした(><)
まあ、その代わりメチャメチャ透明度は良いし、魚群で群れ群れでしたが!

まずは壁の亀裂付近に固まるカゴカキダイの群れ!
170627-kagokakidai.jpg

水中アーチの中には激流に負けず泳いでいたイサキの群れとゲスト!
170627-isaki.jpg

アーチ入口には仲良しなハナタツのペア!を確認♪
170627-hanatasu.jpg

最後は浅場で見たヒトエガイ!を観察してきました~
170627-hitoegai.jpg

他にも、キャラメルウミウシ・シロハナガサウミウシ・サラサウミウシ・タカノハダイ・
イシガキフグ・ハマフエフキ・メジナの群れ!・クマノミの赤ちゃん!
などが。

終わってみれば、全然ブランクを感じさせないとっても上手なゲストさんでした!
また違う季節に、大島へ遊びに来てもらいたいですね♪

スポンサーサイト

雨の中でも快適ダイビング♪

6月25日(日) 天気:雨。。。

<秋の浜> 透明度:10~20m 水温:18.8~21.6℃ 海況:ほぼ良好

天気予報通り、朝から雨降りな1日でした。救いだったのは土砂降りは明け方だけで、
日中はシトシト降りで、風も弱く、水中の流れもこの日はありませんでした。


リクエストで1本目はアオリイカの産卵を見に行きました~
タイミングが悪いと、産みに来ていないのですが、今日はバッチリ見れました♪
170625-aoriika.jpg

産卵をしばらく見てから中央の棚へ。。。
幸先よく、真っ白なボディにキラキラなラメ柄が美しいジボガウミウシ!に遭遇。
170625-jiboga.jpg

すぐ側には個人的に今季初となるフジイロウミウシにも会えました♪
170625-fujiiro.jpg

浅場ではハナキンチャクフグに再会出来ました。
170625-hanakintyakufugu.jpg


2本目は右エリアに。。。

リクエストのセナキルルリスズメダイyg!も元気よくバッチリ出ていました~
170625-senakiruri.jpg

この辺りは水温が少し低かったですが、透明度は20mくらいあってじつにキレイ!
なので浅場に戻りつつ、ガラスハゼとダイバーを激写♪
170625-garasuhaze.jpg

側では大きなマダイ!もウロウロしてて、こっちに向かってきたので1枚!
170625-madai.jpg

浅場では小さなウミウシが2匹。。。
まずは久しぶりに見たチゴミドリガイ!まだこの時期にも見れるんですね~
170625-chigomidorigai.jpg

そして久々にシロイバラウミウシのペア!かな?1cmも無い可愛いサイズです。
170625-siroibara.jpg

最後はビンの中で一生懸命に卵を育ててるニジギンポ!
卵が見えるかな?
170625-nijiginpo.jpg

ログ上で写真はありませんが、中層にはカタクチイワシがものすごい数で群れていて、
それを狙って、ヒラマサ・カンパチ・メジマグロが時折、カッ飛んでいきます(^^;
賑やかな季節になってきましたね~


久しぶりの4DIV(^^;

6月24日(土) 天気:曇り

<秋の浜> 透明度:8~15m 水温:21~22℃ 海況:良好
<野田浜> 透明度:8~12m 水温:20~21℃ 海況:良好


薄曇りな1日でした。昨日からのゲストに、本日のゲストが加わり、
日中3DIV+ナイトDIVしてきました~。
別チームで体験ダイビングもありました~♪

1本目、2本目は秋の浜に。。。
この日の秋の浜は、けっこう流れがあって、沖から帰ってくるのが一苦労でした。
ただ水温は暖かく、WETのダイバーには快適だったようです。

口内保育中のジョーフィッシュはいつの間にか巣穴が破壊されてて?
残念ながらその保育中の様子は見れませんでした。
170624-jyo.jpg

個人的にヒットだったのは、美しいハナイロウミウシ!です。
去年見たかどうか記憶にないのですが・・・大島でも比較的レアな種です。
170624-hanairo.jpg


3本目に潜った野田浜が面白かったです♪

EN直前に、EXしたばかりの地元ガイド仲間からネコザメ&ハナタツ情報あり!
テンション高めに潜っていくと・・・
早速、頭かくして尻隠さず状態のネコザメ(80cmくらい)の可愛いサイズに遭遇。
こんな浅場のこんな亀裂で見たのは初めてでした(^^;
170624-nekozame2.jpg

沖に向かう途中、シロハナガサウミウシ・キイロウミウシ・サラサウミウシなどを
見ながら、水中アーチに着くと・・・
なんと目の前から巨大なカスザメが泳いで来て、僕らの目の前で着底!
こんなラッキーな事もあるんですね~
170624-kasuzame.jpg

アーチの入口では、情報を頂いていたマーブル模様のハナタツ!もGET♪
相方の白い個体は探し切れませんでしたが。。。
170624-hanatatu.jpg

アーチを抜けると、今度は巨大ヒラメが登場。。。何だか大物系との遭遇率が
高くて、ゲストの一人は大喜び。
170624-hirame.jpg

そして浅場へ戻り始めると、今度は目の前からネコザメ!が泳いできました!
いったい今日は良い意味で、「なんて日だ!」状態。
大きさからスタートに見た奴かと思っていたのですが、なんと別個体でした。
170624-nekozame.jpg

更に、極めつけにアカエイ!までが登場。。。本当に驚くくらい豊富なネタでした♪

ずっと定点観察出来てるキャラメルウミウシも元気でした(^^)
170624-kyarameru.jpg


そしてラストはナイトで秋の浜でした~

新月の闇夜だったので、予想通りイセエビ!が沢山見れました。
個人的に興味深かったのは、イセエビ同士の喧嘩?!のシーンでした。
お互い前向きに、よりかかり合って押し合いしてるようでした。
170624-iseebi.jpg

それからエダウミウシかなあ?と思われます。久々に見ました~
夜に潜ると、ウミウシも昼間は中々目にしない種も見つかるので、ウミウシ好きな方は
おススメです。
170624-edaumiusi.jpg

明日は1日中、雨かな~(><)




穏やかで気持ちいい海でした♪

6月23日(金) 天気:晴れ

<秋の浜> 透明度:8~15m 水温:18~21℃ 海況:良好

本日は梅雨を忘れるくらい朝から暑い日差しの晴れ日でした!
トレーニングを兼ねたゲストさんをファンで迎え、スノーケリングのお客様も
午後から迎え、気持ちの良い秋の浜を潜ってきました~


午前中は浅場から深場までスコーン!と透明度15mくらいあったのですが、
午後からは少し濁って全体的に10mくらいでした。

それでも天気はいいし、海は穏やかだったので、素晴らしいダイビング日和と
なりました。

ゲストさんが地形をチェックしている間に、そのエリアで見れた子達を紹介。。。

まずは抱卵中のアカホシカクレエビ!
他にもいろんな場所にいますが、この子は比較的大きくて撮りやすいです。
170623-akahosi (2)

久々のTHEネジリンボウ!
ヤシャハゼに比べるとややシャイなのであまり寄れませんが、久々に撮れました。
170623-nejirinbou.jpg

最近お馴染みのインターネットウミウシ!
毎年この初夏に沢山見れてますが、今年も例年並みに見れてます。
170623-internet.jpg

ウミウシ繋がりで、いくつか見れた他のウミウシ達。。。

穴の中で見つけたニイニイミノウミウシ!
ナイトダイビングでは沢山見れる夜行性のウミウシですが、こうした大きな穴の中で
日中でもたまに見られます。
170623-niiniimino.jpg

こちらも最近多い、ツツイシミノウミウシ!
浅場でのんびり散策してるとたまに見かけます。
170623-tutuisimino.jpg

岩の亀裂で見つけたオトメミドリガイ!
こんな場所で見たのは初めてだったのでちょっと驚きました。
170623-otome.jpg

浅場のイロカエルアンコウも定位置です。
170623-iro.jpg

今年も南の海からギンユゴイ!がやってきました!
毎年夏になると、浅場の水面近くでよく見かけます。
尾鰭の白黒の模様が可愛い魚です♪
170623-ginyugoi.jpg

他にもヤシャハゼのペア・ジョーフィッシュ・ワニゴチ・ナヌカザメの卵・
産卵中のアオリイカ・メジマグロ・イサキ&タカベの群れ!・ベニカエルアンコウ・
ミツイラメリウミウシ・ミスジスズメダイ
などが。

明日から週末!何とか雨が降らないと良いのですが。。。





魚影の濃い海でした~♪

6月22日(木) 天気:晴れ

<秋の浜> 透明度:10~15m 水温:18.2~20.6℃ 海況:良好

昨日の台風のような土砂降りの雨から一転、今日は蒸し暑い1日となりました。
午前中に車のサビ止め塗装や掃除を済ませ、午後から1本調査で潜ってきました~


透明度は変わらず安定していて、まずまずキレイです。特に水深25mより深場は
水温が18℃台と冷たいですが、透明度は15~20mくらいは見えます♪
浅場は少しだけ水温が下がったかな??

深場のフタイロハナゴイygが撮りたかったのですが、2m以内に近寄らせてもらえず、
あまりにもシャイ過ぎるので、多少粘ったのですが断念しました(><)
水温が下がったせいか?近くのセナキルリスズメダイygも姿なく。。。

唯一、撮らせてもらえそうなスミレナガハナダイの♀を撮ってきました。
ちょっと水深が深いのがネックですが、美しいハナダイの一つですね。
170622-sumirenagahanadai.jpg

ジョーフィッシュは3個体とも元気でしたが、残念ながら今日は卵を咥えては
くれませんでした。まあこれは本当にタイミング次第ですからね(^^;

ヤシャハゼペアで見るには見れましたが、写真を撮りに近づくと♂は早々に
隠れてしまいますね。なので今回は単独で。。。
170622-yasya (2)

浅場に戻る途中、水面を見上げると頭上を覆いつくす程のカタクチイワシ!
思われる大群が圧巻でした!

時折、その魚群に捕食で突っ込む、カンパチの姿も見逃せません♪
170622-iwasi.jpg

浅場では新たな新顔にハナキンチャクフグが登場です!
これからの時期、どんどん増えてきそうです。
170622-hanakintyakufugu.jpg

久々にアライソコケギンポにも立ち寄ってみました♪
いつもと変わらず、元気な姿が見れて一安心ですね。
170622-araiso.jpg

地味なのですが・・・スズメダイがあちこちで卵を守っています。
気づかずに他の魚を撮ってたりすると、手や足などにツンツン!と攻撃を
しかけてきます。もちろん、スズメダイにしたら大切な卵を守るためですから
必死な訳で・・・
170622-suzumedai.jpg

ですので皆さんも写真を撮る時には、スズメダイの卵を潰さないように
気を付けましょう♪

明日からトレーニングダイブのお客様が少し続きます。



プロフィール

OFかっすん

Author:OFかっすん
伊豆大島ダイビングサービス
山&星のネイチャーガイド
オレンジフィッシュ代表 粕谷浩之

ダイビングの情報&陸のネイチャーガイドの記事や写真を紹介しています。

最新記事

最新トラックバック

検索フォーム

ブロとも申請フォーム

QRコード

QR