GW前半最終日もベタ凪!

4月30日(月祝) 天気:曇り
<秋の浜>
透明度:8~10m 水温:19~20℃ 海況:良好


あっという間に前半3連休が終わりました。今年は海が
荒れることなく、高速船の就航も心配することなく、
穏やかなコンディションで楽しめました~

本日は午前中を中心に2本とも秋の浜です。
1本目は、右の砂地方面へ。。。

イソコンペイトウガニ・ムチカラマツエビなどを見てから
沖のオオモンカエルアンコウyg・ムラサキウミコチョウ
などを見てから浅場へ。
ゲストさん達と安全停止を兼ねてウロウロしている時に
アオウミウシがいい感じの格好をしていたので1枚!
こういった姿はアオウミウシでも可愛いのです。
120430-aoumiusi.jpg


2本目は際壁から左の砂地方面へ。。。

際沿いではセナキルリスズメダイが元気に泳いでいました。
チョコチョコ動きますが、粘れば写真も何とか撮れます。
120430-senaki.jpg

砂地では、ミノカサゴ・ウミエラカニダマシなどが。

午後からは時折スコールのような雨が降ったり止んだり。

さあGW後半はどんな海況でどんな出会いがあるのか・・・
楽しみです。
スポンサーサイト

浅場は水温20℃以上!

4月29日(日) 天気:晴れ
<秋の浜> 
透明度:10~12m 水温:18~20℃ 海況:良好

<ケイカイ>
透明度:8~10m 水温:19~21℃ 海況:良好


GW前半の中日。夏を連想させるいい感じの混み具合です。

急遽昨日申し込みのあった2名のファンダイバーを加えて
みんなで3本潜ってきました。

人が多いせい?なのか白濁りがありますが、水温は20℃
近くあって、水深20m以内なら快適です。

今日のウミウシはマダライロウミウシ!
大きさは5cmくらいで、非常に色彩が美しいウミウシです。
あまり個体数がいないので、毎年見れて1回か2回。
ラッキーでした(^^)/
120429-madarairo.jpg

初心者2名も喜んだアカエイです。
個人的にも何気に久々に見た気がします。
これからの時期はもうちょっと遭遇率も高くなりますね~
120429-akaei.jpg

今日はピカチュウも目に入りました。ゲストさんは
別個体も見つけたようで全部で2個体です。
僕は見てませんが、ゲストさんはヒレナガネジリンボウ
撮っていました♪

個人的に印象に残ったのはコウイカの仲間25cmくらい!
最近深場で見かけるようになりました。
大きいし、大人しいし、模様も美しいので人気者です。
120429-kouika.jpg

ケイカイでは、沢山のホウライヒメジが水底で休んでいて
見ごたえありました。

他にもハリセンボン・ニラミギンポ・オトメウミウシ・
ミツイラメリウミウシ・サメジマオトメウミウシ
などが。

どちらのポイントも流れが結構あって中層移動は大変でした。

イルカと戯れたぞ~!!

4月28日(土) 天気:晴れ
<秋の浜> 透明度:12m 水温:18℃ 海況:良好

ついにGWがスタート!まず前半はファンダイブ中心です。
天気にも恵まれて最高の滑り出し!
そして何より素晴らしかったのはイルカとの遭遇です♪
120428-iruka2.jpg

毎年GW中は何かが現れるって良く聞きますが、今年は
イルカですかね~まだまだ他にも期待しちゃいたくなります。
全部で4頭。その中でも1頭が一番フレンドリーに遊んで
くれました。ゲストも全員見れたし、何だか幸せな1本でした。
120428-iruka.jpg

沖では、トサヤッコ♀が登場!
以前から居たのでしょうか?この辺りはよく泳いでいますが
今日初めて見れました。あまり逃げずに大人しい子です。
120428-tosayako.jpg

コールマンウミウシも居ました。
最近、クロスジ~ばかりだったので新鮮でした。
120428-koruman.jpg

他にも、アカスジカクレエビ・インターネットウミウシ・
クダゴンベ・オオモンカエルアンコウ・巨大ヒラメ×2・
ベニカエルアンコウ・コガネミノウミウシ
などが。

西側のポイントは水温21℃!

4月27日(金) 天気:雨のち曇り
<ケイカイ> 透明度12m 水温20~21℃ 海況:良好

何も考えず秋の浜に行ってみると・・・大荒れ(^^;
午後は低気圧の通過による大波が入ってしまい断念。
急遽、西側のケイカイに来てみると、想像以上に波はない!
これなら潜れるぞ!って事でEN。
浅場はウネリで濁ってましたが、沖はキレイでした。
何と言っても水温20~21℃で暖かい!!快適でした。


ケイカイと言えば、アオウミガメ!
今日も快調に3個体GET!出来ました。その割にはあまり
良い写真がないのでガックリ。。。
120427-kame.jpg

久々のヒットはアカエラミノウミウシ!
今季初だし、あまり個体数がいないので久々の遭遇です。
海藻にくっついてユラユラしてたので、きっと明日には
どこかへ消えてしまうでしょう(^^;
120427-akaeramino.jpg

沖ではミナミハコフグyg!でも体長は4cmくらいで
可愛さはあまり残っていませんね。きっと越冬組です。
120427-minamihakofugu.jpg

最後に浅場でナマコに付いていたナマコマルガザミ!
アカナマコには比較的よく共生してますが、色彩が
いろいろあるので、案外コレクションすると楽しいかも。
この子は赤黒っぽいですね。
120427-namakomarugazami.jpg

他に珍しいところでは、チョウチョウミドリガイ属1種
に出会えました。大きさ5mmくらい。
白っぽい個体でどうしても上手く撮れませんでした。


さあ明日からGW!何か驚きの出物に会えるといいなあ♪

穏や~かな秋の浜♪

4月26日(木) 天気:曇り時々雨
<秋の浜> 透明度:15m 水温:17℃ 海況:良好

予報では雨でしたが、実際は曇りがほとんどでした。
今日は南風がちょっと強め。。。でも秋の浜はベタ凪です♪

透明度は若干下がったかも?でも15mは普通に見えてます。
水温は17~18℃ですが、ほとんどの水域は17℃でした。


たまにチェックしてるイソコンペイトウガニ!
結構長くこの場所にいます。相変わらず擬態上手過ぎて、
難しい。。。
120426-isokon.jpg

ムラサキウミコチョウは先日と同じ岩にいました。
居た場所が良かったせいか?少し大きくなった気がします。
120426-murasaki.jpg

同じ場所って言えば、ピカチュウ!も相変わらず定位置。
よっぽどこの場所が気にいったのかエサが豊富なのか?
まあガイドとしては嬉しい限りです。
120426-pika.jpg

ムチカラマツエビは相変わらず小さいままですがこの子も
ずっと同じムチカラマツに付いています。
120426-mutikaramatuebi.jpg

最後は浅場でミサキウバウオと遊んできました。
個人的には正面顔を撮りたかったのですが・・・結局ダメ。
また今度頑張ってみます。
120426-misakiubauo.jpg

他にも、センテンイロウミウシ・チゴミドリガイ・ヒラメ・
アオリイカ・ベニカエルアンコウ・オオモンカエルアンコウ・
カエルウオ
などが。

透明度・水温安定してます!

4月25日(水) 天気:曇り時々晴れ時々雨
<秋の浜> 透明度:15m 水温:17~18℃ 海況:良好

昨日、今日と束の間の晴れ予報。。。しかし昼にはにわか雨も(^^;
気温は暖かくて快適ですが、いまひとつハッキリしないお天気です。

海は変わらず安定していて、GW中はまずまずのコンディションが
期待出来そうです。

今日はノンビリ際沿いを散策。。。
本日お初となったのはアマミスズメダイyg!
まだ3cmあるかないかの可愛いサイズで、一応南方系のお魚です。
個人的には今季初ですが、以前から居たのかな?
120425-amami.jpg

側にはセナキルリスズメダイygも2個体健在で、完全に越冬組です。

久々にキャラメルウミウシのペア?に遭遇。
まだ2cmくらいの可愛いサイズで、色も若干薄めでした。
まさにキャラメル色なウミウシです(^^;
120425-kyarameru.jpg

そよそよと流れがかかった場所ではキンギョハナダイ達がキレイ。
ウミトサカに集まっていたので、何気なく1枚撮ってみました。
120425-kingyo.jpg

浅場では、これまた今季初となったヨコシマエビの登場!
安全停止を兼ねて、5分以上このエビ君と遊びました。
まるで蜂のようなカラーとズングリとした形が特徴なエビです。
120425-yokoshimaebi.jpg

他にも、ハナオトメウミウシ・アカシマシラヒゲエビのペア・
マツカサウオ・イソギンチャクモエビ・イボイソバナガニ・
ベニカエルアンコウ・イワシの群れなどが
見れています。

本日は親子遠足なり。。。

4月24日(火) 天気:晴れ

表題のとおり、本日は海日記ではなく父親日記(^^;
昨日の夜は雷雨で大雨。正直天気が心配だったけど
なんとか晴れてくれて、家族揃って大喜びです♪

オイラは一足先に保育園に出掛け、遠足前に行う
父母の会総会で一仕事。。。

で、終了後に大きな大島バスに乗って、遠足会場に
レッツゴー♪と言っても15分程先の大島公園です。

公園内の動物園では、シール集めで走り回る息子。
まったくもって疲れ知らずの子供には驚きます。
でもたまには同じクラスの女の子とゾウガメ!見たり
もしてる姿は、3歳児らしくて良い良い(^^;

と言うか、走らずそこで大人しく観察しててくれ~!!
120424-zougame.jpg

みんなでお弁当食べた後は、公園内の芝生広場でソリ滑り~!
しかしこれまた地獄の始まり。。。
全然滑らないよ~と喚く我が息子!
ソリを押すのは・・・やっぱりお父さんの役割でした~
どうも昨日の大雨で芝が濡れてて滑りが悪かったみたい。
120424-sori.jpg

初夏並みの炎天下の中、子供も大人もみんな汗だく!
ああ~明日は筋肉痛かも。。。明後日くらいかな(^^;

だけど、最後はやっぱりお母さんに甘える息子でした。
120424-saya-ryuu.jpg

大雨でもキレイな水中♪

4月23日(月) 天気:雨
<秋の浜> 透明度:20m 水温:17℃ 海況:良好

朝から憂鬱な雨の1日です。夕方から夜にかけては
雷や竜巻も発生する程、激しく降ってました~

午前中に調査で潜るも、今日は誰も居なく寂しい限り。。。
当然雨で水中は暗いのですが、透明度が良いので
水深40mでもご覧のとおり!
キレイな水中景観が楽しめています♪

120423-asahinone.jpg

深場でクロスジウミウシが見れました。
ここ数年は何だか深場でしか見れなくなりました。。。
年々冬の水温が高いからでしょうか?
120423-kurosuji.jpg

浅場に戻ってくるとアオリイカが沢山群れています。
そろそろ産卵時期に入るので、最後の栄養補給かな~
沢山卵を産んで、人生を全うするアオリイカの姿は
神秘的であり、何とも切ない感じです。
120423-aoriika.jpg

段壁では久々にオキナワベニハゼと遊びました。
あまり逃げないので比較的撮りやすい種ですね。
120423-okinawabeni.jpg

他にも、ホウキハタ・クダゴンベ・インターネットウミウシ・
シラコダイの群れ・ヒラマサ・コガネスズメダイの群れ・
ベニカエルアンコウ・カエルウオ
などが。

本日は三原山山頂ジオガイド。。。

4月22日(日) 天気:曇りのち雨

久々の三原山。。。しかし今日は生憎の濃霧&雨。。。
山頂で待てども待てども、観光客は来ない(><)

お昼前にようやく3名のお客様が!でもあまり火山には
興味が無かったようで、、、見晴らしの景観がダメだと
わかると、写真を少し見ただけでお帰りになってしまわれた。

2月~3月は椿祭り期間中って事もあり、雨でも沢山の
お客様が訪れていたのに・・・最近はめっきりお客様が
減ってしまいました。さらに今日は天気が天気だったので
仕方ないか~(^^;

午後3時、帰り支度を始めると奇跡的に霧が突然はれて!
少しだけですが三原山山頂の姿が見れました。

晴れていれば、ちょうど大島つつじが満開でキレイなんです
けどね~
120422-miharayama.jpg

ちなみに今晩は「こと座流星群」がピークを迎える夜でした。
当然の事ながら大島は雨で、見れません(><)
今年はちょうど新月なので月明かりに邪魔されず、観望には
ベストだっただけに残念です。

完全復活?!透明度20m♪

4月21日(土) 天気:曇り
<秋の浜> 透明度:12~20m 水温:16~18℃

やっと大島ブルー!が戻ってきました♪
深場で水温は下がりますが、久々に見る青くて視界20m!

やっぱり大島の海はこうでなくっちゃ(^^)/

そんな訳でゲストからのリクエストはウミウシ~ですが、
ちょっとワイドマクロっぽく狙ってみました。。。

珍しくピカチュウ!は2日間定位置で見れました。
水中が明るくキレイだと少しワイドぎみに撮っても
おもしろいですね。
120421-pika.jpg

マンリョウウミウシ
ちょうどゲストさんがライトを付けて寄ってきたので
こんなアングルでも撮ってみた。まあ有りがちな構図
ですけど(^^;
120421-manryou.jpg

今日も御機嫌のマツバギンポ!
何度見ても可愛いお顔です。まあ浅場なので海況が
穏やかな時にしか撮れないのですが。。。
120421-matuba.jpg

インターネットウミウシ
今、秋の浜なら高確率で見れるウミウシでしょう。。。
昨日と今日で5個体見れています。
120421-internet.jpg

最後は5mmくらいの極小ムラサキウミコチョウ
久々のレア種でしたが・・・あまりにも小さすぎて
ゲストの感想はイマイチ(^^;まあ仕方なしです。
120421-murasaki.jpg

他にも、巨大ヒラメ・イソコンペイトウガニ・
ハナミドリガイ・チシオコケギンポ・アカホシカクレエビ

など。

マクロ系が豊富で快適~★

4月20日(金) 天気:曇りのち雨
<秋の浜> 透明度:12m 水温:18.5℃ 海況:良好

本日は1年3ヵ月ぶりに訪れたリピーターさんと一緒に2DIV♪
昨日に引き続き、海況コンディションはGood!

久々の登場、シロタエイロウミウシ
白っぽいウミウシは水中で目立つし、この子は4cmと比較的
大きめなので見つけ易いのです。
120420-sirotaeiro.jpg

地元ガイドさんからもらった情報のピカチュウ♪
今年はツノザヤ系が少なかったですが・・・久々に見れました。
個体数は減りましたが、探せばまだ見つかりそうです。。。
120420-pika.jpg

昨日取り損ねたイロカエルアンコウyg
やっぱり可愛い&キレイな子です。水玉模様も素敵ですね。
120420-iro.jpg

久々にご紹介のウミエラカニダマシ
本日2本目は夕方ENだったので水中が暗く、ウミエラが沢山
ニョキニョキいたので、簡単にGET!中々可愛いし、ウミエラの
紫色が美しい~
120420-umierakanidamasi.jpg

他には、イガグリウミウシ・ユビウミウシ・シロウミウシ・
キイロイボウミウシ・インターネットウミウシ・ニシキウミウシ・
サガミリュウグウウミウシ・アカシマシラヒゲエビ・カスザメ・
ミノカサゴ・ハナミノカサゴ・アオリイカの群れ・ヒラメ・
クダゴンベ・アカオビコテグリ・フトスジイレズミハゼ
などが。

秋の浜も水温&透明度UP!

4月19日(木) 天気:曇り時々晴れ
<秋の浜> 透明度:12m 水温:18.7℃ 海況:良好

昨日は、秋の浜のハシゴ修理第二弾!って事で午前中は
支柱をコンクリート固め作業、午後は単管で右のハシゴ作り。
ってな訳で、ようやく右も左もNEWなハシゴが完成です。


と、本来ここで完成写真を。。。と思っていたのですが、
本日EN直後に、カメラに微妙な水没?結露?を見つけた為、
安全を期して、カメラ無しで潜りました(><)

今日は魚の写真も無くてごめんなさい。。。

水中は、水深18mからでも水面が見える程、回復してます。
なんと言っても水温が暖かくて快適~もちろんまだドライで
潜っていますが、水中も陸上も寒さはまったく感じずです。


左の砂地をウロウロと。。。
オレンジ色のイロカエルアンコウygは今日も定位置に健在。
まだ小さいですが体に模様が出始めてきてます。
ウー。。。撮りたかった~

ミノカサゴ・ハナミノカサゴが優雅にウロウロしてたり、
カスザメが砂に隠れて眠っていたり、イシダイマダイ
ノンビリ泳いでいました。

浅場に戻り始めると、目の前をタカベの群れ!が通過。
こういった大島ではごく当たり前の魚影も春濁り中は
まったく見れなかったので、何だか新鮮でした♪

浅場では、オキナワベニハゼ・ベニカエルアンコウ・
ヨコエビの仲間・コウイカの仲間・フトスジイレズミハゼ

などが見れています。

秋の浜も透明度回復!

4月17日(火) 天気:晴れ
<秋の浜> 透明度:12m 水温:17℃ 海況:ややうねり

島の西側にやってきた黒潮がついに東側の秋の浜にも到着!
まだ完全にスッキリとまではいきませんが、水中は明るく、
透明度8~15m、水温も17℃近くで、かなり回復です(^^)/


水温が上がったおかげで、クマノミ達が元気に泳いでる姿が
とても印象的でした。普段はスルーしがちなのですが、今日は
何だかとっても目にとまりました~
120417-kumanomi.jpg

このまま水温が下がらなければきっと越冬しちゃうと思われる
子がこれ。。。セナキルリスズメダイyg!
本来はもっと暖かな南国の海に住んでるハズが去年からずっと
大島にいます。思わず応援したくなる子です。。。
120417-senakiruri.jpg

昨日は地元ショップが集まり、左側のハシゴを新しく
作り直しました。
とは言っても数本は古いパイプを使って
おりますが、、、負担の大きい縦パイプはNEWです♪
120417-hashigo.jpg

リピーターさんはご存じのハシゴパイプの住魚?カエルウオ!
この子はやっぱり住みなれた古いパイプが好きらしく、
こんな感じです(^^;
120417-kaeruuo.jpg

他には、イガグリウミウシ・サガミリュウグウウミウシ・
アカシマシラヒゲエビ・イソコンペイトウガニ・イサキの群れ・
メジナの群れ・イワシの群れ
、などです。 

透明度&水温が回復!

4月15日(日) 天気:晴れ
<ケイカイ> 透明度:12m 水温:17.6℃ 海況:良好

昨日の雨と寒さが嘘のように、ポカポカ陽気となりました。
若干風は冷たかったですけど。。。

本日は朝から西側の海が静かで、リクエストもケイカイだったので
久々に潜ってみました。
すると!驚きの透明度と水温に感激!!
まだ浮遊物はあるし、完全復活とまではいきませんが
ここ数週間の春濁りな水中に比べれば天国のような明るさと
青い海が広がっていました(^^)/黒潮万歳!

120415-keikai.jpg

いきなり浅場で登場したのが1m弱のコブダイ!
アオブダイは良く見かけますが、コブダイは比較的珍しいです。
おでこのコブ見えますか?
120415-kobudai.jpg

ケイカイと言えばカメ!って事で今日もアオウミガメ2個体GET!
ちょっとこのカメエリアの深場は濁り気味でしたが、ストレスなく
カメは見れています。
120415-kame.jpg

他にはイシガキフグ・ハリセンボン・アオブダイ・ニラミギンポ・
アオボシミドリガイ・イサキの群れ・メジナの群れ
、などが。

弱い流れがあったのと、ゲストがまだドライに慣れていないせいも
あって、最後の浅場ではプチハプニングもありましたが、久々に
ケイカイが潜れて良かったような、今回のゲストにはちょっと
厳しかったような??
まあ、ケイカイは何だかんだ言っても泳ぎますからね(^^;

西側は春濁り脱出?!

4月14日(土) 天気:雨。。。
<王の浜> 透明度:6~10m 水温:16℃ 海況:波あり

またまた荒れた週末(><)先週は久々にストレス無かったのに
魔の週末サイクルが戻ってきた感じです。
まあ何とか遅れながらも高速船は無事到着しましたが、
本日の大島は北東風の影響で全ポイント荒れ気味(^^;
何とか潜れたのは王の浜くらいだったでしょうか。。。

しかーし、これがビックリ!透明度UP♪&水温UP♪で快適~
黒潮が良い感じで、濁った潮を押し出してくれてるのかな。。。
このまま濁った潮どっか行っちゃえ~と願うばかりです。

で、9年ぶりにドライって方とドライはまだ初心者って方と、
シェルドライの初下ろしっていう、ドライ講習会のような1日。
天候も悪かったし、午後から海も荒れてきそうだったので、
本日は1本のみで終了でしたが、皆さん無事に楽しめています。

ドライの練習的に潜ったので浅場のみでしたが、そこそこ魚も
見れています。
中でも注目は無事に越冬したサザナミヤッコygです!
幼魚と言っても15cm以上になる立派な個体ですが、去年から
ずっと同じ場所に居ついています。正直まだいるとは思って
いなかっただけに驚きと感動でした♪
今日はカメラ持って潜っていないので、写真は去年のです。。。
120414-sazanami.jpg

同じと言えばスミツキベラ成魚
こちらは去年は幼魚っぽさもあったのですが、
今日は完全に成魚になっていました。
120414-sumituki.jpg

他には、ミアミラウミウシ・オトメウミウシ・巨大アカハタ・
トゲアシガニ・タカノハダイ・ハマフエフキ
などが。

擬態上手な魚達。。。

4月12日(木) 天気:晴れ
<秋の浜> 透明度:5m 水温:15℃ 海況:良好

昨日の雨は上がり、今日は朝から好天に。
気温もついに20℃にまで達しました!完全に春ですね♪

陸は春で良いのですが、海の中は春なだけに濁りが中々取れず、
非常に浮遊物でいっぱいな透明度でした(><)

まあこんな海況ならばこそのマクロ生物探し。。。
今日はたまたま擬態上手な魚や甲殻類にスポットを!


まずはコウベダルマガレイのメス。
比較的小型なカレイの仲間ですが、水底の砂地をよ~く探すと
たまに見つかります。普段はそこまで眼を凝らして水底を
見ないのですが、こういう海況だからこそ飛び込んでくるのかも
しれません。案外カワイイ顔してます♪
120413-koubedaruma.jpg

イボイソバナガニ。。。
宿主としているムチカラマツを探していくとこの時期は結構
良い確率で遭遇します。昔から思うのは、何故この子がカニ?
まあ仮にエビって言われてもエビ?って感じですが、ユニークな
甲殻類の一つだと思います。
120413-iboisobana.jpg

ベニカエルアンコウ。。。
最近の浅場で定位置な個体です。多分先週末にも見た子と同一
なのですが、微妙に体の色彩に変化が見えます。
昔も今も、ガイドVSベニカエルの「かくれんぼ」的な戦いは
変わりませんね~。擬態上手という意味では上位な魚です。
120413-beni.jpg

他にも、ヒトエガイ・アカシマシラヒゲエビ・イソギンチャクモエビ・
アカボシカクレエビ・イロカエルアンコウyg・カエルウオ・
イソコンペイトウガニ・サガミリュウグウウミウシ
など。

当店の周りはキジだらけ?!

4月9日(月) 天気:晴れ

本日は窒素抜きのため、海はお休みでーす。
それにしても今日は暖かったですね~
大島では今年最高の19℃を記録しましたよ♪

表題のキジ・・・ですが、あの桃太郎にも出てくる
いわゆる鳥のキジです。国鳥でもありますね。

伊豆大島には野生のキジがとても多く生息していて
特にウチの前には空港滑走路があり、ちょっとした
草原が広がっているんです。
さらに周りはただの空き地なので、キジが生息するのに
非常に良い環境のようで、多い日には4~5羽見る事も
あるんです。
120409-kiji.jpg

そんなキジ君、今はちょうど繁殖期にあたりオス達は
みんな縄張り争いをしていて、「ケーン、ケーン」と
良く鳴いています。
キジは一夫多妻制らしく、メスは春から初夏にかけて
いろんなオス達の縄張りに出向くそうです。
でも繁殖期以外は、オスはオス、メスはメス同士で
群れるというから不思議。
ヒナが生まれると、メスがヒナ達を連れて草原をトコトコ
散歩する姿が何とも愛くるしいですよね。


これからの時期、ダイビングの休憩中にもしばし見れる事が
あると思うので、興味のある方はその微笑ましい姿をご鑑賞
するのも良いかと。。。


ちなみに、「キジ肉」&「キジの燻製」は大島の特産品でも
あります。ちょっとお高い高級鶏肉ですが、普通の肉屋さん
では絶対に手に入らない鶏肉なので、一度ご賞味あれ~

透明度やや回復の兆し。。。

4月8日(日) 天気:晴れ
<秋の浜> 透明度:8~10m 水温:14℃ 海況:良好

予報よりも冷え込まない朝でした。
日中も何だかんだで14℃まで上がり、風が弱い分昨日よりは
逆に暖かく感じました。

海は・・・相変わらず春濁り特有の浮遊物はありますが、
水中は明るく、水深12mからでも水面が見える程、
回復傾向です。透明度も横で8mは普通に見えています。
その代わり・・・水温は14℃と今年最低を記録!


さて、今日もウミウシが主かな~。。。
まずはハナオトメウミウシ。伊豆でも普通種なこの子は逆に
大島では深場でしかあまり見かけません。今日は珍しく
水深20m台で遭遇。6cmくらいで大型種に入るかな。。。
120408-hanaotome.jpg

クロスジウミウシ。少し丸まってたので4cmくらい(^^;
こちらも例年良く見るのですが、ここ数年は深場ばかりです。
この子も水深34mにいました。以前は18mくらいでも
沢山見かけたのですが・・・水温の影響でしょうかね?
すぐ隣にはインターネットウミウシも2個体居ました。
120408-kurosuji.jpg

トラフケボリタカラガイ
大きめなフトヤギがあったので、ちょっと覗いてみると・・・
全部で3個体。野球の阪神タイガースファンから愛されそうな
見事に黄色と黒のストライプ柄です。このビビットなカラーは
個人的にも好きです。
120408-torafukebori.jpg

浅場では巣穴で就寝中?のタコがいい感じでした。。。
近づいてもライトを当ててもピクリとも動かないところを見ると、
もしや卵を持ってるかもしれませんね。
タコ以外にも水中の世界は、卵を守る為にはダイバーも恐れない
勇敢な魚達の姿をよく見かけます。暖かく見守りましょう♪
120408-tako.jpg

今回のゲストさんはダイビング中AKB48を鼻歌しちゃう程
ノリノリでした(^^;この水温でもフードもグローブもせずに
余裕の状態!?まあそのパワーの源にはきっと熱い訳が
あるのでしょうが・・・素晴らしい♪



ニューフェイスが登場!

4月7日(土) 天気:晴れ
<秋の浜> 透明度:6~8m 水温:14.5℃ 海況:良好

予報よりはポカポカ陽気となりました。とにかく風が弱く
穏やかな週末はいったいどのくらいぶりだろう?
西も潜れるようでしたが、本日のリピーターゲストは
カメラ派で秋の浜好きなので、迷わず東のココへ。。。

相変わらず浮遊物は多いですが、透明度は6mちょっとは
見えてて最悪のコンディションからは脱出しています。

噂で知ったニューフェイスのイロカエルアンコウyg!
地元ガイド仲間の方にだいたいの場所を聞き、ウロウロと
いました!とっても可愛らしい3cmサイズです♪
120407-irokaeru.jpg

今日は他に目新しい子には出会えなかったですが、
なんとなくオルトマンワラエビを久々に撮ってみた。
全然エビ!って感じじゃないこの風貌が魅力です。
120407-orutoman.jpg

浅場ではフトスジイレズミハゼも沢山見れました。
ライトが明るすぎると奥に逃げちゃうのですが、この子は
比較的逃げずに、撮りやすかったです。
120407-futosuji.jpg

他にも、オオモンカエルアンコウyg・巨大カスザメ・
センテンイロウミウシ・ベニカエルアンコウ・アオリイカ・
テントウウミウシ・イズカサゴ・ヒラムシの仲間
など。

海と星。。。

4月6日(金) 天気:晴れ
<秋の浜> 透明度:6m 水温:15℃ 海況:良好

今日も朝から良い天気。相変わらず西風は強く潜れるのは
秋の浜くらい。。。
透明度も昨日と変化なく、6m前後ですが天気が良いと
浅場は比較的明るいです。

今日もウミウシワールドな水中でした。
まずはレア種、ヤグルマウミウシ!キター!って感じ(^^;
絶対的個体数が少ないので、だいたい見れて年に1度っきり。
濃いめの黄色に黒いトゲトゲが何とも可愛い。
120406-yaguruma.jpg

続いてちょっと見た目は似た感じのイガグリウミウシ
こちらは大島では普通種でかなり高確率で遭遇出来ます。
でもこの写真のような白バージョンは少なめ。まあこの子も
もう少し成長すれば、ノーマルな黄色にピンクのトゲトゲに
なるんでしょうが。。。
120406-igaguri.jpg

最後は定番のトウシマコケギンポ
安全停止を兼ねて撮ってみると案外カワイイ。
草原にたたずみ、空を見上げてる風ですかね(^^;
120406-toushimakoke.jpg

他にも、インターネットウミウシ・アカシマシラヒゲエビ・
オキゴンベ・アカホシカクレエビ・ヨソギyg・クマノミ・
シラコダイの群れ・イボイソバナガニ・カエルウオ
など。

そして、夜は以前から楽しみにしていた星空観望会!
前回同様、国立天文台研究職員の小野さんによる星空ガイド!
とっても詳しくて、まだまだ勉強になるお話ばかり♪
しかもあの天体メーカーのビクセンさんとの合同企画でも
あるので、望遠鏡や双眼鏡を使って月のクレーターや
土星の環も見れて、内容も濃い~!


是非、またこういった講習会をお願いしたいものです(^^)/

そういえば・・・今回のゲストさんは航海士!カッコイイ♪
大きな船を操船して、太平洋のど真ん中で満天の星空を眺め、
そして長期の休日にはダイビングを楽しむ。。。
何だか憧れるな~。そういった生き方も素敵ですよね~。

未だ西風強し。。。

4月5日(木) 天気:晴れ
<秋の浜> 透明度:6m 水温:15℃ 海況:良好

次から次へと現れる低気圧のせいで風だけは強いままです。
その影響で、本日熱海船で初来店されるお客様が約45分遅れで
到着となりました。
なんとか無事着いてくれて一安心です。

せっかくの初大島ゲストさんなのですが、生憎今日も潜れるのは
秋の浜だけで、しかも春濁りのピーク時・・・苦しい展開では
ありますが、マクロも大好きな方で大変助かりました(^^;

比較的深場のクダゴンベから徐々に浅く戻り、いろいろ見れて
います。
やはりこの時期はウミウシが良く目に止まり今日は久々に
ネアカミノウミウシに遭遇。毎年見ますが今年は初となりました。
120405-neakamino.jpg

そして今年も出現!ダイオウタテジマウミウシ
大きさ15cm。。。もはやナマコに近い大きさです(^^;
偶然水中で会った地元ガイドさんに教えて頂いちゃいました。
それにしても巨大なだけに動くスピードも速い・・・2本目には
その場所に居ませんでした。
120405-daiou1.jpg

非常に見づらい場所でしたが、ベニカエルアンコウも健在です。
この写真でどこにいるか解りますか??
120405-beni.jpg

時間が押していたので、EXする頃には夕方。。。

夜は一転、星空ガイドのお仕事に出掛けてきました~
正直、ここ数日は満月に近いので星を見るには不向きなのですが、
その分、素敵な月を眺めてきました。
写真は夕暮れ時に撮った1枚です。
120405-tuki.jpg

まだまだ風が吹くと体感的に寒いですから、星空観察の際には
暖かな格好の準備をお願いします。

爆弾低気圧の後は。。。

4月4日(水) 天気:晴れ
<秋の浜> 透明度:3~4m 水温:15℃ 海況:ウネリ大

天気は回復しましたが、風は西からビュービューです。
その為、高速船は今日も全便欠航(><)大型客船が臨時便で
就航してました。おそらく数日前に潜ったゲストの器材も
遅ればせながらこの船で渡った事でしょう(^^;

秋の浜は島の東側とは言え、さすがにあの嵐の後なので海は
荒れ気味でした。まあ潜れる範囲ではありましたけど。。。

その影響だ!と信じたいくらいまたまた透明度ダウン!!
仕方なく近場でウロウロと。。。

今日の写真はイソギンチャクモエビ!
決して珍しくもないエビだけど、案外知られていないかも。
常にエビ反り!って感じにお尻をフリフリしてる姿がとても
可愛い。小さいけど存在感ありです。
120404-isoginchakumoebi.jpg

他にも、ベニカエルアンコウ・オルトマンワラエビ・キイロウミウシ
サガミリュウグウウミウシ
などが定位置で見れました。

超・爆弾低気圧!

4月3日(火) 天気:晴れのち雨のち晴れ

ニュースで「台風並み・・・」って言ってたけど、
正直今日の午後まで疑心暗鬼でした。
しかし!やはり気象庁の発表どおり、超爆弾低気圧
本当でした(^^;
大島では、18時~19時がピークで、瞬間最大風速は
なんと35.1mこれってもう低気圧のレベルじゃなく、
完全に台風と同じ状態でした。。。


しかもオレンジフィッシュは南側には何も高いものがなく、
日当たりも良いのですが、風当たりも最高なだけに、
閉めたシャッターはガシャガシャ揺れて、今にも壊れそう
でした。幸い、被害は何も無さそうでしたが今日の風は
本当に「冬の台風」でした。

本日の午後、地元ショップが集まり「酸素の有効活用」
ついての意見交換会が行われました。
ダイビング的に言えば、ナイトロックスタンクについて
なのですが、酸素は医学的にも重宝しますので、個人的には
大島でももっと広まって欲しい存在です。

もしかすると、近い将来・・・大島の秋の浜では
ナイトロックスタンクで潜るのが当たり前って日が来るかも?
しれませんね。。。

このウミウシは誰?

4月2日(月) 天気:晴れ
<ケイカイ> 透明度:10m 水温:15℃ 海況:良好
<秋の浜> 透明度:6m 水温:15℃ 海況:やや波


本日はとってもタフな新規ゲストさんを迎えて、
ケイカイ&秋の浜に潜りました。
何故タフかと言うと・・・昨日、大島町で開催された
駅伝大会で5Kmを走って、今日はダイビング!という
方だからです。オイラと3歳しか違わないのにその元気。
見習わないといけませんね(^^;


それにしても今日は穏やかな小春日でした~いつもこんな
陽気ならば最高あんですけどね。。。
てな訳で、久しぶりに穏やかな西側のケイカイにも
潜ってきちゃいました。

ケイカイは秋の浜に比べると、やや明るく透明度も許せる
範囲で驚き!!
まあ春濁り特有の浮遊物はあるのですが、
秋の浜の暗さに比べれば全然マシです。

そこで見つけたこのウミウシ。。。
色や全体の特徴からはサビイロオトメウミウシっぽいが、
触覚の形状がタテジマ亜目と違うので、正直不明種です。

いったい何者なんでしょうか?
120402-sabiirootome.jpg

見ると撮ってしまうイシガキフグ!
秋の浜で見る子よりもケイカイに住んでる子の方が
逃げない気がします。。。この子はちょっと小ぶりで
30cmくらいの可愛いサイズでした。
120402-isigakifugu.jpg

他にも、テングダイ・キンギョハナダイの乱舞・メジナや
イサキ
の群れなども見れています。

秋の浜は。。。チシオコケギンポ・アカホシカクレエビ・
オオモンカエルアンコウ・イズカサゴ
など見てもらっています。

透明度やや回復か?

4月1日(日) 天気:晴れ
<秋の浜> 透明度:5~8m 水温:15℃ 海況:ほぼ良好

昨日の爆弾低気圧は過ぎ去り、朝から良いお天気です。
今日も南西からの風なので潜れるのは秋の浜のみ。。。

ちょっとしたプチハプニングがあって、今日は全員1DIV(^^;
ダイビングは慣れた頃が一番危ない。。。セッティング後、
EN前、などはいつ何時でも「初心忘れべからず!」ですね。
ゲストへのチェックが甘かった自分に大反省です(><)


さて、海は昨日に引き続き若干ですが回復の兆し
もしかしたらこの春濁りに目が慣れただけ?かも
しれませんが、最悪な海況からは逃れています。

久々にイソコンペイトウガニに立ち寄ってみました。
まだ定位置のトサカに居ついていました。とっても擬態上手な
カニで、昔から探すのが結構好きなんです。
120401-isokon.jpg

こちらも最近お気に入りのアオアサハギyg
とは言ってもこの子は大きめで4cmくらいはあるかな。。。
個人的には癒し系だと感じています(^^;
120401-aosahagi.jpg

オオモンカエルアンコウは定位置です。
それにしても大きくなりません。。。ちゃんと食べてるのか
心配になるくらいです。
120401-oomon.jpg

船はもちろん通常どおり運航。毎週のように天気に悩まされ、
精神的によろしくありませんが、今週もなんとか無事に終了
出来て良かった良かった(^^)/

予報から想像出来ない穏やかな海!

3月31日(土) 天気:晴れのち雨のち晴れ
<秋の浜> 透明度:4~8m 水温:15℃ 海況:ベタ凪!

今日は待ちに待った?第一回マグロツアーイベントDay!
しかし、残念ながら今週も魔の低気圧に邪魔されました(><)

朝のニュースでもご存じのとおり、今日は全国的に春の嵐が
吹き荒れ、風の強さも、波の高さも予報では凄かったのですが、
実際には大島沖の海洋は大したシケにはならず、秋の浜に
至っては驚くほど静かで、まるで湖のような水面でした。

心配していた朝の高速船も条件付きの中、無事到着。
まあ40分遅れで着いた事を考えると、都内に近い方が
荒れていたのかな?低気圧が通過する午後便は欠航でした。

ですが、波乱の予想の中・・・キャンセルを選択されたゲストも
多く、当初10名だった参加人数は結局3名。。。
と言う訳で、イベントは延期。今回は普通のダイビング&宴会に
変更。。。となりました。


水中は春濁りが残っていますが、今日の午後3時半くらいには
少しだけ回復していました。

本日のNEW!は4つ。。。
まずはアカオビコテグリ。何気に2ヵ月ぶりくらいに見たような
気がします。やっぱり居たんですね。。。
120331-akaobi.jpg

センテンイロウミウシ
今年見たのはこれで2回目。。。個体数は少ないですが毎年
見れる種ですね。
120331-senteniro.jpg

ヒブサミノウミウシ
こちらは今年初。。。毎年多く見かけますが秋の浜には
意外と少ない気がします。
120331-hibusa.jpg

キリンミノyg
浅場で見つけました。こちらも久々です。
120331-kirinmino.jpg

他にもベニカエルアンコウなんかも出没してますよ~

プロフィール

OFかっすん

Author:OFかっすん
伊豆大島ダイビングサービス
山&星のネイチャーガイド
オレンジフィッシュ代表 粕谷浩之

ダイビングの情報&陸のネイチャーガイドの記事や写真を紹介しています。

最新記事

最新トラックバック

検索フォーム

ブロとも申請フォーム

QRコード

QR