午後は透明度UP!

6月30日(土) 天気:晴れ
<秋の浜>
透明度:8~15m 水温:20~23℃ 海況:良好

<ケイカイ>
透明度:3~6m 水温:21~22℃ 海況:良好


今日も夏のような熱い1日となりました。
本日は地元の女子ダイバーと午後から2DIVです。

秋の浜は浅場こそは濁っていますが、水深15mくらいから
先はスコーンと抜けて透明度15mオーバーでキレイでした。
午前中は深場も濁っていたらしいので時間によってガラリと
変わる感じです。


際沿いはソフトコーラルとキンギョハナダイの群れが非常に
美しく、青い水中にとてもマッチしてました。

まずはクダゴンベを。。。
今日も定位置にいましたがだいぶ大きく成長してもうygでは
ありませんね♪立派な個体です。
120630-kudagonbe.jpg

側では、1mオーバーのカスザメ&ヒラタエイがウロウロ!
本当はツーショットで撮りたかったのですが、写真はNGに。

浅場に戻る途中、可愛いアカエイの子供!に遭遇。。。
最近エイとの遭遇率が高いです。
120630-akaei.jpg

そして今日は約2週間ぶりとなるベニカエルアンコウ!
やっと出会えました。このところ個体数が少ないのか?
全然見つからず、絶滅したのか?と思う程だったので、
正直嬉しかったです。
120630-beni.jpg

他にも、センテンイロウミウシ・フジイロウミウシ・
オハグロベラ・キタマクラ・ミスジスズメダイyg・
アマミスズメダイyg
などが。

2本目のケイカイは、濁っていましたがイサキの群れ!
もの凄く多かったです。
そんな中でも新たな出会いがありました。
ツユベラyg!です。先日の台風4号で流れ着いた子なのか
嬉しい南方系の登場でした。
120630-tuyubera.jpg

他にも、タカベygの群れ・アカムツygの群れ・
アカエイ・テングダイ・ハリセンボン
などが見れてます。
スポンサーサイト

夏のような陽射し!

6月29日(金) 天気:晴れ
<ケイカイ>
透明度:5~6m 水温:21℃ 海況:良好

<秋の浜>
透明度:8~15m 水温:19~21℃ 海況:良好


天気予報が良い方に外れ、まるで真夏のような青空が広がった
伊豆大島!
やっぱりダイビングには眩しい太陽がいいね~♪

ですが、1本目に入ったケイカイでは水中ドンヨリ(><)
陸とのギャップがありすぎて、かなり残念でした。

魚もイサキの群れは凄い多いのですが、目の前しか見えない
ので魅力半減でした。

唯一、ゲストが喜んだアカエイの子供!
まだ30cmくらいの幼少サイズで泳ぎ方もぎこちなく、
とっても可愛かったです。
120629-akaei.jpg

2本目に潜った秋の浜は、透明度が若干回復して深場は
水温こそ低いですがキレイでした。でも浅場はスッキリせず、
8m前後の透明度です。
ここではカメラを忘れてしまい、写真はありません(^^;

ジョーフィッシュ・アラリウミウシ・ガラスハゼ・ワニゴチ・
イガグリウミウシのペア・セナキルリスズメダイ
など。

夕方から地元ショップのみんなで毎年恒例の写真展の準備を
しました!
120629-syasin.jpg

本日から9月末までの3ヵ月間、元町港&岡田港の2Fにて
沢山の水中写真を展示してありますので、是非ご覧になって
みて下さい。

うーん。。。春濁り?

6月28日(木) 天気:曇りのち雨
<秋の浜>
透明度:6~10m 水温:20~22℃ 海況:良好


朝は明るかった空も午後からはポツポツと雨が。。。
でも風は弱く、海は穏やかなので、はりきって3DIV!
しかしながら困った事に今日はやけに濁っていました。
午後の1本なんか雨で空も暗く、水中はセミナイト?
水温は暖かで快適なんですけどね。。。

1本目は水温にバラツキがあり、暖かな潮と冷たくて綺麗な
潮が混ざり合って、そこそこ流れがありました。

まずは昨日からハシゴの周りをうろつくハリセンボン!
何故か近づいても逃げずにとってもフレンドリー♪
どこか具合でも悪いんだろうか??
120628-harisenbon.jpg

2本目の砂地では、暗くてハゼ系は期待していなかった
のに、ネジリンボウ&ヒレナガネジリンボウのペアなのか?
同じ巣穴から並んで顔を出していました。
流石に暗いのでこれが精一杯の距離での撮影。。。
この1枚の後は巣穴にシュッ(><)
120628-neji.jpg

今年はやけに遭遇率が高いボブサンウミウシ!
本来あまり個体数はいないはずですが・・・。
このところよく見かけます。
120628-bobusan.jpg

浅場では、産卵準備中なのか?パイプの中を掃除する
カエルウオが印象的。。。


他には、ホウセキキントキ・巨大ヒラメ・アカハタ・
イセエビ・クロスジウミウシ・ムラサキウミコチョウ・
ツノダシ・アマミスズメダイyg
などが。

穏やかな海。。。

6月27日(水) 天気:晴れ
<王の浜>
透明度:8~10m 水温:20~21℃ 海況:良好

<秋の浜>
透明度:8~12m 水温:21~22℃ 海況:良好


朝は北東から強めの風が吹き、秋の浜は少々荒れ気味。。。
今日から初心者のリピーターさんだったので、安全を考え
1本目は王の浜に。。。
ここのポイントは先日の台風4号の被害が大きく、駐車場や
ENまでのスロープには1mを超える巨石がゴロゴロ!
今年の春に完成されたばかりの護岸壁も一部欠落してしまい
想像以上の台風だった事を思い知らされました(^^;


水中も浅場は単管パイプや大きな石が入っていて当然のように
ガイドロープは無くなっていました。

沖に出ると然程台風の被害は感じませんでしたが、この時期
にしては魚種が少なめかな、、、。
唯一、黄色いフエヤッコダイが流れてきていました。

印象的だったのはコロダイ若魚!
10匹くらいの群れで泳いでいました。
120627-korodai.jpg

秋の浜ではAD講習のディープを実施!
深場では、フタイロハナゴイ・セナキルリスズメ・
イボイソバナガニ
などが定位置で見れています。

イガグリウミウシがいい感じの場所にいたので1枚!
綺麗な色合いのウミウシで人気があります。
今年は個体数が少なめな感もあります。。。
120627-igaguri.jpg

他には、イサキの群れ・チシオコケギンポ・オニカサゴ・
アカシマシラヒゲエビ
など。。。

7月、8月の予約スタートしています。東海汽船の切符が
満席になりやすいのでご予約はお早めに!!

全ポイントGoodコンディション!

6月24日(日) 天気:曇りのち晴れ
<秋の浜>
透明度:8~12m 水温:20~22℃ 海況:良好

<野田浜>
透明度:15~20m 水温:21~22℃ 海況:良好

<ケイカイ>
透明度:15m前後 水温:20~21℃ 海況:良好


本日は、午前中が上級者、午後は初心者のファンで計4DIV!
水中は相変わらず、午前は暖かで透明度が少し落ち、午後は
水温が下がるけど透明度は抜群!という海況でした。

この週末は、雨も降らず風も弱かったので全ポイント快適に
ダイビング出来ました♪

秋の浜は、ウミウシが豊富です。。。
今日新たに今年初見となったシロタスキウミウシ!
背中の白い2本線が特徴で、1年に2、3回くらいの遭遇率です。
120624-sirotasuki.jpg

こちらは多分イロウミウシ属1種の3になるでしょうか。。。
「本州のウミウシ」図鑑に載せてある個体にそっくりです。
個人的にも初めて見ましたね~
120624-iroumiusi3.jpg

他にも、センテンイロウミウシ・イガグリウミウシ・
ルージュミノウミウシ・アラリウミウシ・フジイロウミウシ・
インターネットウミウシ・クロスジウミウシ・コトヒメウミウシ

などなど、沢山います。

ウミウシ以外では、コウリンハナダイyg・フタイロハナゴイyg・
セナキルリスズメダイyg・イボイソバナガニ・アマミスズメダイ・
イソギンチャクモエビ・アカシマシラヒゲエビ・イサキの群れ・
ワニゴチ・オニカサゴ
などを紹介しました~


さて、午後からは地元ダイバーとマンツーマンで西側のポイントへ。

野田浜&ケイカイは透明度が抜群で、真っ青な水中が楽しめました。
中でも、野田浜水中アーチの中にはイサキがグッチャリ!
これだけ間近で生きてる回遊魚が見れるのは他には水族館くらい!
何度見ても圧巻です。
120624-nodahama.jpg

野田浜では、他にキャラメルウミウシ・ウスイロウミウシ・
ニラミギンポ・タカノハダイの群れ・カンムリベラyg
などが。

ケイカイでは、コレといった魚には会っていませんが、綺麗な水中と
魚影でお腹いっぱい!って雰囲気のダイビングが楽しめています。

さあ、魚も増えて夏ももう間近!
ダイビング予約どんどんお待ちしておりま~す。 

水温を取るか、透明度を取るか!

6月23日(土) 天気:曇り
<ケイカイ>
透明度:10m 水温:22℃ 海況:ややウネリ


<秋の浜>
透明度:10~30m 水温:16~21℃ 海況:良好


今日はリピーターゲスト達を迎え、2DIVです。
珍しく風のない穏やかな週末でしたが、西側のポイントには
まだウネリが残っていました。

1本目はケイカイに。。。流れがかなりあったので透明度と
魚影を期待してたのですが、透明度が10mあるかないかで
魚影が濃くてもあまりよく見えず、ちょっと残念。。。

そんな中で、見つけたアラリウミウシです。
120623-arari.jpg

水中で見た時は、種を特定するのは難しかったのですが、
こうして写真を見返すと、中央白線が鰓を囲んでいるので
アラリ~ですね。

他にはクマノミ・ホウライヒメジ・イサキの群れ・
ミツイラメリウミウシ・ウスイロウミウシ・ミヤコウミウシ

などが。

2本目の秋の浜ですが、浅場は水温21℃で比較的暖か
でしたが、水深を下げていくとどんどん冷たい潮が。。。
水深30付近は16℃とかなり冷え込みました。
その代わり、透明度は30m近くあり真っ青な大島ブルー


そんな中、久々にヤマブキウミウシ!のペアに遭遇。
個体数が少ないので、見れた今日はラッキー(^^)/
120623-yamabuki.jpg

他には、タカベの群れ・アマミスズメダイyg・
ワニゴチ・クダゴンベ・ムラサキウミコチョウ
などが。

今年初ニタリ!!

6月22日(金) 天気:雨のち曇り
<秋の浜>
透明度:15~20m 水温:16~20℃ 海況:良好


午前中は雨が降ったり止んだり・・・梅雨ですね~
午後からは雨が上がったものの、低気圧の通過に伴い海は
少し荒れてしまったようです。

表題にも書きましたが、本日ニタリ!!に遭遇(^^)/
個人的にはもちろん今年初です♪
全然想定していなかったので、カメラも超マクロモードで
写真は撮れませんでしたが、目の前を悠々と通過していく
3mの巨体ザメは大迫力でした。
今年もニタリシーズン開幕で~す!


そしてマクロではコンシボリガイ!も個人的に今年初♪
やっぱり何度見ても可愛い。この背中にチョンと乗った
小さな貝が素敵なウミウシです。
120622-konshibori.jpg

深場では70cmくらいのホウキハタが定位置に。
120622-iyagohata.jpg

今日もフジイロウミウシに会えました。
最近良く見かけます♪
120622-fujiiroumiusi.jpg

他には、コウリンハナダイ・アサヒハナゴイ・
クロスジウミウシ・カスザメ・アカシマシラヒゲエビ

などが。

台風後の海は。。。

6月21日(木) 天気:曇り時々雨
<秋の浜>
透明度:12~20m 水温:17~21℃ 海況:良好


台風4号は予想よりも遥かに強烈でした(><)
自宅&ショップ&秋の浜のハシゴには支障ありませんでしたが
岡田港はかなりの被害があったようです。昨日、今日と
土木関係の車が集まっていました。

海も西側はまだウネリ?波?がありますが、秋の浜は◎
でも午前と午後とで水温差がかなりあるようです。

台風後の砂地が気になって、久々に左の砂地を散策しましたが
水温が低すぎて、ハゼ系は全滅に近かったです(><)
台風の影響はなさそうでした。

今年は4個体目のアマミスズメダイygです。この調子だと
夏までにもっと増えるかも?当たり年なのかなあ。。。
120621-amami.jpg

カスザメも砂地でお休み中。。。こちらは個体数が減った
ような気がします。

浅場では、ヌノサラシ・カエルウオ・コガネミノウミウシ・
ミサキウバウオ・ツノダシ
などが。

新たなダイバー誕生♪

6月18日(月) 天気:曇りのち晴れ
<秋の浜>
透明度:12m 水温:22℃ 海況:良好

<ケイカイ>
透明度:10~20m 水温:20~23℃ 海況:良好


本日無事にSD講習が終わり、素敵な女性ダイバーが誕生
持ち前の運動神経?センス?の良さが光り、3日間の講習も
スムーズでした。スバラシイ(^^)

仲良し仲間と一緒に合格、おめでとうございま~す(^^)/
120618-kousyuu.jpg

更には、余った時間で早速初ファンダイブを。。。

せっかくなので嵐の前の静かなケイカイを潜りました。
沖はは驚くほど青くて透明度抜群!ちょっと流れがあって
初心者には厳しめでしたが、最高の魚群が楽しめています。


しかも遠めながらウミガメまで見れちゃって。。。
初ファンダイブで初カメとは、贅沢過ぎます(^^;

明日から明後日は台風の進路次第で海はクローズかな。。。
あまり荒れないで欲しいところです。

昔も今も海のアイドルは!?

6月17日(日) 天気:晴れ
<秋の浜>
透明度:10~20 水温:21~23℃ 海況:良好


予報が変わり、好天に恵まれた伊豆大島。やっぱり太陽が
あるとテンション上がりますね~♪

さて本日はSD講習とファンダイブで4本潜ってきました。
海は透明度も良く、水温も上がったので最高に気持ち良い~

そして初心者女性ダイバーの人気の的!
ミナミハコフグyg!の登場です(^^)/
今回この子には熱いリクエストをもらっていたので見せれて
本当に良かった(^^;毎年比較的ポピュラーですが、
タイミングによっては見れない事もあるので、これで一安心です。
でもやっぱり何度見ても可愛いですよね!
120617-minamihakofugu.jpg

他には、フタイロハナゴイyg・アマミスズメダイyg・
フジイロウミウシ・キイロウミウシ・セナキリリスズメダイyg・
アカホシカクレエビ・クマノミいっぱい・ツノダシ・カエルウオ・
サガミリュウグウウミウシ・コロダイ・イシガキフグ
などが。

講習生はかなりレベルが高く、明日には予定通り?新たなダイバー
誕生の予感がします♪

水温上がりました~♪

6月16日(土) 天気:雨
<秋の浜>
透明度:10~20m 水温:20~22℃ 海況:良好


<野田浜>
透明度:10~15m 水温:22~23℃ 海況:良好


本日からSD講習&ファンダイブの2本立てです。
今日は朝から雨がシトシト降り、まさに梅雨の空です。
しかしながら、海の水温が上がりWETでもまずまず快適!

秋の浜で久々にラベンダーウミウシ(多分)に遭遇。
まさに薄紫色の色合いが美しいウミウシです。
120616-rabenda.jpg

ジョーフィッシュも元気!
今年は口内保育が見れるのかな~??
120616-jyo.jpg

水温が高くなり、中層の回遊魚達も元気に泳ぎ回っています。

他にはチシオコケギンポ・インターネットウミウシ・
ルージュミノウミウシ・リュウモンイロウミウシ・イセエビ

などが。

野田浜では水中アーチ内のイサキの群れを期待して潜った
のですが今日はどういう訳か空っぽ(><)

そんな中で、唯一珍しい系としてはスミツキベラyg
流れついていました。まだ3cm程で可愛い姿です。

帰り際の岩陰ではテングダイ2匹が全然逃げずに、
良い被写体でした。

SD講習も順調な滑り出しです。。。

色鮮やかな魚達。。。

6月15日(金) 天気:晴れ時々曇り
<秋の浜>
透明度:10~20m 水温:17~21℃ 海況:良好


やっと秋の浜が静かになりました。
でも浅場と深場の水温差がとっても激しい(^^;
水深20m以内は20~21℃でWETでも快適です。
深場は冷たいけど、透明度は20mです。
さあ、あなたはどちらを選びます??(^^;

深場のハナダイ系がとっても元気&美しい!
まずはアサヒハナゴイ!他のキンギョハナダイと一緒に
泳いでいますが、この子だけ別格ですよね~
120615-asahi.jpg

次いでフタイロハナゴイのアップ!
この子も非常に美しいのでついつい撮ってしまいます。
120615-futairo.jpg

今日はウミウシも豊富。。。

まずはフジイロウミウシ!3cm
ちょっと生息域が深場なので初心者には厳しいですが、
近似種のシモダイロ~よりは全然浅いですよ。
120615-fujiiro.jpg

シラユキウミウシ!2cm
真っ白な体にオレンジ色の触覚が可愛いウミウシです。
個体数は多いので、初夏にかけてたまに見かけます。
120615-sirayuki.jpg

シロミノウミウシ!1cm
浅場でよく見る種です。小さい割に動きが早く、
ちょっと変わった動き方をします。興味ある方は
見つけたらじっくり観察して見て下さい。
120615-siromino.jpg

最後はオキナワベニハゼ!
ちょっとした穴の中でだいたい天井に張り付いています。
ベニハゼ系は色が美しいのでお勧めです。
120615-okinawa.jpg

他には、80cmくらいのネコザメ!・ジョーフィッシュ・
アカシマシラヒゲエビ・リュウモンイロウミウシ・
ミツイラメリウミウシ・テンクロスジギンポ・ヒラメ・
アマミスズメダイyg・コウイカyg・ツノダシ
などが。

未だウネリが残ってます。

6月14日(木) 天気:晴れ
<野田浜>
透明度:8~10m 水温18.5℃ 海況:ウネリあり


すご~く久々の野田浜です。。。
今週末は講習もあるので、調査を兼ねて。
それにしてもウネリが取れません(><)今日も午前中の
秋の浜は大荒れだったとか。野田浜も午前中はウネリでした。

浅場ではカンムリベラygが大・小2個体います。
昨日の王の浜の子に比べ、大人しいので断然コチラの方が
撮りやすいですね。

お気に向かう壁穴には1mのネコザメ!
まあ週末にいる保障はありませんが、比較的遭遇率は高いです。
120614-neko.jpg

水中溶岩アーチの中にはイサキがいるいる!
やっぱりアーチの楽しみはこうでなくっちゃね♪
まるで水族館の水槽の中状態です。
120614-isaki.jpg

帰り際にキャラメルウミウシを発見。
色合いといい、大きさといい、人気のウミウシです。
120614-kyarameru.jpg

他にも、イシガキダイ・アカハタ・メジナなどが。

昨日に続き、波高し。。。

6月13日(水) 天気:曇りのち晴れ
<王の浜>
透明度:10~12m 水温:19℃ 海況:波あり


昨日、今日と北東からの風が強くどのポイントも荒れ気味。
それでも昨日よりは天気も風も良くなった?感があり、
何とか潜れる王の浜で調査DIVです。

本日一番レアな生き物?は「スタッフのさやか」です(^^;
ちょっと諸事情があり、ここ半年以上海に潜っていませんが、
本日はドライスーツの水没チェックとして着るだけ着てます。
写真は本人の希望により、小さく(^^;
120613-sayaka.jpg

さて、ここからは魚ログです。。。

まずは先日浅場で見かけたカンムリベラyg
秋の浜の子とは違い、とにかく逃げる逃げる(^^;
写真は限りなく撮りにくい。。。
120613-kanmuri.jpg

そして王の浜の浅場といえば、ヨゴレヘビギンポ!
他のポイントではあまり見かけませんが王の浜には
何故か多い気がします。
120613-yogorehebi.jpg

次いでゾウリエビ!
市場では見かけませんが、実はイセエビと同じくらい
美味しいエビです。地元漁師さんがたまに料理してくれて
非常に美味でした(^^)
120613-zouri.jpg

イシガキフグ
いつもながら王の浜やケイカイでの遭遇率は高く、
可愛い存在です。
120613-isigaki.jpg

明日は海が落ち着くかな~

今年もヤシャハゼが元気!

6月11日(月) 天気:曇り時々晴れ
<秋の浜>
透明度:12m 水温:19℃ 海況:やや波あり


昨日の夏日から一転、今日は雲が多い1日でした。
やっぱり梅雨時期なんですね~。。。

本日は久々に調査DIV。台風のウネリは無くなった
のですが、北東からの風で水面には波が。。。
残念なのは水温が下がってしまい、深場は18℃台。
まだ浅場は19℃台あるのですが、WETだと気持ち
冷たく感じました。

今年も去年同様の場所でヤシャハゼ!が元気です。
何度か見に行っていたのですが、やっと見れました!
ゆっくり近づいて行けば、ここまで寄れます。
水深が若干深めなので中上級者向けです。
120611-yasya1.jpg
120611-yasya2.jpg

側ではヒレナガネジリンボウ・クダゴンベも健在です。

浅場に戻りながら、未だ残ってるホウセキキントキ
ジョーフィッシュ・イボイソバナガニ・アマミスズメダイ
が見れました。

浅場でやたら目に止まったシュンカンハゼ
非常に地味な色なのですが、この古代魚っぽさが
なんか可愛いです。
120611-syunkan.jpg

段壁では久々にミアミラウミウシ!に遭遇。
色合いも姿も非常に派手なウミウシで存在感があります。
120611-miamira.jpg

次いでリュウモンイロウミウシ
この子も久々の登場です。涼しげな色合いですよね。
120611-ryuumoniro.jpg

他にも、ヌノサラシなんかもいました。

台風後の海は。。。

6月8日(金) 天気:晴れ
<秋の浜>
透明度:8~10m 水温:20℃ 海況:ウネリあり


梅雨入り前の最後の晴れか?今日は日差しが暑く
感じました。海はまだウネリが残っているものの、
EN・EXは然程、問題無く潜れました。

まだ海が落ち着いていないせいか、コレといった新たな
魚達には出会えませんでしたが、水温・透明度も特に
変化はありません。

本日は遅ればせながら、コウリンハナダイ!
見てきました♪
その名のとおり、頭に「光輪」模様が美しいハナダイで
今年も数か所で目撃されています。
非常に珍しいハナダイですが、ガイド範囲内えすから
上級者ならば問題無く見れます♪
120608-kourin1.jpg
120608-kourin2.jpg

せっかく深場まで来たので、クダゴンベもチェック!
数匹居る中の一番大きな個体でしょうか、あまり動かず
いい子です♪
120608-kuda.jpg

シモダイロウミウシの小集団です。
いつもこのエリアにいるのですが、ついつい撮って
しまいます(^^;
120608-simoda.jpg

フタイロハナゴイもいい感じで泳いでいます。
120608-futairo.jpg

浅場は結構揺れていたので、ほとんどスルー。。。
今日は6.5mmWETで潜りましたが、45分くらい
のダイビングならば快適でした。

さすがに1時間超えてくるとヒンヤリ。。。

これからどんどん魚影も濃くなってきますよ~

元気な中学生達!

6月4日(月) 天気:晴れ
<王の浜>
透明度:8~12m 水温:20~21℃ 海況:良好


まだ台風の影響はなく潜れています!

本日は地元ダイビングサービスのお手伝いで、
元気な中学生達の体験ダイビングで潜ってきました!
修学旅行で体験ダイビングとは羨ましい限りです♪
120604-taiken.jpg

最初は怖がっていた子もいましたが、さすがは若さ!
みんなすぐにコツをつかんで上手に潜ってました。

終了後には夕方だというにに、プールで更に遊ぶという
まったく寒さしらずには驚くばかりです(^^;

浅場のみでしたが、水温も21℃あって僕もWETで
潜ったんですけど問題無く潜れましたよ~

一瞬でしたけど、可愛いサイズのカンムリベラyg
いました♪水温が上がってきて徐々に魚が増えてきました。
果たして今週来る台風3号は、何を運んできてくれるか
楽しみでもあります(^^;

プロフィール

OFかっすん

Author:OFかっすん
伊豆大島ダイビングサービス
山&星のネイチャーガイド
オレンジフィッシュ代表 粕谷浩之

ダイビングの情報&陸のネイチャーガイドの記事や写真を紹介しています。

最新記事

最新トラックバック

検索フォーム

ブロとも申請フォーム

QRコード

QR