2012年の潜り収め!

12月31日(月) 天気:晴れ

<秋の浜>
透明度:20m 水温:16℃ 海況:良好


最高なお天気でしたが、南西の風が猛烈で、
大晦日DIVは秋の浜にダイバー大集結でした。

でもやっぱり最後は秋の浜に潜れるのは幸せですね。
121231-kumadori.jpg

今年も大勢の皆さんに潜って頂きまして本当に
ありがとうございました!


今から今年のラストDIV!カウントダウンナイトへ
秋の浜に潜ってきまーす。

皆さま良いお年を~
スポンサーサイト

今日は全ポイント潜れました!

12月30日(日) 天気:雨のち大雨

<ケイカイ>
透明度:15m 水温:16~17℃ 海況:良好

<秋の浜>
透明度:15m 水温:15~17℃ 海況:良好
 

昨日は風、今日は雨です(^^;
でも全ポイント潜れるまで海が回復したので、今日は
リクエストで2本ケイカイ、1本秋の浜です。

ケイカイではお約束どおりアオウミガメラッシュ!です。
1本目は3個体、2本目は2個体とやはり冬はほぼ完璧
な遭遇率です。
121230-kame.jpg

他にも、オオセ(サメ)も見れたのですが、今回は同じ
サメでもこちらのネコザメ!の方がBigでした(^^)
1.2mくらいで砂地にドーンと登場でした。
121230-neko.jpg

アカエイも目の前を横切っていきました~

秋の浜では、オオモンカエルアンコウ&ジョーフィッシュ
を見てきました。雨で少し水中は暗かったですけど、
透明度はいいので、十分に綺麗な水中でした。

他にも、クマドリカエルアンコウ・フリソデエビなども
見れています。

明日は晴れの予報♪今年ラストは気持ちよく潜りたい!

年末年始ツアーはネイチャー&ダイビング!

12月29日(土)天気:曇りのち晴れ

<秋の浜>
透明度:10~20m 水温:17~18℃ 海況:波あり


いよいよ今日から年末年始のゲストさんが続いていくのに、
今週も「魔のサイクル」にぶつかり、海は大シケ(><)
秋の浜はもちろん、野田浜、ケイカイ、王の浜、トウシキ
までもが高い波とウネリが入ってしまいました。

結果、初心者で初ドライの方が多かったので、午前中は
待機して、午後からと思ったのですが、中々海は静かに
戻らず、結局時間つぶしに裏砂漠見学してなんとか潜れた
のは15時くらい。。。まったくトホホです。

まあドライスーツを着ての裏砂漠!なんて、そう出来る事は
ないので、みんなで不思議な記念写真を(^^;
121229-sabaku.jpg
121229-sabaku2.jpg

で、海の中はというと・・・浅場はウネリの影響で白濁して
いましたが、水深20mくらいからはスコーンと綺麗でした。

沖ではハナミノカサゴを見てもらいました。
やっぱり初心者にはこのくらい派手な魚の印象が良いようです。
121229-hanamjino.jpg

そして皆さん大好きだったイセエビ!40cm程で大きな
個体でした。
121229-ieebi.jpg

他にもピカチュウことウデフリツノザヤウミウシや、
セナキルリスズメダイ・アカシマシラヒゲエビなども
見れています。

明日は風が止むのですが、今度は雨です。。。まったくもって
困ったもんですね。

ウミガメの季節がやってきた!

12月28日(金) 天気:曇り

<ケイカイ>
透明度:15m 水温:17℃ 海況:良好


昨日、今日と風が弱く穏やかな天気なので西側の海も
凪で最高でした。そんな訳で、久々にケイカイへ!

やっぱりケイカイと言えば「カメ」!でしょ(^^)/
今日はアオウミガメラッシュで、なんと7個体も!
まあ左エリア&右エリアの2ポイント合わせてですが。
やっぱり冬はカメの遭遇率8割以上の季節だね!
121228-kame.jpg

そしてコチラも遭遇率の高いオオセ!(サメ)
元々ケイカイには多いようですが、冬は遭遇率が高く
なりますよ♪
121228-oose.jpg

水温低いのに、まだフエヤッコダイが居ました!
なんだか冬にこの真っ黄色な魚を見ると嬉しくなるのは
オイラだけでしょうか?(^^;
121228-fueyako.jpg

ウミウシも増えてきました~
今日はセンテンイロウミウシ!3cmくらい。。。
まずまず可愛いサイズと色合いですね。
121228-senteniro.jpg

他にも、大きなヒゲダイ・大きなイシガキフグ・
大きなテングダイ
。。。と、
久々にマクロ系じゃない魚ばかりを見てきました♪

明日はまた魔の週末(><)低気圧通過に伴い、風が
強そうです。。。もういい加減に勘弁してもらいたい。


さあ、明日から年末年始にかけてゲストがいらっしゃいます。
今年の締めと来年の仕事初めとなるので、頑張りま~す!

新たな大物?が登場!

12月26日(水) 天気:曇り時々晴れ

<秋の浜>
透明度:15~30m 水温:17~18℃ 海況:波あり


最近すっかり真冬ですね~クリスマス寒波は
中々堪えますね~(><)
でも寒さに負けず、今日も潜ってきました~

EN前にガイド仲間から素敵な情報を聞き、テンション↑♪
いつも感謝です。
まずはまだ頑張ってるツユベラygを横目に沖へ。

浅場のいい位置にテングダイが居たので、久々に1枚!
逃げないし大きいし、初心者には絶好の被写体です。
121226-tengudai.jpg

そして本日のメインオオモンカエルアンコウ(^^)/
どうです?このフテブテシイ態度!手の平より一回りも
大きな巨体です。このブサ可愛い姿が魅力的なんですが。
121226-oomon.jpg

中央エリアへ移動すると、なんとヤシャハゼ!の姿が。
さすがに写真を撮る前に逃げられましたがまだ居ました。

側ではいい感じの大きさのピカチュウが。。。
丸まっていると可愛いので人気です。

もちろんボロカサゴクマドリカエルアンコウも定位置!

今日は未だに頑張ってるセナキルリスズメダイを1枚。
近づくと巣穴に一度入りますが、すぐに出てきます。
水温低いけど、頑張れ~
121226-senaki.jpg

浅場ではマツカサウオのペア?を撮りました。
大きい方が2cm、小さい方が1cmくらいかな。。。
じつに可愛い2匹です♪
121226-matukasa.jpg

そして平日だと表に出てるハナミノカサゴyg!
まだまだこの透明感が素敵です。
121226-hanamino.jpg

浅場の水面近くには相変わらずキビナゴの大群がスゴイ!
これだけでも見る価値あるので、皆さん潜りに来て下さい。
まだまだ魚いっぱいで楽しいですよ~

ネイチャーガイドな1日。。。

12月24日(月祝) 天気:曇り(雪)のち晴れ

陸上ネイチャーツアー

本日は、昨日まで潜っていたゲストさんと一緒に
お約束のネイチャーガイドツアーでした。


予報では晴れ!だったのですが、朝からなんだか暗い
雨雲が大島上空にのみあって嫌な予感。
海の向こうには富士山もくっきり見えているのに、
大島の上空のみ曇ってる感じでした。

まずは、リクエストベースでまずは「地層大切断面」!
その後は、波浮港まで。。。
波浮では「旧みなとや旅館」「筆島」を見学!

そこでお決まりの鵜飼さんの美味しいコロッケを頬張り、
いざ「裏砂漠」へ。。。

到着するとなんと粉雪が舞ってる状況(^^;
風もあり、非常に寒かったのですが、これはこれで
薄っすらと雪化粧した砂漠風景という貴重な物。。。
360度、人工物のない砂漠の中心を楽しんでもらいました。

121224-sabaku.jpg

最後は、三原山の表の顔!「山頂火口丘」の見学です。
裏の砂漠側とはまた違った魅力の景色を堪能してもらいました。

大島に潜りに来るダイバーさんは中々大島の陸上風景を
知らないままなので、最近ではこういったツアーも人気です。


リクエストあればお気軽にご相談、お問い合わせくださいね。

祝♪復活なボロカサゴ!

12月23日(日) 天気:曇りのち晴れ

<秋の浜>
透明度:20~30m 水温:17~18℃ 海況:良好


昨日とは一転、天気も良く素晴らしい海況に戻りました。
特に朝一の秋の浜は、真っ青で透明度は30mあって、
最高に気持ち良かったです♪

そして本日のトピックスは復活したボロカサゴ!!
やっぱり何度見てもこの紫色のボロカサゴ君は美しい♪
ゲストからもリクエストされていたので見れて本当に
良かった。情報頂いたガイド仲間に感謝です。
121223-boro.jpg

そして久々に撮ったジョーフィッシュ♪
何だか久しぶりのせいか?やけに可愛く感じます。
気のせい??
121223-jyo.jpg

ピカチュウこと、ウデフリツノザヤウミウシ♪
リクエストされていたので、本日は大サービスで
3個体も(^^;
もちろん、カンナツノザヤ~2個体見れています。
121223-pika.jpg

ウミウシ繋がりって事でサガミリュウグウウミウシ!
ここ数日で一気に個体数が増えた種です。
121223-sagamiryugu.jpg

最後にニラミギンポ!
正面顔は案外可愛いのです。尾鰭がビビッと黄色い
のがまた素敵なギンポ君です。
121223-nirami.jpg

他にも、クマドリカエルアンコウ2個体・ツユベラyg・
フリソデエビ・ニシキフウライウオ・ミナミハコフグyg・
マツカサウオyg・ミズヒキミノカサゴ・アオリイカ・
セナキルリスズメダイyg・アマミスズメダイyg・
ケラマハナダイyg・カシワハナダイyg・カエルウオ・
ニセクロスジギンポ・テンクロスジギンポ・カンパチ・
ゴマチョウチョウウオ・クロメガネスズメダイyg
など。

夜はゲストと一緒に、星空ガイドで沢山の星を見ました。
生憎、半月に近い月夜だったので満天の星空って訳には
いきませんでしたが、十分に冬の星達は沢山見れました♪
121223-srius.jpg

明日は、1日ネイチャーガイドの予定です。

今年最後の3連休。。。初日

12月22日(土) 天気:雨のち曇り

<秋の浜>
透明度:20m 水温:17~18℃ 海況:波あり

<王の浜>
透明度:20m 水温:18℃ 海況:波あり

<野田浜>
透明度:10m 水温:18℃ 海況:ウネリあり


今週も魔のサイクルで土曜が大雨!しかも今日は予報が
大きく外れて、南西じゃなく北東(ナライ)がビュウビュウ
な状況で、朝一はなんとか秋の浜に潜れたものの、日中は
終始、どのポイントも荒れ気味でした。

幸い、ゲスト全員が上級者だったので助かりましたが、
ポイント選びは非常に難しい判断を迫られた1日でした。

スジハナダイ!秋の浜の深場でゲストがコウリンハナダイを
撮ってる間に撮りました。何気に深場で毎回見ているのに、
中々撮らないポピュラーな魚です。
121222-sujihanadai.jpg

少し水深を上げると、カンナツノザヤウミウシの交接シーン
見れました。非常に個体の形が分かりづらいですが、2個体
映ってるんですよ~
121222-kanna.jpg

浅場では久々にヌノサラシ(若魚)が見れました。
水中が暗かったのか?水温が低いのが原因なのか?非常に
シャイで中々出てきませんでした。。。
121222-nunosarasi.jpg

他にも、クロスジウミウシ・フリソデエビ・マツカサウオyg・
クマドリカエルアンコウ・セナキルリスズメダイyg
などが。

王の浜も荒れ気味で、深場までがちょっと一苦労でした。

沖へ向かう途中で、イッセンタカサゴの小群スミツキベラyg
が見れました。
沖ではアカホシカニダマシを1枚。。。
でもよく見るとコケが付着していて何だか素敵じゃなかったです。
121222-akahosikanidamasi.jpg

浅場では大きなタコが印象的でした。
121222-tako.jpg

最後の野田浜は。。。外見と水中の違いが大きく、
浅場のロープ沿いは波で目の前が真っ白になっていて、かなり
大変でした。
そんな中、ゲストの1人が大きなカスザメ!を発見して教えて
くれました(^^)/
他にも、テングダイ・ガンガゼカクレエビ

復活した白なアイドル♪

12月20日(木) 天気:晴れ

<秋の浜>
透明度:15m 水温:18℃ 海況:ほぼ良好


今朝は寒かったですね~大島でも3℃まで気温が下がり、
三原山頂上では薄っすらと雪化粧が。。。

そんな今日はAM5:00~裏砂漠で某雑誌の取材を
兼ねてゲスト4名と夜明けを迎えていました~

まあ天気はちょっと残念でしたが、ちゃんと朝焼けは見れて
一安心です。
121220-yoake.jpg

お昼前後に今度は調査で海に1本。。。

今日は穏やかです。事前にガイド仲間から聞いた情報もあり、
中央エリアをウロウロと。

まずは復活!の白いイロカエルアンコウyg
しばらく行方知れずでしたが、まだ残っていたみたいです。
大きさはまだ2cmくらいで可愛いままです♪
121220-iro.jpg

沖へ向かう途中で、ソメワケヤッコygに遭遇!
上手い具合に石と石の隙間に生息してる感じでした(^^)
ただかなり臆病なので、ガイドネタにはちょっとキツイかも。
121220-somewakeyako.jpg

そして情報通りの場所ではカミソリウオのペアが!
とってもいい加減なピンボケ写真で申し訳ないのですが、
一応証拠的に。。。(^^;
121220-kamisori.jpg

そしてもう一つ情報頂いたクマドリカエルアンコウyg
こちらは浅場の個体より小さくて色も濃い感じです。
昨日のログのクマドリと比べると、色の違いが分かります。
121220-kumadori.jpg

カンナツノザヤ&ウデフリツノザヤの両ウミウシは今日も
沢山見れています。

浅場に戻って、何気にある場所に立ち寄ると・・・
まだ居ました!ムスジコショウダイygがまだ健在でした。
でもこれ以上はさすがに大きくならなそうだなあ。。。
121220-musuji.jpg

他にもアジアコショウダイyg・ジョーフィッシュ・
ニシキフウライウオ・フリソデエビ・ケラマハナダイyg

など。

ウミウシも増えてきた~♪

12月19日(水) 天気:晴れ

<秋の浜>
透明度:15m 水温:18℃ 海況:波あり


今日は物凄い寒波がやってきて、大島も一気に真冬です。
風はナライで秋の浜にも大きな波が入ってしまい、
EN、EXにはタイミングが必要でした(^^;

波が大きかった影響で昨日より少し透明度ダウン?!
まあそれでも15mは普通に見えていますが。。。


中央エリアをウロウロしてるとカンナツノザヤウミウシ
居ました。以前とほとんど同じ場所にいるから同個体かな?
121219-kanna.jpg

さらにちょっと先ではウデフリツノザヤウミウシ(ピカチュウ)
も居ました。毎年12月~2月はこのツノザヤ系のウミウシが
安定して見れるのも秋の浜の特徴です。
121219-pika.jpg

この付近にはオキゴンベyg達も多く、こういった雰囲気で
いるとつい撮ってしまいます。
なんか黄色系ばかりだな(^^;
121219-okigonbe.jpg

浅場に戻る途中では大きなカスザメも見れました!
このサメも冬型ですなあ。。。

以前からずっといるハナミノカサゴyg!だいぶ大きく成長
してきました。と言ってもまだ5cmくらいですが。。。
うーんこれ以上大きくなると可愛さ半減しそうです(^^;
121219-hanamino.jpg

クマドリカエルアンコウも長くこの場所に居ついています。
よくこの荒波に耐えれる事、素晴らしいですね。
121219-kumadori.jpg

他にも、サガミリュウグウウミウシ・キイロウミウシ・
ハナミドリガイ・イガグリウミウシ・ムチカラマツエビ・
アカシマシラヒゲエビ
などが。。。

久しぶりの海は・・・

12月18日(火) 天気:晴れ

<秋の浜>
透明度:15~20m 水温:18℃ 海況:ほぼ良好


先々週の長いお休みから始まり、陸仕事だのなんだかんだで
超久しぶりの海となってしまいましたが、本日より再開です!


予想通り水温は下がっていて、平均すると18℃くらいです。
透明度は申し分なく綺麗でした~


見れる魚に大きな変化はないものの、ボロカサゴは最近よく
動くらしく見れたり見れなかったりとか。。。今日はまったく
目に入りませんでした(><)

クロメガネスズメダイ!
まだ居ました~そろそろ水温的には苦しいと思うのですが
定位置で観察出来ています。
121218-kuromegane.jpg

カシワハナダイ!
手頃な大きさで非常に撮りやすかったです。周りには
ケラマハナダイも数匹いて、とっても華やかな場所です。
121218-kashiwa.jpg

フリソデエビも定位置にいました。
この子は深場の個体ですが、浅場にもいましたね。
121218-furisode.jpg

タテジマキンチャクダイygも健在でした。
中々この大きさからは大きくなりませんね(^^;
もう少し成長した姿が見たいのですが。。。
121218-tatekin.jpg

ニシキフウライウオはオスのみ。。。
メスもまだ近くにいるのかな?今日は顔のアップを
撮ってみました~
121218-nisikifurai.jpg

その他にも、サガミリュウグウウミウシ・イガグリウミウシ・
ヒメニラミベニハゼ・ゴマチョウチョウウオ・ニラミギンポ・
クマドリカエルアンコウ・ハナミノカサゴyg
などが。

大人の修学旅行1泊2日の旅♪

12月15~16日 天気:雨のち快晴

久しぶりの更新となってしまいました(^^;
先週はお休みを頂いて実家に帰省してたり、陸の仕事が
立てこんでいまして。。。

さて、この今回は「大人の修学旅行IN大島」って事で
地球探検隊の団体様をお迎えして2日間ネイチャーガイドな
週末でした。
メインは「ふたご座流星群」を裏砂漠で見よう!
でしたが、15日(土)は生憎の雨(><)という訳で、
急遽いろいろな変更をしつつ、楽しんでもらいました。

まずは、MTBを使ったロゲイニングゲーム♪
これは予め用意してある「写真」の場所を地元住民に聞き込みを
しながら探し廻り、同じ写真を撮って得点を競い合うといった
グループゲームなんです。
写真は、簡単に見つかるのは1点ですが、難しいのは5点や10点と、
単純に多く見つければ勝てる訳ではないのが、面白いところ。。。
皆さん、小雨の降る中でしたが真剣に?楽しんでいました(^^;

お昼を食べて、雨が本降りになった午後は「ふるさと体験館」
陶芸&椿油絞りの体験教室♪
陶芸では皆さん個性豊かな作品が多く、中でも魚形のお皿作りでは
見事にみんな違う雰囲気の形に。。。
油絞りでは、椿の実を使った高級油を手塩にかけて作り、最後は
その油で明日葉炒めを試食!美味しそうでした♪
121215-tougei.jpg
121215-tubakisibori.jpg

夜は元町港で行われた聖夜祭に参加!ホフディランの生ライブで
みんな盛り上がりました~
121215-seiyasai.jpg

そして、やっぱり星空は現れず・・・今晩は諦めて明日の明け方に
奇跡を信じ変更です。一応、こんな雨降り用の室内星空映像を
楽しみつつ、来年の星空イベントの紹介に留め・・・最後はやっぱり
宴会でしょ!って事で、楽しい時間&サプライズな誕生日会
楽しみました♪
121215-enkai.jpg
121215-beriidance.jpg

翌朝?4:30・・・裏砂漠にて見事な満天の星空が広がりました!
いくつか紹介は出来たのですが、ここで予想外の霧が発生!
全員寝袋に身を包んで、万全の用意をしたとたんにこれです(><)
うーん・・・まあ仕方ないですがこれが自然の脅威ですね(^^;

このままでは夜明けも楽しめないと焦っていたら、一人の女性が
綺麗な歌声で歌い出しました!
そうこの曲は金環日食の時にも聞いたあの奇跡を作りだした
あの「エ・アラ・エ」です。

すると、本当に不思議な事に霧がみるみる晴れてきて、素敵な夜明け
が眼下に広がりました(^^)/
この歌は本当に魔法なのか?!
この歌声のおかげで時間アップギリギリに、見事なグラデーションな空が
楽しめました。
121216-kinsei.jpg
121216-yoake.jpg

そして、見事な快晴に恵まれた2日目は、三原山カルデラトレッキング!
今回のメンバーにはリピーターさんも多かったので、過去に行っていない
「アカダレ」に向かいました。
驚いたのは、その途中に走りだす隊員数名・・・いくら趣味が走る事!とは
言っても、その体力・・・脱帽です(^^;
本当は午後から夕方にかけての景観を見せたかったのですが、昨日の雨で
急遽変更したので仕方ありません。それでも見事な断崖を見ることが出来て
良かった良かった。
121216-sabaku2.jpg
121216-akadare.jpg
121216-kasoudai.jpg

帰りがけ、やっぱり大島のお寿司が食べたい!って事で急遽予定変更!
さすがにバタバタでしたが、なんとか帰りの船にも間にあい、一安心(^^;
沢山の隊員の皆さんから、「大島楽しかった♪」という言葉が聞けて、
本当に嬉しかったなあ。。。
121216-sabaku.jpg

是非、また来年も一緒に楽しい旅のお手伝いをしたいですね(^^)/

やっと静かになった海。。。

12月5日(水) 天気:晴れ

<秋の浜>
透明度:15m 水温:19~20℃ 海況:良好


月曜は寒波&大荒れで海はクローズ(><)
火曜は西風ビュウビュウ&秋の浜には大ウネリ(><)


という訳で、2日間事務仕事。。。今日は潜りました!

ENすると意外と暖かく、まだ20℃台の潮です。
まあ沖は完全に19℃ですが(^^;

今日は冬の代表であるアヤトリカクレエビを撮ってきた。
毎年水温が下がると見れるエビなのですが、当たり前に
ビーチで見れるってのが秋の浜の凄いところ。。。
伊豆半島ではボートでしか見たことがなかったなあ。。。
とっても擬態上手なエビちゃんです。
121205-ayatori.jpg

フタイロハナゴイygを狙うも、写真が悪いですね~。
ボディがピンク色とオレンジ色に真っ二つに分かれてる
色彩鮮やかなハナダイの仲間です。
121205-futairo.jpg

フリソデエビはペアで定位置に。。。
写真の奥~にもう1個体居るの分かりますか??
今年は当たり年となりましたね♪
121205-furisode.jpg

側では、ヒメニラミベニハゼニシキフウライウオも。

浅場に戻ると、久しぶりにヒトスジギンポ!が全身を!
でもカメラを構えると巣穴にスルスル~っと(><)
それでも今日はかなり飛び出してくれたのでラッキー♪
121205-hitosuji.jpg

相変わらずキビナゴの大群は健在で、今日もカンパチ
縦横無尽に捕食で追いかけまわしていました!
121205-kanpachi.jpg

あっ、もちろん人気のクマドリカエルアンコウも健在
でしたよ~♪

他にも、ボロカサゴ・アサヒハナゴイ・ケラマハナダイ・
カシワハナダイyg・タテジマキンチャクダイyg・
アカスジシラヒゲエビ・ムスジコショウダイyg
などが。

ネイチャー&ダイビングな1日!

12月2日(日) 天気:晴れ

<秋の浜>
透明度:15m 水温:19℃ 海況:ほぼ良好


今朝はナライが強く、朝一で秋の浜を見に行くと、
とっても高い波が・・・(><)
リクエストは秋の浜だったので、ゲストに相談すると、
朝一は、ネイチャーガイドでその後、海が落ち着いたら
1本だけ潜る!って事になりました。


なので早速、三原山山頂口へ。。。
今日は天気も良く、三原山火口近くの熱気が真っ白に
立ち上っていました。
途中、与那国馬をのんびり観察して一気に裏砂漠へ!

裏砂漠もスッキリした天気の為、最高な解放感でした。
ゲストのみんなもこれには大喜び♪
中々の最高な笑顔が撮れました(^^)/
121202-sabaku1.jpg
121202-sabaku2.jpg

さて、10時を過ぎると海もだいぶ落ち着いてきて、
全く問題ないまでに回復しました。

やっぱりみんなのリクエストはボロカサゴ!!
今日もほぼ定位置に居てくれて、全員でノンビリと
観察&撮影が出来ました。
果たしてこうなると、いつまで居続けるでしょうか!
121202-borokasago.jpg

他に、クロメガネスズメダイyg・フリソデエビ・
タテジマキンチャクダイyg・ウメイロモドキyg・
ムスジコショウダイyg・キビナゴ・カンパチ
など。

山&海ってプランも中々いいもんですね~

素敵な記念DIV♪

12月1日(土) 天気:晴れ時々曇り一時雨

<秋の浜>
透明度:15m 水温:19℃ 海況:良好

<ケイカイ>
透明度:10m 水温:19℃ 海況:良好


今日から12月!今年もラスト1ヵ月です!!

さて本日はあるゲストさんの祝100本を祝うべく、
大勢の皆さまが集まってお祝いDIVとなりました~


とは言え、集まったゲストの中には初ドライや初心者も
いたので、浅場を中心にマッタリと。。。

秋の浜では、本日の主役ゲストが大好きな魚を探しつつ、
まずはドリーこと、ナンヨウハギygから。。。
この低水温の中、まだ頑張っています。ただサンゴの中から
まったく出て来ないので、写真には撮れませーん(><)

その後すぐに居ました!主役ゲストが大好きな魚。。。
ミナミハコフグygです。
初めて大島で一緒に潜った頃はまだ15本くらいだった彼女。
その頃からミナミハコフグygは毎回のようにリクエストが
ありましたので、100本を迎えた今日もお約束って事で!
121130-minamihakofugu.jpg

不思議ですね~なんとこの1本で3個体も見れちゃいました。

そしてハナミノカサゴの赤ちゃん!も今日はバッチリ!
こうして見ると、最初に比べると大きくなりましたね~(^^)
まだ十分に可愛いですけどね。
121201-hanaminokasago.jpg

昨日のクマドリカエルアンコウも定位置に健在でした~

そして「祝100本DIV♪」
この写真に写ってない2名さん、ごめんなさい。
僕と同じくカメラ撮影をされていたので写っていません(><)
でも、本当におめでとうございます!!
121201-100hon.jpg

午後からは風もどんどん強くなり、2本目のケイカイも大荒れ
でした!

果たして明日、秋の浜に潜れるのかな~。。。(^^;

プロフィール

OFかっすん

Author:OFかっすん
伊豆大島ダイビングサービス
山&星のネイチャーガイド
オレンジフィッシュ代表 粕谷浩之

ダイビングの情報&陸のネイチャーガイドの記事や写真を紹介しています。

最新記事

最新トラックバック

検索フォーム

ブロとも申請フォーム

QRコード

QR