久々の海には。。。

2月28日(木) 天気:晴れ

<秋の浜>
透明度:15~20m 水温:15~16℃ 海況:良好


久々の海となりました~天気も良く、気温も春並の
ポカポカ陽気です。
海に潜ると、驚くほどの青い海。。。透明度は最高!!
水温も15~16℃とこの時期としてはまずまず快適な
水温です。


まずは右の方から沖へ向かうと先週と同じ個体と思われる
ハナミノカサゴが居ました。
相変わらずいい位置にいたので思わず撮ってしましました。
13228-hanaminokasago.jpg

更に進むと沖から何やら大きな黒い影が。。。
1m級のホシエイ登場です!最近はたまに見かけます。
13228-akaei.jpg

中央の砂地へ行くと、先にENしていたガイド仲間から
手招きされ、そこへ行ってみるとなんと!!
ミズタマウミウシ(1cm)が居るではないですか♪
ここ伊豆大島ではツノザヤ系のウミウシの中で一番レアな
種となります。
いやあこの透明感が可愛いですよね~
久々に見ちゃいました。ありがとうございます(^^)
13228-mizutama.jpg

その後は徐々に水深を上げウロウロと。。。
するとちょっと色の綺麗なスイートジェリーミドリガイ
発見!まだ1cmにも満たない大きさなので白っぽくて
キレイでした。
13228-swetjerii.jpg

浅場のマツカサウオは変わらず定位置ですね~(^^;
13228-matukasauo.jpg

他にもヒフキヨウジ・フサカサゴの仲間・レンテンヤッコ・
サガミリュウグウウミウシ
などが。

今日で2月も終わり!ボチボチ一気に春らしくなりそう!
スポンサーサイト

雪残る中のネイチャーガイドな1日!

2月20日(水) 天気:晴れ

<三原山~波浮港コース>

今朝は雨も上がり、良い天気♪午前中はちょっと雲が
多かったものの、午後には青空となりました。

今日はリクエストで三原山トレッキング♪
まずは山頂に向かって車で移動なのですが・・・
なんと昨日の雨は標高が高い三原山では完全に雪と
なっていたようで(^^;想像よりも車道に雪が残って
いて、少し唖然。。。それでもまずはこんなに笑顔!

13220-santyou.jpg

しかし・・・当然、火口頂上に向かう徒歩用の山道は
所々で凍っていたりと、何気に大変でした(^^;
向かう途中の一時避難用シェルターでこんな1枚。。。
13220-sherutar.jpg

山頂に到着して火口展望所も雪が結構残っていましたが
この辺りは暖かい噴気がいくつも上がっていて、少し
寒さを忘れてました~(^^;
13220-kakou.jpg

帰り道では、26年前の噴火で流れ出たアア溶岩の上
でこんな記念写真を。。。
13220-yougan.jpg

お昼は波浮港へ移動して、島寿司(地魚にぎり)を食べ、
古き良き昭和初期の雰囲気が残る街並み!
歩いて頂きました。
13220-habu.jpg

ダイビングでしか大島に来た事のないゲストさん達には
こうして新たな大島の魅力も是非知ってもらいたいものです。


※明日21日~25日にまで、帰省のため離島します。
メールでの返信は25日以降となりますので、
お急ぎの方はお電話下さいませ。
ショップの電話も携帯へ転送されます!

バースデイDIVと荒れた海。。。

2月19日(火) 天気:雨

<王の浜>
透明度:6~10m 水温:16.8℃ 海況:ウネリ大


今日からリピーターのグループさんがいらしてます。
リーダーの方は本日が誕生日♪おめでとうございます!!

でも天気は雨、そして海は大荒れ(><)
自称?嵐を呼ぶ女は今年も健在でした。。。


一度秋の浜に見に行くものの、あまりの高波にみなさん
唖然。。。初ドライの初心者もいたのでここは無理せずに
王の浜へ場所変更。

がしかし、王の浜も時間と共に荒れてきて・・・結局
潜れたのは湾内のみ(><)
最大3.5m、平均1.9mの超浅場オンリーDIVでした。
まあ、安全第一ですからこんな日もありますよね(^^;

そんな中でも、マクロな生物は何だかんだでいるもんで、
個人的には楽しかったです。

ヒョウモンダコ!ゲストさんが見つけてくれたネタですが、
全部で3個体くらい居たそうです。
このタコ、小さくて可愛いのですが噛まれると死ぬ可能性
もある猛毒の持ち主です。怖いながらもマクロ撮影。。。
13219-hyoumonn.jpg

ヒメセミエビ!
通常はナイトダイビングでよく見るエビですが、王の浜の
湾内にはハングした壁や穴が多いのでこうして見る事が
出来ます。小さいけど食べると結構美味しいようです。
13219-himesemiebi.jpg

ヒメギンポ(婚姻色)!
オスは派手な色彩で、目立ちます。上にいる小さくて地味な
方がメスです。このペアーはカップル成立ですね♪
13219-himeginpo.jpg

そして誕生日記念DIVの集合写真!実際には悲しい1本
でしたが、ある意味「忘れられない記憶に残る1本」に(^^;
13219-zenin.jpg

もちろん、アフターはみんなで楽しく宴会です(^^)/

明日は1日ネイチャーツアー♪天気も回復しそうなので楽しみ。

樹海トレッキング&ダイビングな1日!

2月18日(月) 天気:雨

<秋の浜>
透明度:15m 水温:18℃ 海況:良好


今日はゲストのリクエストで午前中はエコツアー、
午後から1本ダイビング♪っていうプラン!


昨日の天気予報では雨の降り出しはお昼前後って
言ってたのに、朝7:30には雨降りだしちゃいました(><)

それでもゲストの強い思いが通じたのか?朝一番の
裏砂漠
は奇跡的にこんな感じで絶景が楽しめました(^^)
だいたい雨が降ると、濃霧で何も見えなくなる事が多い
のですが、今日は本当にラッキーって事でお決まりの~
喜びジャンプ!!
13218-sabaku.jpg

その後は、これまたリクエストの「樹海トレッキング!」
雨もいよいよ本降りになってきたので、雨合羽を着こみ、
いざスタート。。。
微妙な霧の中を進むジャングル探検のようなワクワク感は
このコースの醍醐味ですね♪ゲストも喜んで頂けた様子です。
13218-jyukai.jpg

こうした伊豆大島のネイチャーツアーは私達、人間が手を
加えない、「ありのままの自然」伊豆大島が海底から誕生した
その大昔からのままの移り変わりが楽しめます。改めて、
ジオパークの名にふさわしい場所であると実感出来ますよ~。


さて!お昼を食べてからは昨日に引き続きダイビングです。
しかし、この頃になると低気圧の通過に伴い台風並みの西風が
暴風のように吹き荒れていました。
当然、西側のポイントは大波荒波でクローズ状態(><)
でも島影となる東側の秋の浜は湖のような静けさなんです。


ゲストもこれなら安心という事で、スムーズにエントリー!

トゲアシガニ・チシオコケギンポ・キンギョハナダイの群れ・
テングダイ・アカハタ・チョウチョウウオ
などを見ながら
進むと、可愛いサイズのハナミノカサゴの子供を発見!
まだ10cmくらいでいい感じの雰囲気でした。
13218-hanamino.jpg

水温が18℃だとクマノミ達も元気に泳いでいます。
13218-kumanomi.jpg

まだ経験本数がダイビング始めて2本目なのですが、最後は
こんなに余裕な姿へ。。。やっぱり定期的に潜る事は大事です!
13218-yamazaki.jpg

明日もまだ荒れた天気で雨となりそう(><)いい加減、
勘弁してもらいたいのですが・・・どうでしょうか(^^;

帰ってきたボロカサゴ!

2月17日(日) 天気:晴れ

<秋の浜>
透明度:15m 水温:17℃ 海況:ほぼ良好

<野田浜>
透明度:15m 水温:18℃ 海況:ベタ凪


朝から穏やかに晴れました!北風は冷たく気温は低いけど
風が弱いので、全ポイント問題無く潜れます♪

今日はネコザメ!に沢山会えました!1本目も2本目も
同じ個体でしたが、場所を変えて遭遇(^^)/
1.5mくらいの巨体なので迫力ありましたよ♪
13217-neko.jpg

そして嬉しかったのは戻ってきたボロカサゴ!!
だけど全身コケが生えまくって汚い(><)
レア種じゃなければ、誰も見向きもしない姿ですよね。
早く脱皮してキレイに戻らないかなあ。。。
13217-boro.jpg

カエルアンコウ好きなゲストさんだったので、
久々にベニカエルアンコウを見つけました!
6cmくらいの比較的大きな個体です。
13217-beni.jpg

イソギンチャクモエビ。。。
1cmくらいの小さなエビですが、このシャチホコ系の
姿が何とも魅力的なのです。
13217-moebi.jpg

1mくらいのホシエイ!にも遭遇しました♪
ちょうど向こうからこちらに向かってきたのでラッキー♪
こんな感じで1枚!
13217-hosiei.jpg

夕方から、ゲスト変わって初心者の素敵女子さんと1本
野田浜に潜ってきました。


4年のブランクがあったので、レギュレーター呼吸の練習
から始めて、のんびりと。。。
だけど、センスが良いのですぐに感覚取り戻して、問題無く
楽しめた感じです。良かった良かった(^^)/

そして沖へ泳ぎ出して早速、驚きのドチザメ出現!!
1mくらいの少し小さめな個体でしたが、まだ水深5mで
中性浮力の練習中だったので、ゲストもちょっと焦って
いました。終わってみればラッキーな出会いだったのですが。
13217-dochi.jpg

明日は、午前中ネイチャーガイドで、午後から1本潜る予定。
だけど天気が雨っぽいんですよね~(><)

黒潮バンザイ!!

2月16日(土) 天気:曇り

<秋の浜>
透明度:15~20m 水温:17.5℃ 海況:波(大)
<野田浜>
透明度:15m 水温:18.8℃ 海況:ウネリ(小)


本日は上級者のゲストさんと一緒に3DIVしてきました♪
何気に久々の海でしたが・・・黒潮のおかげで水中は
最高のコンディションとなりました。


1本目はリクエストでクダゴンベ!を見に行きました。
このところスムーズに見つかり、今日も3個体見れました。
13216-kudagon.jpg

個人的に大好きなアオサハギの赤ちゃん!
この時期は比較的こんなに小さく可愛い個体が多いので
オススメです。
13216-aosahagi.jpg

新顔はサギフエ!です。
以前から地元ガイド仲間から情報だけは聞いていたのですが
中々見に行く機会がなく、遅ればせながらやっとご対面です。
13216-sagifue.jpg

テングダイが浅場のいい感じの場所に居たので1枚!
最近は比較的近い場所にこうして居るので、初心者でも
簡単に見る事が出来そうです。
13216-tengudai.jpg

インタネットウミウシが急に増えたみたいです(^^;
今日だけで4個体も見れました。大型種なので遠くからでも
目に止まりやすいですね。
13216-internet.jpg

3本目は、久々の野田浜に!
こちらは驚きの水温19℃(^^)/

つい先日までは14℃だった事を考えると驚きの水温上昇!
やっぱり黒潮のパワーってスゴイですね。
しかも透明度もグーンとアップ♪

ここでのヒットは巨大アカエイ!
砂地に潜む生き物を必死に?食べていました。
こうして捕食中ならばかなり近づいても逃げないから
おもしろいですね。
13216-akaei.jpg

他にも、イロカエルアンコウyg・コウイカyg・
ヒラメyg・チシオコケギンポ・マツカサウオyg・
クロスジウミウシ・コールマンウミウシ・イシダイ

などが。

水温上がって、透明度もUP♪

2月13日(水) 天気:晴れ

<秋の浜>
透明度:15m 水温:15℃ 海況:良好


雨は明け方に上がって日中はまずまずの晴れ天気!
ただ予報とは違い、南西の風が吹かなかったので
気温はあまり上がりませんでした(^^;

一昨日上がった水温と透明度は今日も引き続きのようで
かなり快適な水中でした。

ただここに来て、レア種は少なく少し寂しいネタばかり。

それでも嬉しい出会いは1mオーバーのネコザメ!!
中央の砂黙りにドカン!と居座っていました。
本当はゲストがいる時にこうあって欲しいのですが、
中々上手くいきませんね~。。。
13213-neko.jpg

側ではビヨーンと伸びきったピカチュウこと
ウデフリツノザヤウミウシが見つかりました。
個人的には小さく丸まってる姿が好きなのですが、
まあ一応撮ってみました。
13213-pika.jpg

ふと、中層を見上げると大きなマダイが悠々と泳いで
いました。80cmはあるBigサイズですが、中層だと
比べる対象がないので難しいですね。。。
13213-madai.jpg

最後はワニゴチです。。。
今年もこの魚は順調にいろいろな場所で見れそう。
大島では普通種ですが、伊豆ダイバーからは根強い人気が
あります。
13213-wani.jpg

他にも、イロカエルアンコウyg・トサヤッコyg・
オキナワベニハゼ・フリソデエビ
などが。


復活なオオモンカエルアンコウ!

2月11日(月祝) 天気:晴れ

<秋の浜>
透明度:10~15m 水温:14.8℃ 海況:良好


素晴らしい好天でしたが、南西からの強風により西側の
ポイントには潜れず、今日も秋の浜オンリーDIVです。

今日はいよいよ講習生のラストDIV&AD講習です。
水中にENしてみると、昨日より暖かい!
水温が一気に1.5℃くらい上昇してくれました。
しかも浮遊物が少なく、透明度も15mに復活です(^^)

黒潮近づいたのかな??

情報を頂いていたオオモンカエルアンコウを見るべく、
沖へ進んでいくと居ました!居ました!
いやあ、久々の再会でした~15cmはあるかな。
13211-oomon.jpg

そして砂地では大きなイズカサゴが!
冬の代名詞とも言えるこの巨大なカサゴは迫力です。
13211-izukasago.jpg

こうして中性浮力も上手に出来るようになって、
講習生も無事に合格です!!
おめでとうございます(^^)/
13211-kousyuu.jpg

最後はAD講習でカメラです。
少しでも魚影の多いエリアにと思いラストは右エリアに。
すると、何だか沖がざわついているように思え、しばらく
周りをキョロキョロしていると、なんと僕達の頭上を
猛スピードで駆け抜けていくマグロの群れ!です。
1m以上はある巨体が7匹くらい泳ぐ姿は圧巻です!
そしてそのマグロを撮影したAD講習生!
写真には1匹だけですが、初カメラでお見事です♪

13211-maguro.jpg

このまま明日以降も暖かくキレイだと良いのですが(^^;

連休は海も陸も大賑わい!

2月10日(日) 天気:晴れ

<秋の浜>
透明度:10~12m 水温:13.2℃ 海況:良好


今日は新たに3名の初心者ゲストを迎えて昨日同様に
元気に3DIVしてきました。
初ドライのゲスト達や5年ぶりに復活されたリピーター
ゲストさんもいたので、のんびり散策を。。。


本当は西側のポイントも潜る予定でしたが・・・
西からのウネリが早くも入ってしまい結局ALL秋の浜に。
明日は低気圧の通過で、もっと西風が吹きそうです(><)


さて、1本目は魚影の濃い右のエリアに。。。
大物系としては、カスザメ!・巨大ヒラメ!・テングダイ
と言ったところでしょうか♪
小物系は、ネコザメの卵チシオコケギンポが。。。

その他にも、キンギョハナダイがいっぱいいたり、
メジナがあちらこちらに居たりとやっぱりこの辺りは
華やかな印象です。
浮遊物は多いままでしたが、1本目が一番透明度があった
かと思います。

2本目は中央エリアをウロウロと。。。
クマノミを中心に見て回りました。中でも3cmくらいの
赤ちゃんクマノミが一番可愛かったです。寒さに負けず、
一生懸命泳ぐ姿が感動的です。
個人的にはアオサハギygがGood♪
カメラを持って入らなかったので写真はありませんが、
こちらも負けじと可愛いい存在です。
人気のイロカエルアンコウygは今日も定位置に健在で
今日は沢山のフラッシュを浴びた事でしょう。
他にも、アオリイカ・サラサウミウシなどが。

3本目は、皆さん慣れてきたので私もカメラ持ってEN!

なんとなくニジギンポが可愛かったので1枚!
13210-nijiginpo.jpg

カンナツノザヤウミウシも見れました~
13210-kanna.jpg

コールマンウミウシは定位置ですね(^^;
13210-ko-ruman.jpg

皆さん最後は中性浮力がとっても上手に(^^)
13210-mina.jpg

他にも、サガミリュウグウウミウシ・コクチフサカサゴ・
ミツイラメリウミウシ・アカエソ
などが。。。

今晩から強風に。明日もALL秋の浜になりそうで(><)

久々に3DIV♪

2月9日(土) 天気:晴れ

<秋の浜>
透明度:10m 水温:13.2℃ 海況:やや波あり
<ケイカイ>
透明度: 8m 水温:13.1℃ 海況:ややウネリ


今日から3連休のスタートです。
天気は良いですが気温が低く素肌が少し痛く感じます(^^;
そんな中ではありましたがゲストと一緒に楽しく3DIV!!
初ドライの方や、AD講習、SD講習も同時にスタートです。


水中は・・・困った事に日に日に悪くなってきています。
春濁りにしては早すぎるし、いったいこの浮遊物は何でしょう。


まずは初ドライ&ブランクダイバーの為のチェックDIV。
運動センスが良いようで、まったくブランクを感じさせない
余裕の1本でした。
そんな中で今、秋の浜で唯一のアイドル魚と言っても過言では
ないイロカエルアンコウygが低水温に耐えています。
この写真は数週間前に撮ったものですが、あまり大きくなって
いません。。。頑張れ~
13209-iro.jpg

少し色合いは地味ですが、ウミテングなんかも見れました。
しかしこの子も動きはスローなので頑張ってもらいたいですね。
13209-umitengu.jpg

砂地では70cmくらいの小ぶりなカスザメもいました!
しばらく足元をウロウロ泳いで、沖に行ってしまいました。

段落ちの壁では久々にお腹の大きなベニカエルアンコウが♪
きっと何か魚を丸飲みした後なのでしょう。パンパンでした。
13209-beni.jpg

夕方からは久々に西側のポイント、ケイカイへ!
この時期は西風が多く、中々潜れる機会が少なかったので、
今日はラッキーでした。

しかし秋の浜同様に、浮遊物が多くて透明度は激落ち(><)
しかしながらAD講習のコンパスナビゲーションをやるには
中々Goodでした(^^;

無事に四角形を描いてナビゲーション出来たので、そのまま
プチファンダイブへ。
とは言っても、見れたのはアオウミガメ2個体のみ(^^;
その1匹は1.5mくらいある巨大カメで、泳ぐ姿も大迫力!
ちょっと浮遊物が目立ちますがお許し下さい。
13209-kame.jpg

SD講習も学科&CWまで無事終わり、順調なスタート!
明日は初心者の人数も増えるから1日バタバタとしそうですが
頑張るぞ~!

今日は小物ばかり。。。

2月5日(火) 天気:晴れ

<秋の浜>
透明度:10m 水温:14℃ 海況:やや波あり


今日は冷たいナライが吹きましたがそんなに強くは
ありませんでした。海は昨日まで西風が強く、西側の
ポイントにはまだウネリが残っていたので・・・
今日も秋の浜です。


残念ながら水中はまた浮遊物いっぱいの海に逆戻り。
水は明るいので、暗くて濁ってるって感じではないのが
救いですね(^^;

今日は大きく全体を廻ってみたのですが、これといって
新たな発見はありませんでした。
しかし、個人的には久々に見た甲殻類が多かったです。
中でもこのアシボソベニサンゴガニ?(多分)
ちょっとアップで撮ってみました。特徴である足の関節
の黄色があまり目立たないのですが、形や他の特徴から
この種かと思われます。
13205-asibosobenisangokani.jpg

そしてアカホシカクレエビ!
大島では1年中見れるエビの一つですが、こうして写真を
撮るのは久々な気がします。
13205-akabosi.jpg

コウイカの仲間(5cm)も何気に久々です。
目が何ともユニークなんですよね~
13205-kouika.jpg

最後はお馴染みのサガミリュウグウウミウシ!
今日はワイドな雰囲気で撮ってみました。
13205-sagamiryuugu.jpg

明日は低気圧の通過でかなり荒れそうです(><)
大島は雪こそは降りませんが、風&雨が凄そうです。

今日も巨大サメと遭遇!!

2月3日(日) 天気:晴れ

<秋の浜>
透明度:12m 水温:14℃ 海況:波あり


昨日とは天気も海況もガラリ変わりまして・・・
陽射しはあるのですが、ナライが吹いて寒い(><)
おまけに秋の浜には結構大きな波が入ってました。
ゲストが上級者で良かった~。。。


リクエストで1本目は深場に。
狙いの魚は居なかったものの、そこはハナダイ天国、
代わりにアサヒハナゴイを撮ってもらいました。
この場所には比較的大人しく居る事が多いので、
代替え魚?としては最高な被写体ですけどね(^^;
13203-asahi.jpg

ゲストが上の被写体を撮っている間、すぐ側に居た
ミナミハコフグygと遊んでみました。って言うか
この時期でこの水深に居る事にビックリです(^^;
13203-minamihakofugu.jpg

他にも、スジハナダイ・サクラダイ・フタイロハナゴイ・
イガグリウミウシのペア・インターネットウミウシ
など。

2本目は中央エリアに。。。

またまた出会ってしまった巨大ザメ!
今日はなんと1.8mのコロザメ!!です。
いやあデカイデカイ(^^;真隣に寝そべってみると
オイラより全長ありましたもん。。。
一応、比較写真って事で、ゲストとコロザメを1枚!
13204-korozame.jpg

そしてお気に入りは、このクロスジウミウシの後ろ姿!
なんか「ウミウシ目線の光景」なイメージで撮って
みたのですが、いかがでしょうか?
13203-kurosuji.jpg

本日新たな出会いはイソコンペイトウガニ!
しかも2.5cmもあるこの種にしてはBigサイズです。
擬態上手な上位種とは言え、流石にこのデカさとなれば
目立ちますね。。。
13203-isokon.jpg

他にサガミリュウグウウミウシ・イロカエルアンコウyg
コクテンベンケイハゼ・テンクロスジギンポ
などが。

透明度が少し復活しました!

2月2日(土) 天気:雨のち晴れ

<秋の浜>
透明度:12m 水温:14℃ 海況:ほぼ良好


午前中は低気圧の影響で南西風が強く吹きました~
船の就航が心配でしたが高速船も全便動き結果OK♪


秋の浜は風の島影となり、問題無く潜れました。
しかも今日になって透明度も少し回復しました(^^)


上級者ゲストさんなので深場から浅場までじっくりと!

深場ではサクラダイ・スジハナダイ・フタイロハナゴイ
など相変わらずハナダイ系が賑やかです。
久々にハナオトメウミウシが目に止まりました。
比較的大型な種なのでよく目立ちます(^^;
13201-hanaotome.jpg

サガミリュウグウウミウシが砂地を移動中だったので
正面から1枚。このウミウシは正面から見るとご覧の
ように、模様が「笑った顔」に見えるんです。
皆さんも解りますか?
13201-sagamiryuugu.jpg

新顔はウミテングのペアです。
ペアと言っても1mくらい離れているのですが。。。
いつ見ても不思議な形をした魚ですよね~
13201-umitengu.jpg

リクエストでレンテンヤッコygも見てきました。
大島には個体数が多いので、いろんな場所で見る
事が出来ますが、基本シャイなので撮るには多少
忍耐が必要ですけど・・・(^^;
13201-renten.jpg

そして極めつけは浅場の巨大ネコザメ1.5m!
ハシゴ裏をライトで照らしたらいきなり居たので
ちょっと驚きでした。明日も居てくれると嬉しいな。
13201-neko.jpg

最近多い、ヒブサミノウミウシ!
この子は2cmくらいで浅場の壁に居ました。
13201-hibusa.jpg

ムチカラマツエビ(1cm)もマクロ好きな方には
オススメです。
13201-mutikaramatuebi.jpg

浅場には美味しそうなアオアリイカも居ましたよ~
13201-ika.jpg

他にもピカチュウ×2・クロスジウミウシ・カエルウオ・
コールマンウミウシ・トラフケボリダカラガイ・
フリソデエビ・ハナミノカサゴyg
などが。。。

プロフィール

OFかっすん

Author:OFかっすん
伊豆大島ダイビングサービス
山&星のネイチャーガイド
オレンジフィッシュ代表 粕谷浩之

ダイビングの情報&陸のネイチャーガイドの記事や写真を紹介しています。

最新記事

最新トラックバック

検索フォーム

ブロとも申請フォーム

QRコード

QR