早朝砂漠ツアー&ファンダイビング -オレンジフィッシュ-

4月29日(月祝) 天気:晴れ

<秋の浜>
透明度:12~20m 水温:15~17℃ 海況:良好


早いものでGW前半もいよいよ最終日となりました。
この3日間は、本当に天気も良く海も静かで最高でした♪

さてGW最終日は、早朝の裏砂漠女子ツアー♪から!
昨日体験ダイビングされたグループさんとスノーケリングを
やられた女性陣と一緒に朝日が眩しい裏砂漠へGOGO!
ここは本当に大勢の方に見てもらいたい場所で、
当店のネイチャーツアーで人気No1でもあります。
13429-sabaku.jpg

砂漠から見下ろす海!に朝日が輝いて美しい景観も!
13429-asahi.jpg


さてここからはファンダイビングな内容です。
朝一は昨日とあまり変化ありませんでしたが、昼くらいから
水温が更に下がり・・・15℃台(><)
その代わり、透明度はまた20mまで上がりましたが。。。


まずはインターネットウミウシ!(約8cm)
このところ、同じエリアに2~3個体集中してます。
13429-internet.jpg

銀色のラメが素敵なジボガウミウシ!(約3cm)
ちょっと深めの水深で最近チョコチョコ見かけます。
13429-jiboga.jpg

最後はヨコエビの仲間!(約5mm)
ビビッと鮮やかなオレンジ色にブルーのアクセントが
素敵な超マクロ生物です。
13429-yokoebi.jpg

他にも、アオリイカの群れ・キシマハナダイyg・
アマミスズメダイyg・アカシマシラヒゲエビ・
アカホシカクレエビ・マツカサウオyg・ピカチュウ・
イソコンペイトウガニ・カシワハナダイyg・
ニシキウミウシ幼体・クダゴンベyg・イガグリウミウシ

などが。

明日は海は無く、朝から山頂ジオパーク展のガイドです。
スポンサーサイト

ファンダイブ&体験ダイブ&スノーケル-オレンジフィッシュ-

4月28日(日) 天気:晴れ

<秋の浜>
透明度:12m 水温:16~17℃ 海況:ベタ凪~


GW前半の2日目も、メニューが盛り沢山!
ファンダイブ&体験ダイビング&体験スノーケリングの
3本立てです。
海は夏のようなベタ凪状態!空も青空で日中の陽射しは
痛いくらいでした。こんなコンディションの良いGWは
久々な気がします。


まずはファンダイブから。。。
1本目は中央エリアの深場まで行ってみました。
お約束のクダゴンベ!この子は8cmくらいある大きな子で、
非常に大人しいので撮りやすいです。
13428-kudagon.jpg

他にはクロスジウミウシ・ミスジスズメダイygなどが。
1mはある巨大アオヤガラにも遭遇しました!

浅場ではルージュミノウミウシ2cmです。
大島では普通種ですが、何気に久々に見た気がします。
13428-rujyu.jpg

ニラミギンポ!7cm
カメラが寄ってもまったく動じない良い子でした。
13428-nirami.jpg

他には、巨大マダイ・巨大コロダイ・テングダイのペア・
ルリハタ・アカシマシラヒゲエビ・ヒラメ・カエルウオ・
アンコウウバウオ・キシマハナダイyg・アオリイカ・
サガミリュウグウウミウシ
などが。

次いで、体験ダイビングです。
今日は素敵女子3人組みが潜ってくれました!
さすが、体験ダイビング経験者って事で、ほとんど練習も
なくスムーズに潜れて、長い時間楽しめました~
13428-taiken2.jpg

ラストは体験スノーケリングです♪
こちらは素敵女子2人組みのエントリーです。
水温が低いにも関わらず、元気に泳ぎ回って、とても
楽しく参加されていました。
13428-sunokeru.jpg

天気も良くて海も穏やかだと、ストレス無く潜れて、
非常に助かりますね。
明日も天気は良さそうです(^^)/

ファンダイブ&体験ダイブ&星ツアー♪ -オレンジフィッシュ-

4月27日(土) 天気:晴れ

<秋の浜>
透明度:15m 水温:17~18℃ 海況:良好


いよいよGWが始まった!初日から天気も海も最高で
テンション上がりますね~♪
本日はファンダイバーグループと体験ダイビングと
星空観察ツアーと盛り沢山メニューでした(^^;


まずはファンダイブ!
ウミウシ好きなリピーターさんも居たので、何となく
ウミウシばかりな本日のログですが、ちゃんと魚も
見てますよ~(念のため)

コールマンウミウシ!
調査で潜ってる時は全然目に入って来なかったのですが
今日は不思議と見つかっちゃいました(^^;
13427-koruman.jpg

テントウウミウシ!
こちらも久々の登場ですが、2個体見れてラッキー♪
13427-tentou.jpg

可愛そうなピカチュウ!
正式にはウデフリツノザヤウミウシと言いますが・・・
この子には片方の触角&腕が無く、痛々しい個体でした。
まあ時期外れのウミウシ種なので、こういうものかも
しれませんが。。。
13427-pika.jpg

最後は久々の登場なベニカエルアンコウ
相変わらず擬態が上手な魚なのですが、どこにいるか
解りますか??
13427-beni.jpg

他に見たのは、アマミスズメダイyg・ニラミギンポ・
キホシスズメダイyg・インターネットウミウシ・
チシオコケギンポ・サガミリュウグウウミウシ・
マツカサウオyg・アカシマシラヒゲエビ・イセエビ・
スミゾメミノウミウシ・アカホシカクレエビ
などが。

ファンの1本目と2本目の間に、元気な素敵女子2人と
体験ダイビングへ。。。

1人が耳抜きに時間かかったけど、このとおり無事に
遊べて良かった良かった(^^)
13427-taiken.jpg

夜はこれまた別のグループさんと星空観察ツアーに!
リクエストは浜辺(砂浜)での鑑賞と言う事で・・・
風がおさまった「砂の浜」へ。。。
波のバックサウンドを聞きながら満天の星空を見る事が
出来て中々良かったです。

冬の星座~春の星座まで勢ぞろいで、終了後はほぼ満月な
素敵な月が東の空から上がる姿も見れました♪
流れ星は3個見れました~(^^)/


さあ、明日も盛り沢山なスケジュールなので頑張ります!

WETスーツへ衣替え!-オレンジフィッシュ-

4月26日(金) 天気:晴れ

<秋の浜>
透明度:15m 水温:17~18℃台 海況:良好


天気も良く、穏やかな秋の浜となりました♪
明日からのGWに備え?本日からWETに衣替えして
潜ってきました~ただ6.5mmのいわゆるロクハン!
ってやつですが(^^;


海況はまずまず良好です!一時の青さは無いですが・・・
十分にキレイな水中と言えますね。


深場では美しいアサヒハナゴイ!に会えました。
6cmくらいの立派な成魚です。中層を泳いでいると
かなり見つけるのに大変ですが、こうして水底近くだと
助かります。
13426-asahi.jpg

次いでクダゴンベ!
この子は深場の定番ですが、見つけるとやっぱり撮って
しまいます(^^;一般ウケする魚ですしね。。。
13426-kudagon.jpg

他にも写真は無理でしたが、立派なコウリンハナダイ♂が
2個体
泳いでいました。
他にも、トサヤッコyg・アワシマオトメウミウシなども。

浅場では渋~い色合いがカッコいい?カシワハナダイ!が。
以前から見れてる個体でしたが、写真に収めたのは初です。
本当に浅いので初心者でも余裕で見れます。
13426-kasiwa.jpg

先日ご紹介したイソコンペイトウガニ!
ちゃんと同じトサカに居てくれました。この子も浅場では
大切なネタの一つですから(^^;
13426-isokon.jpg

最後はカモハラギンポ!
基本的には南方種なはずですからこの大きさという事は
多分越冬した個体でしょう。。。
うーん、嬉しいような心配なような。
13426-kamohara.jpg

他にも、マツカサウオyg・ハナミノカサゴなどが。

さて、明日からGW前半戦です!頑張るぞ~!!

裏砂漠&体験ダイビングツアー♪-オレンジフィッシュ-

4月25日(木) 天気:晴れ

<裏砂漠&秋の浜>
透明度:15m 水温:18℃ 海況:やや波あり


本日は元気な女子大生3人組を迎えてのツアーです。
昨日の低気圧の影響で、船の到着が遅れてしまい、
裏砂漠が行けなかった。。。(><)という話を聞き、
急遽、朝一に砂漠ツアーで遊び、その後体験ダイビング!
というプランで行いました(^^)/


東からの風はちょっと強めでしたが、天気も良くて
暖かい!最高な1日となりました。

まずは初めて見る、360度見渡す限り黒い砂漠な景色!
今回もハズレ無しの感動体験ツアー大成功です♪
「青い空と黒い大地・・・そして風の音しか聞こえない」
大島自慢のパワースポット裏砂漠!
お約束の?感動表現ポーズでの写真はヨガなのかな(^^;
13425-sabaku1.jpg
13425-sabaku2.jpg

そして今回大島での最後の締めは体験ダイビング!

今日は風波があってちょっとハシゴでの練習時は揺れて
大変だったかも。。。それでも頑張り屋さんの素敵女子は
元気に水中へ!
波のせいで少し白っぽい濁りがありましたが、沖はキレイ
でした。ただ流れがそよそよあって、泳ぐのはちょっと
大変だったかな??
クマノミや沢山のキンギョハナダイが見れました♪

まずはこれから青い海に潜るぞ~!
13425-akinohama.jpg

波が多少あったのですが・・・余裕な経験者の2人!
13425-fan.jpg

仲良し3人での記念写真!
13425-taiken.jpg

とっても明るく元気な学生さん達でした~(^^)/

NEWなハシゴ完成&ヤシャハゼ!

4月23日(火) 天気:晴れ

<秋の浜>
透明度:15m 水温:17~18℃ 海況:良好


やっと秋の浜が穏やかとなり、午前中は延び延びとなってた
ハシゴ交換作業の続きで島内のショップスタッフ大勢集まり
ようやく今年もピカピカのハシゴが完成しました!
今年は?今年も?上出来です(^^;
13423-hashigo.jpg

その後、残った残圧タンクを使って1本軽く潜ってきました。
水中コンディションは中々Goodでしたよ~(^^)/

本日の新たな出会いは、ヤシャハゼ!5cm
見たのは今季2回目ですが、写真が撮れたのは今年初!
水温が上がって、透明度も良くなったので巣穴からチョコンと
顔を出してくれていました♪
13423-yasya.jpg

そして久々の再会となったカンナツノザヤウミウシ!3cm
もうピークシーズンは過ぎていますので、見れればラッキーな
種でしょうか。。。でも未だ健在でした(^^;
13423-kanna.jpg

サガミリュウグウウミウシ!7cm
お馴染みの大型なウミウシでして・・・今年も個体数は多い
感じです。
13423-sagamiryuugu.jpg

何とかこのままのコンディションでGWに突入しないかな~!

やっと潜れた秋の浜!-オレンジフィッシュ-

4月22日(月) 天気:晴れ

<秋の浜>
透明度:15m 水温:17.5℃ 海況:やや波あり


金曜から急に真冬のような天気が続いていましたが、
今日は少しだけ春の陽気に近づいた気がします(^^;

それにしてもこの週末を挟み、荒れましたね~。。。
冷たい雨&冷たい北東風ですから、秋の浜は大荒れで
クローズな状態だったようです。
まあ、僕も仕事で「山頂ジオ展ガイド」でしたが、
この天気じゃ、山にもお客さんはほとんど居なく、
トホホな感じです(><)

そんな今日は延期となっていた秋の浜のハシゴ修理の
予定でしたが、朝のウチは波が高く・・・またも延期です。

午後になってやっと波が小さくなったので1本潜って
きました~


まずはキシマハナダイyg!
今日は非常にご機嫌で、かなり寄って撮らせてもらいました。
それなのにピントが合ってないなんて(><)
やっぱり老眼レンズ無いと厳しい今日この頃です(^^;
13422-kisimahanadai.jpg

次いでアマミスズメダイyg!
この子もだいぶ慣れてきたようで、今日はあまり隠れずに
撮らせてくれた方です。
13422-amamisuzume.jpg

何気に嬉しかったのは偶然に目の前を通り過ぎていった
コブダイ若魚!です。
70cmくらいかなあ。。。案外臆病な魚で、中々射程内
に入らせてもらえないのですが、今日はギリギリ行けた!
13422-kobudai.jpg

粘ってアイドルの座を守ってるイロカエルアンコウyg!
中々、ピカ一な魚が出てないので・・・何だかんだで毎日、
フラッシュを浴びてる感じ(^^;
13422-iro.jpg

最後はムカデミノウミウシ!
ハシゴの真下で妙に目に着いたので、何となく久々に撮って
みました。色はキレイなんですけどね~好き嫌い別れる種です。
13422-mukade.jpg

さて、明日も北東風なのですが・・・果たしてハシゴ修理は
出来るのかな?(^^;

真っ青な黒潮キター!!-オレンジフィッシュ-

4月19日(金) 天気:晴れのち曇り

<王の浜>
透明度:10~15m 水温:19.5℃ 海況:やや波


今日は秋の浜のハシゴ交換作業予定でしたが、
北東(ナライ)風が強く、作業は月曜に延期です。
仕方ないので、南西部の「王の浜」に潜りに行きました。


昨日の黒潮情報によると大島の南西部には暖かい潮が
入っていたので、もしかするとキレイかな?と思い、
潜ってみたら・・・ビンゴ!!
久しぶりに青い水中が楽しめました(^^)/
しかも水温は19℃台で快適♪


水温が高いのでイサキの群れ!が凄かったです。
やっぱり青い海で見る魚群はいいですね~
13419-isaki.jpg

次いで現れたのはトビエイの子供!!
推定60cmくらいの個体でしたが、僕の頭上を優雅に
泳いでいきました~
13419-tobiei.jpg

タテジマヘビギンポ!は個体数多かったです。
テーブルサンゴの上をチョロチョロしていて可愛い!
13419-tatejimahebi.jpg

巨大イセエビ!(60cmくらい?)も多かった。
普段、ここはエビ網が入っていないからか?大きな
サイズが目立ちました!
13419-iseebi.jpg

浅場ではタカベの群れ!も見応えありました~
13419-takabe.jpg

余程、黒潮が急激に離れない限りはGWの前半・・・
コンディション期待出来そうです(^^)/


明日は三原山山頂でジオパーク展のガイドです。。。

透明度&水温上がってきた!-オレンジフィッシュ-

4月18日(木) 天気:晴れ

<秋の浜>
透明度:6~10m 水温:17~18℃ 海況:ベタ凪


今日は風も弱く初夏のような陽気でしたね~
ここ伊豆大島でも気温は23℃まで上がりました!

そして毎年恒例の秋の浜EXハシゴの交換作業
が始まった。去年は直撃した台風が少なかったので、
無事1年持ち堪えた単管パイプで作ってるハシゴですが、
先々月に襲った爆弾低気圧の影響で、コンクリートで、
固めてる根元のパイプが歪んでしまい・・・
今年もコンクリートを一旦壊してから支柱となる根元パイプ
からの作り直しです。
本日は古いハシゴの撤去&支柱作りの作業まででした。
(空いた時間で”アオリイカの産卵床”も入れてきました!)
13418-akinohama.jpg

作業終了後、残った残圧タンクを使ってちょっと調査DIV!

まずはキホシスズメダイyg!
今年もこの子がチラホラ見れる季節となりました。
正直言って、色彩的にはそこまで美しい魚では
ありませんが、尾鰭の淡い黄色と腹鰭の黒線がビビッと
していてちょっと目を引く子なのです。
13418-kihosisuzume.jpg

別にスズメダイ繋がりって訳ではないのですが・・・
今日はなんとなく、深場?のミスジスズメダイyg
撮っていましたので、載せちゃいました(^^;
13418-misujisuzume.jpg

今日写真は撮っていませんが、アマミスズメダイyg
ちゃんと健在です。

久々にチシオコケギンポに立ち寄ってみました。
相変わらずキレイなオレンジ色をしています。
13418-chisio.jpg

2mmくらいのテントウウミウシなんかも居ました。
あまりにも小さいので意味不明な写真ですが、中央の
黄色い水玉模様な子がそれです(^^;
13418-tentou.jpg

イロカエルアンコウygもしっかり健在ですし、この
ところは順調にベニカエルアンコウも増えてきつつある
気がします。

明日には、NEWハシゴが完成予定です(^^)/
例のカエルウオ君は・・・GWまでには新居なパイプに
慣れて居つくかなあ。。。と思います(^^;

透明度が回復傾向!?-オレンジフィッシュ-

4月17日(水) 天気:晴れ

<秋の浜>
透明度:8m 水温:17.5℃ 海況:良好


今日は調査で1本だけ潜ってきました。
昨日ケイカイに潜った時、かなりの流れを感じたので
もしかしたら黒潮の支流が入って、少しは回復したかな?
という淡い期待ももってスタート!
すると・・・ビンゴ!!決してキレイとは言えませんが、
明らかに昨日までに比べて2倍は見えるように変わって
いました!
もしかするとこのまま潮が入れ替わってGWには
キレイになるかもしれませんね(^^)/

さてそんな今日は深場のオシャレハナダイ!からです。
透明度が少しだけ回復したとは言え、本来の大島ブルー
ではないので、居るかな~と覗くと・・・こんな感じ。
13417-osyare.jpg

次いでホウキハタ!70cmくらいでしょうか。。。
たまに見かけますがカッコイイ魚です。
13417-hata.jpg

今日は浅場で新顔が2つ程。。。

まずはイソコンペイトウガニ!
定期的にはみれる種ではありますが、とにかく擬態が
上手なので一度引っ越しされると、次に見つけるのは
一苦労なのです(^^;
13417-isokon.jpg

最後はリュウグウウミウシです。
この子も年に数回見かけますが必ず決まって水深が
5m以内ですね(^^;これから初夏にかけて見かける
機会が増えそうです。
13417-ryuugu.jpg

明日から秋の浜のハシゴ修理(交換)作業予定です。

今日はネコザメ祭り!-オレンジフィッシュ-

4月16日(火) 天気:晴れ

<秋の浜>
透明度:3~5m 水温:16.5℃ 海況:良好

<ケイカイ>
透明度:5~6m 水温:17.5℃ 海況:良好


久々に風の弱い1日!陸にいるだけならポカポカ陽気で
最高なのですが、海の中は相変わらず春濁りの真っ最中!
まあこの透明度の悪さにもいい加減慣れてきましたが(^^;

そんな今日は1本目の秋の浜でも2本目のケイカイでも
1mオーバーの巨大ネコザメ!
に遭遇出来ました。
サメと言えば夜行性・・・流石に水中がこう暗いと、
ネコザメも夜だと勘違いするのか?遭遇率高いです。。。
こちらは秋の浜の1.5m級の子!
13416-neko1.jpg

こちらはケイカイの1mの子です!
13416-neko2.jpg

ケイカイではいい位置に居てくれたのでみんなで撮影会!
透明度の悪さがよくわかるでしょ(><)

ちなみにケイカイでは他に巨大アオウミガメが2個体
残念ながら写真は撮れなかったものの、見れて一安心。
他にもテングダイのペアカエルウオなどが。

ここからは秋の浜の小物シリーズ。。。

まずは人気のアマミスズメダイyg!
小さくて本当に可愛い1.5cm級♪
13416-amami.jpg

キシマハナダイygも何とか見れました(^^;
13416-kisima.jpg

浅場のマツカサウオygは4cmくらいに成長してました。
可愛いのは3cmまでかな~(^^;
13416-matukasa.jpg

他にも、ニラミギンポ・イセエビ・ハナミノカサゴ・
イロカエルアンコウyg・ヒブサミノウミウシ・
ニシキウミウシ・ハナミドリガイ・キタマクラ赤ちゃん

などが。

今週末及び、GW後半はダイビング予約ガラガラです。
透明度は復活する可能性もあるので、空いてる方は
是非いらして下さい!!

新たにイバラダツが登場!-オレンジフィッシュ-

4月15日(月) 天気:晴れ

<秋の浜>
透明度:3~5m 水温:16.5℃ 海況:ベタ凪


相変わらず南西からの強風で秋の浜しか潜れない海況が
続いています。。。
本日は新しく名古屋からいらしたショップ御一行様の
ガイドで午後から潜ってきました。

海の中は、一昨日とまったく変わらず酷い春濁りのままです。
まあ仕方ありませんが、大島の海の汚さは今がピーク!
逆を言えば、これから今より悪くなる事はない!と言えますね。


さて、こんな海況の中でもNEWな魚の登場です!
大島では比較的珍しいイバラダツ!!
週末に登場したらしく、地元ガイド仲間に教えて頂いた情報
でしたが、正直言ってこの透明度で見つけられる保証はなく、
不安の多い中でのガイドでしたが、その辺りに到着すると、
運良く写真を撮っていたガイド仲間さんがいたので今日は
非常にラッキーでした(^^;
13415-ibaradatsu.jpg

側ではオキゴンベygが可愛かったので1枚!
13415-okigonbe.jpg

30mを超えるとほとんど真っ暗で、完全にセミナイト状態!
一応、リクエストのクダゴンベygを見ては頂きましたが、
これだけ周りが暗いと、そのトサカを探すのも一苦労です(^^;
13415-kudagonbe.jpg

浅場ではこれまたNEWなベニカエルアンコウを発見!
あくまでも個人的に目新しかっただけですが、こういった海況の
中でのこの子は非常にありがたい存在です。
13415-beni.jpg

他にも、アカホシカクレエビ・マツカサウオyg・
トウシマコケギンポ・ハナミノカサゴのペア
などが。

ああ、明日は少しでも良くなる事を祈って。。。!

春濁りキター!!(><)-オレンジフィッシュ-

4月13日(土) 天気:晴れ

<秋の浜>
透明度:3m 水温:16~17℃ 海況:ほぼ良好


この2日間、修学旅行生の陸ガイドをしてる間に・・・
海の中は本格的な春濁り!が始まっていたようです(^^;
10日(水)に潜った時にはこんなに濁っていなかったのに
本日潜ってみたら、ビックリ!!年に1度あるかないかの
強烈な濁り具合です(><)

正直、普段潜り慣れてるオイラでさえ、ココはどこ??って
くらい酷いもんです(^^;

そんな中でも新しい出会いがありました!
アマミスズメダイの幼魚!(1.5cm)です♪
いつの間にかこんなチビが流れてきていたんですね~
暗い中でも輝きを放つコバルトブルーなラインが
とっても可愛いです。
13413-amamisuzume.jpg
13413-amamikao.jpg

水深30mくらいまで降りると、若干見えるようには
なりますが、逆に水温が下がり16℃台に(><)

この暗さならばと思い、オシャレハナダイを見に行くと、
居たには居たのですが、カメラを構えた瞬間にスッと
岩穴に消えてしまう始末。
仕方なくジボガウミウシを撮ってきました。
この子も今年は深場でしか見ないですね~。。。昔は
沢山居たんですけど。
13413-jiboga.jpg

浅場に戻る途中、いつものイロカエルアンコウygへ。
今日もいい位置に可愛く居座っていました♪
13413-iro.jpg

いろいろ探しはしますが、コレといって何も見つからず、
仕方なく久々にヒブサミノウミウシと遊んできました。
中々上手く撮れず、こんなんで諦め~
13413-hibusamino.jpg

段上ではヒメギンポをアップで撮ってみました。
鮮やかなオレンジ色はオスがメスに対する求愛色(婚姻色)
なんですけど、目立つのでつい撮ってしまいます。
13413-hime.jpg

うーん、春濁りは毎年の事とは言え、いつも一番最初は
ガックリときますね(^^;


修学旅行生のネイチャーガイド初日!-オレンジフィッシュ-

4月11日(木) 天気:晴れ

<リス村~大島動物園>

本日から福島県は伊達市の桃陵中学校の修学旅行で
総勢約160名の学生さん達が大島にいらっしゃいました。


そんな皆さんに少しでも大島を満喫して頂こうと観光協会主催の
元、6~7コースに分かれての自然体験ツアーでした♪
MTBによるダウンヒルや周回コース、伝統文化体験や
ビーチコーミング、そして僕が担当した動植物とふれあう!
など、島のネイチャーガイドさんも大勢集まっての1日です。


テーマとしては自然体験型の修学旅行ですから、ただ見て
遊ぶという訳ではないので、大島ならではの火山との繋がり、
ジオパークっぽくみんなで楽しく遊ぶイメージです(^^;


そんな訳で、本日の写真はそんな学生達ツアー中の姿を数枚。

リス村の芝生広場は最高の天気で気持ち良かった~♪
13411-sibafu.jpg

リス村だけにお約束のリス写真(^^;
13411-risu.jpg

ウサギ広場でエサやり&ふれあい!
13411-usagi.jpg

そして、大島動物園では大島&伊豆諸島にのみ生息する、
貴重な動物(爬虫類&鳥)などの説明&観察。
13411-undoukai.jpg

さあ明日は、朝から三原山トレッキング!です。
一応、40人ずつの4グループとなって全員行くのですが、
お帰りが午前中の高速船なので、少々時間との勝負な部分
が心配ではありますが、天気は良さそうなので、楽しめる
かな。。。(^^;

キシマハナダイ幼魚!-オレンジフィッシュ-

4月10日(水) 天気:晴れ

<秋の浜>
透明度:8~12m 水温:17℃ 海況:ウネリ(小)


昨日、今日と南西の風が強めに吹いています。まあいつもの
事ではありますが、東側の秋の浜にまで回り込んだ波が入って
いて水面はそこそこ荒れていました。
そのせいなのか?透明度もパッとしません(><)

今日はここ最近見てきたキシマハナダイ幼魚!を撮りに
いってきました。
水中が少し暗かったので中々出てきてくれないのでかなり
粘ってやっとこんなのが1枚だけ。
何の装備もしてない古いコンデジではこんなもんかな(^^;
13410-kisima.jpg

もうちょっと深場にはフタイロハナゴイ幼魚がペアで!
中々ペアでは撮れないので、とりあえず1匹だけ。。。
今日は泳ぎ回っていたのでこれが限界かな。。。
13410-futairo.jpg

昨日ピックアップしたクダゴンベ幼魚は今日も定位置。

最近またこの場所に定着したイロカエルアンコウ幼魚
いい感じです。
13410-iro.jpg

浅場ではトウシマコケギンポ達が元気に沢山顔を出して
いたので、中でもこの黄色い個体をピックアップ!
13409-koke.jpg

他にもいろいろと。。。まあいつもの魚達ですが。

GW特に後半、予約ガラガラです。魚も多い時期ですから
是非潜りにいらして下さい。!!

久々の調査ダイビング!-オレンジフィッシュ-

4月8日(月) 天気:快晴

<秋の浜>
透明度:10~20m 水温:17~18℃ 海況:ウネリ(小)


3月中は副職が忙しく、中々潜れない日々が続いていましたが、
昨日、久々にお休みが出来たので最高な青空の下で潜ってきた!

水中は昨日まで大荒れだっただけに浅場は白く濁っていましたが、
水深20mくらいから下はだんだん見えてきました。ただ水温は
数日前に比べ下がってしまいましたが(><)


本日のNEW!はクダゴンベyg!です。
先月からずっと居たらしいのですが、そんな事とは知らず・・・
偶然潜る前に一緒だった地元ガイド仲間に存在を教えて頂き、
早速見てきました。
いやあ、まだ4cmくらで赤黒さが残ってて初々しい!!
大きな個体が多い大島にしてはかなり可愛い存在です。
13409-kudagon.jpg

そして可愛いと言えば・・・
だいぶ成長してきたイロカエルアンコウyg!
もう3cmくらいでしょうか。。。まあ許せる大きさと
言えます(^^;
13409-iro.jpg

深場ではスジハナダイ!を久々に撮ってきました。
大島では伊豆半島のサクラダイと同じくらい群れていて
非常にポピュラーな種なのですが、たまに撮りたくなります。
13409-sujihanadai.jpg

トサヤッコyg!
この子も気が付けば1年中いる魚となっちゃいましたね~
本来は季節来遊魚だったかと思うのですが(^^;
13409-tosayako.jpg

そして今年もコイツの季節がやってきた!
ヨコエビsp!
大きさは1mm~5mmなのですが、この鮮やかな色が
お気に入りです。写真はちょっとピンボケなのですが、
ちゃんと目も足もあるんですよ~
13409-yokoebi.jpg

ああ海はやっぱり楽しいなあ。。。
GW、まだまだ空いてます!!特に後半(^^;
皆さまのお越しお待ちしていまーす♪

すでにウネリが入ってきました。-伊豆大島オレンジフィッシュ-

4月5日(金) 天気:晴れ

<ケイカイ>
透明度:10m 水温:20.7℃ 海況:ウネリあり

<秋の浜>
透明度:10m 水温:19.7℃ 海況:ウネリあり


今週末は春の大嵐!との気象庁から発表がありましたが、
確かに海はすでに嵐の予感が。。。(><)
朝から風も弱くポカポカ陽気なのに、海は何だかザワついて
いました。
本日は新規の素敵女子ダイバーさんをお迎えしての
ダイビングで、2年ぶりのドライを着て、ファンダイブ
がまだ4本目!というのにこのウネリの中でもめげずに、
とっても頑張り屋さんの方でした♪


残念ながらリクエストのウミガメは見れなかったのですが、
ケイカイでは、アカエイ・メジナの大群・イラなどを見て
頂きました。

秋の浜ではいろいろと。。。

可愛いコウイカの赤ちゃん!
まだ6cmくらいの可愛いサイズでしたが、
カメラを向けると、色を変えて一生懸命に
こちらを威嚇してる姿がまた可愛い。♪
13405-kouika.jpg

80cmの巨大ヒラメ!
肉厚で美味しそうでした~
13405-hirame.jpg

これまた美味なアカハタ!
あまり市場には出ませんが島の漁師さんは
旨い!と太鼓判です。
13405-akahata.jpg

水温が上がって一気に元気を取り戻した
クマノミ!大島では1年中沢山のクマノミに
出会えます。
13405-kumanomi.jpg

最後はサガミリュウグウウミウシです。
今年は異常に個体数が多いのか?最近は
潜れば必ずといってもいいほど目に止まります。
13405-sagamiryuuguu.jpg

他にも、レンテンヤッコ・ホウライヒメジ・
シマウミスズメ・キイロイボウミウシ・
ミノカサゴの若魚・カエルウオ・アオヤガラ・
ニザダイの群れ・アオウミウシ・チョウチョウウオ・
キンギョハナダイの群れ・ニラミギンポ
などを
ご紹介させて頂きました(^^)/


続・魅力的な深場の魚達。。。 -伊豆大島オレンジフィッシュ-

4月2日(火) 天気:大雨

<秋の浜>
透明度:15m 水温:19℃ 海況:波あり


今日は予報どおり、朝から雨。。。しかも午後からは
大雨警報まで発表されちゃうほどのドシャ降りでした(><)

そんな今日も元気な超・上級者達は普通に2本潜って
いかれました~しかも本日もディープ!です(^^;


本日の写真はムラサキズキンベニハゼ!
ギリギリガイド範囲のお魚なのですが、本当に深いので
エアー持ちが良い方で上級者限定となります。
13402-murasakizukinn.jpg

もちろん、他にもリクエストのハナダイ達がいろいろと
見れてまして・・・オシャレハナダイ・コウリンハナダイ・
イトヒキハナダイyg・アサヒハナゴイ
などです。

浅場ではトウシマコケギンポが水温が上がったおかげで
非常に元気です。
13401-toushima.jpg

そして1cm~2cmのキタマクラの赤ちゃん!も実に
沢山いて可愛いのです。
13402-kitamakura.jpg

いやあ、昨日も今日もALLディープに潜ったので、体が
窒素でいっぱいです(^^;深場は楽しいけど、体には
負担が大きいので、皆さんもくれぐれも気を付けましょう。

久々の深場ダイビング♪ -オレンジフィッシュ-

4月1日(月) 天気:晴れのち曇り

<秋の浜>
透明度:15m 水温:19℃ 海況:ほぼ良好


今日から期が変わり、何だかフレッシュな気分です。
実際には何も変わっていないのですが(^^;

さて、本日からリピーターのショップスタッフさん達が
遊び?下見調査?で潜りにいらしてくれています。

全員、超上級者&インストラクター軍団ですから、当然
リクエストは深場!そしてハナダイ系って事で、久々に
水深20mより先に行ってきました(^^;

何よりも水温が一気に19℃台になっていてビックリ!
暖かいって最高!!

皆さん大きなイチデジで時間をかけますから、オイラは
証拠写真程度なので、写真が悪すぎなのは勘弁して下さいませ。。。

まずはコウリンハナダイ♂♪
この子は相変わらず定位置に居てくれるので非常に
助かります。結構大きいので離れてても見つけやすい。
13401-kourin.jpg

イトヒキハナダイyg!
側には成魚もいましたが、あまりにもピントがずれて
いたので、コチラで。これもダメダメ写真ですが(^^;
13401-itohikihanadai.jpg

キシマハナダイyg!
この子は比較的浅場なので、少し余裕があった気が。。。
しかし、非常にシャイなのでライトが強かったり、近づき
過ぎると・・・シュッと隠れてしまいます。
13401-kishima.jpg

個人的にはヤリイカの卵に感動していました。
年々見る機会が減ってる気がするのは気のせいか?
今、桟橋付近では結構連れてるようですが、相変わらず
秋の浜に卵は少ないです。
13401-yariika.jpg

そして一番嬉しかったイロカエルアンコウyg復活!
ここ10日くらい誰も見て居ないという情報でしたが、
おそらく同じ個体であろう子が比較的に側で再発見です。
13401-iro.jpg

他にも、クダゴンベ・シロボシスズメダイ・スジハナダイ・
セトリュウグウウミウシ・インターネットウミウシ・
シモダイロウミウシ・クロスジウミウシ・アヤメカサゴ・
巨大ヒラメ・メリベウミウシ・ヨコエビの仲間・ルリハタ・
ニラミギンポ・ベニカエルアンコウ・マツカサウオyg・
ハナミノカサゴ・オトメミドリガイ・コブダイ若魚
など。

プロフィール

OFかっすん

Author:OFかっすん
伊豆大島ダイビングサービス
山&星のネイチャーガイド
オレンジフィッシュ代表 粕谷浩之

ダイビングの情報&陸のネイチャーガイドの記事や写真を紹介しています。

最新記事

最新トラックバック

検索フォーム

ブロとも申請フォーム

QRコード

QR