心霊写真みたい?!-オレンジフィッシュ-

6月29日(土) 天気:晴れ

<秋の浜>
透明度:6~12m 水温:20℃ 海況:ウネリ小

<王の浜>
透明度:6~12m 水温:21℃ 海況:ウネリ小


まるで夏のような熱い日差しが帰ってきました!
大島ではセミの声がうるさい程です(^^;

本日は新たなリピーターゲストを迎え、AD講習を
兼ねたファンダイブです。

透明度は浅場を中心に少し回復したのですが・・・
深場は相変わらず濁っています。

そんな中、秋の浜で何気なく撮った1枚。。。
そう、ダイバーに人気のベニカエルアンコウ!

なんですが、後でパソコン画面で確認してみると、
なんと・・・そこに一瞬ゾクっとするような物が
写っていました。
見えますか?気づきますか?
オレンジ色の個体のすぐ左奥にもう一つの顔!!
キャー!!!!
130629-beni.jpg

なんと裏にもう1個体居たようです(^^;
恐るべし擬態能力・・・まったく気づきませんでした(ガックリ)

浅場のカンムリベラygも変わらず元気でした。
130629-kanmuri.jpg


2本目はリクエストを受けて王の浜へ。。。
こちらも浅場は明るくてまずまずキレイなのですが
深場に行くと、濁りが気になります(><)

そんな中、肌のキレイなホシエイ!に会えました。
やっぱりエイはカッコイイですな~
130629-hosiei.jpg

そして南方種のアカハチハゼ!も見つかりました。
個人的には、今季初となりました~これからきっと
いろんなポイントでも見かける事でしょう♪
130629-akahachi.jpg

最後に、AD講習のディープ&コンパスを優等生並みに
クリアーして、残りの残タンクでファンダイブ♪
余裕の笑みを浮かべる彼とコロダイの2ショット!
130629-korodai.jpg

他にも大きなマダイ×2・ヌノサラシ・オトメウミウシ・
イシガキフグ・アカホシカクレエビ・イガグリウミウシ・
クマノミと卵・アマミスズメダイyg
などが。
スポンサーサイト

オオセ(サメ)の登場!-オレンジフィッシュ-

6月28日(金) 天気:曇りのち晴れ

<ケイカイ>
透明度:6m 水温21℃ 海況:ウネリ小

<秋の浜>
透明度:6~8m 水温:21℃ 海況:ウネリ小


本日は5日間一緒に潜っていたゲストさんの最終日!

なのに・・・何故か?急に最悪な透明度(><)
どうやら、今日は大島全体が濁った潮溜まりの中に
スッポリと入ってしまったようです。。。
まあ自然相手ですから、突如として今日のような事も
ありますね。願わくば1日も早く、この濁りが去って
欲しいもんです。


そんな今日の早朝1本目はケイカイへ。。。

ENした瞬間から、嫌~な予感はしたのですが・・・
この酷い濁りですから、大物系は皆無に等しいかと思って
諦めていたのですが、ゲストの強運のおかげでなんとか
希少度の高いオオセ!(サメ)に遭遇出来ました。
130628-oose.jpg

朝食後は秋の浜へ。。。

残念ながら秋の浜にも魔の濁りが入ってしまっていて、
水深30mくらいのエリアは、まるでナイトダイビングの
ような雰囲気でした。

そんな暗い中なのに・・・
ヤシャハゼ君が顔だけチョコンと出していてくれました!
昨日は一瞬で巣穴に隠れてしまって、ゲストがちゃんと
確認出来ていなかったので本当に良かったです。
130628-yasya.jpg

暗くてもセナキルリスズメダイygは元気!元気!
今年は個体数多いなあ。。。
130628-senaki.jpg

そして新たな場所で見つけたフタイロハナゴイも元気!
こちらも個体数多めで5個体目です(^^;
130628-futairo.jpg

浅場ではイソギンチャクモエビと遊んでもらいました。
今日は浅場が底揺れでかなり大変でした(^^;
130628-moebi.jpg

さて、明日からの週末はどうなるか・・・このままの透明度
だと悲劇ですね(><)

遠いけどハンマー見ちゃった!-オレンジフィッシュ-

6月27日(木) 天気:曇りのち晴れ

<秋の浜>
透明度:10m 水温:19℃ 海況:波・ウネリあり


昨夜通過した低気圧のせいで、今朝は海がどこも大荒れ。
仕方なく、朝一は「裏砂漠見学へ!」
昼前には波も少し落ち着いてきたので、ゲストと一緒に
秋の浜へ潜ってきました。
ちなみに西側のポイントには
大きなウネリが入っていて断念です(><)

さて、今日の主役はハンマーヘッドシャーク!でしょ。
秋の浜の中央エリアでウロウロ散策していると・・・
突如現れたハンマー君!慌ててワイドモードに切り替えて
撮ったのですが・・・まあこんなもんですよね(><)
それでも今年初ハンマー見れて満足満足♪
130627-hanmer1.jpg
こちらは拡大してみましたが・・・
130627-hanma.jpg

マクロ系の主役はこのハタタテハゼ!!
先週から情報だけは聞いていたものの、水温が下がってから
全然姿を見れていませんでした。
やっと今日元気な姿が見れて一安心!これからどんどんと
増えていきそうですね♪
130627-hatatate.jpg

キツネベラygもあちらこちらで見かけます。
130627-kitunebera.jpg

ベニカエルアンコウも新顔が見れました。
130627-beni.jpg

カスザメも元気に泳いでいました~
130627-kasu.jpg

最後は裏砂漠を見つめるゲスト君!
130627-sabaku.jpg

明日は海・・・静かになるかな~

大雨でも海は大物祭り!?-オレンジフィッシュ-

6月26日(水) 天気:大雨

<ケイカイ>
透明度:10m 水温:21℃ 海況:良好

<秋の浜>
透明度:8m 水温:19℃ 海況:良好

<野田浜>
透明度:10m 水温:20℃ 海況:良好


予報とは裏腹に今日は朝から雨で午後は大雨(><)
まあ、梅雨ですから雨は仕方ありませんけど、風が
無かったのは幸いで、どのポイントも湖のようでした!

そんな今日は西側のポイントで大物出まくり!!
ゲストのテンションは雨にも負けず元気に3DIV(^^)/


本日一番ゲストが喜んだのはコチラ!
野田浜で見たアカウミガメ!!です。
初日からカメのリクエストで探してはいましたが、
まさか野田浜で・・・しかもアカウミガメに会えるとは
想定外でした(^^;こんな感じでゲストも激写しまくり!
130626-akaumigame.jpg

3本目に潜った野田浜では他にもこんな大物が!
それはトビエイ!!(ゲスト発見)
大物運がある人にはこういった連続が出ちゃうんですね~
驚きました(^^;
130626-tobiei.jpg

水底でも大きなカスザメが計2個体見れちゃいましたよ!

しかも水中溶岩アーチの中には”イサキの壁”!!
まったく向こう側が見えない程の魚群とこの近さ!
そのまま手掴みで捕れそうなくらいです(^^;
130626-isaki.jpg

いやあ・・・今日の野田浜は凄かった~♪
改めて「雨でも潜れば何か発見がある!」と実感でした。


そして1本目に潜ったケイカイでは・・・
ジャーン!!超久々となる巨大クエ!!
余裕で1mオーバーの丸々と太った魚雷のような姿です。
迫力あった~(^^)/
130626-kue.jpg

更に1mオーバーのネコザメ!!
後ろ姿になっちゃったのがちょっと残念でしたが、
一応全身見れました。
130626-neko.jpg


2本目の秋の浜ではさすがに大物には会えませんでしたが
相変わらずマクロ系ではネタが豊富です。

久々の登場となったベニカエルアンコウ!
器用な手のような胸鰭を使って踏ん張っています(^^;
130626-beni.jpg

深場ではアサヒハナゴイygもしっかり健在でした。
130626-asahihana.jpg

全体で他に見れた魚達としては・・・
フタイロハナゴイyg・スジハナダイyg・イシガキフグ・
マツバガニ・受け口ウツボ・ルージュミノウミウシ・
カンムリベラyg・ツユベラyg・カンパチの群れ・
ニラミギンポ・オキナワベニハゼ・ベンケイハゼ・
など。

今日はネタが盛り沢山!-オレンジフィッシュ-

6月25日(火) 天気:晴れ

<秋の浜>
透明度:8~15m 水温:18~22℃ 海況:ベタ凪


<王の浜>
透明度:15m 水温:19℃ 海況:ややウネリあり


今日は朝からゲストと3DIV!
天気が良いと、テンションも上がります・・・が、
生憎、午前中の海は少し濁り気味(><)でも午後には
冷たい潮と引き換えに、透明度は15mまで復活でした。
午前と午後でかなり水温が変わるので悩ましい所です。


という事で、今日は見れた人気種が多いので、紹介のみ。

まずは今年もやってきたコブダイyg!
大きさはまだ1.5cm程度。
130625-kobudai.jpg

こちらも初紹介、カンムリベラyg!
130625-kanmuri.jpg

続いてアカオビコテグリ!
何気に今季初見となりました。
130625-akaobikoteguri.jpg

正体不明?かなり尾鰭が長い巨大なエイ!
オナガエイとかなのかな??
130625-ei.jpg

今季初のセンテンイロウミウシ!
130625-senteniro.jpg

嬉しい復活のソウシカエルアンコウ!
巨大で70cmくらい。。。
130625-sousi.jpg

個体数増えてきたツユベラyg!
130625-tuyubera.jpg

久々の登場でチシオコケギンポ!
130625-tisio.jpg

他にもいろいろ見れましたよ~♪

平日はのんびりダイビング♪-オレンジフィッシュ-

6月24日(月) 天気:曇りのち晴れ

<秋の浜>
透明度:10m前後 水温:20~21℃ 海況:ウネリ小


<ケイカイ>
透明度:8m前後 水温:21℃ 海況:良好


本日から新規のゲストさんを迎えて、平日ならではの
マッタリとしたダイビングを楽しみました。


海の中は、昨日とはまた水温も透明度も違い、何とも
判断が難しい海況です。

秋の浜の深場はそこそこキレイで魚影も濃かったです♪
そこでまずはクダゴンベ!
幼魚というよりは少し大きめですが、他の個体に比べ
まだまだ、おチビちゃんです。
130624-kuda.jpg

相変わらず個体数の多いアカホシカクレエビ!
この子も抱卵中でした♪
130624-akahosi.jpg

ケイカイではタテジマヘビギンポ!が多く見れました。
昔からこんなに居たかな~??
130624-tatejimahebi.jpg

縮こまっていますが・・・ムラサキウミコチョウ
毎年この初夏くらいから多く見かけます。
130624-murasakiumi.jpg

他にも、テングダイ・巨大ヒラメ・ニラミギンポ・
サガミリュウグウウミウシ・ハリセンボン・
イシガキフグ・アカシマシラヒゲエビ・カエルウオ

などが。

水温が再び上昇♪-オレンジフィッシュ-

6月23日(日)天気:晴れ

<秋の浜>
透明度:12m 水温:20~22℃ 海況:良好


今日も暑い1日でした。梅雨の合間の日差しは十分に
夏を感じますね(^^)/
水温も昨日とは一転、午前中は全体的に22℃!
午後になると深場から冷たい潮が上がってきますが、
それでも深場の水温20℃で今日はWETでも快適でした。


1本目はカメラを忘れてしまったので、写真はありませんが
ヤシャハゼ!カスザメ!セナキルリスズメダイyg!などが
人気の被写体でした♪

2本目は中央~左の砂地へ。。。
今日は初夏らしくウミウシが多く目立ちました♪

まずはゲスト発見のピカチュウ!
ちょうど見たがっていた別のゲストさんが居たので、とても
助かりました(^^)/どうもありがとうございます。
130623-pika.jpg

こちらは多分、ノウメアワリアンス!
昨日も見ていますが、大きさ的にこれは別個体ですね。
130623-noumeawariansu.jpg

側には巨大ヒラメ!が居ました。
大きさは80cmくらいでとても肉厚!
130623-hirame.jpg

そしてリクエスト頂いていたカエルウオ君!
左のハシゴでは中々パイプ内に居ないので・・・
右側のハシゴの個体です。
運良く大きな口を開けてくれました(^^)
130623-kaeruuo.jpg

最後は浅場の人気者トウシマコケギンポ団地の1匹!
ウネリや波がなければ簡単に撮れますよ~
130623-koke.jpg

他にもヒレナガネジリンボウ・キイロウミウシ・
モンツキハギyg・アカホシカクレエビ
などが。

晴れてダイビング日和!-オレンジフィッシュ-

6月22日(土) 天気:晴れ

<秋の浜>
透明度:15~20m 水温:18~19℃ 海況:ウネリ小


低気圧も過ぎ去り、朝から青空!風も弱く結果とても良い
ダイビング日和の週末となりました♪
本日は久々にいらしたリピータゲストさん達と一緒にのんびり
2DIV。ブランクがあってもゆっくり潜れば楽しめます!


水温は相変わらず低めですが、午前中の透明度は
中々GOOD!!やっぱり太陽の下で潜る水中は明るくて
最高ですね(^^)/


今日の新発見はセナキルリスズメダイygのペア!
いつの間にか可愛いサイズのペアが居たんですね~
どうやら今年も当たり年な予感です。
130622-senaki.jpg

こちらはニラミギンポのペア!
単体で見かける事が多い中で、今日は何故かペアでいる
個体を発見。。。こちらもラブラブなのでしょうか?
130622-nirami.jpg

抱卵中のアカホシカクレエビ!
お腹にオレンジ色の小さな卵がギッシリ詰まった個体です。
今年も沢山産んで欲しいですね♪
130622-akahosi.jpg

クマノミ村を楽しむMさん!
今年もここはクマノミ天国ですね~大中小サイズも豊富♪
130622-kumanomi.jpg

アマミスズメダイygも大量にいます!
いつ見ても頭のV字ブルーが素敵で魅力的です♪
130622-amami.jpg

最後はテントウウミウシ!(8mm)
久々に目に飛び込んできました~相変わらず小さな種ですが
この子は比較的大きめな個体です。
130622-tentou.jpg

他にも、ツユベラyg・マツカサウオyg・オキゴンベ・
ノウメアワリアンスウミウシ・リュウモンイロウミウシ・
ニシキウミウシ幼体・ハリセンボン・レンテンヤッコ・
アカシマシラヒゲエビ・アカハタ・チシオコケギンポ
などが。

今日も問題無く潜れた!-オレンジフィッシュ-

6月21日(金) 天気:雨

<秋の浜>
透明度:15m 水温:18~20℃ 海況:ウネリ小


今日も朝からずっと雨(><)午前中2時間程曇りでしたが
基本1日雨でした。
海も静かではありますが小さなウネリが入ってきました。
明日もウネリは残りそうですが・・・問題無く潜れるかと
思われます(^^)/

それにしても水温が下がりました(><)今日は全体的に
19℃とかなりWETだと冷たく感じます。。。

潜りに行った時間が遅かったので水中は暗く、魚の出は
今ひとつでした(^^;

アカシマシラヒゲエビ!
いつも定位置で見れていますが、今日はやけに機嫌が
良かったように思えます。暗かったからかな(^^;
130621-akasima.jpg

キイロウミウシ!
この子は4cmくらいと少しだけ小ぶりでした。
このくらいの大きさだと撮る気になります(^^;
130621-kiiro.jpg

オキゴンベのペア!
何だかこのオレンジ色の魚がとても目立ちます。
決して珍しくもないし、大島には個体数も多いですが
撮り易い子です。
130621-okigonbe.jpg

コクテンカタギyg!
毎年この時期になると少しずつ増えてきます。
130621-kokutenkatagi.jpg

他にも、フタイロハナゴイyg・セナキルリスズメダイyg・
ツユベラyg・タカベの群れ!
などが。

全然海は穏やかです!-オレンジフィッシュ-

6月20日(木) 天気:雨

<秋の浜>
透明度:15m 水温:19~21℃ 海況:良好


今日は朝からずっと雨。。。梅雨ですね~
台風4号の影響もありますが、大島は雨ばかりで
風はなく海は穏やかです。
おそらく今週末も温帯低気圧に変わるので、何だかんだで
海は大丈夫な気がします(^^;


水中は残念ながら少し水温が下がり気味。。。特に深場は
水温19℃台でさすがにロクハンでも少し寒さを感じました。
その代わり、透明度はまずまずです♪

今日の新ネタはツユベラyg!
先週からチラホラと見かけてはいましたが、ちゃんと写真を
撮ったのは今シーズン初です。
130620-tuyubera.jpg

そして嬉しい再会となったのがソウシカエルアンコウ!
3週間前に見てた位置からはかなり離れていましたが、
今日偶然に出会えてラッキー♪でもどこに居るか見える??
130620-sousi.jpg

以前から継続観察中の寄れるセナキルリスズメダイyg
は相変わらず健在です。際の個体よりも一回り小さいかな。
130620-senaki.jpg

そして久々にカスザメ!が砂地に鎮座していました。
全然近寄っても逃げない様子。。。
130620-kasuzame.jpg

そしてラストはアオウミガメ!!
秋の浜で見るのは非常に珍しく、とってもラッキー♪
少し小さめの個体でした。
130620-kame.jpg

中層にはタカベ&イサキの大群が見応えあります。

ハゼも増えてきた~!-オレンジフィッシュ-

6月17日(月) 天気:晴れ

<秋の浜>
透明度:10~15m 水温:19~22℃ 海況:良好


昨日からの上級者ゲストさんとマンツーで今日も3DIV
してきちゃいました!
1本目は深場~浅場まで水温が20℃前後で寒い!でも
2本目以降は元の水温に戻りました(^^;

そんな今日はヒレナガネジリンボウからです!
リクエストもあって今日は何となくハゼ地帯中心です。
まだ個体数は少なめですが、出てきましたよ~
130617-hireneji.jpg

次いでヤシャハゼ!
ヤシャハゼは全部で2個体見れましたが、どちらもシャイで
今日はあまり近寄らせてもらえませんでした。
130617-ysya.jpg

ビシャモンエビ!
写真には2個体(手前は小さくボヤケてます)しか写って
いませんが、このムチカラマツには3兄弟で暮らしてました。
130617-bisyamon.jpg

浅場でキツネベラygに遭遇しました。
だんだん南方種が増えてきましたね~これからどんどん増えて
賑やかになっていきそうです。
130617-kitunebera.jpg

そしてモンツキハギygの群れ?
正直、こんなに固まってみるのは初です。この魚って
群れている事もあるんですねえ。。。
130617-montukihagi.jpg

最後はヒメテグリ!
浅場で安全停止または減圧停止するにはちょうど良い
被写体です。かなり小さいですが(^^;
130617-himeteguri.jpg

他にも、ツユベラyg・セナキルリスズメダイyg・
ホタテツノハゼsp・オニハゼ・テンス・マダイ・
オキナワベニハゼ・フトスジイレズミハゼ・マトウダイ・
アサヒハナゴイyg・フタイロハナゴイyg・
イソギンチャクモエビ・アカシマシラヒゲエビ・
ムラサキウミコチョウ・ニラミギンポ・カエルウオ
など。

雨のち晴れでも海は最高!-オレンジフィッシュ-

6月16日(日) 天気:雨のち晴れ

<ケイカイ>
透明度:12m 水温:21℃ 海況:良好

<秋の浜>
透明度:8~15m 水温:22℃ 海況:やや波


今日は予報が急に変わり、朝から昼過ぎまで雨。。。
海は静かなのですが、雨だと水中が暗く感じて、
勿体ない感じでした。
でも昼過ぎにはどんどん明るくなって最後は晴れ!
やっぱり雨より晴れが気持ち良いですもんね~♪


今日はまずクビアカハゼの写真から。。。
水温も上がったし、ヤシャハゼネジリンボウが出てる
ならばと思い、ふと探してみたらやっぱり顔を出して
いました(^^)/赤っぽいライン可愛いですね。
130616-kubiakahaze.jpg

3本目に潜った秋の浜では、ENして5分くらいの
場所で巨大ネコザメが突然、横から現れました。
僕らの前を横切ってそのまま沖へと思ったら、、、
突然Uターン!!思わぬ大物の収穫でした(^^;
130616-neko.jpg

そして季節ハズレのピカチュウ!
ゲストさんの1人が見つけてくれました。(感謝)
まだいろんな場所で見れるもんですね。。。
130616-pika.jpg

ウミウシなんかもチラホラと・・・
まずはケイカイで見れたキャラメルウミウシ!
この色合いが何とも美しい種です、
130616-kyarameru.jpg

久々にリュウモンイロウミウシにも会えました。
この子は秋の浜ですが、全部で2個体。。。
130616-ryuumon.jpg

ケイカイで婚姻色?のニラミギンポ!に会えました。
普段は黒い体に黄色の尾鰭ですが、グレーっぽい体色は
なんとも珍しいです。
130616-nirami.jpg

そしてお約束のテングダイ!!
ちょっと小ぶりですが、こうして何匹かでまとまって
いるとちょっと嬉しい気がします(^^;
130616-tengu.jpg

他にもクダゴンベ・アサヒハナゴイyg・スジハナダイ・
フタイロハナゴイ・カシワハナダイ・ケラマハナダイ・
アカホシカクレエビ・アカシマシラヒゲエビ・ヒメテグリ・
セナキルリスズメダイ・アマミスズメダイyg・
チシオコケギンポ・ホムラスベヨコエビ・オキナワベニハゼ

などが。

元気に3DIV♪ -オレンジフィッシュ-

6月15日(土) 天気:曇りのち晴れ

<秋の浜>
透明度:8~15m 水温:22~23℃ 海況:ベタ凪


予報が外れて、日差しのある暑い1日となりました。
風は無風に近く蒸し暑いくらいでしたが、海は非常に
穏やかで最高なダイビング日和となりました~


1本目は深場中心、2本目、3本目はMAX30mまでで
のんびりといろいろ見て楽しみました。

まずはトサヤッコyg!
何気に久々に見れた気がします。今年も徐々に個体数が
増えてきてもう少し浅い水深でも見れるかと思います。
130615-tosayakko.jpg

クダゴンベyg!
まあもう幼魚という程小さくはありませんが、他の個体に
比べればまだまだ十分に小さいです。
130615-kudagon.jpg

ミゾレウミウシ幼体!
ゲストの方が発見した大きさ1cmにも満たない可愛い
南方種のウミウシでした。
130615-mizore.jpg

ビシャモンエビ!
相変わらず恐竜のようなエビですが、久々に見ると
嬉しいものですね(^^;
130615-bisyamon.jpg

シモフリカメサンウミウシ!
個体数が少なく、深場限定の希少種のウミウシです。
個人的には今季初だった気がします。
130615-simofurikamesan.jpg

アカシマシラヒゲエビ!
久々に撮ってみましたが、お腹に緑色の卵をいっぱい
抱えてる個体でした♪
130615-akasima.jpg

アカホシカクレエビ!
こちらも抱卵中の個体・・・今年も個体数は多そうです。
130615-akahosi.jpg

浅場では、モンツキハギygを撮ってみた。
あまり集中してないので、やる気のない写真ですが・・・
こんな子もボチボチ出てきました~
130615-montuki.jpg

フジイロウミウシ!
シモダイロ~・・・に似てますが、背中の中央白線が
虹鰓を丸く囲まないのがフジイロの特徴です。
130615-fujiiro.jpg

最後はイシモチの口内保育!
口パンパンに膨らませて、大量の卵が孵化するまで
こうして口内保育が続きます。
口の中の金色に輝く卵が見えますか~?
130615-kounaihoiku.jpg

他にも、ツユベラyg・オシャレハナダイ・コウリンハナダイ・
アサヒハナゴイyg・フタイロハナゴイ・スジハナダイ・
カシワハナダイ・ナガハナダイ・シコクスズメダイ・ハタ・
ムラサキウミコチョウ・クロスジウミウシ・ワニゴチ・
ホシベニサンゴガニ・ニラミギンポ・インターネットウミウシ・
ヒメテグリ・ホムラスベヨコエビ・セナキルリスズメダイyg・

などが。

海は穏やかになりました!-オレンジフィッシュ-

6月14日(金) 天気:曇り時々晴れ

<秋の浜>
透明度:10~15m 水温:22℃ 海況:ほぼ良好


2日間大荒れの大島でしたが、今日は海も陸も穏やかに
なりました。
そんな訳で久々にゲストと一緒に2DIVです!


ENしてみると、浅場は多少底揺れを感じるものの、
普通に楽しむ事が出来ました。
深場に向かうと、透明度も中々良く気持ちいいダイビング
が楽しめています。

まずは深場の定番クダゴンベ!
かなり大きめな個体なので撮り易いですよ~
130614-kudagon.jpg

アサヒハナゴイyg!
THE図鑑写真って感じですが後ろが黒いので、
色合いが美しく見えますかね(^^;
130614-asahi1.jpg

こちらは少し引いて、3匹一緒に。。。
この場所には全部で7匹も固まっているので、どの子も
撮りたい放題です。。。
130614-asahi2.jpg

フタイロハナゴイも何とか2個体一緒に1枚。。。
ちょっと白いですが御勘弁を(^^;
130614-futairo.jpg

久々にアマミスズメダイygの顔面UP写真。
少しピンボケ気味ですが、このブルーラインが美しい!
130614-amami.jpg

ダイダイウミウシも久々に撮ってみました。
肉眼だとただのオレンジ色なのですが、カメラで撮ると
白い網目模様?が見えるんです。
130614-daidai.jpg

ダメ写真ですが・・・ハリセンボンygも居ました。
このくらいのサイズ7cmくらいが可愛いのです。
130614-harisenbon.jpg

ラストはホムラスベヨコエビ!
いつもだいたい定位置にいますね。今日は大・小計3匹
固まっていました♪
130614-homurasubeyokoebi.jpg

他にも、ホシエイ・ムラサキウミコチョウ・カシワハナダイ・
キホシスズメダイyg・シコクスズメダイyg・ヒラメ・
ニラミギンポ・セナキルリスズメダイ・イガグリウミウシ

などが。

台風は消滅、明日から海も穏やかに-オレンジフィッシュ-

6月13日(木) 天気:雨

<秋の浜>
昨日~今日と荒れ模様の為、基本クローズ状態

<ケイカイ&野田浜>
潜水注意のレベルで潜れますが、ウネリ大

<王の浜>
普通にダイビング可能です


今日は潜っていませんが、明日には徐々に海も
落ち着きを取り戻しつつあり、週末には普通に
潜れそうです(^^)/


水温は22℃前後、透明度は浅場はウネリの影響で
濁っていますが、深場は普通に見えたそうです。
(地元ガイド仲間の情報)

水温&透明度上がった~!-オレンジフィッシュ-

6月10日(月)天気:曇り

<秋の浜>
透明度:15m 水温:22℃ 海況:ほぼ良好


まとまった雨こそ降りませんが、空は梅雨っぽく・・・
朝からあまりパッとしませんね。
台風3号の動きがちょっと気になりますが、
さっさと抜けちゃえ!と願っております(^^;
さて、ガイド仲間から水温UPの情報をもらったので
もしかしたらヤツらが出てるかも?と思い狙ってみました。


まずは久々の再会となったヤシャハゼ!!
実はこの子、前回見たのとは別の場所の個体です。
以前見た場所には出ていなかったのですが、ウロウロ
探していたら、結構離れた場所にいました。
うーん・・・多分別個体だと思うのですが(^^;

130610-yasya.jpg

当然、ヤシャハゼが出てればこの子も出てるでしょ!
って訳で、ヒレナガネジリンボウ!
かなり寄れるとても良い子でした(^^)/
全部で3個体も見れました♪
130610-neji.jpg

浅場に戻る途中、大きなヒラメが目の前から悠々と
泳いできました。
ちょうどオイラの前でSTOP!1枚撮ると・・・
130610-hirame1.jpg

次の瞬間、大きなあくび!!
カスザメではよく見ますが、ヒラメのあくびは
ちょっと珍しいのでラッキー写真でした(^^)/

130610-hirame2.jpg

珍しいと言えば、季節外れのピカチュウ♪
見ちゃいました(^^;
まだこの時期でも居るんですね~。。。
130610-pika.jpg

浅場では相変わらずムラサキウミコチョウ!
数個体で固まっています。下に写ってる小さな粒々が
卵ですね~
130610-murasaki.jpg

EXハシゴの下で、もう黄色いモンツキハギyg
ウロウロしていました!いよいよ夏の海っぽくなって
きましたね~(^^)/

他にも、セナキルリスズメダイyg・イボイソバナガニ・
ジョーフィッシュ・アマミスズメダイyg・ヒメテグリ・
サガミリュウグウウミウシ・フトスジイレズミハゼ
などが。

ハナダイからウミウシなど色々・・・-オレンジフィッシュ-

6月6日(木) 天気:晴れのち曇り

<秋の浜>
透明度:8~10m 水温:20℃前後 海況:良好


午前中は日差しもありましたが午後には雲が広がって
夜には雨が降り出しました。
風は珍しく無風に近く、海は非常に穏やかです。

今日はやけにウミウシが目に飛び込んできました。
まあ特別珍しい種が見れた訳ではありませんが(^^;

まずはシモダイロウミウシのペア!
写真には写ってませんでしたが丁度交接中でして、
卵を産んでいました♪
130606-shimodairo.jpg

こちらはジボガウミウシの集会?
これから交接でもするのでしょうか・・・?不思議と
3個体が集まっていました。
130606-jiboga.jpg

インターネットウミウシ!
ラッキー?な事に裏側が見れました。
裏にも黒いドット模様があるんです(^^;
130606-internet.jpg

深場の定番、クダゴンベ!も定位置です。
あまり動かないので撮りやすいです。
にしても、大きいです(^^;
130606-kuda.jpg

ちょっと画像が悪いのですが、アサヒハナゴイ成魚
こうして撮ってみるとやっぱり幼魚の方が可愛い。
130606-asahi.jpg

コウリンハナダイ♀もちょっとだけ見る事が出来ました。
やる気がない写真ですみません(><)
130606-kourin.jpg

浅場に戻ると久々にニラミギンポに会えました。
一時に比べると見れる機会が減った気がします。
130606-nirami.jpg

そして・・・ホムラスベヨコエビ(新称)
今までヨコエビの仲間って呼んでいましたが、
いつの間にか標準和名がついていたんですね~
相変わらず、マニアック好みですが可愛いです。
130606-yokoebi.jpg

とまあ、マクロ中心ですがいろいろ見れています!

水温ちょっと上がりました!-オレンジフィッシュ-

6月4日(火) 天気:晴れ

<秋の浜>
透明度:8~10m 水温:20~21℃ 海況:良好


久々に調査DIVしてきました!
水温は浅場から深場まで終始20℃以上ありましたが・・・
何故かここへ来て透明度がややダウンです(><)


沖へ向かってウロウロしていると今までとは違う場所で
セナキルリスズメダイygが見つかりました!
この子の方が全然寄れるので、カメラ派にはオススメ♪
130604-senaki.jpg

時折、大きめなイサキの大群が横切るのですが、
透明度があまり良くないので魅力は半減(><)

ホシベニサンゴガニは定位置で観察出来ました。
でも相変わらず撮り難い被写体です。。。
130604-hosibenisango.jpg

浅場ではオキナワベニハゼがあちこちで目に入ります。
場所によっては比較的撮りやすい子もいますので、
お好きな方にはオススメです。
130604-okinawabeni.jpg

久々にベニカエルアンコウも見つかりました!
しかしとっても撮り難い位置にいたので・・・
何だか魚っぽく見えない(^^;
130604-benikaeru.jpg

マツカサウオygもすっかり大きくなりました。
もう4cmくらいはあると思います。
そろそろこの場所にいるのも終わりかな~。。。
130522-matukasayg.jpg

他にもアマミスズメダイygが大ブレイク中!
今日も全部で6個体見れました。探せばもっともっと
いると思います(^^;

浅場のソラスズメダイ達も徐々に増えてきて・・・
段々と夏の海らしくなってきています(^^)/

今週末・・・誰か潜りにきませんか~!!!!

プロフィール

OFかっすん

Author:OFかっすん
伊豆大島ダイビングサービス
山&星のネイチャーガイド
オレンジフィッシュ代表 粕谷浩之

ダイビングの情報&陸のネイチャーガイドの記事や写真を紹介しています。

最新記事

最新トラックバック

検索フォーム

ブロとも申請フォーム

QRコード

QR