馬を育てる熱い男達。。。-オレンジフィッシュ-

2月26日(水) 天気:晴れ

昨日、今日と春のようなポカポカ陽気な大島です。
今日は大島にやってきたポニー達の育ての親達のお話です。。。

2月6日にやってきた可愛い2頭のポニー達ですが、今は別けあって
私達ネイチャーガイド数人が毎日の世話をしています(^^;

そんな可愛いポニー達を少しでも大勢の住民や観光客に見て頂けるよう
新たに看板を作ってみました。即席で作った物ですから見かけは悪いですが、
これで誰がいつ来ても、この子達の紹介が出来るようになりました。
140226-kanban.jpg

そしてこの馬達に素晴らしい調教をして下さり、今まで手塩にかけて育てて
くれた熱い牧場主達をご紹介致します。

ちょっと怖横顔の方が埼玉の佐島牧場の佐島さんです!
声も低くて顔も怖そうですが・・・実はすごく優しくて、何よりも馬をこよなく
愛しています。(当たり前かな)とにかく馬を語らせたらその熱い心意気がすぐに
伝わってきますし、教え方も丁寧です。
140226-sajima.jpg

こちらも怖顔ながら豪快な笑顔が素敵な北海道の小師牧場の小師さんです!
やはり声は低く、一見怖そうなのですが・・・説明も細かくとても優しくて
馬を語らせたら火傷しそうなくらい熱い調教のプロです。
140226-komoro.jpg

佐島牧場は関東で1~2位の馬数・大きさを誇る牧場で、全国多方面に沢山の馬を
提供している有名牧場です。タレントのGacktさんのLIVEでも自慢の馬を使った
くらいですし、スゴイ腕の持ち主です。

埼玉の日高市にある牧場では、いろんな種類の馬がいて、体験乗馬なども出来るので、
お近くに行った際にはオススメですよ~!

北海道の小師牧場といえば、知る人ぞ知る常時数百頭の馬を飼育されてる大牧場。
日本のほとんどの馬はこの牧場出身と言っても過言ではないそうです。
でも大島を襲ったあの台風26号で愛馬が40頭近く流されてしまったそうです。
今回来たポニー2頭もこの小師牧場の出身で埼玉の佐島牧場経由で育てられ、大島に
やってきました。

こんな熱い馬のプロ達が自信を持って調教された馬ですから・・・
どうりで大人しいハズですね(^^;

実際にこの馬達を使った馬車運行や体験乗馬はまだ先の話ですが、
少しずつでも実現に向かって前に進んでいってもらいたいものです。。。
スポンサーサイト

誕生日と記念DIV。。。-オレンジフィッシュ-

2月23日(日) 天気:晴れ

<秋の浜>
透明度:10~15m 水温:15~16℃ 海況:やや波あり


ハッピーバースデイ俺!(^^;ってな訳で、本日4×歳の誕生日を迎えた
オイラと一緒に潜ったゲストのSさんはなんと今日が400本記念DIV!
そんなメデタイ男2人っきりで、熱い秋の浜に潜ってきました~


昨日よりは波は小さいものの、風は冷たく午前中の気温はいまひとつ上がらず
シャキーンとした空気でしたが、水中は魚影が濃くて満足度が高い海です。

何となく、深場で目の前のスジハナダイを1枚。。。
思いっきり図鑑写真ではありますが、たまに撮るとやっぱり美しいハナダイ
であります。大島ではこのスジハナダイが群れで沢山見れます。
140223-sujihanadai.jpg

赤いベッドに赤いクダゴンベ!
確かにこのように居ればかなりの擬態が可能。。。不思議な雰囲気でした。
140223-kudagon.jpg

昨日に続いて同じ場所にまだ居たコウイカの仲間!
よほどこの場所がお気に入りなのか、今日も確認出来ました。
いつ見ても美味しそう(^^;
140223-kouika.jpg

新顔のベニカエルアンコウ!
同じ浅場の壁沿いで見つけたオレンジ色で小さな個体。。。
とりあえず、この壁だけでも今日は全部で4個体見れました。探せばもっと
居るんだろうなあ♪
140223-beni.jpg

最後は本日、メデタク400本を迎えたリピーターゲストのS氏です。
以前200本目も一緒に潜りました。こうして記念ダイブをわざわざ大島に
合わせてウチに潜りに来て頂けて、本当に光栄に思います。
ありがとうございました~!

140223-oiwai.jpg

只今、東海汽船では大島復興支援イベントとして
往復で船代¥3000キャッシュバックを実施しております。
このお得な時期に是非大島へ潜りにいらして下さいね!!

久々のネコザメ~♪-オレンジフィッシュ-

2月22日(土) 天気:晴れ

<秋の浜>
透明度:15m 水温:15℃ 海況:波あり
<ケイカイ>
透明度:12m 水温:15℃ 海況:ほぼ良好
<王の浜>
透明度:10m 水温:15℃ 海況:ほぼ良好


本日はリピーターのインストラクターゲストさんと一緒に3DIVしました

朝一の秋の浜はそれなりに波があったのですが、西側の各ポイントは穏やか
な海況です。何だか今日あたりから微妙に浮遊物が目立ってきました。
もしかして春濁りの序章でしょうか?少し不気味です(^^;

個人的に本日の1番ヒットは久々に出会ったネコザメ!です。
大きさはちょうど1.2mくらいで中くらいのサイズでした。
王の浜の穴の中でいい感じで前を向いていてくれました(^^)/
140222-neko.jpg

そしてマクロ系ではミスガイ(3cm)です。
この種としてはかなり小さめで、とっても可愛くしかもナイスな場所に
居てくれたので撮り易かったです。
140222-misugai.jpg

秋の浜では浅場で素敵なコウイカの仲間が見つかりました。
まだ5cmくらいで実に可愛らしい個体でした♪
140222-kouika.jpg

ケイカイではアオウミガメ2個体、王の浜で1個体と相変わらず冬のカメ率は
かなり高いですね♪
140222-kame.jpg

ケイカイで見つけたヒトスジギンポ!
立派な南方種でしょうが、まだ居るんですね~。。。
だけど、カメラを近づけてもあまり逃げなったので寒さで動きが鈍っていました。
140222-hitosujiginpo.jpg

最後にタテジマヘビギンポです。
こちらもケイカイでは当たり年だったようで、未だ健在です。
140222-tatejimahebi.jpg

他にも、イロカエルアンコウ・ベニカエルアンコウ×1・巨大ヒラメ・
クダゴンベ・サガミリュウグウウミウシ・サラサウミウシ・マツバギンポ・
テングダイ×4・イシガキフグ・ハナオトメウミウシ・ハリセンボン
など。

赤なヤツが登場♪-オレンジフィッシュ-

2月21日(金) 天気:晴れ

<秋の浜>
透明度:12m 水温:16℃ 海況:良好


久しぶりに朝から太陽が見れました。そこまで気温が上がらずも
風がほとんど無かったので、暖かく感じました♪

昨日、地元ガイド仲間から頂いた貴重な新ネタ情報を元に、
早速その場所に向かいました。
すると、その姿はすぐに確認。赤系な色したイロカエルアンコウです。
超・巨大なイロカエル君が居なくなっていたので、待望のNewフェイスですね。
140221-iro.jpg

中央の砂地ではこれまた久々にセミホウボウが見れました。
大きく開いた鰭は本当に美しく、まったく魚には見えませんね。
140221-semihoubou.jpg

浅場ではベニカエルンコウが3個体とも定位置で観察出来て居ます。

今日はまだまだ小さなオキナワベニハゼと遊びました。
頭の辺りがまだ透けてて可愛いのです。
140221-okinawabeni.jpg

今週末は久々に穏やかな週末を迎えられそうで、一安心。。。
明日からのゲストが楽しみです♪

擬態上手な奴ら。。。-オレンジフィッシュ-

2月20日(木) 天気:曇りのち晴れ
<秋の浜>
透明度:10~12m 水温:16℃ 海況:やや波あり


ここ数日、寒い冬日が多いですね。。。昨日は三宅島&三陸方面からの
お客様と一緒に三原山山頂まで行ったのですが・・・やはり山頂にはまだ
大きな降雪が残っていて、とても歩ける状態ではありませんでした(><)
春が待ち遠しい所ですが・・・実はもう河津桜&大島桜は咲き始めています!
寒さももう少しの辛抱ですね(^^)/


さて本日は私用があって、午後から1本だけ潜ってきました~
水中は何だか、白濁していてスコーンと青くは抜けていません(><)
まあ、春濁りって感じではありませんが、この時期としては寂しい透明度です。


今週末のゲストさんを想定してリサーチDIV。。。
まずは、ここ数年は完全に普通種となってしまったアカシマシラヒゲエビ!
一応は南方種なハズなのですが・・・1年中見れるようになっています(^^;
140220-akasimasirahigeebi.jpg

真っ白い状態のイガグリウミウシです。
サイズが小さいからなのか?個体種なのか?白いミノの先端がピンク色に
なっていませんね。ちょっと深場にいました。
140220-igaguri.jpg

ベニカエルアンコウその1です。。。
とっても擬態上手なヤツなので、こうしてカメラで撮ってもあれ?ってくらい
後ろの壁に同化してますよね。目を見つければ形が見えてきます。
140220-beni1.jpg

ベニカエルアンコウその2です。。。
上の個体にそっくりな色と模様ですが・・・よーく見比べると色模様が少しだけ
違います。この2匹はそれぞれ5mくらい離れた場所にいました(^^;
140220-beni2.jpg

最後は未だ健在のマツバギンポ!
とっくに居なくなっていたかと思っていたのですが、しっかり居ました!
あまりにも長く居てるので・・・少しマンネリ化しています(^^;
140220-matubaginpo.jpg

そろそろ陸は春の足音が聞こえてきました~冬眠中のダイバーの皆さん、
出遅れないように、ボチボチと春の予約時期を検討して下さいね~

3日連続ウミガメGET!-オレンジフィッシュ-

2月18日(火) 天気:曇り

<ケイカイ>
透明度:10m 水温:16℃ 海況:やや波あり
<秋の浜>
透明度:15m 水温:16℃ 海況:波あり


昨日は気温15℃で春!でも今日は気温7℃で真冬に逆戻り。。。
うーん、こういう急激な変化はさすがに堪えますね(><)

とは言え、山梨や長野、群馬、埼玉と記録的豪雪で孤立してる事や
バリ島で漂流して未だ2名の消息不明など。。。辛い現状を考えれば
今日の寒さくらい我慢しよう!
と思えるのでした。

さて北東風がそこそこ吹いた今日はどのポイントも若干波がありましたが
潜れない程酷くはならず、助かりました(^^;

1本目はケイカイへ。。。

ここでの一番はなんといっても間近で観察出来たアオウミガメ!
2m以内に寄っても逃げずに写真が撮れたのでゲストも大満足でした。
これで3日連続カメGET!
140218-kame.jpg

個人的には大きな穴の中に居た巨大アオブダイ!に興奮しましたね~
泳いでいる時はすごい警戒心が強い魚なので、ほとんど寄らせては
もらえませんが、今日は1m以内から激写!!
140218-aobudai.jpg

帰り際にはアカエイなんかにも遭遇出来ました。
140218-akaei.jpg

うーん、この時期は西側のポイントに潜るとどうしても大物系中心と
なってしまいますね。。。

2本目は多少、波が高かった秋の浜へ。。。
波はありましたが、EXは普通に出来そうだったので予定通りGO!

やっぱり西側のポイントよりも透明度は高く、秋の浜には魚がいっぱい♪
冬でも華やかさや賑やかさがあるって最高に幸せですね。


そんな中、今日のヒットはベニカエルアンコウ!
何気に久々に見た気がします。おそらく毎日普通に居たのでしょうが・・・
最近は「段落ちの壁」はスルーしていた事が多かったので(^^;
140218-benikaeruankou.jpg

そしてルージュミノウミウシ!なんかも見れました。
こちらも久々の登場となりましたが、これから春に向けてどんどんウミウシが
増えてくるのです(^^)
140218-ruujyu.jpg

他にも印象的だったのは浅場のイワシの大群!!一瞬360度イワシの群れに
囲まれる瞬間などは、本当に感動的ですよ~

明日は三陸海岸や三宅島の方を招いての三原山ジオトレッキングの予定です。。。

久々に3ポイント巡り!-オレンジフィッシュ-

2月17日(月) 天気:曇り時々晴れ

<王の浜>
透明度:12m 水温:16℃ 海況:ウネリあり
<秋の浜>
透明度:15m 水温:16℃ 海況:ウネリあり
<野田浜>
透明度:12m 水温:16℃ 海況:ウネリあり


本日はゲストの希望で3本別のポイントにそれぞれ潜りました。
この時期にこれだけいろんなポイントに潜れるのは珍しいので、
今日は運が良かったと思います。

まずは王の浜から。。。
今日潜った中では一番ウネリが残っていましたが、然程問題無く
楽しめました。ただウネリの影響もあって水中の白濁感はかなり
あったかと思います。
そんな中で一番のヒットはこの大きなアオウミガメ!
昨日もケイカイで3個体見れましたが、今日のこの子が一番近くで
観察出来て居ます。
140217-kame.jpg

秋の浜では、優雅に泳ぐテングダイが比較的浅い水深で観察出来ます。
3匹居たのですが、何故かこの子だけ少し離れて単独行動中。。。
140217-tengudai.jpg

冬らしくコールマンウミウシも見れました。
一時は沢山見れていた種の一つですが、ここ数年は少なめです。。。
140217-koruman.jpg

深場で大人しい感じのイシガキフグが居たので、顔面接写!
やっぱりフグ系は顔が可愛いのです♪
140217-isigakifugu.jpg

野田浜は、やはりウネリの影響でかなり白濁していました。
水中の魚も寂しく、やはり大きく荒れた後の水中!って感じでした(><)

カイメンの中でジッと安むニラミギンポです♪
近づき過ぎると動いてしまいますが、そ~っと近づけばこうしてアップで
撮らせてくれます。
140217-nirami.jpg

昨日、今日と、春のようなポカポカ陽気の伊豆大島。。。
東海汽船では復興支援イベントとして¥3,000キャッシュバック
超お得なイベントも開催中です。

是非、一足早い春の訪れを楽しみに大島へいらして下さい!
皆さまからのご予約をお待ちしていまーす(^^)/

久しぶりに海のお仕事(^^;-オレンジフィッシュ-

2月16日(日) 天気:晴れ

<秋の浜>
透明度:12m 水温:16℃ 海況:波あり
<ケイカイ>
透明度:12m 水温:16℃ 海況:波ウネリあり


久しぶりの更新となってしまい、すみませんでした。
先週の12(水)からずっとジオパーク関係の仕事で三宅島に出張中でした。
本来ならば昨日の早朝に戻ってくる予定でしたが皆さんもご存知のとおり、
金曜日~土曜は大雪&暴風の為、船は全便欠航に。。。まさかの都内に延泊でした。


三宅島での報告記事はのちほど書きますので、今日は今日の海ブログです。

1本目はウネリの少ない秋の浜へ。。。
2週続けての強い低気圧で、秋の浜のハシゴがかなりダメージを
受けてしまっていました。最近はハシゴが1年持たないですね~異常気象も
ここまで続くと、さすがに不気味です。


昨日まで荒れていたせいで少しだけ白く濁っていましたが、十分にキレイでした。

久々にクダゴンベ!に立ち寄ってみました。
この個体は水深ジャスト30mなので、中級者の方なら余裕の範囲ですね。
140216-kudagonbe.jpg

戻りながらピカチュウこと、ウデフリツノザヤウミウシも♪
残念ながらニョキニョキ歩いていたので、まん丸い可愛い形ではありません(^^;
140216-pika.jpg

2本目はだいぶウネリが小さくなったのでケイカイに。。。

リクエストがカメだったので、今日はカメエリア中心に。すると幸先良く1個体目を
無事にGET!ちょっと小ぶりなアオウミガメでした。結局見れたカメは全部で3個体!
140216-kame.jpg

そして運良く、小さなドチザメ!にも会えました。1mあるかないかくらいの
比較的スリムな個体でしたね~真正面から撮ると何だかかっこ悪いのです(><)
140216-dochizame.jpg

そうそう、今日は素晴らしく天気が良くポカポカ陽気で気温も15℃まで上昇!
しかも雲一つない快晴で、対岸の伊豆半島から丹沢あたりの山々がクッキリでした。
ちょうど「カメリア丸」が入港してきたので、富士山をバックに1枚!
140216-kameria.jpg

明日は3DIVの予定です♪

雪でまさかの馬車モニターツアー!-オレンジフィッシュ-

2月9日(日) 天気:晴れのち曇り

いきなり意味不明なタイトルですみません(^^;
が、最後まで読めば理解出来るかと思います。。。

実は2月8日~10日は「観光馬車付き・三原山ジオパークツアー」でした。

しかし、初日の8日は東京を襲った記録的な暴風雪となってしまい、ツアー中止!
そして2日目の9日は、登山道が積雪で通行止め!となってしまい、相次ぐキャンセルで
たったの1組だけのツアーでした。
しかも、予定していた山頂での馬車モニターツアーも出来ず、急遽テーマを変更して、
「体験乗馬&伊豆大島ジオパークツアー」となる事に。。。


馬車は出来ませんでしたが、体験乗馬という代替えプランが楽しめて、お客様も大変喜んで
くれました。こうしてお客様の最高な笑顔が見れたのも「熱い馬方お2人」がいた
おかげなんですけどね。。。詳しくは後日、ブログで紹介します。
140209-jyouba.jpg

次は真っ赤な溶岩壁などを観察してもらって、美味しい大島の郷土料理を堪能してもらい、
地層大切断面へ。。。
今回は一番下の層に真っ白い雪がアクセントになる、珍しい景色が楽しめました(^^;
140209-tisou.jpg

次いで、お客様のリクエストで「椿」が沢山見たい!って事で、波浮の椿トンネルへ。。。

車を止めて徒歩でしばらく散策すると、お客様がとっても素敵な椿を見つけてくれました。
ジャーン椿の一輪挿し!です。これは珍しいし、とってもキレイでした♪
140209-1tubaki.jpg

更に、こんな不思議な椿も。。。椿の4連咲き!しかも良く見ると、開花の大きさが
4つとも違うんですよね。おもしろ~い!!とお客様も大喜びでした。
140209-4tubaki.jpg

波浮の港を少し見学して、最後はこれまたリクエストの「黒い砂浜」で有名な砂の浜へ。。。
玄武岩が作りだした、芸術的な黒い砂浜。。。なんとこれに真っ赤な椿と真っ白な波を
1枚の写真にしたい!
っていうお客様の狙いでした。
140209-sanohama.jpg

なるほど~、いろんなお客様からこうして研ぎ澄まされた感性をいろいろと教えて頂けて、
大変自分の勉強にもなります。

今回はまさかの雪の為、代替えモニターツアーとなってしまいましたが、それでも参加
頂いたお客様には本当に感謝しております。ありがとうございました!





災害を乗り越えた奇跡の馬!-オレンジフィッシュ-

2月7日(金) 天気:晴れ

昨日に引き続き、大島にやってきた馬(ポニー)の話です。

昨日も紹介した「みはら君」5歳(人間だと20歳くらい)ですが・・・
実はものすごい奇跡の馬なのです!

140207-mihara.jpg

ここ大島に甚大な被害をもたらした、昨年秋の台風26号ですが、、、
大島を抜けた後も、勢力を維持しながら北上して北海道にまで進みました。

台風26号は北海道の牧場をもその猛烈な豪雨で牧場を湖のように浸水させ、
約30頭もの馬を流してしまったそうです(><)


そしてこの「みはら君」は”大島へ行くための調教中”だったので、幸い別の小屋に
いたそうですが、その馬小屋も浸水した為、首まで浸かった状態のまま、なんと!
飲まず食わずで3日間耐え抜いたそうです!!

(みはら君の右にいる方が北海道小師牧場の小師さんです)
140207-mihara2.jpg

こうして同じ台風で同じような災害に遭遇した馬が、苦難を乗り越えて再び大島へ
やってきた事は、なんだか特別な縁を感じてなりません。


伊豆大島は復興に向けてスタートしたばかりですが、この馬も一緒に頑張っています。
生き抜いた命を大切に、そしてこれからは一緒に成長して行けるよう温かく見守って
いきたいですね。
皆さんも、訪れた際には是非一緒にふれあって応援してあげて下さいね~(^^)/

伊豆大島にポニーがやってきた!-オレンジフィッシュ-

2月6日(木) 天気:曇り時々晴れ

昨日の雪といい、今朝の冷え込みといい、極寒の日々が続きますが
今日は寒さが吹き飛ぶ程?、すごいゲストが引っ越してきたのです!

そう、ここ大島に馬(ポニー)が2頭もやってきたのでした。

今年の新たな観光事業の取り組みの一つに、
「伊豆大島ジオパーク馬車プロジェクト!」というのがありまして、
その馬車を引く馬がこの子達なのです♪

手前右が「みはら」君5歳、奥の左が「つばき」ちゃん8歳です。
140206-tubaki-mihara.jpg

2頭ともしっかり調教がされてるポニーなので、こんなふうに記念写真
バッチリ撮れちゃいます。
140206-mihara.jpg

そして早速下見走行の為、この子達が実際に活躍する三原山頂へ。。。
もちろん馬も車(荷台)で山頂へ移動です(^^;


馬車を引くための馬具を付けて、カッコいい姿に!(みはら君)
140206-bagu.jpg

実際には、こんな感じで馬車を引いてくれるのです♪(つばきちゃん)
馬車から見る雪化粧した三原山頂の姿はとっても新鮮でした(^^)/
140206-basya.jpg

僕達ガイドは馬車の先頭で手綱を持ちながらお客様にガイドをする。。。
といったイメージになります。

と言っても、馬車は1986年の溶岩流先端部分で折り返しなので、
そこから先は従来通り、徒歩です(^^;
でもこの馬車があれば、例えば・・・お年寄りや足の不自由な方でも
溶岩流跡を間近で見学出来るようになったり、家族連れのお子様にも
喜んでもらえたりと、とても素敵な試みだと思います。


まだまだ安全管理や走行練習が必要とはなりますが、実稼働に向けて
頑張っていますので、乞うご期待下さいませ(^^)/

雪にも負けず、ダイビング!-オレンジフィッシュ-

2月5日(水) 天気:雪のち晴れ

<秋の浜>
透明度:15m 水温:15~16℃ 海況:やや波あり


今朝は冷えましたね~(^^;ここ大島でも朝の気温が1℃で
車のフロントガラスに薄っすらと雪が残っていました。
海沿いに近い当店に雪が舞うのは、かなり珍しいですから、
余程の寒波って事なんでしょうね。。。


そんな寒い1日でしたが、午前中は久々にボランティア活動
まだ残っていた家屋の泥だしをやってきました。

そして午後からは寒さに負けず、もちろん海へ!

今日は少しだけ波のあった秋の浜ですが、問題無く潜れるレベルです。
印象としては、ウミウシ系が目立ちました♪

まずは、輝く黄色が眩しいコガネキュウセンyg!
最近の冬の海では、こうした暖色系の色は本当に嬉しい限りです。
140205-koganekyuusen.jpg

そして個人的にはアマミスズメダイyg!がとっても美しく感じました。
大抵この時期になると大きく成長して色褪せた感じの若魚ばかりなのですが、
この子はまだ可愛いサイズで発色も素敵でした。
140205-amami.jpg

ここからはウミウシシリーズ。。。
まずはハナオトメウミウシが見つかりました。大島ではこのウミウシ・・・
結構深場でしか見ないのですが(不思議)、今日は珍しく水深20m台に
いました。
140205-hanaotome.jpg

相変わらず和菓子みたいなイガグリウミウシ!
キレイなので、見つけると撮ってしまいます。
140205-igaguri.jpg

浅場ではアオボシミドリガイが増えてきました。
その名の通り、輝く青い点がが美しいのです。
140205-aobosimidorigai.jpg

他にも、巨大ヒラメ・ハリセンボン・クダゴンベ・アオリイカの子供などが。

陸は寒くても、海は案外暖かいですよ~♪

冬でもヤシャハゼ!-オレンジフィッシュ-

2月3日(月) 天気:晴れ

<秋の浜>
透明度:15~20m 水温:15~16℃ 海況:良好


驚くほど、暖かでポカポカ陽気な1日でした。
この時期で朝の最低気温が13℃で日中は18℃弱って完全に春です(^^;
午後から1本調査で潜ってきました。陸が暖かいとEX後がかなり楽チン。


水中ではそんな陽気に誘われてなのか?
ヤシャハゼ!がご機嫌に顔を出していました♪実際には水温15℃台ですから
陸の陽気は関係ないハズなのですが、2月にヤシャハゼ!って珍しいです。
140203-yasya.jpg

その近くの根の中では大きなマダイ!が優雅に泳いでいました。
かなり大きな個体で釣り上げたら、過ごそうでした(^^;
140203-madai.jpg

そして今季初登場となるインターネットウミウシ!
今年もどこからともなく、この子が現れました~。5cmくらいある大型種です。
140203-internet.jpg

浅場では昨日、ベテランセルフダイバーさんに教えて頂いた魚を探すと。。。
いましたカシワハナダイyg!3cmくらいの可愛いサイズです。
いったい、いつからいたのかな~?
140203-kasiwa.jpg

海も陸も、徐々に春になってきました~。さあ皆さんそろそろ計画立てましょう!!

水温上がってまーす♪-オレンジフィッシュ-

2月1日(土) 天気:晴れ

<秋の浜>
透明度:15m 水温:15~16℃ 海況:良好


早いもので今日から2月です。少しばかり体調を崩していたので、
2日ぶりの海潜りです(^^;昨日も今日もポカポカ陽気な伊豆大島です♪


地元ガイド仲間から水温上がってるよ~!と聞いて、意気揚々と潜ってみると
確かに若干、水温が上がっていていい感じ。。。たかが1~2℃ですがこの違いが
体に優しく感じます(^^;もちろん魚達も元気に泳いでいました~


まずは深場へ一直線!と思ったのですが、この時期になんとヤシャハゼ!が巣穴から
チョコンと顔を出していました。オオオ!と思い、急遽立ち寄ったのですが、写真は
全然寄らせてもらえず、巣穴にシュッ。。。ま、冬ですから仕方ありませんね。

深場で何かいないか探していると・・・キシマハナダイyg!が目に入りました♪
この時期だとここまで下りないとこの子が見れないのはかなり厳しいですが、
久々に会えたなあ。。。
140201-kisimahanadai.jpg

側ではフタイロハナゴイygも見れました!
こちらはちょうど正面顔がバッチリ撮れました(^^;
140201-futairohanagoi.jpg

こちらはコウリンハナダイです。かなり泳いでいてこんな姿しか撮れませんでしたが
色合いがキレイなハナダイですよね。頭の「光輪」が写ってなくてすみません。。。
140201-kourinhanadai.jpg

そして意外な場所でイバラダツ!が見つかりました!個人的には1年以上ぶりに
見た気がします。そもそも2013年はタツ系に全然、縁がなかったもので(^^;
今年は良いスタートです。
140201-ibaradatu.jpg

浅場に戻り始めると、カンナツノザヤウミウシが目に止まりました。
見つけてしまうとついつい撮ってしまいます。。。
140201-kanna.jpg

イソコンペイトウガニも以前とまったく同じ場所に居ました。
140201-isokon.jpg

水温がこのままこれ以上下がらない事を祈るばかりですね(^^)/

プロフィール

OFかっすん

Author:OFかっすん
伊豆大島ダイビングサービス
山&星のネイチャーガイド
オレンジフィッシュ代表 粕谷浩之

ダイビングの情報&陸のネイチャーガイドの記事や写真を紹介しています。

最新記事

最新トラックバック

検索フォーム

ブロとも申請フォーム

QRコード

QR