気持ちのいい!透明度♪-オレンジフィッシュ-

12月30日(火) 天気:晴れ

<秋の浜> 透明度:15~20m 水温:17~18℃ 海況:ほぼ良好

朝から好天に恵まれましたが、西風ビュービューで体感温度はちょっと低め(><)
それでも、晴れた日の水中は明るくて、今日の秋の浜は最高にキレイでした!


昨日からのゲストさん達と一緒に2DIVしてきました~

1本目は、スコーンと青く抜けて文句無しの20mオーバーの透明度!
ちょっと水温は低かったですが、流れもなく気持ちの良いワイドDIVが楽しめています。
141230-akinohama.jpg

砂地でドーン!と居座るカスザメをGET!
大島の冬では常連魚ですが、普段伊豆半島中心の方にはちょっとした人気者です。
141230-kasuzame.jpg

右奥のトサカエリアには可愛いサイズのテングダイが3匹で群れていました♪
透明度が良かったのでワイドで撮ってみました。。。
141230-tengudai.jpg

そして水深29mでアサヒハナゴイを発見!
今年の春くらいにここで見たのが最後でしたが・・・まだ居たのか?また居ついたのか?
この水深で見れるのは幸せな事です♪
141230-asahihanagoi.jpg


2本目は何故か突然、激流の秋の浜に。。。(><)

透明度&水温は変わらずですが、午前12時くらいは半端ないくらいの流れがありました。
沖へ出ていくのもやっとだったし、水深30mの砂地の砂が流れで舞い上がるほどでした。
こんな強い流れは、秋の浜では久々だったので驚きました。


そんな流れを味方につけて、上手く泳げない小魚達を食べに大きなヒラマサが捕食
回っていました。今年の秋以降、よく見かける個体ではないかと思われます。
141230-hiramasa.jpg

水底では・・・オキゴンベがキレイだったので1枚。
141230-okigonbe.jpg

他にも久しぶりにイガグリウミウシを撮ってみました。
141230-igaguri.jpg

不思議な事にこれほどの激流はたった1時間半足らずで終了したらしく、僕らのすぐ後に
潜ったダイバーさん達に後から聞いたら、全然流れていなかったそうです。
いったい何だったのだろう??


さて、明日は今年ラスト1日!今年最後も安全で楽しいダイビングが出来る事を心がけよう♪


スポンサーサイト

荒れ模様で午前中は潜水注意!-オレンジフィッシュ-

12月29日(月) 天気:雨のち曇り

<王の浜> 透明度:15m 水温:20.9℃ 海況:波あり
<野田浜> 透明度:15m 水温:19.5℃ 海況:ほぼ良好
<秋の浜> 透明度:15~20m 水温:18~19℃ 海況:ほぼ良好


予報通りに午前中は雨&風があり、ポイントはどこも大荒れ。。。(><)
予定より1時間遅めにスタートして、ギリギリ3DIV出来ました~♪


午前中の1本目は荒れ気味の王の浜へ。。。それでもココが一番マシなので。
トピックスは水温約21℃!!!これは暖かい♪
そして潜ってさえしまえば、案外透明度は良く、そして思ったより波の影響もなく
楽しめました(^^;
ここでの一番のヒットは巨大クエ!でしょうか。。。
1mオーバーのクエを久々に見た気がします♪
141230-kue.jpg

王の浜と言えばやっぱりカメ!って事でアオウミガメもGETです。
こちらは1m弱でしたが、中々のサイズでした。
141230-kame.jpg

雨で水中が暗かったのでカゴカキダイの群れ!がキレイに感じました。
141230-kagokakidai.jpg


午後からとなった2本目は風が弱まった野田浜へ。。。
こちらも水温約20℃で快適(^^)/ 

これといった魚には出会えませんでしたが、水中アーチ付近では
みんなで記念写真を!
141230-nodahama.jpg


3本目はやっと静かになった秋の浜へ。。。

こちらは16時ENだったので水中はもうセミナイトな感じ(^^;
水温も西側に比べると低いままでした。。。

クマドリカエルアンコウは定位置でご機嫌なご様子♪
このまま年越ししてくれそうな雰囲気です。
141230-kumadori.jpg

他にはクダゴンベ・アカシマシラヒゲエビ・ムチカラマツエビ・カエルウオ
などが見れています。

さあ、明日は好天の中楽しいダイビングが出来そうです♪
水温も高いし、今年の年末年始は荒れない事を祈りましょう。。。


穏やかな海に戻りました~♪-オレンジフィッシュ-

12月28日(日) 天気:晴れ

<秋の浜> 透明度:15~20m 水温:18.5℃ 海況:良好

昨日はいったい何だったの?ってくらい今日は凪な秋の浜でした。
昨日までのゲストに本日からまた新たなゲストも合流して、入れ替わりの
2ファンダイブ+体験ダイビングでした(^^;


1本目は上級者オンリーで、深場へ。。。

リクエストはアサヒアハナゴイ!
僕は撮影しませんでしたが、定位置に2個体元気な姿が見れました。
今年はまだかなり深いので、超・上級者の方しかお連れ出来ないのが
勿体ないです(><)

帰りがけにいつものクダゴンベを撮影。。。
こちらはAD有資格者ならば問題無く見れる深さですよ~
141228-kudagon.jpg

アカシマシラヒゲエビのペアを良く見てみたら、お腹に緑色の卵がギッシリ!
卵が見えるだけで、何だかちょっぴり得した気分です(^^;
141228-akasimasirahige.jpg

他にも、スジハナダイ・サクラダイ♀・キイロウミウシ・ツユベラyg・
ミノカサゴyg・クリアクリーナーシュリンプ・シコクスズメダイyg・
ニラミギンポ・
などが。

2本目は初ファンダイブをこの時期でもWETで潜っちゃう元気な若者中心な
浅場限定DIV♪
とは言え、水深18mくらいまでは普通に潜りますが。。。

久々にサガミリュウグウウミウシに会えました。
何だか撮り難い位置にいて写真はパッとしませんが、まだ小さめな個体でした。
141228-sagamiryuugu.jpg

他にも、オオモンカエルアンコウyg・クマドリカエルアンコウyg
レンテンヤッコ・マツバギンポなどが。

3本目は体験ダイビングをなんとWETで。。。

しかしこのゲストさん体験とは言え、すでに過去4回も体験ダイビンングを楽しんでる
不思議なベテラン体験ダイバーでした(^^;


なのでほとんど練習しなくても、普通に潜降出来るし、中性浮力だって中々上手♪
水中記念写真だって、この余裕。。。
141228-taiken.jpg

しかもラッキーな事に、水深3mエリアではナンヨウツバメウオの若魚サイズにも
遭遇出来ちゃって。。。ご覧の様子(^^;素晴らしいです♪
141228-tubameuo.jpg

明日はまた別の中・上級者ゲストさん達が合流です。
だけど明日、大島を通過する湾岸低気圧がかなり心配です(><)
潜れるポイントはあるのかな~??



水温が19℃台に♪-オレンジフィッシュ-

12月27日(土) 天気:晴れ

<野田浜> 透明度:12m 水温:19.4℃ 海況:やや波あり

<ケイカイ> 透明度:10~12m 水温:19.6℃ 海況:ほぼ良好


今年最後の週末は、晴れ!でしたが、午前中は北東(ナライ)の風が強めに
吹いていたため、秋の浜にはまさかの大波でクローズ状態(><)
午後からは潜れるまで波も収まりましたが、ちょっと想定外の大波でした。。。


仕方なく本日は西側のポイントへ2DIVです。
新たに初ドライにチャレンジする中級者ゲストさんも合流してくれて、
今日ものんびり潜ってみました。

ドライ講習も兼ねていたので、1本目の野田浜はカメラなしですが。。。

やはりこの時期、秋の浜に比べるとかなり寂しい魚影ですが・・・中層には
イサキ&メジナの群れ!はそこそこありました♪
他にもシマウミスズメ・シロタエイロウミウシ・アオウミウシ・イセエビ・トラウツボ
などが見れています。

2本目のケイカイでは、カメ狙いで右エリアへ。。。

沖へ向かう途中、大きなドチザメが泳いでいたのですが、写真は撮れず。。。

その代わり、ウミガメは豊富に居て全部で6個体!!
その中でも一番巨大なアオウミガメ(通称:ケイカイの主)を撮ってみました。
とにかく甲羅の大きさが1m以上あって、驚くほど肉厚な超巨大カメです。
141227-kame.jpg

明日は更に新たなゲストさんも合流します。初心者から超・上級者まで
いるので、チーム別けして計3本か4本の予定です(^^;



ウミウシも徐々に増えてきた~♪-オレンジフィッシュ-

12月26日(金) 天気:晴れ

<秋の浜> 透明度:15m 水温:18~18.5℃ 海況:良好

今日は風も弱く、中々のダイビング日和♪水中水温も気持ち上がって、
視界良好な海況が続いています。

本日はリピーターゲストさんと一緒にのんびり2DIVしてきました~

潜り初めてすぐに、ミアミラウミウシが今まさに交接しようとしてるシーンに
遭遇しました。大島でもあまり個体数が多くない種でこうしたペアが出会う事に
ウミウシの不思議さを感じてしまいます(^^;
141226-miamira.jpg

続いてスミゾメミノウミウシが今日はいい感じな場所にいたので撮影です。
こうした頭を持ち上げたシーンも中々ないのでラッキーでした。
141226-sumizome.jpg

最近お気に入りのタツナミガイに乗ったウミウシカクレエビは、かなり沖まで
移動していました。こりゃ明日以降見つけるのは至難の業です(><)

砂地では今日も可愛いオオモンカエルアンコウygが定位置にいてくれました。
これで3cmあるかないかの大きさですが、これでも最初に比べ成長しました。
141226-oomon.jpg

久々にニラミギンポに会えたので、1枚撮ってみました。
あまり逃げない子だったので、こういう個体だとゲストにも見せ易い。。。
141226-nirami.jpg

浅場ではツユベラyg(2cm)を再発見!
逆に6cm近くに成長した個体は行方不明ですが・・・こっちの小さい子の方が
可愛いのでOKでしょう(^^;
141226-tuyubera.jpg

最後にウィランイボウミウシになるんかな~?って個体に会いました。
最初はボンジイボウミウシだと思って撮っていたのですが・・・図鑑と比べ、
微妙に特徴が違うので、ウィラン~の方かなと、誰か知ってたら教えて下さい!
141226-uiran.jpg

他にも巨大ヒラメ・アカホシカクレエビ・イロカエルアンコウ・キツネベラyg・
テンクロスジギンポ・イソコンペイトウガニ・チシオコケギンポ
などが。。。

さーて、今日から一気に年始まで毎日ダイビング三昧予定です。頑張るぞ~!


クリスマスなダイビング♪-オレンジフィッシュ-

12月24日(水) 天気:晴れ

<秋の浜> 透明度:15~20m 水温:17~18℃ 海況:良好

メリークリスマス!今年も残りわずかとなりましたが、大島の海はこのところ
ずっと安定してキレイです♪

そんな本日は地元ママさんダイバーのAD講習で2本潜ってきました~

まずはディープから。。。深場と言えば定番のクダゴンベ!
今日も定位置で可愛い顔をのぞかせていました。クリスマスっぽいかな?
141224-kudagon.jpg

そして浅場に戻ってくると今度はウミウシカクレエビ!
こちらも色合いが何だかクリスマス系?
141224-umiusikakureebi.jpg

砂地へ出ると、ホウボウ!が元気に泳いでくれました。
魚と言うより鳥のように胸鰭を広げて泳ぐ姿は印象的です♪
141224-houbou.jpg

そして久々に出会えたオオモンカエルアンコウyg!
前はイロカエルアンコウygだと思っていたのですが、色合いも雰囲気も
変わってオオモンっぽくなってきました(^^;
141224-oomon.jpg

ゲストさんはサメ好きなようなので、砂地では大きなカスザメを見て
楽しんでもらいました。エイみたいな姿ですが、立派なサメですからね♪
141224-kasuzame.jpg

沖合のトサカに絡むマツバスズメダイ達が何だかクリスマスツリー!っぽい
という事で1枚。。。見えるような見えないような(^^;
141224-suzumedai.jpg

最後はルージュミノウミウシ!
何だか久々に見た気がしますが、これからどんどん増えてきそうですね。
141224-ru-jyu.jpg

さーて今年もラストスパートに入りましたね。。。頑張るぞ~


この週末は秋の浜オンリーに♪-オレンジフィッシュ-

12月20(土)~21(日) 天気:雨&晴れ

<秋の浜> 透明度:15~20m 水温:17~18℃ 海況:良好

すみません、いろいろやることが多く2日間まとめての更新です(^^;

この週末は、初のご来店ゲスト&リピーターさん達を迎えて、穏やかな秋の浜を
のんびりと潜ってきました~


初心者の方やブランク明けのダイバーさんもいたので、基本全てが水深23m以内
となりましたが。。。
なんと言っても、今回この水深で「ニタリ!」が見れたのは、本当にラッキーでした!
まあ見たのは、一番後ろにいたゲスト2名だけでしたけどね(^^;


他にもこんな生き物達に出会えました~♪

まずはウミウシカクレエビ!
2cmくらいはある大きな個体でした。まあ隠れていた母体はウミウシではなく
タツナミガイでしたけどね(^^;
141221-umiusikakureebi.jpg

そして浅場のクマドリカエルアンコウも復活です!
やっぱり可愛いですね~
141221-kumadori.jpg

浅場では噛まれたらヤバイ、ヒョウモンダコを観察。。。
キレイなタコなんですけどね~
141221-hyoumondako.jpg

そして2本目はいきなりミアミラウミウシ!に遭遇。
派手なウミウシです。
141221-miamira.jpg

沖では、いい感じに大きなコロダイ!が居たのでゲストをバックに
撮影してみました。
141221-korodai.jpg

最後は砂地で巨大カスザメ!
冬になって高確率で見れるようになってきました~
141221-kasuzame.jpg

他にもアカシマシラヒゲエビ・ツユベラyg・イロカエルアンコウyg・
マツバギンポ・ホシテンス・アオリイカの群れ・イサキの群れ!
など。

明日は馬営業でーす♪

久々の調査ダイビング♪-オレンジフィッシュ-

12月18日(木) 天気:晴れ

<秋の浜> 透明度:15~20m 水温:16~17℃ 海況:良好

別けあって1日遅れのログ更新となってしまい申し訳ございません。。。

週末に備え、久々にのんびりと調査DIVしてきました~
相変わらず水温は低いですが・・・透明度は安定してキレイなままです(^^)/


深場ではいきなり1mオーバーのネコザメ!に遭遇♪
水温が下がって遭遇率が高くなった気がします。。。
141218-neko.jpg

そして前回よりはまともに撮れたヤクシマキツネウオ!
相変わらず深場限定の魚ですが、何度見ても輝いていてとてもキレイです。
141218-yakusimakituneuo.jpg

浅場に戻りつつ、久々にピカチュウこと、ウデフリツノザヤウミウシ!に遭遇。
ちょっと大きくて個人的にはつまらなかったですが、人気のウミウシですからね♪
141218-pika.jpg

側では可愛いサイズのキツネベラygが見つかりました。
この時期、見つかればオススメの被写体です。
141218-kitunebera.jpg

浅場では大きめなイソコンペイトウガニを発見!
前回見た小さな個体よりも見易いので、これならガイドネタとしてOKかも(^^;
141218-isokon.jpg

段上では頑張って成長したクロユリハゼの若魚が見られました。
個人的にはもうちょっと成長した姿が見たいのですが・・・大島では例年これが限界
かもしれませんね。。。
141218-kuroyurihaze.jpg

他にも、カエルアンコウ系は数個体見れています♪

本日19日は朝から馬関係の仕事&星空観望ツアーでした。。。

明日からはまたダイビングのお客様と一緒に海で~す。
天気は下り坂ですが・・・(><)


海は穏やかでも船は欠航?!-オレンジフィッシュ-

12月16日(火) 天気:曇りのち雨

<秋の浜> 透明度:15m 水温:17℃ 海況:ほぼ良好

午前中はパラパラ雨も夕方からは本降りの豪雨でした。
予報通り、台風並みの暴風が夜8時くらいから吹き始めましたが、
日中は風も弱く、海もシケていなかったのですが、午後便が欠航となり
ゲストさんは13時に繰り上げ出港となった客船でお帰りになられました(><)


そんな訳で、本日は午前中の1DIVのみです。。。

浅場の白いクマドリカエルアンコウが最近は行方不明なので・・・
深場の個体まで見にいきました。3週間ぶりくらいに行きましたが、
すごく大きくなっていて驚きました(^^;5cmくらいはあるかな。
141216-kumadori.jpg

この時期になると色の着いた魚が少なくなるのでコガネキュウセンyg
とても目立つ人気種となります。
141216-koganekyusen.jpg

浅場のミノカサゴygも徐々に大きく成長して今では8cmくらいです♪
まだ可愛いのですが、幼魚のウチのあの透明感は無くなってしまいました。
141216-minokasago.jpg

段上のマツバギンポは相変わらず定位置でご機嫌な表情をしていました。
141216-matubaginpo.jpg

他にも、アオリイカの群れ!が今日はやたらすごくて印象的でした~

今晩から明日にかけて大島は台風並みの暴風が吹き荒れます。。。
明日は間違いなく船は全便欠航でしょう(><)


穏やかなダイビング日和!-オレンジフィッシュ-

12月15日(月) 天気:晴れ

<秋の浜> 透明度:15m 水温:16~18℃ 海況:良好

今朝は風が弱く、空も快晴!昨日までとは一転、とても穏やかな1日でした。
そんな本日は昨日から来てるゲストさんと一緒にのんびり2DIVです♪


まずは秋の浜へ着くと、海の向こうに富士山がクッキリ!そしてその左には
伊豆半島の尾根の上に南アルプスの山々までもが見えています。
これぞ冬の大島景色!思わず撮ってしまいました(^^;
141215-fujisan.jpg

水中は昨日と変わらず安定した透明度で15m以上見えています。
そして生物達もいろいろと。。。


まずはスミゾメミノウミウシ!
左に写ってるのはこの子が産んだ卵です。
141215-sumizome.jpg

砂地では、海藻にひっそりと隠れていたアオサハギyg!
マクロ派ダイバーには人気な幼魚とも言えます。
141215-aosahagi.jpg

続いてはクロスジウミウシ!
今日は中々の好位置にいたので撮ってみました。
141215-kurosuji.jpg

ハシゴのパイプの中には時折カエルウオが入っています。
やっぱりこの子はパイプの中が一番似合う気がしますね~
141215-kaeruuo.jpg

他にもイロカエルアンコウyg・巨大ヒラメ・レンテンヤッコ・ヒラマサ・
アカシマシラヒゲエビのペア・アカホシカクレエビ・ニシキウミウシ・
ツユベラyg・イサキの群れ!
などが。

明日の午後から嵐のような暴風雨となる予報ですね。。。
果たして明日の午後船は動くのだろうか?ちょっと心配です(><)



ドライ講習&ふたご座流星群!-オレンジフィッシュ-

12月14日(日) 天気:晴れ

<秋の浜> 透明度:15m 水温:17℃ 海況:良好

数日間、お休みを頂いていたので、海ログが久々の更新です♪
今日の大島は相変わらず強い西風が吹いていて陸の体感温度はかなり低く、
日中は肌寒かったのですが、夜は風が止み星空ツアーは快適でした(^^)/


さて本日は怪我から復帰されたリピーターゲストさんの初ドライ講習♪
Myドライ購入後で、怪我をされてしまったのでちょっとブランク明けでの
ダイビングに緊張されていましたが、驚くほどスムーズにそして初めてのドライとは
思えぬ程、上手に潜られていました(^^)さすがです!


水中は相変わらず水温は低めでしたが、透明度は15m以上で安定してます!

しかし今日はカメラのストロボを上げずにハウジングに入れてしまったので・・・
全て写真は自然光での写真です(><)

何気に久々に見たテンクロスジギンポ!
141214-tenkuro.jpg

中層を我がもの顔で泳ぐ、巨大ヒラマサ!
141214-hiramasa.jpg

浅場を漂う、アオリイカの子供!
141214-ika.jpg

他にも、黒いクマドリカエルアンコウ・ミノカサゴyg・イロカエルアンコウ・
イサキの群れ・受け口なウツボ!
などが見れました。

夜は、ふたご座流星群を楽しむ星空観賞ツアー!!
こちらはゲスト変わって、まったくのノンダイバーの一般のお客様達です。


今夜の大島は流星群を観察するにはベスト過ぎる好条件で楽しめました!
2時間弱で約50個ほどの流星が観察出来て、ゲストからも大歓声が上がる中で
一緒に楽しめました♪
写真には流星映っていませんが・・・温泉ホテルとオリオン座&眩いシリウスです!
141214-orion2.jpg


明日は引き続き、のんびり2DIVの予定です♪



久々のケイカイはカメ祭り!-オレンジフィッシュ-

12月9日(火) 天気:晴れ

<ケイカイ> 透明度:15m 水温:17~19℃ 海況:良好

朝から快晴&気温高め&風弱しと、抜群のダイビング日和となりました♪
そんな本日は急遽予約の入った地元ダイバーさんと一緒にケイカイへ2本
潜ってきました~

1本目は潮の関係なのか?水温が全体的に19℃台と高めで水中も快適!
だけど午後からの2本目は水温が下がって17℃台の冷たい潮が入っていました。
透明度はどちらも15m以上あって、気持ち良い中層ダイビングが楽しめています♪


表題のとおり、1本目はウミガメ4個体、2本目は1個体アオウミガメ大当たり!な
ダイビングでした。冬のケイカイはカメ遭遇率がグーンと上がります(^^)/
141209-kame.jpg

もう冬なのにまだこんなに小さなコロダイygが見れました!
かなり水温が下がっているので、成長出来るか心配ですね。。。
141209-korodai.jpg

浅場ではヒトエガイ!が2個体も見れました。
毎年この時期になると沢山見れる不思議なウミウシの仲間です(^^;
背中にチョコンと乗った小さな貝が可愛いのです。
141209-hitoegai.jpg

ふと水面を見上げると大きなハマフエフキが優雅に泳いでいました!
あまりにも逃げる気配がなかったので下から1枚。。。
141209-hamafuefuki.jpg

ゲストが思いのほか喜んでいたテングダイ!
確かに大きいし、とてもユニークな顔をした魚ですからね(^^;
141209-tengudai.jpg

今日のケイカイはイサキの大群!がとにかく凄い!
久しぶりに360℃イサキに囲まれてじつに楽しいダイビングでした!
141209-isaki.jpg

明日10日(水)~13日(土)までダイビングはお休み致します。。。
メールや電話は繋がりますので、お問い合わせやご予約は通常通り受付中です。



今日もニタリを求めて!-オレンジフィッシュ-

12月7日(日) 天気:晴れのち曇り

<秋の浜> 透明度:15~20m 水温:16~17℃ 海況:良好

朝から風が弱く晴れ!久々に絶好のダイビング日和となりました。
当然今日もリクエストのニタリを求め、深場へGO!


そして2本目ではありますが、ようやくオイラの目に「ニタリ」が現れ、
かなり遠い写真ですが、まあなんとか撮れました(^^;
心の広~い方は、心の目でお確かめ下さい。。。
141207-nitari.jpg

だけど、悔やまれるのは4人中2人しか見れなかった事でしょうか(><)
見れはしたけど、あまりにも深過ぎ、そして遠過ぎ・・・でした。
ただ、本当に偶然かもしれないけど、昨日も今日も狙って見れたのは
ある意味、秋の浜の確率の高さが証明された気もします(^^;


ニタリ以外としては・・・新たにヤクシマキツネウオなんかが見れました。
コチラはガイド仲間に教えて頂いたネタですが、今年も見れて感動でした♪
しかし写真はブレブレ(><)
141207-yakusimakituneuo.jpg

浅場に戻る途中、久々にムラクモキヌヅツミに出会いました。
141207-murakukumo.jpg

他には浅場で可愛いマツバギンポと遊んだり、
141207-matubaginpo.jpg

段上の壁では、猛毒で有名なヒョウモンダコ!にも遭遇です。
キレイなんですけどね~。。。噛まれると本当にヤバイです(^^;
141207-hyoumon.jpg

いやあ、とりあえず今年最初で最後のニタリが拝めたかもしれませんので
良しとしますか(汗)



やっとニタリ!と思いきや・・・?-オレンジフィッシュ-

12月6日(土) 天気:晴れ

<秋の浜> 透明度:12~15m 水温:16~17℃ 海況:良好

今日の午前中まで西風が強く、相変わらず体感温度はマイナスな大島です。
午後から風が止まり、やっと太陽の暖かさを感じる1日でした。

さて、本日はリピーターの上級者さん達を迎えて「ニタリ」狙いで深場の3DIV♪
今年はどういう訳か?ニタリの目撃は深場が多く、ほとんどが水深30m以深です。
今日も水温は低く、深場16℃台、浅場17℃台です(^^;


そんな訳で、前半から中層を流しつつ・・・キョロキョロと。。。
しかし、そんなあっけなく見れる程は甘くなく、1本目&2本目は撃沈でした。
それでも2本目で、巨大マグロが目に前を泳ぎ去ってくれたのは救いでした(^^;

とは言え、何も見せない訳にはいかないので(^^;

ついに見てしまった(><)冬の代表魚イズカサゴ!
水温が低くなった冬~春にしか見かけない魚です。巨大で存在感ありますが、
見るとやっぱり低水温を実感させられます(^^;
141206-izukasago.jpg

他にも、コウリンハナダイ・ジボガウミウシ・クダゴンベなどが。。。

で、目的だった「ニタリ」は・・・一番後ろにいたゲストの1人が3本目に発見してくれて、
もちろんタンクを叩く合図が出るなりすぐに、その音の方角に全員でダッシュしたものの、
結局見れたのは第一発見者のみ!

ウーン究極のニアミスに見れなかったメンバーはガックリ(><)
しかし、、、大物運に見放されたオイラ的には、ガイド中にゲスト1人だけでも見れた事は
かなりの前進と言えるでしょう(^^;

浅場では小さなイソコンペイトウガニが見つかりました!
居ついているトサカを離れてチョコンと居たので今回は見せ易くてラッキーでした。
141206-isokon.jpg

黒いクマドリカエルアンコウyg!だけは大人しく定位置に。白は行方不明です。。。
141206-kurokuma.jpg

段上のイロカエルアンコウygは、毎日少しずつですが成長してきて、だいぶ大きく
なったと思います。
141206-iro.jpg

さあて明日こそは、例えシルエットでもニタリの姿をカメラに納めたい。。。なあ(願望)


 

水温が下がってしまった~(><)-オレンジフィッシュ-

12月4日(木) 天気:雨のち曇り

<秋の浜> 透明度:15~20m 水温:17.2℃ 海況:ベタ凪

1日遅れのログ更新で大変申し訳ありません。。。

12月に入ってから暴風ばかりの伊豆大島です(><)
2日・3日と高速船は欠航するし、4日は雨で、本日も暴風で午後便は欠航。
しかも全て西風が平均で10mオーバーの台風並みなので、予想はしてましたが
水温は一気に17℃台と先週と比べ3~4℃も下がってしまいました(涙)
その代わり、透明度は抜群の20mオーバーですけど。。。


そして4日は午後からゲストと1本だけ潜ってきました。
今週はずっと西側のポイントは大荒れでクローズの為、秋の浜だけが頼りですが、
ご覧の通り、どれだけ台風並みの西風が吹いても、秋の浜はベタ凪なのです!
141204-akinohama.jpg

初心者さんで、耳抜きの調子が悪かったので・・・急遽水深12m以内だけですが、
小さな魚達をノンビリと。。。

相変わらず動き回りますが、ツユベラygは色が鮮やかなので目立ちます。
141204-tuyubera.jpg

クロスジウミウシになるかと思いますが、コールマンとのハイブリッドかも
しれませんね(^^;
141204-koruman.jpg

ベニカエルアンコウ!ちょっと大きかったので顔だけアップに。。。
141204-beni.jpg

久々にノコギリヨウジなんかも撮ってみました(^^;残念ながら特徴的な尾鰭が
開いていないのが悔しいのですが、、、また気が向いたら撮ってみようかな。。。
141204-nokogiriyouji.jpg

ミノカサゴygは定位置で元気にしています。何か食べた後なのか?お腹がポッコリ
膨らんでいて妙に可愛かったです。
141204-minokasago.jpg

最後はマツカサウオyg!こちらも定位置で、いつもながら静か~にユラユラしてます。
141204-matukasauo.jpg

同じタイミングで潜っていた地元ガイド仲間は、「ニタリ」を見てきたそうです!
そして本日5日は、また別のガイドさんが「ハンマー」を見てきたそうです!
何だか最近、秋の浜は大物ラッシュ!になっているのですが、僕の頭上には
まったくもって現れません(><)
ああ・・・何とか年内にはニタリの写真が撮りたい!このままでは年越せない?


最近、ダイビングの方が落ち着いてきたので、潜ってない日は馬関係の仕事に
追われています(^^;まあもちろんそれ以外にも事務処理などが滞っていたので、
ちょっとずつやってました。

週末は上級者ゲストさん達と、今度こそ大物狙ってGETしてきます!!(願望)


プロフィール

OFかっすん

Author:OFかっすん
伊豆大島ダイビングサービス
山&星のネイチャーガイド
オレンジフィッシュ代表 粕谷浩之

ダイビングの情報&陸のネイチャーガイドの記事や写真を紹介しています。

最新記事

最新トラックバック

検索フォーム

ブロとも申請フォーム

QRコード

QR