久々にカメに遭遇!

6月20日(土) 天気:晴れ時々曇り

<ケイカイ> 透明度:4~8m 水温:17.2℃ 海況:ウネリあり
<秋の浜> 透明度:4~8m 水温:17.5℃ 海況:ウネリ大

今日は以前からご予約頂いていたリピーターのチームさん御一行様を
迎えて特別に週末OPENです。
スポンサーサイト

いろんなウミウシとの出会い。。。

6月18日(木) 天気:曇り一時小雨

<秋の浜> 透明度:4~8m 水温:17~19℃ 海況:ウネリあり

今日からリピーターのゲストさんが来てくれたのに今日はTHE梅雨って雰囲気の
天気で、しかも意味不明のウネリはあるし、透明度も悪くなって、水温も。。。(><)
マクロ好きなゲストさんで本当に助かりました(^^;


そんな訳で、もう水底勝負で潜るしかないのでマクロ系に徹底での秋の浜です。
別にウミウシに固執した訳ではありませんが・・・今日は不思議と数多く出会えました!


まずは深場まで足を運びましたが、透明度はあまり変わらず水温だけが冷た!
そんな中、久々にホウキハタygに会えました♪ygと言っても30cmくらいの若魚かな。
150618-houkihata.jpg

浅場に戻りつつ、ハナタツ系を探しますが・・・今日は全滅でした。ウネリのせいもあるかな?

個人的にはリュウモンイロウミウシが今季初となりましたが、今日だけで3個体見れたので
いよいよ初夏って事ですね♪
150618-ryuumoniro.jpg

5mmもないシロイバラウミウシです。この種も初夏にかけて多く見かけます。
小さいですが、真っ白なウミウシなので意外と目に留まります。
150618-siroibara.jpg

小さな穴の中で久々にフトスジイレズミハゼがいい感じで手前に出てくれていました!
たまに撮りますが、やっぱり可愛いです♪
150618-futosujiirezumihaze.jpg

ハシゴ裏の大きな穴の中で、これまた大きなネコザメ!を発見。。。
残念ながら2本目には居なくなっていましたが、こんな海況で大物が見れた事にラッキー。
150618-neko.jpg

2本目は際沿いを降りてみました~

これまたウミウシが多く目に留まり・・・
まずはサガミイロウミウシ!です。個人的には秋の浜で今季初となります。
なんか爽やかな夏っぽいイメージで好きな種です♪
150618-sagamiiro.jpg

側では意外な水深でスジハナダイが見れたので、思わず撮ってしまいました。
水中が暗かったせいなのか?いつもより6m近くも浅い水深で見れました♪
150618-sujihanadai.jpg

浅場に戻りつつウロウロしてると今度はアラリウミウシ!にも遭遇。。。
やっぱりピンク系のウミウシは水中で映えますね~
150618-arari.jpg

他にもウミウシは・・・インターネット・サガミリュウグウ・コールマン・クロスジ・
ハナオトメ・スミゾメミノ・フリエリイボ・コイボ・サラサ・アオ・
などが。。。

ウミウシ以外では、アカホシカクレエビ・アカシマシラヒゲエビ・オルトマンワラエビ・
オキゴンベ・トウシマコケギンポ・ベニカエルアンコウ・ツユベラyg・イシガキフグ・
フルセゼブラヤドカリ・イシガキダイ・マダイ・キタマクラの赤ちゃん!
などが。

明日も天気は雨っぽいですよね~。。。まあ梅雨だから仕方ないかあああ(><)


トビエイに遭遇!

6月15日(月) 天気:晴れ

<秋の浜> 透明度:8~12m 水温:17~20℃ 海況:ベタ凪

朝から晴れて、海はベタ凪と・・・陸上コンディションは最高でした!
本日は昨日からのグループゲストさん達と秋の浜へ2DIVです♪


1本目は際壁沿い~中央エリアへ。

1本目は思いのほか水温は低くなく、水深15mくらいまでは水温19~20℃と
イケるかも~?と思ってたら、やっぱり水深20mから下は17~18℃台と
冷えてました(^^; 当然皆さんWETなので「冷え~!!!」


そんな中、偶然の出会いとなったTHEトビエイ!
毎年梅雨から初夏にかけてたまに見かけますが、今年も幸先良く1個体目を
見れました♪やっぱり中層高く泳ぎ去る優雅な姿はカッコいいですね。
150615-tobiei.jpg

アカシマシラヒゲエビは今日も定位置でペアで見る事が出来ています。
150615-akasimasirahige.jpg

今もっとも旬で人気のハナタツも無事見る事が出来ました!
しかしやっぱり今日も相方の姿はどこにもありません(><)
メスは何処へ???
150615-hanatatu.jpg

浅場に戻り、リクエストの一つだったベニカエルアンコウを紹介です。。。
しかもこの子、まったく周りに擬態していないので、やたら目立ちました(^^;
まあ見つけるガイド側からすれば有難いのですが。。。
150615-beni.jpg


2本目は、右斜面と中央エリアへ。。。

まずはチシオコケギンポを見てから、右の砂地へ向かったのですが・・・
たった1時間半程しか経っていないのに、冷たい潮が浅場にまで到達(><)
水深5mくらいから水温18℃台と冷え~!!!って感じでした(^^;

その為、イサキやタカベの群れ!も居るには居るのですが、みんな水深が浅め。。。
水底には中々降りてきてくれませんでした。。。

しかし、早々に右斜面を諦めて中央エリアを散策してると、、、
なんとクチナシツノザヤウミウシに遭遇です!!
先日見た個体よりも一回り小さい方でした♪ツノザヤ系の中では激レア種なので
この時ばかりは寒さを一瞬忘れました(^^;
150615-kuchinashi.jpg

浅場に戻る途中、何故かクロスジウミウシが3個体も見つかり、不思議な感じ。。。

そして浅場のNewフェイスがまたまた登場!ツユベラygです。
まだ1cm程の超マクロサイズですが・・・今年もやっと南方種が流れてき始めた感じに
今後のワクワク度も高まります(^^)/
150615-tuyubera.jpg

今日は他に、イガグリウミウシ・クダゴンベ・アカホシカクレエビ・オニカサゴのペア・
ワニゴチ・大きなマダイ・ネコザメ(ゲスト1人だけ確認)・トウシマコケギンポ・
ミノカサゴの子供×2・巨大コロダイ
などが。

もう少し水温が高めで安定してもらいたいところですね~



気が付けばウミウシダイビング?(^^;

6月14日(日) 天気:曇りときどき小雨

<野田浜> 透明度:6~8m 水温:18~20℃ 海況:ベタ凪
<ケイカイ> 透明度:6~10m 水温:18~20℃ 海況:ベタ凪


諸事情で週末はずっとお休みしておりますが、本日は4名以上集まったので
久々の週末ダイビングとなりました(^^;

天気は梅雨らしく、朝からシトシト雨でしたが・・・まあ曇りの時間帯が多かったので
助かりました。

初心者ゲストさんもいたので皆さんと相談の上、本日は西側のポイントに2DIV。
まずは野田浜からです!

予定よりは水温が高かったのでWETゲストさん達には少しは良かったかと思います。
とは言え、まだまだ僕はドライです(^^;

透明度があまり良くないので、壁沿いをゆっくり。。。
やはりどうしてもこの時期の西側のポイントはウミウシ中心となってしまいますね~(^^;

まずはキイロウミウシ。。。
大島では定番中の定番ですが、個体によって色合いは微妙に違います。
150614-kiiro.jpg

コモンウミウシ!
個人的には基本4種の中では一番好きなウミウシです。
周りが暗いと、余計にこの色彩が際立ちますよね♪
150614-komon.jpg

水中アーチでは、一応イサキの群れ(少なめ)!が見れました。
あまり逃げずに目の前で群れの写真が撮れるのはここの特徴です。
150614-isaki.jpg

ウミウシ以外で大きな生き物は・・・ホシエイの子供くらいでしたかね(^^;
もちろん他に、ミツイラメリウミウシ・サクラミノウミウシ・サキシマミノウミウシ・
ダイダイウミウシ・スミゾメミノウミウシ・クマノミ
なども見れています。


2本目はケイカイに。。。

気持ちですが、、、野田浜よりは透明度があったように思えます(^^;
水温は変わらず、平均19℃くらい。。。

少しワイドに、あわよくば大物狙いってイメージだったのですが・・・
やはりあまり中層が見えないのでマクロ系中心に。
そしてここでもウミウシが主役なダイビングに(^^;

多分、セトミノウミウシになるかと思います。
この種は個体差が激しく、色合いのバリエーションが多いのが特徴です。
大きさは8mmくらいで撮ってみると案外キレイですね。
150614-setomino.jpg

セスジミノウミウシ!大きさは同じく8mm程度。。。
個人的には今季初でした♪ピンク色系のウミウシは女性に人気ですが、
やはりこうして撮ってみると華やかですね。
150614-sesujimino.jpg

クロスジウミウシ!
ケイカイで見れるのはやや稀なので、ちょっと驚きました。。。
ほとんどがミノ系なので、とても新鮮♪
150614-kurosuji.jpg

最後はイズヒメエイ?ホシエイ?アカエイ?ちょっと判別が難しいのですが、エイです(^^;
しかもこの1本で4匹は見ましたね~ あまり沢山いると、有難みに欠けるので
微妙ですが。。。
150614-ei.jpg

他にはテングダイのペア・イシガキフグ・オトメウミウシ・サメジマオトメウミウシ・
ガーベラミノウミウシ・サクラミノウミウシ・スミゾメミノウミウシ・
などなど。

うーん、、、終わってみればウミウシ写真ばかり。
まあ女性ゲストさんがウミウシ好きだったのもありますが、久々にスローDIVで
楽しみました~(^^;



やっぱり晴れ日のダイビングは最高!

6月10日(水) 天気:晴れ

<王の浜> 透明度:6~10m 水温:18~19℃ 海況:ウネリあり
<秋の浜> 透明度:6~10m 水温:17~18℃ 海況:ほぼ良好


今日は朝から晴れました!ゲストさんはWETなので大喜びです♪
気分も上々で元気に3DIVしてきました~


1本目はリクエストでゲストさん的に初の王の浜!

しかし春から生え始めたアントクメ(ヒロメ)の成長は僕の想像以上でして・・・
沖の根周りは完全にこの海藻で覆われていて、まったく地表が見えない(><)
こりゃ~一発、大きな台風が来るか、夏にならない限りは楽しめないですね~(^^;
とは言え、サザエやアワビ、トコブシにしてみれば大事なエサなので、必要な海藻
なので自然環境としてはいい兆しです。


そんな中でも、何とか岩穴の中では大きなハタタテダイ!がいたり・・・
浅場にはキビレヘビギンポがチョロチョロしてたりと、何とかギリギリで?
楽しんでもらった感じです(^^; 本当にすみませんでした。。。
150610-hatatatedai.jpg
150610-kibirehebiginpo.jpg



気を取り直して、2本目3本目は魚影&魚種の豊富な秋の浜へ!

まずはリクエストのクダゴンベ!へ。
今日もほぼ定位置に居ましたが、一番下のコーラルに居たのでちょっと深い(^^;
あまり長居も出来ず、浅場へUターンです。
150610-kudagon.jpg

個人的には浅場で見れたハクセンミノウミウシ!が今季初だったので◎♪
これで8mmくらいだったでしょうか。。。相変わらず小さい(^^;
150610-hakusenmino.jpg

3本目は、先ほど時間がなくて写真が撮れなかったインターネットウミウシへ!
しかし、2本目の場所付近を探しても見つかりません。。。10cm弱はある大型種なので
すぐに見つかると思いきや・・・4分程探してやっと発見。なんと約1時間半ほどで3mは
動いていました(^^;

側ではイガグリウミウシも久々に目に留まり、ラッキー♪
こちらは3cm程の一番ポピュラーなサイズです。
150610-igaguri.jpg

浅場に戻る途中、突然ゲストさんから雄叫びのような声?が(^^;
振り返ると、そこには1mオーバーのネコザメが悠々と泳いでいるではありませんか!
マクロ中心とは言え、やはりダイバーに人気のサメですから、ゲストも大喜びでした♪
150610-nekozame.jpg
150610-nekozame2.jpg

そして本日のNewフェイスは、ハコフグ?ミナミハコフグ?どちらかの幼魚です(^^;
ちょうどパチンコ玉サイズで非常に可愛かったです!
こういう子が増えてくると、これからどんどん楽しくなりますね~(^^)/
150610-minamihakofugu.jpg

他にも、巨大アカエイ・巨大ヒラメ・スジハナダイの群れ・ルリハタ・ハナアナゴ・
サガミリュウグウウミウシ・アカホシカクレエビ・マツバギンポ・フトスジイレズミハゼ

などが。

最後はマクロ~大物まで盛り沢山な秋の浜でした(^^)/


久々の3DIV。。。♪

6月9日(火) 天気:雨のち曇り

<秋の浜> 透明度:6~10m 水温:17~19℃ 海況:ウネリあり
<ケイカイ> 透明度:6~10m 水温:18~19℃ 海況:やや波あり


昨夜から低気圧の影響で、かなりの雨が降り、午後2時過ぎまで降り続きました~
やっぱり梅雨入りしてしまいましたね~(><)

そんな今日は新たなゲストさんも合流して、入れ替わりの計3DIVです。

1本目の秋の浜は・・・深場から冷た~い潮が上がっていて、水深25m付近で
水温16.9度!と見てはいけない数字でした(^^;まあその分、深場は綺麗でしたが。
2本目以降は深場でも水温17.7℃と上がってきてました。


久々にアカホシカクレエビを撮ってみました。まだまだどの個体も小さめなのが多く、
ちょっと撮り辛いですが、今年も数多く見れそうです♪
150609-akahosi.jpg

久々にインターネットウミウシも目に留まりました!
大型種で、この子は8cmくらい。。。
150609-internet.jpg

2本目は中央エリアをのんびり散策。
すると、ようやく噂のイバラダツ♪に会えました!
ウネリの影響と上手く海藻に隠れるので、今回はこんな寂しい写真ですが・・・
全身トゲトゲしていてカッコいいですね。
150609-ibaradatu.jpg

側では相変わらずお腹の大きいハナタツの♂に会えました♪
150609-hanatatu.jpg

小さな砂ダマリでは、最近よく見かけるコウイカのペアにも遭遇!
1個体が30cmくらいあるので、見応えありますよ~
150609-kouika.jpg

段上のマツバギンポ!は今日は誰かが置いた?貝にチョコンと入っていました。
こんな穴にも身を隠すんですね~じつに可愛いのですが、揺れて中々苦戦(><)
150609-matubaginpo.jpg

他にも、ベニカエルアンコウ・フルセゼブラヤドカリ・チシオコケギンポ・
シラユキウミウシ・サガミリュウグウウミウシ・アカシマシラヒゲエビ
などが。

3本目は久々のケイカイへ。。。

残念ながらコチラも昨日の野田浜同様、あまり透明度は良くありませんでした。
仕方ないので、あまり遠くへ泳がずマクロ中心に。。。
すると、ウミウシ祭り!と言わんばかりにウミウシだらけ(^^;

最初に見つけた大きめなガーベラミノウミウシ!この子は3cmと中々ポッチャリ。
150609-ga-bera.jpg

とある場所では驚きの嬉しい出会いがありました。「ミノ系3種盛り!」です。
なんと、左下からスミゾメミノウミウシ・サクラミノウミウシ・ガーベラミノウミウシと、
一つの場所に大集結でした♪ある意味、ガイドとしてはおいしい顔ぶれです(^^;
150609-sansyumori.jpg

他にも、オトメウミウシ・サメジマオトメウミウシ・ミツイラメリウミウシ・ハナオトメウミウシ・
サラサウミウシ・シラユキウミウシとウミウシいっぱい。。。
テングダイのペア・ちょっと小ぶりなクエ・ハリセンボン
なども見てきました~

明日はお天気、晴れそうですね♪







クチナシツノザヤウミウシに再会!

6月8日(月) 天気:曇り

<秋の浜> 透明度:6~10m 水温:18~19℃ 海況:やや波あり
<野田浜> 透明度:6~10m 水温:19℃ 海況:ベタ凪


本日から急遽来てくれたリピーターゲストさんと一緒に2DIVです♪

天気が曇りだったって事もありましたが・・・先週と比べ、透明度も水温も
落ちてしまった感じです(><)どうも海況が安定しませんね~。。。

1本目の秋の浜は、中央エリアをのんびり散策。。。

本日一番のヒット!クチナシツノザヤウミウシです♪
前回出会ってから約2週間見てなかったので、嬉しい再会となりましたが・・・
今日見れたこの子はデカイ!!5cmくらいあるんじゃないでしょうか(^^;
こりゃ絶対に前回見たのと違う個体だな。。。
150608-kuchinashi.jpg

浅場に戻りつつ、ハナタツをチェックです。今日も雄しか見当たりませんでした。
情報では雌も近くに居るはずなのですが。。。(><)

段壁では久々にミノカサゴygにも再会しました!
この子まだ居たんですね~よほどこの場所がお気に入りなんですね♪
150608-minokasago.jpg

段上ではマツバギンポygが可愛かったので1枚。。。しかし少しブレて残念(^^;
150608-matubaginpo.jpg

他にも、ワニゴチ・コロダイ若魚・アオサハギyg・クロスジウミウシ・イサキの群れ・
などが。


2本目は静かな西側の野田浜へ。。。

少しは透明度が良い事を期待して潜ったのですが・・・結果は秋の浜と同じ(><)
ドンヨリでした。。。

しかし壁沿いではいろんなウミウシに出会えました♪

中でもサクラミノウミウシには久々の再会です。初夏が近づき、だいぶ個体数が減った
気がします。。。
150608-sakuramino.jpg

他にも、ダイダイウミウシ・イソウミウシ・オトメウミウシ・キイロウミウシ・
シロタエイロウミウシ・サラサウミウシ
などが。。。

水中アーチ内には、少しばかりのイサキの群れ!が。。。
一応、お約束のダイバーと一緒に。
150608-isaki.jpg

浅場に戻ると、可愛いマツカサウオygが2個体見れました!
金色がやたら眩しく見える魚で不思議な模様ですよね。
150608-matukasauo.jpg

今夜~明日の朝方にかけて、大島は豪雨の予報が出ています・・・。
ちょっと心配。。。
あまり沢山降らない事を祈りつつ、明日の朝には止んで欲しいところですが(^^;



快晴!透明度&水温UP!とイイ事尽くし。

6月4日(木) 天気:晴れ

<秋の浜> 透明度:8~15m 水温:17~21℃ 海況:良好

昨日の豪雨をもたらした低気圧の影響で、西側のポイントには大ウネリが
入ってしまいましたが、東側の秋の浜は静かな海でした~♪
何よりも、昨日の豪雨が嘘のように爽やかに晴れ渡った本日は絶好の
ダイビング日和となり、ゲストも大喜びです!


そして、天気の回復に乗じてなのか?水温も透明度も上がり、秋の浜は
見渡す限り、魚・魚・魚と魚影の濃さが戻っていました!



1本目中層に群れるイサキ!を見ながらゆっくり沖へ流すと・・・
いきなり1m程のマグロ!に遭遇です(^^)/やっぱりカッコイイですね~
150604-maguro.jpg

やや深場の根では美しいジボガウミウシにも会えました♪
これから暑苦しい梅雨時期に涼しげなイメージのウミウシです!
150604-jiboga.jpg


2本目は昨日のリベンジで再び右奥へ。。。

今日は予想通りに抜群の透明度の中、イサキ&タカベの巨大な群れ!
縦横無尽に泳ぎ廻っていました♪
時折、イサキの群れで前が見えなくなるほどの壁!にテンションも↑ます(^^;
150604-isaki.jpg

そして今日は違うアングルでテングダイの群れ!を撮影。。。
水深30mとは思えない程、明るい水中が楽しめましたよ♪
150604-tengudai.jpg

浅場の砂地では今日も同じような位置にコウイカのカップルが!(多分)
水温も上がり、ご機嫌だったのか?今日はペアで撮らせてくれました。
150604-kouika.jpg


本日もワイド派のゲストさんだったので、マクロ系写真は少なめですが・・・
じっくり探せば、可愛い子達も沢山いますよ~


※平日限定ファンダイブ20%OFF!は6月末日までです!!
 是非お得な期間中に潜りに来て下さい♪宿泊¥3000割引も1年延長で
 やっていますから、今年も大島は絶対にお得です!!!



バケツひっくり返したような豪雨でも・・・(^^;

6月3日(水) 天気:豪雨のち曇り

<秋の浜> 透明度:8~10m 水温:18~20℃ 海況:良好

昨夜の天気予報ではそこまでの豪雨予報ではなかったハズが・・・
今朝になってみると、大島の真上を分厚い雨雲が次から次へと(><)
運悪く、ちょうど本日からのゲストさん達が船で到着する時間帯も含め
3時間くらい集中した豪雨に見舞われました(^^;


この大雨のせいで、秋の浜には大量の泥を含んだ雨水が入り混んでしまい、
浅場のハシゴ周りは一面茶色に。。。土砂災害以降は仕方ありませんが。。。

そして何よりも、昨日までは深場も19.5℃以上だったのに・・・今日は
深場18℃台、浅場19℃台と全体的に1.5℃程下がってしまいました(><)
透明度も日に日に落ちてきて、浅場はまた10m切ってきたでしょうか。。。


そんな陸上&水中ではありましたが、ワイド派ゲストのお二人とのんびり
ワイドに泳ぎ回ってきました~


まずは1m弱の大きめなアカエイに2個体遭遇!
最近の個体は近づいても全然逃げずにいてくれます。何の違いなのでしょうか?
150603-akaei.jpg

沖では小ぶりなテングダイが全部で9匹仲良く並んで泳いでいました~
水温が上がって、例年以上に20匹くらいまで増えてくれるといいですね♪
150603-tengudai.jpg

2本目の砂地で見つけた、抱卵中のウミエラカニダマシ!
まあ、日中にこの子が住み着くウミエラが砂地からニョキニョキ生えてきてると
言うことは・・・それだけ水中が暗かったって事ですね(^^;(夜行性なので)
150603-umierakanidamasi.jpg

他にも、タカベの群れ!イサキの群れ!コロダイ・キツネダイ雄&雌・ヒラメ・
マダイ・ハマフエフキ・ヒトエガイ
などが。

明日はまた太陽ギラギラの夏日となる予報。。。体壊しそうだなあ(^^;

久々のハナタツに感動♪

6月3日(火) 天気:晴れ

<秋の浜> 透明度:10~12m 水温:19~21℃ 海況:良好

今日も夏のような陽射しが眩しい伊豆大島です。
本日はノーゲストの予定でしたが、今朝昨日潜ったゲストさんから、急遽依頼が
あったので、昼ごろに1本だけ潜ってきました~


昨日と同じく、水温・透明度共にまずまずです。

地元ガイド仲間さん達の情報で、中央エリアのハナタツを見に行ってきました~
うーん、可愛い♪見たのは約半年ぶりかな~??
昔は当たり前のように沢山居たのですが、ここ5年くらいは希少な魚となっていました。
微妙な水中環境が問題なのかな。。。また沢山のハナタツに戻ってきてもらいたいですね。
150602-hanatatu.jpg

砂地ではネズミフグ!に会えました。イシガキフグに非常に似てる種ですが、こちらの方が
あまり逃げずに大人しいイメージです。
150602-nezumifugu.jpg

ちょうど潜る前に水面を激しくジャンプするマグロの群れ!を見て、ちょっと期待したのですが
残念ながら、その陰・形も見ることなく・・・静かな海でした(^^;

昨日、今日はゲストさんがどちらかというとワイド派だったので、あまりマクロ系を見てませんが
探せばこの時期はウミウシを中心に沢山可愛いのがいるので、楽しいですよ~♪



6月に入りやっと水温20℃に!

6月1日(月) 天気:晴れ

<秋の浜> 透明度:10~12m 水温:19~21℃ 海況:良好
<ケイカイ> 透明度:6~8m 水温:19~20℃ 海況:良好


10日ぶりに潜りました(^^;気が付けば6月。。。だいぶ気温も暑くなりました。
そして、水温も待ちに待った20℃台!やっと冬の水温脱出です♪

まあ、透明度だけは・・・まだ春濁りの尾を引いた感じですが、それでもだいぶ
回復してきたように思えます。

本日は新規のゲストさん達を迎え、2DIVです。

1本目は秋の浜へ。。。

ENした瞬間から水温が高くなったと感じれます(^^;嬉しい限りで。。。
潜った時間帯が悪かったのか?水温が高い割には魚影が寂しく感じました。

沖の砂地では大きめなコウイカがペアでウロウロ。。。
どうやら産卵場所を模索してる様子でした。写真は1匹ですが(^^;
150601-kouika.jpg

他にもいろいろ見たのですが、写真を撮ってなかったので10日前に同じような
場所で見た写真を2つ程。。。

まずは最近話題のクチナシツノザヤウミウシです!希少なツノザヤ系で、
ウミウシ好きな方ならば、リクエスト間違い無しの種です。
毎年この時期に見れてはいますが、見れる期間は1週間~3週間程度なので
より貴重な存在です。
150601-kuchinasi.jpg

浅場でゲストが見つけたミアミラウミウシ!こちらも派手なウミウシで大島では
時折見かけます。やはり初夏にかけて多くみかけるような。。。
150601-miamira.jpg


2本目はケイカイへ。。。

秋の浜同様に、少しはキレイになってるのかと思いきや・・・こちらはあまり変化なし。
まあ一時の一番酷い濁りに比べれば見えてはいましたが、まだまだな感じでした。

それでも秋の浜よりも魚影は濃く、写真のようにイサキの群れ!が常に壁のように
群がっていました。
150601-isaki.jpg

そして、1年を通じて今が一番カメ遭遇率が下がる時ですが、今日は無事に1個体のみ
アオウミガメGET。ケイカイに居座ってるカメの中で大きさNo2の個体かと思われます。
150601-kame.jpg

水温も上がったし、残すは透明度がシャキーン!といつもの大島ブルーに戻る事を
期待したいところです!


※6月末まで平日限定ファンダイブ20%OFFです!有給取れる方はかなりお得なので
いらして下さいね~




プロフィール

OFかっすん

Author:OFかっすん
伊豆大島ダイビングサービス
山&星のネイチャーガイド
オレンジフィッシュ代表 粕谷浩之

ダイビングの情報&陸のネイチャーガイドの記事や写真を紹介しています。

最新記事

最新トラックバック

検索フォーム

ブロとも申請フォーム

QRコード

QR