曇りでも穏やかな海でした~

10月31日(土) 天気:曇り

<秋の浜> 透明度:8~10m 水温:21~22℃ 海況:ほぼ良好

早いもので10月も終わりです。今週末は中上級者さん達を迎えての
ダイビングです。

予報では明日はまた北東風が強く吹き、荒れてしまうという事なので・・・
今日のうちに秋の浜に潜っておくことにしました~(^^;


残念ながら、透明度が少し落ちてしまっていて更に天気が曇りなので
水中が暗く・・・ハゼ系はゲストに見せようとするとすぐに巣穴へ隠れて
しまい、ヤシャハゼネジリンボウ系も全滅でした(><)

そんな中で本日見せれた魚達は・・・

まずは抱卵中のイソギンチャクエビ!
ちょっと卵が上手く映っていませんが、お腹に沢山持っているんです。
151031-isogintyakuebi.jpg

エビ繋がりという意味ではアカシマシラヒゲエビ!
何気に久しぶりに見た気がします。
151031-akasimasirahigeebi.jpg

砂地の漁礁ではカンパチの群れ!に遭遇しました。
うーん。。。水中が暗いですね~(^^;
151031-kanpachi.jpg

浅場に戻り、新顔としてはマツカサウオが見れました!
もうだいぶ成長した幼魚な大きさです。
151031-matukasauo.jpg

そして今日は可愛いサイズのミヤケテグリygにも出会う事が出来ました。
やっぱりこの種はこのくらいの大きさ(4cm)までが可愛いのです。
151031-miyaketeguri.jpg

段壁では、相変わらずツユベラygのペアが元気ですね~
151031-tuyubera.jpg

そして浅場のスター!フリソデエビも見てもらいました~
今日は小さい方が見当たりませんでした。居なくなっちゃったのかな?
151031-furisode.jpg

段上のタテガミカエルウオも健在です♪ちょっと色が暗いので撮りにくい。。。
151031-kaeruuo.jpg

さてさて、明日はやっぱり魔のサイクルでまたまた荒れそうです(><)
最悪は潜れるポイントが王の浜オンリーかも?!



スポンサーサイト

本日は体験ダイビングなり~

10月30日(金) 天気:晴れ

<秋の浜> 透明度:12m 水温:22℃ 海況:良好

表題のとおり、今日は体験ダイビングのみだったので、最大水深は7mくらい。
昨日は大きな波だった秋の浜は、風向きが変わり今日は比較的穏やかに。。。
というか、北部では秋の浜以外は西からの強風で潜れなったくらいです。


幸い天気にも恵まれたおかげもあって、元気な女子3人組みはWETでも
寒さ知らずで体験ダイビングを楽しんでくれた様子でした♪

151030-taiken.jpg

浅場は太陽の恩恵もあって明るく、まだまだカラフルな魚達が沢山いるので
体験ダイビングにはオススメですね~

さて、明日からはまた上級者ダイバーさん達と潜る予定です。
穏やかな海況で楽しめればよいのですが・・・ここ1カ月週末になると荒れるので、
果たして今週末はどうでしょうか!


ギリギリ潜れて一安心♪

10月29日(木) 天気:曇り時々晴れ

<秋の浜> 透明度:8~12m 水温:21.5℃ 海況:波あり

予報通り、明け方強めにに吹いた北東風の影響で秋の浜は波立っていました。
でも潜れなくなるほどではなく、まあ中上級者ならば大丈夫レベルで助かりました。


今日もゲストのリクエストで、中央エリアをまったりノンビリ。。。

早速ガイド仲間から得た情報を元に、その場所に行ってみると・・・
今日はヒレナガネジリンボウとの出会いを楽しみました~!
曇り空で海が荒れていたせいもあって、水中はかなり暗めだったので
あまり活発に巣穴から出てきてくれませんでしたが、だいぶ寄れました♪
151029-hireneji.jpg

そして新たな出会いとしてはムチカラマツエビ!
冬~春の定番である甲殻類の一つですが、長く居ついてもらいたいものです。
151029-mutikaramatuebi.jpg

他にも、ヤシャハゼ・ヤセアマダイ・ハワイトラギスなどを見てもらい・・・
ここまで深場でゆっくりし過ぎたので、ここからは一気に浅場へ。。。

ウネリで揺られながらもタテガミカエルウオと少し遊んでからEXでした~。

2本目は右から中央へ。。。

今日も定位置で、ヘラルドコガネヤッコ・ハタタテハゼ・ヨコシマクロダイygなどを
見てから中央エリアへ。。。

全然まともに撮れませんでしたが・・・ニシキオオメワラスボのペアを狙いました。
まあこの子も今しか見れない限定種なので、人気がります。
151029-nisikioomewarasubo.jpg

浅場に戻る途中のソメワケヤッコygとも少し遊びましたが、今日はまり撮らせて
もらえず、断念。。。

浅場まで戻ってきて、ゲストがフリソデエビの撮影のリベンジに燃えていた隣で
ヒメスズメダイの撮影にチャレンジ。。。
ウーン・・・動きが速すぎて中々納得いくような撮影は無理でしたが・・・
一応、紹介写真程度には(^^;
151029-himesuzumedai.jpg

その後は、段上でサザナミヤッコygと遊びました。
知らなかったのですが、同じような大きさの子がもう1匹いて、いつの間にか
2匹だったんですね~知らんかった~(^^;
151029-sazanami.jpg

他にも、カンムリベラyg・アオリイカの群れ・ニシキウミウシ・マダイ・
テンクロスジギンポ・巨大なアオヤガラ・ツユベラyg・レンテンヤッコyg

などが。

明日はゲスト代わって、体験ダイビングの予定です!


カンナツノザヤウミウシ現る!

10月28日(水) 天気:晴れ

<秋の浜> 透明度:10~12m 水温:21.5℃ 海況:良好

昨夜の雨は朝方には上がり、朝から気持ちの良い晴れ日!となりました。
午前中にかけて西風が強めに吹きましたが、秋の浜は穏やかな水面で
本日からのリピーターゲストさんもWETで快適に潜れたようです♪


1本目も2本目も中央エリアから右斜面の辺りを散策してきました~

まずはリクエストのヤシャハゼ!は昨日と同じく定位置で確認です(^^)

他にも何か居ないかとウロウロしてると、なんとカンナツノザヤウミウシ!
出会えました♪例年よりやや早めの出没に驚きましたが、嬉しい今季初の
ツノザヤ系となりラッキーです(^^)/
151028-kanna.jpg

戻りながら右斜面に立ち寄り、ハタタテハゼを見てきました~
最近は日暮が早く、午後になると水中が暗くなるのでハゼ系は午前中に
限られますね。。。
151028-hatatatehaze.jpg

浅場では久々にホシゴンベ!でマッタリと。。。
しばらく見ないうちに一回り大きく成長していて、臆病じゃなくなったおかげで
だいぶ撮り易くなっていました。
151028-hosigonbe.jpg

その他、カンムリベラygやサザナミヤッコygなどを見てEXです。。。


2本目はあまり深く行かずに中央エリアをノンビリと。

ここでは大きめなアカハチハゼに出会えました!
8cmはありそうな立派な個体でした。
151028-akahachihaze.jpg

他にもアカホシカクレエビ・イソギンチャクエビ・ソメワケヤッコyg・
レンテンヤッコyg・キイロウミウシ・チシオコケギンポ
などを見てから浅場へ。

浅場では当然、フリソデエビを撮ってもらいました。

その間、すぐ隣のスミツキベラygを撮ってみました。いつも時間が無くて
適当にしか撮っていなかったので、久々に少しまともに撮れたかな?
まるでベタな図鑑写真ですが(^^;
151028-sumitukibera.jpg

すぐ下にはシコクスズメダイygなんかもたまになので撮ってみました。
モノトーン繋がりって事で(^^;
151028-sikokusuzumedai.jpg

最後は、段上のタテガミカエルウオをご紹介です。
明日は北東風の予報なので、浅場は多分波で無理そうなので今日のうちに。
151028-tategamikaeruuo.jpg

さて、明日はまたまた北東風が強めの予報に。。。果たして秋の浜は潜れるか?



ヤシャハゼやっぱり出てました♪

10月27日(火) 天気:晴れのち曇り

<秋の浜> 透明度:8~12m 水温:22℃ 海況:ほぼ良好

南西風に変わり、秋の浜はウネリや波の影響がなくなりました。
平日はこうして穏やかなんですけどね~。。。週末恐怖症になりそうです(^^;


午前中に私用をいろいろと済ませて、午後から調査DIVで1本です。

ENしてまずは今日もミヤコキセンスズメダイygが無事に観察出来ました。
何度も何度も荒れ狂う海をよくこの浅場で回避できるものですね。
151027-miyakokisen.jpg

右斜面に向かったのですが、午後からで水中が少し暗かったからなのか?
あんなに沢山居たハタタテハゼygの姿が1匹も見れず残念。

そして今日もヘラルドコガネヤッコygは上手く撮れませんでした(><)
何故かいつもピントがずれるんですよね~。。。

諦めて久々に中央砂地へ。。。

すると、個人的には今季初となるヤシャハゼ!に出会えました~
どこかには今年も出てるんだろうな~と夏前から思ってはいましたが、
やっとカメラに収めることが出来ました♪
151027-yasyahaze.jpg

近くではハワイトラギスの姿も印象的です。
毎年この時期に多く見かけるんですよね~
151027-hawaitoragisu.jpg

ヤセアマダイの姿もありましたが、相変わらず全然撮らせてもらえず(><)

一気に浅場へ戻って、フリソデエビのペアを確認!
場所が少し移動してましたが、2個体とも無事にシケを乗り越えたようです。
151027-furisodeebi.jpg

段上では、以前から情報だけは聞いていたサザナミヤッコygを撮ってみました。
想像していたよりも大きくて幼魚ながらも立派なサイズでした。
151027-sazanamiyakko.jpg

最後はこれまた今年のシケを何度も生き抜いているメガネスズメダイyg
これからは水温との勝負になってくるかもしれませんね(^^;
151027-meganesuzumedai.jpg

他には、ソメワケヤッコyg・アブラヤッコyg・アカハラヤッコyg・ヨコシマクロダイyg・
コガネキュウセンyg・キイロウミウシ・サキシマミノウミウシ(いっぱい)・
カンムリベラyg・ツユベラyg・シコクスズメダイyg
など。

今晩は久しぶりに雨が降っています。明日には上がるといいなあ。。。

想像以上に大荒れな1日に(><)

10月25日(日) 天気:晴れ

<野田浜> 透明度:8~10m 水温:21~22℃ 海況:波あり
<ケイカイ> 透明度:8~10m 水温:21~22℃ 海況:波あり


明け方~朝一に吹いた猛烈な北東風のせいで、まさかの秋の浜はクローズ状態。
やっぱり「週末は荒れる魔のサイクル」は脱出していませんでした(><)


仕方なく、本日は多少波のある中での西側2DIVとなってしまいました~
それでも水中はさすがのベストシーズンということもあり、いろんな南方種が
見れてそれなりに十分に楽しい海でした~

まずは最近の野田浜と言えばNo.1アイドルのイロブダイyg!
1ヵ月前から比べればこれでもかなり大きくなったんだと思います。
まだ2cm程度ではありますが(^^;
151025-irobudai.jpg

そして新たな出会いとしてはコウワンテグリyg!
個人的には今季初見となったので嬉しい出会いでした♪
151025-kouwanteguri.jpg

残念ながら噂のカミソリウオのペアには会えませんでした~(><)

他にもアカハチハゼ・カンムリベラyg・ミスガイ・ヒラマサ・イサキの群れ・
イッセンタカサゴygの群れ・ウメイロygの群れ・コガネキュウセンyg
など。


2本目は少し風が弱まったのでケイカイにも入れました~(^^)

とは言え、浅場は波の影響でウネウネだし、逆潮で流れてたし・・・
案外想像以上に厳しい海中でしたが、嬉しい出会いもありました♪

まずはハナタツのペアです!!
ケイカイで見たのは約3ヵ月ぶりくらいでしょうか。。。
赤系の個体と白系の個体が仲良くしてるところを偶然に発見♪
このまましばらく居ててもらいたいところです。
151025-hanatatsu.jpg

そしてケイカイと言えばカメ!って事で今日も大きなアオウミガメ
会えました~
このカメ、リピーターのゲストさんが第一発見です。スバラシイ!!
151025-kame.jpg

ラストは以前から居たのですが、ゴマチョウチョウウオ!を撮ってみました。
この種としては、一見地味気味なのですが、立派な南方種です。
151025-gomatyou.jpg

他にも、アデヤカミノウミウシ・イシガキスズメダイyg・シコクスズメダイyg・
アオブダイ・イシガキフグ・ホウライヒメジ・スズメダイの群れ・イサキの群れ!

などが。

今日は日中は風も止み穏やかな晴れ日だっただけに、海が荒れて残念でしたが
まあ普通に2DIV出来て何よりですね(^^;



久々に西風が強く吹きました~

10月24日(土) 天気:晴れ

<秋の浜> 透明度:10~12m 水温:22℃台 海況:ややウネリあり
<ケイカイ> 透明度:8~10m 水温:21℃台 海況:やや波あり


朝一はまだ西風が吹いていなかったので、早めに1本目はケイカイに。。。

今日の大物はTHEヒゲダイ!です。
残念ながら大きめな個体ではなく比較的小さめでしたが、立派なヒゲダイで
嬉しい出会いとなりました。
151024-higedai.jpg

浅場の壁では相変わらずアデヤカミノウミウシが残っていました。
本当に色鮮やかな種です。
151024-adeyakamino.jpg

高速船で到着のゲストも合流して、その後は秋の浜に2本潜りました。

ここでも素敵なイガグリウミウシに出会えました。
小さめで少し丸まった雰囲気で可愛かったです。
151024-igaguri.jpg

沖へ向かう途中、ナマコをひっくり返すとなんと極小サイズのヨコシマエビ!
が見つかりました。私のひとさし指と比べるとこんなに小さい。。。
151024-yokosimaebi.jpg

砂地ではヨコシマクロダイygが沢山見れました。
一か月前に比べると、どの子も一回り大きくなって撮り易くもなりました~
151024-yokosimakurodai.jpg

他には、ヘラルドヤッコyg・レンテンヤッコyg・ミナミハコフグyg・キイロウミウシ・
テンクロスジギンポ・ヒラメ
などが。

明日はまた風が北東に戻るらしい(^^;寒くなるの嫌だなあ。。。


久々にケイカイでカメに出会う!

10月23日(金) 天気:曇り時々晴れ

<秋の浜> 透明度:10~12m 水温:22℃ 海況:やや波あり
<ケイカイ> 透明度:8m前後 水温:21~22℃ 海況:ややウネリあり


本日より上級者のリピーターゲストさんを迎え、のんびり2本潜ってきました~
心配していた台風のウネリも大したことなく一安心です。


1本目は秋の浜へ。。。

北東からの風なので、やや波はあるもののEN・EXは普通にできます。
予想通り水中の透明度はまずまずで相変わらず魚影が濃くて楽しい海です。

比較的大きな魚や地形が好きなゲストさんなので、久々に右斜面へ向かいました。

残念ながら大物には出会えませんでしたが・・・賑やかな雰囲気は楽しめました。
唯一、比較的大きかったのはコロダイ!
気持ち良さそうにホンソメワケベラのクリーニングを受けていました。
151023-korodai.jpg

今日はやけにハタタテハゼが沢山目に止まりました。
元々右エリアには多かったのですが、更に増えたような気がします(^^;
151023-hatatatehaze.jpg

他にも、ソメワケヤッコygレンテンヤッコygなども見れています。


2本目はケイカイに。。。

こちらの方が波はなかったのですが、小さなウネリと弱い流れがありました。
残念ながら西側の海は相変わらず少し濁ったままです(><)

そんな中でも、ゲストさんが望む大物がチラホラと♪

まずはテングダイ!
マクロ系が苦手なゲストさんでもこの程度の大きさならば
喜んでもらえる?
151023-tengudai.jpg

ハングしてる岩陰ではこれまた久々のネコザメ!の姿が。
ちょっと顔が隠れる位置だったので撮りにくかったのですが。。。
151023-neko.jpg

そしてケイカイと言えば、代名詞のようなカメ!
今日はアオウミガメが2個体見れました♪しかも1番大きな”主”と呼んでる
甲羅の大きさが1mオーバーの個体です。
151023-kame.jpg

他にも、イシガキフグ・ハリセンボン・イサキの群れ!・アデヤカミノウミウシ
などが。

明日からの週末は・・・久々に穏やかな海に潜れそうですね(^^)/


どこも台風のウネリが入ってます。。。

10月20日(火) 天気:晴れ

<秋の浜> 透明度:8~15m 水温:19~21℃ 海況:ややウネリあり

風は弱く天気も最高!だけど海は確実に台風25号のと思われるウネリが
入ってきてしまい、どのポイントも影響ありです。

明日は北東風が強く、どこも荒れちゃいそうなので今日の午後から調査DIVで
潜ってきました~♪


まずはお気に入りのレンテンヤッコyg!
この時期はいろんな場所で見かけますが、この子は比較的撮り易い位置に
いてくれました~
151020-rentenyakko.jpg

ソメワケヤッコygも定位置なのですが、こちらはもっとシャイなので、
やはり撮りにくかったです(><)
151020-somewakeyako.jpg

際に降りて、今日はヒマワリスズメダイygを撮ってみました~
非常にコガネスズメダイygに似てるし、水深域も重なることもあるので
パッと見では中々見分け難いのですが、腹ビレが白い事が絶対的な特徴ですね。
151020-himawarisuzumedai.jpg

スミレナガハナダイのメスもいい感じで泳ぎ回っていました~
151020-sumirenagahanadai.jpg

その後、シテンヤッコygとちょっと遊び・・・タテキンygをチラ見して一気に浅場へ。

今日は久しぶりにミヤケテグリを撮ってみました~
この子はもう4cm近くある大きめな個体です。個人的にはもっと小さい個体が
好きですが、定位置にいるので文句も言えません(^^;
151020-miyaketeguri.jpg

タテガミカエルウオの横顔!です。。。
目が赤く映って、可愛いような怖いような(^^;
151020-tategamikaeruuo.jpg

最後はカンムリベラygです。
いつも見るのですが・・・1cmくらいとかなり小さいので中々撮れなかったりで
やっとゆっくり撮れました~
151020-kanmuribera.jpg

深場(水深30m)くらい辺りは水温19℃台と冷たいですが、透明度は15mと
中々キレイです。


それにしても台風のウネリ・・・週末に響かねば良いのですが、今週末も心配です。


1日で海況がかなり回復♪

10月18日(日) 天気:晴れ

<王の浜> 透明度:6~8m 水温:21~22℃ 海況:ややウネリあり
<秋の浜> 透明度:8~12m 水温:21~22℃ 海況:波あり


1日遅れのログですみません。。。
非常に強い北東風に悩まされ続けたこの3日間でしたが、この日はだいぶ
海況がおさまりつつあり、初心者でも何とか潜れる海になって一安心でした。


とは言え、波がまったく無くなったわけではないので1本目は安全に王の浜へ!

昨日よりも浅場のウネリが弱くなり、だいぶ見やすくなりました。
まずはロープ沿いの浅場に何故か単独のヒレナガカンパチ!が。。。
あまりにも動きが鈍かったので思わず撮りましたが、その後は急いで
泳ぎ去って行きました(^^;
151018-hirenagakanpachi.jpg

沖へ向かう途中の根の上ではイッセンタカサゴygの群れ!がキレイでした。
こうした南方種の回遊魚の群れが見れるのは王の浜の良いところです。
151018-issentakasago.jpg

サンゴの上では、相変わらずイッテンチョウチョウウオの姿が目立ちます。
余程この場所がお気に入りのようですね。
151018-ittentyoutyouuo.jpg

サンゴの下にはヒレグロコショウダイygが出たり入ったり・・・
中々撮らせてもらえなかったのですが、今季初なので嬉しい出会いです。
151018-hiregurokosyoudai.jpg


2本目は風がだいぶおさまっていたので、思い切って秋の浜へ!

まあ波はそこそこ高かったですが、朝一でチェックした時の半分ほどの大きさに
波が小さくなってくれていました。
久々の秋の浜でしたが、やっぱり西側の海より透明度が良いですね~♪

砂地との際ではキレイな発色のコガネキュウセンygを見てもらいました。
ちょうど大きさも手頃で、あまり激しく動かないのでガイドネタにはかかせません。
151018-koganekyuusen.jpg

沖では抱卵中のアカホシカクレエビを紹介です。
中々肉眼では見え辛いのですが、こうしてマクロレンズを使って写真を撮ってみると
キレイなオレンジ色した粒々の卵が見えるんです♪
151018-akahosikakureebi.jpg

浅場のフリソデエビのペア!も定位置で健在だったのでホッとしました(^^)
2日間程、かなり荒れ狂っていたのですが、荒波を乗り越えてくれて助かりました。
151018-furisodeebi.jpg

他にもテンクロスジギンポ・ワニゴチ・イソギンチャクエビのペア・トラウツボ・
ホウライヒメジ・イサキの群れ・トウシマコケギンポ・ソラスズメダイの群れ!

などが。

しばらく晴れが続きそうですね(^^)でも週末の度に荒れるのだけは勘弁してほしい
ものです(><)




今日も大荒れの伊豆大島です(><)

10月17日(土) 天気:雨のち曇り

<王の浜> 透明度:6~8m 水温:21~22℃ 海況:ウネリ中

今日も予報どおり朝から強い北東風の影響と台風と思われるウネリのせいで
全ポイント大荒れとなっています。

早朝到着されたお客様にはそのまま海の様子を直接見てもらい、波が高く
安全ではないという理由もあり、本日は仕方なくキャンセルでした。

その後は、10時35分着の上級者のリピーターさんだったので、相談の結果
ウネリや波がある中でも、一番穏やかな王の浜にENしました。

結果を先に言うと、潜れるには潜れたのですが、上級者でも気を抜いていると
ウネリでモミクチャにされるは、砕けた波で視界が0になりロストするは・・・と
散々なダイビングでした。
そんなこともあって、昨日に引き続き今日も1DIVのみで2DIV目は温泉に(^^;


まあ自然相手なので仕方ないですが、潜るか潜らないかに凄く悩む海況が
2日連続で続きました。明日も正直微妙ですし。。。(><)


そんな悪海況の中でも新たな出会いがあったりと、まあ潜ればそれなりに
収穫はありました♪

まずは個人的には今季初となったムスジコショウダイyg!
例年ですと、もっと早くから見れてる気がしますが・・・やっと最近現れましたね。
151017-musujikosyoudai.jpg

そして王の浜の湾内に限り、毎年よく目にするゴマモンガラyg!です。
他のポイントにもいるのかもしれませんが、僕は大抵ここ王の浜で目にします。
151017-gomamongara.jpg

モンツキハギygも沢山見れて、今日みたいに空が暗い日は黄色が目立ちますね。

151017-montukihagi.jpg
メガネスズメダイygも穴に隠れて、ウネリから必死に身を守っていました。
151017-meganesuzumedai.jpg

ラストはEX手前の水面近くを浮遊していたアオリイカygです。
151017-aoriika.jpg

他にも、サザナミヤッコyg・ミナミハコフグyg・シマハギyg・セダカスズメダイyg・
シロタエイロウミウシ・ボラの大群・アカハチハゼ・オヤビッチャ
など。


さてさて、明日はまともに潜れるのだろうか???まったく読めません(><)

荒れてしまいトホホの1DIV。

10月16日(金) 天気:小雨のち曇り

<王の浜> 透明度:6~8m 水温:21~22℃ 海況:風波あり

天気予報どおり、冷たい北東風と雨な1日でした。
ゲストのリクエストは「秋の浜」でしたが、朝ポイントに到着すると・・・
かなりの大波(><)400本以上潜ってるゲストさんでもさすがに、
今回は止めました。

結局、一番波の影響が少なそうな王の浜へ。。。

マクロ大好きなゲストさんだったので、浅場の湾内~水深は8m以内までで
じっくり楽しんでもらいました。
とは言っても、波の影響でかなりウネウネの中での撮影に四苦八苦でした。

そんな今日はこんな子達が撮影出来ました。

まずはシマハギyg!
王の浜にENした瞬間から、だいたい最初に目にする魚ですね(^^;
水深2m以内のこの時期ならではの南方種です。
151016-simahagi.jpg

次いでアカハチハゼ!
大島ではこの時期、どのポイントに潜っても大抵見れる種ですが、
綺麗なハゼなので人気者です。
151016-akahachihaze.jpg

王の浜と言えば、比較的よく目にするミヤコテングハギyg!
何故、王の浜で多く見かけるのかは不思議ですが。。。

151016-miyakotenguhagi.jpg
そして今年の王の浜にはコチラのタスキモンガラyg!が嬉しいですね。
以前から目にはしていましたが、今シーズン撮ったのは初です♪
151016-tasukimongara.jpg

シロタエイロウミウシがペアでもそもそしてました。
このウミウシはどのポイントでも浅場でよく見かけますね。
151016-sirotaeiro.jpg

最後はあまり逃げずに必死にエサを探し食べていたイシダイyg!
これで大きさは10cmくらいです♪
151016-isidai.jpg

他にも、サザナミヤッコ若魚・ミナミハコフグyg・スミツキベラyg・
メガネスズメダイyg・セダカスズメダイyg・アオリイカygの群れ!

などでした。

EXする頃には、EN前よりも波が高くなり大荒れに(><)
その結果、この1本で本日は終了となりました。
明日は更に北東風が強くなる予報。。。果たして潜れるのだろうか???



ペアになったフリソデエビ♪

10月15日(木) 天気:晴れ時々曇り

<秋の浜> 透明度:8~10m 水温:21~23℃ 海況:波あり

連日の北東風の影響からなのか?今日突然、透明度が落ちてしまいました(><)
まあ、本日のゲストはマクロ大好き!な方なので、あまり気にならなかったようですが、
復活の兆し途中だっただけにガックリです。

さて少々波はありましたが、秋の浜大好きゲストさんと一緒にじっくり潜って
いろいろ見てきました~


まずは深場のフタイロハナゴイ!
キンギョハナダイに混じって泳ぐ、泳ぐ・・・。必死に追いかけましたが、この1枚が
何とか撮れたくらいで大変でした(^^;
151015-futairohanagoi.jpg

そして表題にも書きましたが、なんと!フリソデエビがペアになりました(^^)/
地元ガイド仲間の話曰く・・・定位置から脱出していた大きいフリソデ君が・・・
ちょっと離れた場所で小さな相方と一緒に並んでいたそうです。
新たな相方は1cmも無い程小さく・・・それでもやっぱり仲間同士はちゃんと
解ってるんですね~♪素晴らしい!
151015-furisodeebi.jpg

段上ではタテガミカエルウオと遊んできました~
だけど今日の海況では揺れて揺れて、正直撮影はしんどかったです(^^;
151015-tategamikaeruuo.jpg


2本目も中央エリアをウロウロと。。。

ゲストさんと、久々にソメワケヤッコ!の撮影にトライしてみましたが・・・
やはり敏感で今日も納得いく写真は撮れませんでした。
151015-somewakeyakko.jpg

浅場ではアカハチハゼの姿も見れています。。。
151015-akahachihaze.jpg

個人的には久々にメガネスズメダイygに出会えて嬉しかったです。
ずっと初心者ばかりのガイドだったので、中々こうしたチョロチョロ動き回る魚は
ガイドネタにしていなかったので。。。
151015-megane.jpg

他にもいろいろ見れたのですが・・・きりがないので(^^;

さて、明日はかなり強く北東風が吹く予報なのですが・・・果たして潜れるだろうか?





Myカメラがやっと復活!

10月14日(水) 天気:晴れ

<秋の浜> 透明度:8~15m 水温:21~23℃ 海況:やや波あり

今日は修理からやっと戻ってきたMyカメラのお試しも兼ねて、
約3カ月ぶりの調査DIVに行ってきました~♪
やっぱり同じコンデジでも、8年前の機種とでは撮れる写真が全然違いますね。


昨夜から北東風が吹き始め、やや波のある秋の浜でしたが普通に潜れるレベル
で一安心です。
ただ水温は1℃程度下がったでしょうか。。。全体的に22℃台でした。

調査DIVそのものも久しぶりでしたが、水深25mを超えたのも何カ月ぶり?て事で
まずは水深30m台で見れた素敵な魚達からご紹介。。。


まずは定番のスジハナダイyg!
こういった写真もカメラが復活してやっと撮れるようになりました(^^;
151014-sujihanadai.jpg

側ではシテンヤッコygも見れて、何とも面白いです。
151014-sitenyako.jpg

そして夏の間、行方不明だったクダゴンベ!もようやく戻ってきてくれました。
もうちょっとだけ浅いと、中級者でも安心してガイドネタに出来るのですが、
ちょっとまだ上級者向けの水深ですかね(^^;
151014-kudagon.jpg

そしてまだ秋になったばかりなのに、マトウダイygに遭遇してしまいました。
まあ確かにこの辺りは水温21℃台でヒンヤリしていましたが(^^;
151014-matoudai.jpg

浅場に戻りながら、途中にいるタテジマキンチャクダイygも撮影。。。
一昨日の月祝のログ写真とまったく同じ子ですが、こうも写真に違いが出ると、
古いカメラでは撮りたくなくなりますね。。。
151014-tatekin.jpg

浅場で見れる魚達としては、、、
まずはミヤコキセンスズメダイygです。残念ながらこの子はこんな写真と
なってしまいましたが、やっぱり見れると嬉しい魚です。
151014-miyakokisen.jpg

人気のフリソデエビは、巣穴の蓋石がなくて居なくなった?と思いきや、
すぐ手前の小さな穴にちゃんと居てくれました(^^;
151014-furisode.jpg

ミナミハコフグygも正面顔がバッチリ!
カメラの違いでタテキンyg同様に、前々違う写真が撮れて満足です♪
151014-minamihakofugu.jpg

最後にタカベの群れ!をワイドで撮影。。。
やっぱり明るいレンズは最強ですね。
151014-takabe.jpg

他にも、アカハチハゼ・ケラマハナダイyg・スミレナガハナダyg・
クロスジウミウシ・ミチヨミノウミウシ・ツユベラyg・カンムリベラyg

などが見れています。

明日からリピーターの上級者ゲストさんがいらっしゃいます。
何か新たな出会いがあるといいな~♪





連休最終日は快晴に!

10月12日(月祝) 天気:晴れ

<秋の浜> 透明度:10~15m 水温:23.5℃ 海況:良好

昨日までのぐずついた天気が嘘のように朝から晴れ渡りました!
今日は新たなリピーターゲストが合流して、久々にじっくり潜れています。
天気は良いのですが、南西からの強風により、潜れたのは秋の浜のみ。。。
でも島の東側にある秋の浜はベストコンディションでした!!


1本目は右エリアに。。。

まずはいつものようにタカベの群れ!カンパチが狙っています!
久々に太陽が差し込み、青い海が楽しめて群れも一層キレイに見れました♪
151012-kanpachi.jpg

水底では新たにタテジマヤッコygに遭遇♪
中々渋い色合いですが、目に特徴があって個人的には好きです。
151012-tatejimayakoo.jpg

写真は撮れませんでしたが、側にはソメワケヤッコygの姿も。。。

カメラ水没で、8年前の古いカメラなので。。。中々写真が撮れないんです(><)
早く治って帰らないかな~

右エリアはヤッコ系が多く、レンテンヤッコygも沢山見れています。
151012-renten.jpg

側ではアカハラヤッコygの姿も。

他にもアオアリイカyg・ヒラメ・ワニゴチ・ミヤコキセンスズメダイygなどが。


2本目は中央~際エリアへ。。。

沖で抱卵中のアカホシカクレエビを観察してきました~
やっぱりお腹にこれだけ卵を抱えていると、動きが重たそうです(^^;
151012-akabosi.jpg

際のタテジマキンチャクダイygも一回り大きくなってだいぶ撮り易くなりました♪
151012-tatekin.jpg

今年も個体数多めのイガグリウミウシです。
あまり伊豆半島では見れない種なのか、比較的皆さんに人気があります。
151012-igaguri.jpg

なんちゃって写真ですが、一応ミナミハコフグygの姿も確認出来ました。
151012-minamihakofugu.jpg

他にも、コガネキュウセンyg・シマウミスズメyg・キイロウミウシ・
フリソデエビ・ツユベラyg・カミソリウオ
などが見れています。

さて、火~水とゲストが切れるので、子供から頼まれてる自転車小屋の
DIYを頑張って仕上げねば(^^;


という訳で、海はキレイになってマクロ系が豊富で楽しいですよ~♪


連休中日で秋の浜は大混雑!

10月11日(日) 天気:小雨のち曇り

<秋の浜> 透明度:8~15m 水温:23.6℃ 海況:良好
<野田浜> 透明度:8~10m 水温:23.2℃ 海況:良好


今日は入れ替わりのゲストも大勢居た関係上、3DIVです♪
ゲストの大半が初ファンダイブのような初心者ばかりだったので、
水深は全体的に浅目です。

午前中の秋の浜は、透明度が10~15mくらいあってキレイでしたが、
午後からは全体的に10mくらいに透明度が落ちてしまいました。


特に新しい発見はありませんでしたが、人気種はほとんど定位置で
見れています。

フリソデエビ・イソギンチャクエビ・アカホシカクレエビ・イソギンチャクモエビ・
ツユベラyg・カミソリウオ・イガグリウミウシ・ミチヨミノウミウシ・
チシオコケギンポ・
などが。
151011-kamisori.jpg


野田浜では、人気のイロブダイygが定位置で見れています!

アーチに向かう手前で一緒に潜っていた上級者ゲストさんが、ウミウシを
教えてくれました。
キャラメルウミウシサキシマミノウミウシです。

水中アーチ内にはイサキがほとんどいませんでしたが・・・
ホウライヒメジスズメダイなどの群れが楽しめています!

明日は天気が回復して朝から晴れそう♪楽しみですね~


10月の3連休スタートです♪

10月10日(土) 天気:曇りのち小雨

<ケイカイ> 透明度:8~10m 水温:22~23℃ 海況:良好
<秋の浜> 透明度:10~12m 水温:23~24℃ 海況:良好


秋の連休初日だけあって、かなりのダイバーが大島に集まっています。
昨日のリサーチDIVのログも合わせて、アップ致します。。。


昨日も、今日も秋の浜はだいぶ透明度が復活してきました。

際沿いには相変わらずタテジマキンチャクダイygが観察出来ています。
この模様が可愛いですね。
151010-tatekin.jpg

定着しそうもありませんがネッタイミノカサゴygなんかも昨日は見れています。
151010-nettaimino.jpg

浅場のフリソデエビ!は大人気で、今日も撮影のために長蛇の列ができていました。
151010-furisode.jpg

今日は右エリアに向かったのですが・・・相変わらず魚の群れ!が凄いですね。
本日はタカベの大群!にカンパチが猛アタックしているシーンでした。

そして1m超えの巨大クエもその側を何気に通過。。。ちょっと驚きました。

砂地ではヨコシマクロダイygの姿も♪
151010-yokosimakurodai.jpg

EX間際のカミソリウオはメスだけ健在!オスは何処へ?
151010-kamisori.jpg


ケイカイは、残念ながら逆潮だったせいで、透明度はあまり良くなかったです。

アデヤカミノウミウシ・カゴカキダイの群れ・テングダイ・ツユベラygなどが
見れています。

明日は午前中いっぱい雨の予報(><)予報が変わって晴れてくれないかな~(^^;


台風前の野田浜でしたが・・・(><)

10月6日(火) 天気:晴れ

<野田浜> 透明度:1~8m 水温:23℃ 海況:ウネリ大

1日遅れのログ更新です。。。
リピーターの上級者ゲストさんが急遽、日帰りで潜りに来てくれました。

前日の5日から吹き始めた強い北東風に加えて、台風からウネリが徐々に
入ってきてましたが、日帰りで時間がないという理由から、ショップからすぐの
野田浜へ潜る事に。。。

しかしこれが裏目に出まして・・・
潜る前は、まあ上級者だし多少浅場のロープ沿いが白波で時折見えないくらいで
何とか潜れるかな~という考えで、潜ってきたんです。


ちょっと予想よりもハードなウネリとホワイトアウト状態でしたが・・・
まあ、行きは何とか深場まで一気に出てしまい何とか、ダイビングそのものは
出来たんです。(問題は帰りでした(^^; )

そんなウネリの中で撮った写真はこの2枚だけ(^^;

まずは以前から情報だけは頂いていたイロブダイyg!!
個人的にも今期初だったので、見れて良かったです♪
151006-irobudai.jpg

そして水中アーチの中には少ないながらもイサキの群れ!が健在でした。
151006-isaki.jpg

さて、ウネリで舞った海藻等が酷いので・・・早々に引き上げることにしたのですが、
ここからが地獄の始まりでした。。。


浅場の水路(水深約5m)のところまで来たのはいいのですが、そこから引き波が
強くてまったく前に進めないのです。イントラ&1000本の経験者ゲストが必死に
フィンキックをしてもまったく進まず・・・、岩につかまりながらとも思ったのですが、
その手も波の勢いで引き離されてしまうのです。
そんな時に限って一番巨大なウネリ波が来たらしく・・・
その引き波でモミクチャにされながら一気に20m近くも、沖へ戻されて
しまいました(><)


もちろん、最終的には波のタイミングを少しずつ考え、時間をかけてやっとの思いで
ガイドロープまで辿り着き捕まる事が出来たので、無事EX出来ましたが。。。
正直、冷や汗ものでした(^^;

改めて海の怖さ、波の恐ろしさを痛感したと共に、ウネリの中の遠浅の厳しさ、
そして何よりも、潜る前の「何とかなるだろう。。。」の考えの甘さに大反省です。


やはりどんなにゲストが上級者でマンツーマンであろうとも、海をナメてはいけない!
ですね。トホホ



やっぱり秋の浜は凄い!

10月3日(土) 天気:晴れ

<秋の浜> 透明度:10m 水温:23~24℃ 海況:良好

3日遅れのログで申し訳ありません。。。

この日は、初来店のお客様を迎えてのんびり秋の浜を2DIVです。
まだ初心者さんだったので、基本的には浅場を中心に。。。


まずは今年も出たよ!と聞いて、早1週間・・・やっと写真を撮ってみました。
只今、秋の浜のNo1アイドル、フリソデエビです!!
やっぱりこのエビは何度見ても素敵です(^^)/
151003-furisodeebi.jpg

そして沖ではいつの間にか大きく成長していたハタタテハゼ!
つい2週間くらい前までは、もう少し小さかったハズなのに(^^;
だいぶ撮り易くなったもんです。
151003-hatatatehaze.jpg

久しぶりにイガグリウミウシ!に出会えました。
しかもペア~♪
151003-igaguri.jpg

そしてこの日の新発見!は毎年お馴染みのヌノサラシyg!!
今年は見れないな~・・・なんて思っていたら、出会えちゃいました。
もちろん今季の初見です(^^)/
151003-nunosarasi.jpg

EX前のカミソリウオはこの日も健在!!
いったいいつまで見れるだろう?
151003-kamisori.jpg

他にも、右斜面では相変わらずもの凄い数の群れ群れ群れ状態です。
タカベの群れ!&子アジの群れ!&アカムツの群れ
そこへ10匹近いカンパチが襲いかかっていました~
これはこれで見応えあり!です。

僕達は見れませんでしたが、浅場の水面近くではイトヒキアジ!
見れたらしいです♪

やっぱり秋の浜はいろいろ見れるスーパービーチですね!


プロフィール

OFかっすん

Author:OFかっすん
伊豆大島ダイビングサービス
山&星のネイチャーガイド
オレンジフィッシュ代表 粕谷浩之

ダイビングの情報&陸のネイチャーガイドの記事や写真を紹介しています。

最新記事

最新トラックバック

検索フォーム

ブロとも申請フォーム

QRコード

QR