数か月ぶりに穏やかな週末です!

11月28日(土) 天気:晴れ

<秋の浜> 透明度:12~15m 水温:20~21℃ 海況:良好

週末2日間とも穏やかな予報となったのは、いったいいつぶり?
とは言っても、西風が残り西側のポイントはちょっと波が高いままですが、
今日の秋の浜はまるで真夏のような穏やかな水面でした!


本日は名古屋から初めて大島にお越し頂いたショップ御一行様のガイドで
案内してきました~


初めて一緒に潜る方達ばかりなので、1本目は様子を伺いながらノンビリと。。。

中層を優雅に泳ぐイサキの群れ!スズメダイの群れなど見つつ、
アカホシカクレエビ・ソメワケヤッコなども見てもらいました。

帰り際、クロメガネスズメダイyg!を発見です。
個人的には今季初見ですが・・・ずっと前からこの場所に居たのでしょうか?
良く通るコース上だったのに、まったく気づきませんでした(^^;
151128-kurosuzumedai.jpg

浅場では変わらず定位置でフリソデエビが見れています!ペアなのですが、
穴が小さく中々、ペアで撮れないんですよね(^^;
151128-furisodeebi.jpg

ここ数日ずっと一緒に潜ってたゲストさんが浅場でミナミハコフグygを
同じような場所で3個体
一気に見れたそうです♪素晴らしい!


2本目はだいぶ時間的に暗くなってしまいましたが、それでもいろいろ見れてます。

まずはヨコシマクロダイyg!
一時は7個体くらい居て、今年は大ブレイクでしたが、最近数が減りました。
151128-yokosimakurodai.jpg

トサカに絡む定番のアオサハギyg!
秋の浜ではいろんな場所で見れるので、こういう水中が暗くなって中層が使えない
時には重宝するお魚ですね♪
151128-aosahagi.jpg

浅場では定位置のミヤケテグリyg!
まだまだ可愛いサイズなので、年内いっぱいは楽しめそうです♪
151128-miyaketeguri.jpg

他にも、ウメイロモドキyg・キツネベラyg・イサキの大群・コイボウミウシ・
アカシマシラヒゲエビ・ベニカエルアンコウ・
などが。

さて、明日は出来れば西側にも潜りたいところですが、風次第ですね(^^;


スポンサーサイト

今日は猛烈な西風で全便欠航(><)

11月27日(金) 天気:晴れ

<秋の浜> 透明度:15~20m 水温:20~21℃ 海況:ほぼ良好

昨日までとは一転、風向きが西に変わり、天気も快晴でしたが・・・
なんと船は全便欠航となるくらい大シケに。
幸い、ゲストさんが来たり帰ったりする日でなかったので助かりましたが、
久々の全便欠航でちょっと驚きました(^^;


海は・・・西風の場合だと、完全に島影となる秋の浜だけは静かになるので、
今日はゲストさんと秋の浜オンリーDIVでした。


水温は1℃程下がりましたが、午前中はスコーン!と抜けた透明度で、
泳いでいてとっても気持ち良い透明度でしたよ~♪


1本目はピカチュウのリクエストで中央エリアに。。。

少し探しましたが、ほぼ予定どおりの辺りでピカチュウ2個体無事発見です(^^;
大島の場合、この種のウミウシは常に動いているので、毎回探すのには
苦労します。。。
151127-pika.jpg

側ではタテジマヤッコygが顔だけチラチラと巣穴から出してくれていたので
1枚撮ってみました~
151127-tatejimayako.jpg

そして今日は久々にクビアカハゼを撮ってみました~
今年は例年より個体数が少なめな気がしますが・・・大島では秋冬の定番ですね。
151127-kubiakahaze.jpg


2本目はハタタテハゼのリクエストで、右エリアへ。。。

中層にはイサキやらスズメダイやらが沢山群れていて、何か大物が出そうな雰囲気
だけはありましたが・・・何も出ず(^^;
目的の場所へ。。。すると、前回よりも少し沖に移動していましたが、居ました!
ハタタテハゼ!今日は全部で4個体が一緒に見れました♪
さすがに4個体全てにピントを合わせるのは無理でしたが、撮り易いサイズです。
151127-hatatatehaze.jpg

浅場では、普段見てるのとは別個体のヌノサラシ!が何故か?元気に
泳いでいました。いつもは穴の側で、臆病にしてるのに・・・引っ越し中だったのか?
151127-nunosarasi.jpg

他にもソメワケヤッコyg・レンテンヤッコyg・セナキルリスズメダイyg・フリソデエビ・
クロイトハゼのペア・ツユベラyg・ミナミハコフグyg・サザナミヤッコyg
・などが。

明日は今日より風も弱くなるようなので、一安心です。。。




船就航ギリギリの大荒れぶり(><)

11月26日(木) 天気:雨のち晴れ時々曇り

<王の浜> 透明度:10~15m 水温:21℃ 海況:やや波あり

昨夜はかなり猛烈な北東風が朝方まで吹いたので、今日の午前中は
どこも海は大シケでした。そのせいで高速船は大島でさえ条件付きだったし、
大島から先の島は全便欠航となったほどです。。。


海は当然ながら、まともにダイビング出来るようなポイントは少なく、
唯一・・・王の浜なら潜れるかな~というレベル。。。
なので、ゲストと相談して午前中は様子見て午後から1本だけ潜りました!


湾内を進むと、壁沿いでミナミハコフグygが見れました。以前もこの場所だったので
よほどお気に入りの場所なのでしょう。。。
151126-minamihakofugu.jpg

ロープ添いの近くでは、以前から見てるタスキモンガラ!の姿も未だに健在でした。
本当に魚にしては不思議な模様柄が書かれた魚ですよね~(^^;
151126-tasukimongara.jpg

沖へ向かう途中の穴の前にはミナミハタンポygの群れ!がキレイだったので
撮ってみました~
151126-minamihatanpo.jpg

戻り際にウメイロモドキygがウロウロしていたので、久々に撮ってみました~
3色のカラーリングが本当にキレイな魚ですね。
151126-umeiromodoki.jpg

側ではゲストさんが何やら指さして教えてくれました!
うーん、どうやらハマフエフキyg!になるのでしょうか?多分、毎年見れてる魚では
あるのでしょうが・・・改めて撮ったのは初めてかもしれません。意外とキレイな魚です。
151126-hamafuefuki.jpg

他にも、ツユベラyg・シマハギyg・タカベの群れ!イサキの群れ!などが。


さーて、明日からガラッと風向きが西に変わるので、ようやく静かな秋の浜が
楽しめそうです。週末が終わるまで、弱い南西風くらいだと非常に助かるのですが
果たしてどうなる事やらです(^^;


また透明度が回復しました~!

11月24日(火) 天気:晴れ時々曇り

<秋の浜> 透明度:15~20m 水温:21~22℃ 海況:ややウネリあり

週末が終わり、お約束のように天気も海況も良くなりました。
でも今週は明日からまた低気圧の影響で暴風雨となる予報で今日は貴重な
晴れ日かつ、海日和でした。

本来ならば今日からCカード講習の予定でしたが、明日からの海況が良くないので
日程を延期に。。。こればかりは自然相手なので仕方ありませんが残念です。


ただせっかくの海日和だったので、1本だけ調査で秋の浜に潜りました。
時折、大きなウネリ波は残るものの、昨日の午前中に比べれば全然マシです(^^;


ちょうど潜る頃は曇り空でしたが、水中透明度が復活してくれたおかげで、
案外明るく、視界良好な1本が楽しめています♪


これだけ水中が明るいならばと。。。ヤシャハゼの場所へ!
予想通り今日はご機嫌良くペアで巣穴から出てホバーリングしていました。
いつもこうだとガイドし易いんですけどね(^^;
151124-yasya.jpg

先日から良くピカチュウを見かけるエリアを散策していると、今日も2個体
無事発見出来ました。
写真の子はウデフリの右腕が何だか痛々しい個体でした。
他の魚につつかれたのか?病気なのか?
151124-pika.jpg

浅場に戻り始めようとしたらちょうどニシキオオメワラスボが目に入りました!
相変わらず細くてクネクネと泳ぐから撮りにくい被写体ですが、今日は運良く
この1枚が撮れました(^^;
151124-nisikioomewarasubo.jpg

浅場に戻っていろいろ探しましたが、これといった発見はなく・・・
仕方ないので、おそらく年内くらいまでしか見れないシコクスズメダイyg
遊んできました。
151124-sikokusuzumedai.jpg

もうちょっと浅場にいろいろと種類がいればより楽しいのですが・・・
最近は毎日見れる定番種くらいですね(^^;

明日はおそらく猛烈なシケでクローズ状態となりそうですが、浅場の南方種達が
生き残っていてくれることを祈りましょう。



やっぱり最後は大荒れに(><)

11月23日(月祝) 天気:曇り

<秋の浜> 透明度:8~12m 水温:21~22℃ 海況:大波

この連休中、ギリギリ持つか持たないか・・・と思っていましたが、
やっぱり持たず、本日の秋の浜は大荒れの為、1DIVのみで終了となりました。
でも他のポイントならば、多少回り込んだ波はあるものの、初心者でも何とか
潜れるレベルだったのですが、今週末のゲストさん達は、秋の浜にこだわる
超・上級者グループさん達だったので、仕方ありませんね(^^;


しかしながら、目的だったニタリ様には結局会えず・・・撃沈(><)
まあそんな簡単に当たり前に見れないサメなので。。。
それでも他のショップ情報曰く、本日朝一でニタリを目撃されたようです。
ウーンまさかのニアミス!ってやつで、本心ガックリでした。


そんな訳で、あまり今日は写真撮ってないのですが、一応お見せした魚で
2種類ほど。。。(^^;

まずは最近定番のスミレナガハナダイのメスです。
人気でレア度が高いのはオスなのですが・・・秋の浜では禁断の深さへ
行かないと中々お目にかかれないので、メスのみのご紹介です。
151123-sumirenagahanadai.jpg

そして毎年10月くらいから個体数が増えてくるケラマハナダイygです。
幼魚と言ってもこの子は4~5cmくらいでした。
尾びれの赤い△マークが可愛いですね。
151123-keramahanadai.jpg

他にも、ベニハナダイyg・スジハナダイ・シテンヤッコyg・ヒマワリスズメダイyg・
タテジマキンチャクダイyg・セナキルリスズメダイyg・スミツキベラyg
・など。

明日は穏やかに晴れるそうです。。。まったく週末が終わるとこれだもんね(><)


連休2日目は荒海の秋の浜(^^;

11月22日(日) 天気:曇り

<秋の浜> 透明度:10~12m 水温:20~22℃ 海況:波あり

連休の中日はかなり荒れた秋の浜となってしまいました(><)
ただゲスト全員が150本以上なので、まったく動じず普通に潜ってしまいました。


残念ながら、透明度が落ちてしまい・・・全体的に10mちょっと。。。
まあ深場だけはまずまずの透明度がありましたが(^^;

深場では写真はありませんが、ヤシャハゼのペア・ニシキオオメワラスボ・
スジハナダイ・スミレナガハナダイ♀・ヒマワリスズメダイ・シテンヤッコyg・
タテジマキンチャクダイyg・ハタタテハゼ!
などが見れています。

写真は水深20m付近で見れるイナセギンポ!
この魚、見れる時と見れない時とマチマチですが、見れると嬉しい魚です。
151122-inaseginpo.jpg

段壁沿いでは久々に以前見たミヤケテグリygが健在でした。
今年はこういったテグリ系が少なめだったので貴重な存在ですね。
151122-miyake.jpg

ベニカエルアンコウも定位置でガッツリ擬態していました~
全身を写しても、よく見えないので・・・顔のアップ写真です。
151122-beni.jpg

段上では水温が高いおかげで未だにモンツキハギygがウロウロしてます。
たまには撮ってあげないとね(^^;
151122-montukihagi.jpg

最後はゲストの一人が見つけたフトスジイレズミハゼ!
小さな穴の中にいることが多いので、撮るのはちょいと苦労しますが、
何度撮っても可愛いのです♪
151122-futosujiirezumi.jpg

明日も北東風は変わらなそうで・・・何とか潜れれば良いのですが(^^;


今年最後の連休スタート!

11月21日(土) 天気:晴れ

<秋の浜> 透明度:12~20m 水温:21~22℃ 海況:やや波あり

連休初日は、天気も良く風も弱いベストコンディションでした!
秋の浜にはやや波とウネリがありましたが、今週は1000本以上の
経験本数を誇る兵グループの皆さんだったので、久々に秋の浜をディープに
満喫してきました~(でも水深MAXはちゃんと40mですよ)


狙いは尾鰭の長~いヤツ!だったのですが、本日は沈黙の深場で終了。。。

しかしながら、マクロ系でチョコチョコと見てきました~♪

まずはセナキルリスズメダイyg!
この子は今まで見てきた右の子ではなく、左の際沿いの子です。
地元ガイド仲間からの情報で見てきました~
151121-senaki.jpg

運よく大きめなハタタテハゼも今日は出てくれていました!
この子は、居るのは分かっていても中々見れるケースが少なく、
久々に見た気がします。
151121-hatatatehaze.jpg

そして、本日1本目はゲストさんの記念DIVでした。
まあ普通は、100本とか200本とか500本が定番なのですが、写真のとおり・・・
祝1500本です(^^;本当に素晴らしい!おめでとうございます!!
151121-oiwai.jpg

マクロ派のゲストさんも居たので、ピカチュウことウデフリツノザヤウミウシ
見て頂きました。ちょっと僕の写真は何だかウミウシっぽくないですが(^^;
ゲストさんは可愛い姿を撮っていました~
151121-pika.jpg

浅場ではかなり大きめなミナミハコフグygが健在です。
3cmくらいはあるかな。。。このくらいだと撮り易いですが、個人的にはやはり
もっと小さい子の方がいいな(^^;
151121-minamihakofugu.jpg

他にも、スミレナガハナダイ・ヒマワリスズメダイ・クダゴンベ・マダイ
タテジマキンチャクダイyg・アカシマシラヒゲエビ・フリソデエビ・
ベニカエルアンコウ・タテガミカエルウオ・カンムリベラyg
などが。



オシャレハナダイに久々に出会う!

11月20日(金) 天気:曇り時々雨

<秋の浜> 透明度:12~20m 水温:22~23℃ 海況:波あり

昨日は猛烈な北東風でほぼクローズ状態、今日も引き続き北東風ですが
風が弱まったおかげで、波は残ってましたが普通には潜れています。


月曜以来でしたが、水温は高いままキープしてました。
そして透明度がかなり上がっていて今日は雨空で暗かったにも関わらず
透明度が15m以上あって素晴らしかったです♪


深場では久々にオシャレハナダイを見る事が出来ました。
見たのは約半年ぶり?ただゲストからリクエストもらって見に行くと
見れないことが多いんですよね~(^^;
151120-osyarehanadai.jpg

毎年深場でほぼ定番に見れるのはやっぱりスミレナガハナダイのメス。
ガイド範囲内の水深では中々オスが見れないは残念ですが、十分にキレイな
魚ではあります。
151120-sumirenagahanadai.jpg

他にはトサヤッコygなんかも久々にゆっくり見た気がします。
そういえばこの魚も深場限定ですが、ここ数年は個体数多めです。
151120-tosayakko.jpg

浅場では未だにフリソデエビがペアで健在です!
もうかれこれ1ヵ月以上になります。このまま今年も年を超えそうですね♪
151120-furisodeebi.jpg

最後はこれまた長い間、観察出来てるカンムリベラygです。
一時は、5個体くらい居たのですが、最近はめっきり数が減りました。
151120-kanmuribera.jpg

さて、明日から今年最後の連休です。何とか海が荒れない事を祈りましょう。



黒潮キタ~!水温22℃台にUP(^^)/

11月16日(月) 天気:晴れ

<秋の浜> 透明度:12m 水温:22.5℃ 海況:良好

やはり週末が終わると穏やかに晴れて海況も静かに。。。
こんなダイビング日和が週末に当たれば本当に良いのに(><)

午前中はゆっくり体を休めて、午後から1本調査で潜ってみました~

今日のトピックスは何と言っても水温22℃台に上がった事でしょう!!
長々と続いていた、白濁も弱まり水温もグッと上がって良い海に戻りました~♪


そして初物としては、ピカチュウこと、ウデフリツノザヤウミウシ!です。
先々週からカンナツノザヤ~が出ていたので、そろそろツノザヤ系のウミウシが
増えてくるだろうと思い探していました。するとヤッパリです(^^)/
151116-pika.jpg

さらに水温が上がったおかげなのか?ヤシャハゼがペア!で顔を出していました。
もうちょっと近づきたかったのですが・・・残念ながら今日はこれが限界でした。
151116-yasya.jpg

際壁の深場では、未だにシテンヤッコygの姿がありました!
非常に鮮やかな黄色が目立つキレイなヤッコですよね♪
151116-sitenyakko.jpg

浅場では今日もヌノサラシ若魚!がいい感じで見れました。
この子もこのくらいの大きさまでは非常に可愛いのです。
151116-nunosarasi.jpg

最後は久々にフトスジイレズミハゼと遊んできました。
この子はちょうど良い高さの穴の外に出ていたので撮り易かったです。
151116-futosujiirezumihaze.jpg

他にも、アカハチハゼ・マグロ!・クロイトハゼのペア・ソメワケヤッコ・
サザナミヤッコyg・タテジマキンチャクダイyg
などが見れています。

これでもうちょっと透明度が上がれば、尾鰭の長~いヤツ!も目撃し易く
なるかもしれませんね。今後に期待が高まります♪



伊豆大島MDフェアーでした♪

11月14日(土) 天気:雨

<ケイカイ> 透明度:10m 水温:19℃ 海況:やや波あり
<王の浜> 透明度:10m 水温:19℃ 海況:やや波あり
<秋の浜> 透明度:10m 水温:19℃ 海況:波あり


朝から本降りの雨が降り続けた1日でした。やっぱり週末になると天気が
崩れる魔のサイクルは続いていたようです(><)


昨日からのゲストと今日からのゲストとの入れ替わりもあって計3DIVを
してきました~


午前中は北東風がかなり強く、秋の浜は大荒れだったので、表題のMDフェアーは
午後からしか参加出来ませんでしたが、雨の中にも関わらず大勢のメーカーさんや
観光協会スタッフ、そしてガイド仲間の協力で初日を無事終わらす事が出来たようです。


1本目のケイカイは多少回り込んできた風波はありましたが、まずまずの海況でした。

最近は居たり居なかったりでしたが、今日は定位置でハナタツ!が無事見れました。
愛嬌があってとても可愛い奴なんです。
151114-hanatatsu.jpg

驚いたのは巨大コブダイ!との遭遇です。1mは普通にあったでしょうか。。。
こんなに大きなコブダイを大島で見たのは個人的に初めてな気がします。
比較的大きなアオブダイは良く目にするのですが、コブダイですからね~(^^;
151114-kobudai.jpg

メインの根では久々にヒゲダイ!の姿もありました。
アゴに生えた”ヒゲ”はもちろんですが、色もシルエットも、中々渋めでカッコイイのです。
151114-higedai.jpg

他にも、アオウミガメ・アカエイ・テングダイ・イサキの群れ・アデヤカミノウミウシ
と比較的大きめな魚が多く見れました♪


2本目は、今日おそらく一番穏やかだっただろう王の浜へ。。。

相変わらず湾内はマクロ系が多く、中々楽しめます(^^)/
まずはミナミハコフグyg!
可愛い幼魚系の代表格ですよね。。。
151114-minamihakofugu.jpg

他にも湾内では、サザナミヤッコyg・メガネスズメダイyg・アカハチハゼ・
カンムリベラyg・ツユベラyg・シマハギyg・モンツキベラyg
などの
南方種の幼魚軍団がいろいろと楽しめます。

沖では、サンゴの下でナメラヤッコygに遭遇。
色は地味ですが・・・立派な南方種ですよ。
151114-namerayakko.jpg

そしてヒレグロコショウダイygが未だ、定位置で確認出来ました。
もうとっくに居なくなったと勝手に思っていたので、正直驚きました。
151114-hiregurokosyoudai.jpg

他にも、テングダイ・ウメイロモドキyg・イッセンタカサゴygの群れ!
まだまだ健在でしたよ~


ラスト3本目は、やっと風が収まり少しだけ波の威力が落ちた秋の浜へ。。。

ここは「伊豆大島MDフェアー」の会場だっただけに、ダイバーも大勢いました。
せっかくなので、BCと水中ライトをモニターしてお試しダイビングしてきました~

さすがに潜ったのが3時過ぎだったので、水中が暗く・・・魚は少なめでしたが、
ここでもいろいろと素敵な魚達が見れました~♪

まずはタテジマキンチャクダイyg!
たまに撮ってる個体とは別の個体の方です。こちらのタテキンygの方が小さくて
可愛かったです。
151114-tatekin.jpg

他にも、ヒマワリスズメダイyg・スミレナガハナダイyg・カガミチョウチョウウオ・
スジハナダイ・ケラマハナダイyg
などが深場で楽しめています。

浅場では、フリソデエビのペア・シコクスズメダイygなどを見ていたら、
偶然に中層を泳いできたナンヨウツバメウオ若魚に遭遇できました!
その頃は、時間的にも天気的にも水中がかなり暗く・・・写真は全然ダメでしたが
中々の感動的出会いとなりました。

ゲストさんが明日の午前便で帰ってしまうため、明日は潜らず家族サービスな
1日となりそうです。。。まあ、明日も午前中は雨予報なんですけどね(^^;



 

冬らしく、、、ウミウシカクレエビの登場♪

11月13日(金) 天気:曇り時々晴れ

<秋の浜> 透明度:10m 水温:19~20℃ 海況:波あり
<野田浜> 透明度:8m 水温:19~20℃ 海況:良好


天気はまずまずでしたが、相変わらず北東からの強風の影響で肌寒い
1日となりました。
そんな寒空を吹き飛ばすかのように本日からの新たなゲストさん達は
元気に5mmWETです♪


午前中1本目は少々荒れ気味の秋の浜へ。。。

午前中だったからなのか?少しだけ透明度が上がっていた気がします。
深場は12mくらい見えていたかな(^^;

イソギンチャクエビのペアを見せていると、ちょうど近くにいたガイド仲間から
ウミウシカクレエビ!を教えて頂きました♪
このエビを見ると、いつもいよいよ冬だなあ。。。というイメージです。
しかも大きい個体と小さい個体の2匹同時に見れるなんてラッキーです(^^)
151113-umiusikakureebi.jpg

砂地ではダイナンウミウヘビが見れました!
まあいつも臆病で近づくとすぐに砂に隠れてしまうんですけどね。。。
151113-dainanumihebi.jpg

他にも、アカシマシラヒゲエビ・ヨスジフエダイyg・フリソデエビなどが。


2本目は穏やかな野田浜へ。。。

こちらは午後から潜ったから、水中が結構暗かったです(><)

残念ながら大人気だったイロブダイygの姿は見れませんでしたが、
カミソリウオは単体で見つかりました。果たして相方は何処へ??
151113-kamisori.jpg

背中のハート模様が可愛いシロタエイロウミウシは定位置で健在です。
151113-sirotaeiro.jpg

アーチへ向かう途中では可愛いアオサハギygに出会えました!
コイツに会うとついついカメラを向けてしまします(^^;
151113-aosahagi.jpg

さあて、明日は雨の予報ですが・・・せめて海はあまり荒れないでほしい
ものですね。。。



久々の砂漠ツアー&調査DIV♪

11月12日(木) 天気:晴れ

<裏砂漠トレッキングツアー> 北東からの風、強し。。。

<秋の浜> 透明度:8~10m 水温:19~20℃ 海況:波あり


今日の午前中は久々に陸上ツアーで「裏砂漠」に行ってきました~
天気は良かったのですが、北東風が強く体感温度はちょっと低め(^^;
それでも元気なゲストさんと一緒に楽しくトレッキングしてきました♪

砂漠の入口では、まだ芽を出したばかりのイタドリと一緒に砂漠景色
撮ってみました~
ここは何度来ても素晴らしい解放感で見晴らしは最高なのです(^^)/
151112-itadori.jpg

そして目的の場所「キャニオン!」に到着です。
最近はめっきり寒くなり、気温が低いので壁からはご覧のように豪快に
噴気が上がっているのが目の前で楽しめるのです(^^)/
壁を触ると・・・ほのかに暖かい。。。
場所によっては火傷しそうなくらい?熱い場所もあるので要注意ですが。
151112-funki1.jpg

ゲストさんも入れて撮ってみました~こんな感じです(^^;
151112-funki2.jpg

他にも、この時期に楽しめる植物などをいろいろ見てきました~


午後からは、調査DIVで1本、秋の浜へ。。。

かなりの高波で、、、正直悩んだのですが、まあ潜ってさえしまえば
それなりに静かで楽しめました。
ただ今日も午後3時からだったので、水中は暗く魚は少なめでしたが。

秋になると例年、浅場のEN・EX付近でよく目にするヒメフエダイyg!
決して人気のある魚でもないし、あまりガイドネタでは使わないですが、
たまにはこういったのを撮ってみました~(^^;
案外、特徴的な色合い模様なので目立つ魚なんですけどね~
151112-himefuedai.jpg

浅場ではベニカエルアンコウが再び、定位置に居つきつつありますね。
ちょっと遠いのがネックですけど。。。
151112-beni.jpg

久しぶりにフルセゼブラヤドカリにも会えました!
紫色のアクセントが非常にキレイなヤドカリちゃんです。
151112-furusezeburayadokari.jpg

さて、明日からゲストさんを迎えてのダイビングなのですが。。。
また今週末は天気が悪く、海も少し荒れそうな予報ですね(><)
本当に困ったもんです。



雨の中でも嬉しい出会いが♪

11月9日(月) 天気:雨

<秋の浜> 透明度:8m 水温:20℃ 海況:ほぼ良好

昨日はノーゲストで潜らなかったので、今日は朝からずっと雨でしたが
午後から1本潜ってみました~


しかし、雨で空も暗いし、何だかこのところ海は濁ってるし・・・って事で、
今日も水中はセミナイト状態(><)


当然そうなると魚達はあまり外へ出て居なく、寂しい水中ではありましたが、
久々に戻ってきた?再会できた魚に会えました♪
ヌノサラシygです!
幼魚と言っても、成魚の小さい感じで模様はいつもの柄で若魚サイズでしょうか。
それでも約1ヵ月ぶりくらいに同じ場所で見れたので感動です。
今までどこへ移動してたんだろうか?
151109-nunosarasi.jpg

久々と言えば、見れたり見れなかったりなのがこの魚。。。
イナセギンポです。
まったく神出鬼没なヤツで、ゲストがいる時に限って見れなかったりします。
場所はいつも一緒なんですけどね~しかもソラスズメダイ邪魔(^^;
151109-inase.jpg

一昨日見つけたセナキルリスズメダイygは今日も定位置でしたが・・・
水中が暗く、カメラライトを持って行かなかったので、こんな写真しか(><)
151109-senakiruri.jpg

浅場では相変わらずツユベラygがウロウロしています。
たまには撮ってあげないとね(^^;
151109-tuyubera.jpg

他にも、タテジマヤッコyg・ソメワケヤッコyg・ヘラルドコガネヤッコyg・
レンテンヤッコyg・サザナミヤッコyg
などの今年当たり年のヤッコ系は
ほとんど見れています♪

明日、明後日は、地元の方に頼まれてちょっとガテン系のバイトに行ってきます。

セナキルリスズメダイygが現る!

11月7日(土) 天気:晴れのち曇り

<秋の浜> 透明度:8~10m 水温:20℃ 海況:やや波あり
<ケイカイ> 透明度:6~8m 水温:20℃ 海況:良好


予報よりは「晴れ」に近い1日で、珍しく快適な週末の初日を迎えました。
本日新たに到着のリピーターゲストさんと連泊されてるリピータ-ゲストさんとで
計3DIV潜ってきました~♪


そして秋の浜では、またまたNEWな出会いがありました。
今年はずっと見れずに寂しかったセナキルリスズメダイyg!の登場です♪
例年9月くらいには見れていたのですが、今年は流れ着いてくれなくて・・・
見れず終いかと思った矢先、11月になってからの遭遇に感激です(^^)/
しかし、今年はすでに水温が20℃ジャスト。。。いったいいつまで見れるのか?
151107-senakiruri.jpg

次いで、リクエスト頂いていたハタタテハゼ!
今日はなんと、8個体が固まってコロニー状態でした♪
残念ながら、写真を撮ろうと近づくと・・・散ってしまい結局3個体くらいしか
1枚の写真に収められませんでしたが、これも感動的でした。
151107-hatatehaze.jpg

そして、左の砂地漁礁では以前から噂されていたヨスジフエダイygにやっと
お目にかかれました(^^;と言うか、今まで漁礁にほとんど行っていなかった
ので写真も何気に初ですね。
151107-yosujifuedai.jpg

浅場でも新たな場所でメガネスズメダイygに遭遇。。。
ただすぐに動いてしまいそうな場所だったので、ガイドネタにはし難そうです。
151107-meganesuzumedai.jpg

ベニカエルアンコウも約3週間ぶり?くらいに見た気がします(^^;
今年は本当にカエルアンコウ系が不作なので、例年なら定番のベニでも
嬉しくなっちゃいますね。
151107-beni.jpg

ホシゴンベygにも久々に立ち寄りましたが、変わらず元気な姿が見れて
一安心です♪
151107-hosigonbe.jpg

他にも一瞬見れただけの、ネジリンボウ・ソメワケヤッコ・タテジマヤッコyg・
レンテンヤッコyg・アブラヤッコyg
などのヤッコ系と、ミナミハコフグyg・
巨大ヒラメ・マダイyg・オキゴンベ・スケロクウミタケハゼ・イソギンチャクエビ・
ハリセンボン・カンムリベラyg・アカハタ・マツカサウオ若魚
などが。


3本目は、3時過ぎにケイカイへ入ったのですが・・・濁りが悪化したことと、
日暮が早いことから、水中が予想以上に暗く(><)、これといった魚が
全然見れませんでした。。。
唯一、定位置のアデヤカミノウミウシ・テングダイ・ハリセンボンくらいでして、
他にはキイロウミウシ・ニシキウミウシ・サキシマミノウミウシ・薄暗い中の
イサキの群れ・ウメイロモドキygの群れ・イッセンタカサゴygの群れ!
などです。
151107-adeyakamino.jpg

うーん、3時過ぎとは言え11月に6m前後の透明度は、まったく予定外です。
早く青い海が戻ってきてほしいものです。。。


明日はゲストが午前便でお帰りとの事で、寂しい事にゲストなし?になりそうです。
まあ予報では雨っぽいですし、たまにはノンビリ家族サービス致します(^^;



今日はファンガイド&体験ダイビング!

11月6日(金) 天気:晴れ

<秋の浜> 透明度:6~10m 水温:20℃ 海況:ほぼ良好
<野田浜> 透明度:8m 水温:20℃ 海況:良好


今日も穏やかな晴れ日となりました~♪こんな暖かな11月だったら
ダイビングとしては最高なのですが、いったいいつまで続くのだろうか(^^;


今日は一昨日からいらしてるリピーターゲストさんの他に、またまた元気な
WETでの体験ダイバーの方達がいらしてくれました~


僕は10月からずっとドライで潜っていますが、確かに今日くらい日中が
穏やかで晴れてれば、何とか5mmWETでも体験ダイビングくらいの時間ならば
イケるものなのかもしれませんね(^^;
何より、皆さん初めてなのにレベルが高かったです♪
151106-taiken.jpg


さて、ファンダイビングの方は・・・
秋の浜に2本潜ったのですが、今日は午前中から濁ってしまっていました(><)
11月なのにこんなに濁ってるのは、ちょっと例年にないことです。。。

それでもこの時期はマクロ系でいろんな魚が楽しめるので問題ないのですが♪

今日は水深20m台では・・・

スミレナガハナダイのメス!
周りのキンギョハナダイ達に比べ、パッと見で華やかなので目立ちます♪
151106-sumirenagahanadai.jpg

キンチャクダイyg!
伊豆半島では当たり前の普通種なのですが、大島では成魚は見れません。
だけど毎年幼魚ならこうして見れるから不思議です。
151106-kintyakudai.jpg

水深10m台では・・・

ヒトデヤドリエビ!
宿主にいっぱい住み着いていたので・・・表側に集まって頂きました(^^;
あまり人気はない種ですが、3匹も集まると何だか嬉しいもんです。
151106-hitodeyadoriebi.jpg

50cmくらいの巨大イセエビ!
このクラスがこうして写真撮れるということは、それだけ水中が暗い!と
いうことになるのですが(^^;
151106-iseebi.jpg

浅場では・・・

サザナミヤッコygを撮ってみました。
ちょっと逆様ですが、まずまず撮れました(^^;
151106-sazanamiyako.jpg

最後にウメイロモドキygを撮ってみました~
この魚も100匹とか以上で群れれば非常に美しいのですが・・・
大島では10匹くらいの群れがほとんどなんですけど、今しか見れない
旬な魚ではあります。
151106-umeiromodoki.jpg

さーて、明日から週末なのですが、やっぱり天気も海況も明日から下り坂・・・
中々魔の週末サイクルから脱出出来ないですね~(><)



やっぱりカメはテンション上がる~!

11月5日(木) 天気:晴れ

<秋の浜> 透明度:8~12m 水温:20℃ 海況:ほぼ良好
<ケイカイ> 透明度:10m 水温:20℃ 海況:良好


今日も昨日からのゲストさんと新たに本日到着されたゲストさんとの
入れ替わりもあり、計3DIVです♪


1本目は秋の浜へ。。。

群れや大物が好きなゲストさんだったので、右斜面に向かってみました~

まあ群れ!はそこそこありましたが、これといった大物には会えず・・・
結局マクロ系の紹介となりました。

まずはヘラルドコガネヤッコ!です。
以前からガイドで見せては来ていますが・・・まともに写真を撮ったのは
今回が初です(^^;
151105-herarudokogane.jpg

側ではハタタテハゼが今日も元気な姿で泳いでいました。
午前中はこうして当たり前に見れるのですが・・・午後になると水中が暗くて
まったく見れないんですよね~困ったもんです。
151105-hatatatehaze.jpg


2本目はケイカイに。。。

流れも波もなく、珍しく静かなケイカイでした。
一応、狙いは群れ!&大物系だったので、沖へ沖へ向かいました。

そして、今日は狙い通りの場所に巨大アオウミガメが居てくれました~!!
甲羅が厚くて立派な1mくらいのカメでした♪
151105-kame.jpg

テングダイ!も今日はいい感じで撮らせてもらえました(^^)/
151105-tengudai.jpg

他にもアカエイ・アデヤカミノウミウシ・イサキの群れ・ツユベラygなどが。


3本目は再び秋の浜へ。。。

ある程度、覚悟はしてましたが・・・やはり午後になると急に濁りがひどくなります。
最初は夕暮れが早いからかな?と思っていましたが、どうもそうじゃなく濁るようです。

そんな中、ヨコシマクロダイyg・イソギンチャクエビのペア・スミツキベラyg・
サザナミヤッコyg・フリエリイボウミウシ
などが見れています。

浅場では相変わらず小さなカンムリベラygが数匹見れています。
151105-kanmuribera.jpg

明日も良い天気&静かな海が楽しめそうです♪


久しぶりに3DIV♪

11月4日(水) 天気:晴れ

<秋の浜> 透明度:8~12m 水温:20~21℃ 海況:やや波あり
<野田浜> 透明度:10m 水温:20~21℃ 海況:良好


今日も雲ひとつない青空の下、気持ちの良いダイビングが楽しめています。
昨日からのゲストさん達に新たなリピーターゲストさんも合流して入れ替わりの
計3DIVしてきました~♪


1本目はマッタリと野田浜へ。。。

天気が良いと、浅場は光が差し込んでいて本当にキレイです♪
今日もアカハチハゼ・シロタエイロウミウシ・カンムリベラ・カミソリウオのペア
などは全て定位置です。

そして今回もイロブダイygは健在でした。
果たしていつまで観察できるか楽しみです。
151104-irobudai.jpg

ヨコシマクロダイygもほぼ定位置で見れました~
151104-yokosimakurodai.jpg

相変わらずイサキの群れ!は終始いろんな場所で見れました~


2本目、3本目は秋の浜へ。。。

弱いとは言え北東の風だったので秋の浜は少々波がありました。

リクエストだったカンナツノザヤウミウシ!が無事見れました。
ちょっと逆立ち状態ですけど・・・(^^;
151104-kanna.jpg

沖ではムチカラマツエビも定位置です。
151104-mutikaramatuebi.jpg

今日はいい感じでレンテンヤッコygも見てもらうことが出来ました。
151104-rentenyakko.jpg

アカホシカクレエビは今もなお抱卵中です。いったい何回目でしょうか?
151104-akahosikakureebi.jpg

浅場のフリソデエビですが今日は久しぶりにペアで観察出来ました。
小さい方はだいぶ大きく成長した気がします♪
151104-furisode.jpg

最後にハシゴ付近ではミナミハコフグygの姿も!
こちらは何だか久しぶりな気がします。
151104-minamihakofugu.jpg

他にも、ヤセアマダイ・ニシキオオメワラスボ・アオサハギyg・オキゴンベ・
コガネキュウセンyg・タテジマヤッコyg・コイボウミウシ・サザナミヤッコyg

などが。

明日も穏やかな晴れ日となりそうです(^^)/


とっても穏やかな晴れ日に♪

11月3日(火祝) 天気:晴れ

<秋の浜> 透明度:10~12m 水温:21℃ 海況:良好
<ケイカイ> 透明度:8m 水温:21℃ 海況:ほぼ良好


今日は祝日ですが、まあ平日のサイクルという事もあり穏やかな1日でした(^^;
週末がいつもこうなら助かるのですが。。。


さて、新たなゲストさん達を迎えてノンビリ2DIVです♪
まずは秋の浜へ。。。

水中は光も差し込み、浅場はとてもキレイでした。
まずはモンツキハギyg・アカハチハゼygなどを見ていると・・・
ちょっと大きめなコウワンテグリygに遭遇です。ちょっと逃げ足が速く写真はなし。

中央沖で、ヒレナガネジリンボウを見せてると・・・すぐ沖合をマグロ!が通過。
思わずマグロに夢中になってたら、ヒレネジが巣穴にシュッツ!
今日もゲストに見せるのは失敗に終わってしまいました(><)

早々に諦め、浅場に戻り始めます。
すると、今日は早めにカンナツノザヤウミウシ!が目に入りました~
ちょっと大きめです(^^;
151103-kanna.jpg

個人的に今日のヒットはこちらの2匹のアオサハギyg!
こうしてペア?で見れるのは珍しいので、思わず沢山撮っちゃいました(^^;
151103-aosahagi.jpg

皆さんはどちらの色合いが好みですか?
まずはグレー系マーブル模様♪
151103-aosa-gly.jpg

次は定番のイエロー系マーブル模様♪
151103-aosa-ylo.jpg

側ではこれまた渋めの色合いがカッコいいタテジマヤッコyg!が。
あっち向いてホイ写真ですが・・・
151103-tatejima.jpg

際壁では運良く、イナセギンポが浮遊中でした!
「数打ちゃ当たる!」作戦で、6枚ほど撮った中の1枚。。。
やっぱり可愛いです。
151103-inaseginpo.jpg

他にも、ガラスハゼ・オキゴンベ・フリソデエビ・ツユベラyg・ツノダシ
などが。


2本目はケイカイに。。。

時間が遅かったのもあって、水中はかなり暗めでした(><)

一通り、いつもの定番種を中心にガイドしてきました~。。。
残念ながらウミガメには会えずでしたが(^^;

唯一、カメラを向けたのはこのハナタツ!
先日はペアで居たのですが・・・今日は単体。
相方が近くに居るハズなのですが、探し切れず断念(><)
151103-hanatatsu.jpg

他にも、アデヤカミノウミウシ・テングダイ・スミゾメミノウミウシと卵・
スズメダイの群れ・キンギョハナダイの群れ・イサキの群れ!
など。

明日も予報では終日穏やかな晴れ日ですね♪楽しみです(^^)/


予報より穏やかな海が楽しめました♪

11月1日(日) 天気:晴れ

<ケイカイ> 透明度:10m 水温:20~21℃ 海況:やや波あり
<野田浜> 透明度:10m 水温:20~21℃ 海況:ほぼ良好


予報通り、冷たい北東風が朝から吹きましたが・・・思ったより風が弱く
助かりました~ただ島の東側の秋の浜は波が少々高かったので、
今日は予定通りに西側に2DIVして楽しみました~♪


まずはケイカイです。少々浅場は風波で揺らされましたが、まずまずの海況でした。
沖の深場には少し冷たくてキレイな潮もあったので、透明度は今後に期待大です。

いつものようにアデヤカミノウミウシ・テングダイ・ツユベラygを見て沖へ進むと・・・
幸先良く大きなアオウミガメに遭遇出来ました。
残念ながらすぐにコチラを察知して泳ぎ去ってしまいましたがゲストも見れて
良かったです。

圧巻だったのはムロアジの群れ!!
突然頭上一面を巨大な群れが何百匹という単位で覆い尽くされました。ラッキー♪
時間にすると40秒間くらいはこの群れが途切れませんでした。
初めはサバかな?と思ったのですが、パソコンでよく見てみるとムロアジですね(^^;
151101-muroaji.jpg

そしてこの大群が終わりそうな最後にはなんと巨大なヒラマサが登場です!
一緒に?泳いでいたのか、捕食に現れたのかは定かでありませんが・・・
こちらも嬉しい遭遇でした♪
151101-hiramasa.jpg

他にも、コロダイ・ブダイベラ・イサキの群れ!スズメダイの群れ・ハリセンボン・
フタスジタマガシラyg・アカエイ・カンムリベラyg
などが。。。


2本目はマッタリと野田浜へ。。。

こちらはほとんど波の影響無く楽しめています。

まず初めに目に飛び込んできたミスガイの赤ちゃん!
大きさは1cmくらいで、本当に可愛いミニミニサイズでした♪
151101-misugai.jpg

アカハチハゼもペアでいい感じに泳いでいました。
少しピンが甘い写真ですがご容赦を。。。
151101-akahachihaze.jpg

シロタエイロウミウシです。野田浜やケイカイに多い種で、、、
背中にハート模様のある真っ白なウミウシで爽やか系です(^^;
151101-sirotaeiro.jpg

そして野田浜と言えば、No.1アイドルのイロブダイyg!です。
今日も変わらず定位置で観察出来ました~
いつまで見れるか、どこまで成長するか楽しみでもあります。
151101-irobudai.jpg

水中アーチに向かう途中では、ヨコシマクロダイyg・トカラベラygなども
見れています。

残念ながら今日もアーチの中はイサキが少なくて寂しい限りでしたが、
水底にはホウライヒメジが場所を埋め尽くしており、側ではコガネキュウセンyg
なんかもいました。

沖の砂地ではゲストさんリクエストのホシテンスygがユラユラと!
151101-hositensu.jpg

浅場に戻って、噂のカミソリウオのペアに今日は無事会えました(^^)
151101-kamisori.jpg

明日は朝から1日雨で北東風ビュウビュウの予報ですので海はお休みしまーす。



プロフィール

OFかっすん

Author:OFかっすん
伊豆大島ダイビングサービス
山&星のネイチャーガイド
オレンジフィッシュ代表 粕谷浩之

ダイビングの情報&陸のネイチャーガイドの記事や写真を紹介しています。

最新記事

最新トラックバック

検索フォーム

ブロとも申請フォーム

QRコード

QR