予報が外れて穏やかな海に♪

1月31日(日) 天気:曇りのち晴れ

<秋の浜> 透明度:10~15m 水温:15~16℃ 海況:やや波あり

予報では今日も北東風が強く、西側のポイントしか潜れない予想でしたが、
驚くことに朝一から風はほとんどなく、しかもどちらかと言えば真東の風だったので
なんと朝から穏やかな秋の浜に潜る事が出来ちゃいました~(^^)/
いやあ、天気予報って難しいですね、、、。


1本目はピカチュウ狙いで、中央エリアをウロウロと。。。
しかしそういう時に限って、見つからない種なんですよね~(^^;

そんな訳で代わりに、マトウダイの子供!を撮影中(^^;
160131-matoudai.jpg

側では綺麗なニシキウミウシの幼体!が見れました。
160131-nisiki.jpg

浅場に戻る途中、ハナミドリガイが目に止まりました。
毎年、今くらいから春にかけて沢山見れる種ですね!
160131-hanamidorigai.jpg

そして居なくなったと思っていたフリソデエビ!が復活してました。
だいぶ別の場所に引っ越ししていたようです。
160131-furisode.jpg

さらにEX間際に、ムカデミノウミウシも見れました。
この種も今後どんどん増えてくる時期です。
160131-mukade.jpg


2本目はピカチュウのリベンジでもう一度中央エリアへ。。。

すると今度は驚く事に2個体もウデフリツノザヤが見つかりました。
そのうち1個体はゲストのUさん発見です。スバラシイ!!

ゲストがセナキルリスズメダイygを撮っている間に、前回上手く撮れなった
ハナゴンベyg!にリベンジです。今日は上手く撮れました~(^^)/
160131-hanagonbe.jpg
160131-hanagonbe2.jpg

最後は漁礁に移動して、お約束のツバメウオを見て頂きました~
今日も優雅に2個体で泳いでいましたよ。
160131-tubameuo.jpg

最後はリクエスト頂いていたベニカエルアンコウ!
ちょっと模様的には写真映えしない個体ですが・・・貴重な存在です。
160131-beni.jpg

ゲストの1人は明日まで潜るので、明日も何が見れるか楽しみになりました~


スポンサーサイト

予報通りに荒れた1日に~(><)

1月30日(土) 天気:雨のち曇り

<王の浜> 透明度:8~12m 水温:15~16℃ 海況:波あり

予報通り朝から強い北東風の影響で秋の浜は元よりどのポイントも
荒れまくってしまい、唯一何とか潜れそうなのは王の浜だけでした。

せっかく新たにリピーターゲストさんを迎えたのですが、やはり荒れた海
なので今日も1DIVのみで終了でした。


湾内にはこれといった生物は少なく・・・イワシがかなりの群れ!
泳いでいたくらいです。1ヵ月前まではいろいろと居たのに、寂しい限りです。

沖では定番のテングダイ!がウロウロと。。。
猫耳フードのゲストと一緒に(^^;
160130-tengudai.jpg

壁ではオキナワベニハゼがキレイな色なので目立っていました。
160130-okinawabenihaze.jpg

そして水温15.7℃でしたが、まだこんなツノダシが元気に泳いでいました。
160130-tunodasi.jpg

浅場ではヒメギンポのオスが綺麗な婚姻色で目立っていました。
もちろん側にはメスの姿も♪
160130-himeginpo.jpg

うーん・・・明日もまだ北東風が残るんですよね~。。。
何とか野田浜くらいは潜れると良いのですが(^^;


秋の浜1本勝負!

1月29日(金) 天気:雨

<秋の浜> 透明度:8~12m 水温:15~16℃ 海況:やや波あり

冷たい雨が朝から降っていました~
本日からリピーターゲストさんを迎えていますが、、、あまりにも冷たい雨と北風に
この日は1本のみとなりました~


残念ながらこの日ピカチュウは見つけられませんでしたが、漁礁には今日も
大きなツバメウオygが2個体見れました♪
160129-tubameuo.jpg

側にはウスバハギも相変わらず居ついています。
こういう漁礁みたいな場所を好むんですね~
160129-usubahagi.jpg

水底ではカイメンの中にヒッソリといたイソカサゴを撮影。
実に可愛い雰囲気です。
160129-isokasago.jpg

浅場の壁穴にはテンクロスジギンポが顔を出していました。
この時期はよくこういった姿を見かけます。
160129-tenkurosuji.jpg

しばらくは北東風が吹きそうです。どうして週末になるとこう荒れてしまうのか?
困ったもんです。



10日ぶりの海情報♪

1月28日(木) 天気:晴れ

<秋の浜> 透明度:10~15m 水温:15~16℃ 海況:良好

先週14日より25日まで、「2016アジア自転車競技選手権大会」
大会運営スタッフとして、陸上の仕事をずっとやっていました~
大島で行われる初の?大きな国際大会って事で、総勢約600人24ヶ国の
兵自転車レーサー達が集まっての大会で、いろいろ大変でした~
まあ、何とか全ての競技が無事終わって、正直ホッとしています(^^:

160124-jitensya.jpg


さて、そんな訳で・・・約10日ぶりとなった海ですが・・・水温下がってました。
まあ冬ですから覚悟はしていましたが、やっぱり冷たい海は堪えます(><)
ただ言ってもまだ水温16℃ですから、まだ十分にイケます。


そして新顔の登場です。今年も待望のハナゴンベygが現れました!
地元ガイド仲間からの貴重な情報だったので、早速見に行ったのですが・・・
中々シャイな事もあって、今回はボケボケのとりあえずの証拠写真(><)
こりゃ完全にリベンジ行かねばです。
160128-hanagonbe.jpg

水温下がっても未だにセナキルリスズメダイygは健在でした(^^;
160128-senaki.jpg

そして時期外れのカミソリウオも頑張ってくれていました~
160128-kamisori.jpg

季節の真っ最中!と言えば、ピカチュウことウデフリツノザヤウミウシ!
今日も何となく発見出来ちゃいました。
160128-pika.jpg

そして半信半疑で向かった漁礁には・・・まだ2個体のツバメウオ
頑張ってくれていました。ただヒレはボロボロなので、限界は近いかと(><)
160128-tubameuo.jpg

浅場では意外とスミツキベラygが元気で、かなり成長したものです。
160128-sumitukibera.jpg

さてさて、明日から4日間ほどゲストがいらっしゃるのですが・・・そんな時に
限って天気予報は大荒れ予想(><)
何とか潜れるポイントがあってもらいたいところです。。。



冬なのにツバメウオyg現る!

1月17日(日) 天気:曇り時々晴れのち雨

<秋の浜> 透明度:8m 水温:16~17℃ 海況:やや波あり
<野田浜> 透明度:8m 水温:16~17℃ 海況:ほぼ良好


天気が少し心配でしたが、今日1日は何とか雨も降らずに曇り空で
ダイビング出来ました~ただ風はやや強くちょっと寒かったかな(^^;


それにしても冬なのにこの透明度はいったいどうした事でしょう?
まあ後数日でまたキレイになると信じるしかないですが。。。

1本目は秋の浜へ。。。

昨日は見れなかったツバメウオygの群れ!を見に漁礁へ。
残念ながら数は少し減って3個体のみでしたが、この時期に
1匹見れるだけでも驚きなのに何故増えたのか不思議です(^^;
160117-tubameuo.jpg

漁礁には相変わらずヨスジフエダイygが1匹で頑張っています。
この魚は南国で群れているイメージですが、単独でも平気なんですね~
160117-yosujifuedai.jpg

砂地ではゲストの1人がヒラタエイを見つけてくれました~
久しぶりに見た気がします。
160117-hirataei.jpg


2本目は野田浜へ。。。

これが案外いろいろとマクロ生物が豊富に見れてちょっと驚きでした!

まずはクロシタナシウミウシ!
大きさ1.5cmくらいで小さかったので完全にアメフラシygだと思って
撮っていましたが、、、PCで良く見てみると立派なウミウシでした。
ゲストの皆さん、ログ付けでは間違えて伝えてしまいごめんなさ~い。
全てオイラの老眼がイケないんです(^^;
160117-kurositanasi.jpg

コウワンテグリygです!3cmくらい。。。
このサイズまだ居たんですね~思わず食いついちゃいました(^^;
160117-kouwanteguri.jpg

オオモンカエルアンコウygは定位置でいい感じに撮れました♪
顔の前でエスカー(疑似エサ)降ってるの見えますか?
160117-oomon.jpg

側ではハナオトメウミウシが久々に見れました~
160117-hanaotome.jpg

そして今季初見となったクマドリカエルアンコウ!です。
黄色いバージョンは個体数が少ないので少々大きめで可愛くないですが
希少ですね。
160117-kumadori.jpg

そしてアカナマコを探ってみたら、ナマコマルガザミが居ついていました。
決して珍しくはありませんが、何気に久しぶりに見ました。
160117-namakomarugazami.jpg

最後はテングダイとダイバーです。
ちょうどいい感じでコチラに迫ってきたので1枚。
160117-tengudai.jpg

他にも巨大イセエビやらカンムリベラygやら、いろいろ見れています♪

さて、明日から今季最強寒波!がやってきますね(><)
明後日19日からは自転車レースのアジア大会が始まるのに。。。大丈夫なのかな?

そんな訳で、明日から約1週間、このアジア選手権のお仕事に行くので、、、
海はお休みとなりま~す。



久々にケイカイではカメ祭り!!

1月16日(土) 天気:晴れ

<秋の浜> 透明度:8m 水温:17℃ 海況:やや波あり
<ケイカイ> 透明度:6~8m 水温:17℃ 海況:良好


穏やかでポカポカ陽気な中、リピーターゲストさんを迎えての2DIV♪
天気も良いし、風も弱いので全ポイント快適に潜れるのですが・・・
何故か水中は変な浮遊物がいっぱい(><)
まるで春濁りの初期段階のような海況に少しビックリです

1本目は秋の浜へ。。。

リクエストはクダゴンベだったので、薄暗い水中ではありましたが深場へ。
しかし残念ながら今日は良くみかける付近では発見できず(><)

浅場へ戻りつつクビアカハゼが巣穴から顔を出してくれていました。
この子は比較的どうどうとしてくれていたので撮り易かったです。
160116-kubiakahaze.jpg

比較的浅い水深域でイガグリウミウシが見れました。
最近は深場ばかりで見かけていたので、この水深域だと助かります。
160116-igaguri.jpg

浅場では大きく成長したミナミハコフグygの姿が!
うーん、大きいと撮り易いのですが、可愛さは半減しますね(^^;
160116-minamihakofugu.jpg

他にも、大きなヒラマサ!・カンムリベラyg・トウシマコケギンポなどが。

2本目はケイカイに。。。

もちろん季節が季節なのでカメ狙いです♪
正直言ってカメを探すにはちょっと厳しい透明度だったのですが・・・
それでもそこは冬。結局アオウミガメ全部で5個体!も見れました。
160116-kame.jpg

途中、綺麗に白く輝くシロタエイロウミウシを発見!
昨年秋くらいから、比較的多く見かけます。
160116-sirotaeiro.jpg

そして浅場に戻り、もうすぐEXというところでアカエイ!に遭遇。
ラッキーでした♪
160116-akaei.jpg

さて明日は少しでも海況が良くなれば嬉しいのですが。。。


休暇明けの海でした~♪

1月13日(水) 天気:晴れ

<秋の浜> 透明度:10~12m 水温:17.5℃ 海況:良好

年末年始は働きづめだったので、7日~5日間ほど休暇で実家に
戻ってました~まあ法事とかもあったしね(^^;


という訳で、1月5日以来の海です(^^)/
残念ながら、いつの間にか水温は下がり、全体的に17℃台でした。
まあこれで普通というか、まだ若干暖かいくらいでしょうか(^^)


そして年始に見損なっていたレア者である待望のクマドリ君を見たくて
地元ガイド仲間からだいたいの場所を聞いて向かったのですが・・・
結果はまさかの撃沈(><)

微妙に探した場所が悪かったのか、もう引っ越した後なのか?
ただ単に老眼のオイラの目では探せなかっただけなのか?「涙」でした。

その代わりに見てきたものは可愛いサイズのピカチュウこと、
ウデフリツノザヤウミウシ♪2cmくらいでした。
160113-pika.jpg

久しぶりに見れたイガグリウミウシ!
この子も2cmくらいで比較的大島で見れる中では小さめでした。
160113-igaguri.jpg

クマドリ探しで時間を使ったので、ここでTIMEUP(><)

後ろ髪引かれながらも浅場へ移動すると、まるで元気付けてくれるかのように
天から?1cmくらいの半透明な者が、偶然舞い降りてきたのです!
そっと、手の平に乗せてみると・・・なんとフリソデエビの赤ちゃんでした!!
このくらい小さいと、こうしてフワフワと浮遊して移動するのでしょうか?
こんな偶然初めてで、ちょっと感動的でした。手首の赤いコンピューターベルトの止め具穴の大きさと
比較してみてください。

160113-furisode.jpg

せっかくなので、更に浅場でみんなが見てる大きなフリソデエビのペアの場所へ
運んでみました。
まああまりにも小さいので、ここに居つくかわかりませんが、
一応ここならば定期的に誰かがエサであるアカヒトデを運んできてくれるし、
運がよければこの場所で大きく成長できるでしょう♪
160113-furisode2.jpg

そして最後の最後で浅場をウロウロと回遊していたナンヨウカイワリ!です。
個体数は少ないし、もう時期ではありませんが結構美味な魚として有名です。
まあシルエットも少しカッコいいですし、特徴でもある体に点在する斑点模様が
独特な魚です。
160113-nanyoukaiwari.jpg

今日は水温低い割には浮遊物が少し目立ちました。。。だけどまだまだ魚影は
濃いままです(^^)/



過去最高の至近距離でマグロに会う!

1月5日(火) 天気:晴れ

<野田浜> 透明度:10~15m 水温:18~19℃ 海況:良好
<ケイカイ> 透明度:10~12m 水温:18~19℃ 海況:良好


1日遅れのログ更新ですみません。
この日も天気は良く、ポカポカ陽気で陸上はまるで春のようでした♪
昨日からのショップスタッフ様の下見ガイドで今日は西側に2本です!


まずは早朝に大島自慢の「裏砂漠!」を見に行きました♪
ショップツアーではこうした陸上のオプションツアーも結構人気が高いので
大島としてはどんどん活用してもらいたいですね♪
160105-urasabaku.jpg

そして1本目の水中では新年早々に嬉しいBigな出会いがあったんです。
体長1.5mはあるであろう丸々と太った巨大マグロ!が僕達のすぐ
横を通過していったのです。しかも野田浜だから水深はわずか10m!
残念ながらカメラはマクロモードだったので、こんな写真しか撮れませんでしたが
逆に言えばマクロモードでも撮れる程近かったという事です(^^;
いやあ、これには興奮しました~
160105-maguro.jpg

この日は珍しくウミウシがいろいろと目に止まりました♪

まずはミカドウミウシの幼体!です。
この子、このまま育つと20cmくらいになる大型なウミウシなのですが
こうして幼体の時はじつに可愛い色合いで人気があります。
160105-mikado.jpg

キヌハダウミウシspのようです。
本来、このウミウシはもう少しオレンジ色が濃く出るのですが。。。
この子はどちらかと言えば白。まあ稀種である事には違いありませんが。
160105-kinuhada-sp.jpg

そして野田浜と言えば、最近話題だったオオモンカエルアンコウygです。
もう出没してから10日ほど経ちますが、ようやく見る事が出来ました。
160105-oomon.jpg

定番ですがカンムリベラygもとても撮り易い窪みに居て助かります。
160105-kanmuribera.jpg


2本目はケイカイへ。。。

まずは大きなアオブダイが3匹でウロウロと。。。最近浅場に多いです。

いつものように最初の壁ではアデヤカミノウミウシ!が健在でした。
もう数カ月はこの場所で見れているのですが、今年はやけに長いですね。
160106-adeyakamino.jpg

沖合では珍しいサメでもあるTheオオセ!に遭遇出来ました。
やっぱりケイカイに潜ると、この程度の大物は見たくなりますもんね~
160106-oose.jpg

そしてケイカイの代名詞でもあるアオウミガメ!ですが今日も2個体
しっかりと見れました~
どちらも目の前で撮影が出来たのですが・・・残念ながら僕のカメラは
オオセの所で電池切れ(><)
今年初カメだったのに撮れませんでした。。。
まあ、ゲストさんはバッチリ撮れていたようなので良かったです♪


1月7日~11日まで、当店は臨時休暇とさせていただきます!
メールはお返事が出来るかと思いますが、緊急の方はお電話にて
対応させて頂きますので、よろしくお願い致します。


今年初の3DIV(ナイト)!

1月4日(月) 天気:晴れ

<秋の浜> 透明度:10~15m 水温:19℃ 海況:良好

今日も4月並みの暖かさ。。。何だか怖いくらいです(^^;
さて本日からショップスタッフさんが下見を兼ねて潜りに来てくれました♪
そのガイドで日中2DIV+ナイトDIVです(^^)/


西風が強く、西側のポイントは大荒れでしたが東側の秋の浜は凪でした。
ただそのせいか水中はやや白濁感が強く、そこまでスコーン!と青く抜けては
いませんでしたが、十分にキレイなレベルです。


いろいろ見たので、今日は写真が盛りだくさん(^^;
なので簡潔に書いていきます。

まずは未だ頑張ってるウメイロモドキyg達。。。
右の斜面にまだ10匹くらいはいるかな~
160104-umeiromodoki.jpg

イサキygの群れ!何だか今日は妙に多かった気がします。
突然目の前を群れで泳いできたので1枚!
160104-isaki.jpg

抱卵中のイソギンチャクエビのペア!
去年の11月くらいから良く見かけます♪
160104-isogintyakuebi.jpg

2本目は久々に左側からEN!

まずはサザナミヤッコygを目撃。。。
こちらもまだ粘って生き延びています(^^;
160104-sazanamiyakko.jpg

超久々に出会えたニラミギンポ!
去年は一昨年に比べ少なかったですが、今年はどうでしょうか。
160104-niramiginpo.jpg

ベニカエルアンコウも健在でした!
器用に逆様にくっついています(^^;
160104-beni.jpg

砂地の漁礁へ出ると、ツバメウオygに遭遇!また居たんですね~
160104-tubameuo.jpg

側ではウスバハギのペアも居ました~

こちらも久々にヨスジフエダイygにも新年のあいさつを!
まさか年越しまで見られるとは夢にも思っていませんでした。
160104-yosujifuedai.jpg

そうそう、ホウボウの姿も久しぶりに見ました。
160104-houbou.jpg

こうして行ってみると、左の砂地も漁礁を作ってから何かと
おもしろくなりましたね~


さあここからはナイトダイビング!

新たな場所でイソコンペイトウガニが見つかりました。
相変わらず擬態上手なので、写真撮ってもいまいち姿が見えない。
160104-isokon.jpg

フリソデエビはペアで仲良くアカヒトデをモリモリ食べていました~
160104-furisode.jpg

最後はゴマヒレキントキ!
気持ち良さそうに窪みにハマって寝ていました。。。
160104-gomahirekintoki.jpg


他にも、ヌノサラシ・ツユベラyg・ヨコシマクロダイyg・巨大ヒラメ・
ホシテンスyg・キイロイボウミウシ・クシノハカクレエビのペア・
キリンミノ・トウシマコケギンポ・コウイカの赤ちゃん・ハリセンボン・
オルトマンワラエビ・ヒメセミエビ・ネッタイミノカサゴyg・ユビウミウシ
など。

明日は早朝の裏砂漠で夜明け!を見てから海に潜る予定です!!

異様な暖かさの中のダイビング♪

1月3日(日) 天気:曇り時々晴れ

<秋の浜> 透明度:15~20m 水温:19℃ 海況:ベタ凪

朝から日中まで終始14~16℃と1月とは思えない気温でした(^^;
まあ海に潜る上では、かなり楽ですけどね。。。


さて、本日は上級者のリピーターさんが友達をたくさん連れてグループでの
弾丸日帰りツアーで2本潜ってきました~
西風がやや強かったので、今日も凪の秋の浜へ!


1本目はクダゴンベのリクエスト!だったので、やや深場までノンビリと。
今日は見つけるのに少々時間がかかりましたが、無事2個体見せれて
一安心です。
浅場に戻りつつ、ウミウシがチラホラ目に入りました。

まずはピカチュウこと、ウデフリツノザヤウミウシ!
うーん、見れたのは嬉しいのですが、ちょっと最近は深めなので困りものです。
160103-pika.jpg

カンナツノザヤウミウシ!
何気に見れたのは約1ヵ月ぶりかも?!毎年ピカチュウよりも先に見れる事が
多いのですが、最近はめっきり見ていなかったので・・・まだ居たんですね(^^;
160103-kanna.jpg

浅場では大きな方のフリソデエビがペアで見つかりました。
やっぱり海が空いてくると発見し易くて良いですね♪
160103-furisode.jpg

2本目は、フタイロハナゴイyg狙い!

もちろん、フタイロハナゴイygは定位置でちゃんと見れましたが、
今日は曇り空だったせいもあり、水中がやや暗くとてもシャイでした。

側ではタテジマキンチャクダイyg・スミレナガハナダイ♀・ヒマワリスズメダイも。

ゲストさん達がクシノハカクレエビのペアを撮ってる間に、
キリンミノygを撮影してみました。よほどこの場所がお気に入りのようで
ここしばらく定位置です(^^;
160103-kirinmino.jpg

お正月っぽい被写体って意味では、アカシマシラヒゲエビ!
いい感じの紅白柄ですね。
160103-akasima.jpg

浅場ではカンムリベラygも未だ頑張って生き延びています♪
160103-kanmuri.jpg

他にも、ヒメスズメダイ・オキナワバニハゼ・スミツキベラyg・カエルウオ・
タテガミカエルウオ・抱卵中のイソギンチャクエビ・キイロウミウシ
などが。

今年は雨が降らずに何だか助かっています。この調子で明日も天気になあれ!

充実したロング1DIV♪

1月2日(土) 天気:晴れ

<秋の浜> 透明度:12~15m 水温:19.5℃ 海況:やや波あり

せっかく書き終えて、残すは写真を載せるだけだったのに、
突然パソコンがフリーズしてしまい、最初から書き直し(><)
なので、すみませんが今日は撮った魚の画像だけを紹介してきます。


ゲストと相談した上で、本日は充実したロング1DIVのみ!って事で
潜ってきました~


まずはリベンジリクエストのフタイロハナゴイyg!
大きさは2.5cmくらいで超可愛いサイズです♪
160102-futairo.jpg

ゲストさんがこの魚を夢中に撮ってる間に側で見れた魚達です。

シロボシスズメダイyg!
160102-sirobosi.jpg

ヒメニラミベニハゼ!
160102-himeniramibeni.jpg

ヒマワリスズメダイ!
160102-himawari.jpg

帰りがけに一瞬寄ったクシノハカクレエビのペア!
160102-kusinoha.jpg

ENしてすぐのところでクロユリハゼyg!
160102-kuroyurihaze.jpg

ここからは、浅場でゲストのNさんが1眼で撮った写真を拝借♪
やっぱりどれも細部までキレイですね~流石です(^^)/


ヒメスズメダイ!この子はコンデジでは中々撮れないので(^^;

160102-himesuzumedai.jpg

フトスジイレズミハゼ!
160102-futosuji.jpg

最後はシコクスズメダイyg!個人的に渋カッコいい魚なので
リクエストして撮ってもらいました~
160102-sikoku.jpg

明日も西風が強いので、潜れるのは秋の浜のみでしょうか。。。
でも一期一会の出会いを楽しみに潜ってきまーす!



新年初DIV!

2016年1月1日(元旦) 天気:晴れ

<秋の浜> 透明度:10~15m 水温:19~20℃ 海況:波・ウネリあり

明けましておめでとうございます!
本年も伊豆大島オレンジフィッシュをどうぞよろしくお願い致します!!

今年はナント!「おかげさまで祝10周年」となりました♪
より一層気合いを入れて潜りますので皆さんのお越しを心よりお待ち申し上げます(^^)/


さて、今年の元日は最高のお天気に恵まれまして、
初日の出&初夕日が素晴らしい快晴の中、拝むことが出来ました。
更に日中は青空の下、気温も暖かく風も弱くポカポカ陽気!の中のダイビング。
そして夜になっても満天の星空が楽しめて、朝から夜まで充実した元日でした~


もちろん、今年も元日から初ファンガイドを楽しんで仕事してきましたよ~
今日も可愛くてキレイな魚盛りだくさんです!


まずは深場のアサヒハナゴイ!
残念ながら、今日の写真は穴の中。。。初め肉眼では全身出ていましたが、
撮影時はこんな感じ(^^;
160101-asahihanagoi.jpg

今日は気合いを入れて撮ったセナキルリスズメダイyg!
元日からこんな南方種と楽しめてこの冬の水温はある意味では感謝です♪
160101-senakiruri.jpg

ケラマハナダイygも気持ち良さそうに沢山泳いでいました。
160101-kerama.jpg

中々撮れずに今までいたオナガスズメダイyg!
色合いは地味ですが、立派な南方種です。
160101-onagasuzumedai.jpg

浅場では極小のフリソデエビ!が復活です♪
ただ大きさは1cmも無いので、マクロレンズ無しだとこれが限界でした(^^;
160101-furisode.jpg

タテガミカエルウオもいい感じの場所に佇んでいてくれるので助かります。
160101-tategamikaeru.jpg

夜はショップ御一行様のリクエストで満天の星空をガイドしてきました~
赤道儀無しの三脚撮影だったので、多少のブレはお許しあれ!
160101-hosi.jpg

風もなくコンディションは最高でしたが、さすがに真冬の1時間半は
寒かった~(><)
でも流れ星も5~6個見れて、幸先よい1年のスタートとなりました!

明日も引き続き、秋の浜を満喫ガイドの予定でーす。


潜り納めダイブ!

12月31日(木) 天気:曇りときどき晴れ

<秋の浜> 透明度:10~15m 水温:19~20℃ 海況:ほぼ良好

2015年もあっという間に過ぎ去りました。
今年1年、ご来店頂いた皆様、どうもありがとうございました!!


さて毎年の事ですが、今年も潜り納めは秋の浜でドップリと楽しみました。
上級者さんとマンツーなので、深場中心に2DIVです。


今年ラストにふさわしい?かどうかわかりませんが、素敵なペアに遭遇しました。
大きさの違うクダゴンベのペア!です。ちょっと深めですが、ガイド範囲内です。
151231-kudagon.jpg

そして、今日はバッチリ撮れたフタイロハナゴイyg!
やっぱりハナダイ系は美しく、冬の醍醐味ですね♪
151231-futairo.jpg

側では秋から大きく成長したタテジマキンチャクダイyg!が。
案外今年は越冬したりして(^^;
151231-tatekin.jpg

際壁の定番となったシテンヤッコyg!も色鮮やか!
151231-sitenyakko.jpg

浅場ではネッタイミノカサゴygがいい感じで見れました♪
151231-nettaimino.jpg

もちろん、他にもいろいろ見れましたが、年末年始の勢いは
まだまだ続くので、明日の元旦DIVも楽しみで~す!


今年1年本当にお世話になりました!


プロフィール

OFかっすん

Author:OFかっすん
伊豆大島ダイビングサービス
山&星のネイチャーガイド
オレンジフィッシュ代表 粕谷浩之

ダイビングの情報&陸のネイチャーガイドの記事や写真を紹介しています。

最新記事

最新トラックバック

検索フォーム

ブロとも申請フォーム

QRコード

QR