再び、クマドリ君の登場♪

2月12日(金) 天気:晴れのち曇り

<秋の浜> 透明度:10~15m 水温:15℃ 海況:良好
<野田浜> 透明度:10~12m 水温:15.4℃ 海況:良好


天気は今ひとつでしたが、風は弱く穏やかな1日でした。
当然海も穏やかで、全ポイント快適に潜れています。

1本目は秋の浜へ。。。

昨日、地元ガイド仲間から貴重なクマドリカエルアンコウ!の情報を
頂いたので早速見に行ってきました~
想像していたよりも小さめで、まだ可愛いさが残っています(^^)
黄色のクマドリは珍しいので、ゲストさんも喜んでくれました~
ただあまりにも擬態していない場所にいるので、いつまでいるのか心配です。
160212-kumadori.jpg

側では80cmはあるであろう、巨大ヒラメイサキの大群!が見応えありました。

浅場ではリベンジリクエストでフリソデエビを!
今日はいい感じの場所まで出てきてくれていたのでバッチリ撮れたようです♪


2本目はあるウミウシのリクエストで野田浜へ。。。

本来ならばケイカイで良く見かけるウミウシなのですが、残念ながら昨日は見れず、
今日は少しの可能性にかけて野田浜に潜ったのですが・・・結果は(><)
決して珍しい種ではありませんが、いざ探す!と案外見れないもんです(^^;
すみませんでした。。。

しかしながら、いろんなウミウシが見れました。

まずはハナオトメウミウシ!
大きく成長する種ですが、この子はまだ3cmくらいの可愛いサイズです。
160212-hanaotome.jpg

穴の中ではクリアクリーナーシュリンプ!が見つかりました。
個人的には今季初となったので、嬉しい出会いです。
160212-kuriakurina.jpg

そして久しぶりに見れたキャラメルウミウシ!です。
毎年、西側のポイントでは沢山見れたのですが、昨年くらいから
数が少なく、何気に貴重な種類となりました。
160212-kyarameru.jpg

もちろん他にも色々見れて、ユビウミウシ・シロタエイロウミウシ・
シロウミウシ・オトメウミウシ・ベニキヌヅツミガイ
などが。

この週末はまたまた大荒れの天気となりそうですね~
とは言っても今週末はノーゲストなので問題ありませんが・・・
日曜日は子供と一緒にマラソン大会にENの予定です(^^;
果たして大会は開催されるんだろうか??


スポンサーサイト

今日はドップリと3DIV♪

2月11日(木祝) 天気:晴れ

<ケイカイ> 透明度:12m 水温:15.2℃ 海況:ほぼ良好
<秋の浜> 透明度:12m 水温:15.1℃ 海況:やや波あり


本日は祝日ですが・・・海で見かけるダイバーの数は少なめ。やっぱ冬ですね(^^;
朝のうちは北東風が強めに吹いて、秋の浜が荒れ気味だったので1本目は無理せず
ケイカイへ。。。まあ上級者だったので潜れない事もなかったのですが。


リクエストはウミウシ&甲殻類って事で、今日のケイカイは初めからマクロ狙いです。

幸先良くシロウミウシ・ヒブサミノウミウシ・イボヤギミノウミウシなどが見つかり、
珍しいところでは、キカモヨウウミウシが見つかりました♪
160211-kikamoyou.jpg

その後でサガミリュウグウウミウシも。。。決して珍しくはありませんが、個人的には
久々だったので撮りました(^^;
160211-sagamiryuuguu.jpg

他にもコマチガニ・ヒラマサ・オトメウミウシ・カザリイソギンチャクエビなどが。

2本目、3本目は秋の浜へ。。。

午前中に潜った2本目まではちょっと波が高かったのですが、思い切ってENです。
水深7mくらいまではサージを感じましたが、それより深場では問題ありません。

唯一の魚でのリクエストでクダゴンベ!を見に行きました。
今日は全部で3個体見つかりましたが、どの子も34m以深なので厄介です。
160211-kudagon.jpg

イソギンチャクモエビ・サラサゴンベygと少し遊びつつ、一気に浅場へ。

未だ同じ場所に健在のカンムリベラygです。水温低いのに頑張りますね~
160211-kanmuri.jpg


3本目は、あまり深く行かずにジックリと。。。

するとピカチュウことウデフリツノザヤウミウシが2個体見つかりました。
ちょっと想定外の場所で見つかり驚きでした(^^;
160211-pika.jpg

側ではアカホシカクレエビを見て頂きました。この子は比較的大きめなので
撮り易いヤツです。
160211-akahosi.jpg

クシノハカクレエビも定位置で元気にしていました。
出来ればペアで居てくれると最高なんですけどね(^^;
160211-kusinoha.jpg

最後は甲殻類のリクエストでは外せないフリソデエビ!です。
結構大きく成長したし、ペアでいるから目立ちそうなものなんですが、
穴の奥~の方に入ってて、実際はかなり見つけにくい位置です(><)
160211-furisode.jpg

他にも、ヒトデヤドリエビ・カガミチョウチョウウオ・イガグリウミウシ・
ハナミドリガイ・アカシマシラヒゲエビ
などが見れています。

明日は静かな秋の浜だと嬉しいなあ。。。


水温15℃でもWETで体験DIV(^^;

2月10日(水) 天気:晴れ

<秋の浜> 透明度:10m前後 水温:15.6℃ 海況:やや波あり

本日は元気な体験ダイバーを迎えてのオレンジフィッシュです。
いやあいくら体験とは言え、水温15℃ですから、心配したのですが・・・
元気な若者達は、結果楽しく体験ダイビングされて行きました~
まあ終わってからが一番寒がっていましたけど(^^;
今日は風も穏やかで天気が良かったのは幸いでしたね。

160210-taiken.jpg

大島にはクマノミが1年中いるので体験ダイバーには喜ばれてます♪
160210-kumanomi.jpg


1本目で体験ダイビングは終了となったので、2本目は唯一ライセンス保持者の
リーダー君と一緒に軽めのファンダイブを。。。

沖ではサラサゴンベygが定位置で観察出来ています。
160210-sarasa.jpg

久々にキイロウミウシも目に止まりました。
160210-kiiro.jpg

浅場ではハナミドリガイなんかも居ました~
160210-hanamidori.jpg

さて、明日からは上級者ダイバーのファンガイドです。
何が見れるかなあ。。。



水温15℃台です。。。

2月9日(火) 天気:晴れ

<秋の浜> 透明度:10~12m 水温:15.2℃ 海況:ほぼ良好

かなり強めな西風が吹いていましたが、秋の浜は島影になるので
まったく問題なく潜れます。
ゲストは居なかったので、調査で潜ってきました~


まずは前回上手く撮れなったホシゴンベygへ。。。
今日もサンゴの隙間にちゃんと居ました~意外と寒さに強いのに驚きです。
160209-hosigonbe.jpg

沖では可愛いサイズのピカチュウことウデフリツノザヤウミウシに遭遇。
ゲストが居ない時はこうしてあっけなく見れるんですけどね(^^;
160209-pika.jpg

久々にタテジマキンチャクダイygに立ち寄りました。
さすがに大きくは成長していませんでしたが、未だ元気に健在です。
160209-tatekin.jpg

浅場に戻り、いい感じの位置にいたフトスジイレズミハゼを撮影。
160209-futosuji.jpg

そしてチゴミドリガイも目に止まりました~
160209-tigomidorigai.jpg

他にもハワイトラギス・オキゴンベyg・ツバメウオのペア・アオリイカyg・
レンテンヤッコ・ワニゴチ
などが。

明日はWETで体験ダイビングのお客様と潜る予定です。
水温的には寒いとは思うのですが・・・天気も良いしまあ短いからイケるのかな(^^;


久々に裏砂漠トレッキングツアーもやりました~♪

2月7日(日) 天気:曇りのち晴れ

<裏砂漠> 気温:4℃ 北東の風 薄っすらと積雪あり
<ケイカイ> 透明度:10m 水温:15.8℃ 海況:ほぼ良好


今日はショップ御一行様のリクエストで、早朝から裏砂漠カルデラトレッキング!
に向かいました~


夜明け前に出発して、ちょうど朝日が昇る頃に砂漠の尾根から眺めよう!と
目論んでいたのですが・・・残念ながら朝は曇り(><)しかも山頂付近は
薄っすらと雪化粧した砂漠景観でした。まあこれはこれで滅多に見れない
タイミングなんですけどね(^^;


まずはお決まりの砂漠を上から眺めた景観です。。。
160207-sabaku.jpg

次いで火口山頂の姿と雪化粧したカルデラ内!
160207-karudera.jpg

そして今回のお目当てな場所、キャニオンで活きた火山を感じよう!です。
160207-funki.jpg

どの景色も皆さん初めて見る景観だったので、とっても感動して下さいました♪


さて一度宿へ戻り、急ぎ朝食を食べた後は・・・今日ももちろんダイビングです。

北東風が強かったので、秋の浜には潜れず(><)西側のケイカイに潜りました。

ケイカイと言えば、アオウミガメ!って事で、今日もお約束的にカメを見て頂けて
ホッと一安心です。残念ながらカメが泳いで逃げてしまったので写真はダメでした。

その代わりに撮れたのは・・・久々に見たハナミノカサゴです。
体の白点模様が特徴です。結構大きめな個体でした。
160207-hanaminokasago.jpg

逆にコチラは小さくまだ2cm程のスミゾメミノウミウシ。
160207-sumizome.jpg

他にも、クマノミ・イサキの群れ・メジナの群れ・巨大イセエビの抜け殻などが。

たまにはこういったネイチャー&ダイビングな1日も楽しいもんです♪


穏や~かな週末でした♪

2月6日(土) 天気:晴れのち曇り

<秋の浜> 透明度:12m 水温:16.8℃ 海況:良好
<野田浜> 透明度:12m 水温:16.1℃ 海況:良好


本日から初めて大島に来てくれたショップ御一行様のガイドとして
日中3DIVしてきました~♪

海は久しぶりに穏やかで全ポイント潜れる週末となりました。
まあ明日はかなり怪しいのですが(^^;

1本目、2本目は秋の浜へ。。。

今日もENしてすぐにツバメウオ若魚のペアが居てくれました。
まあこの場所でも居ついてくれていればかなり嬉しい事です。
160206-tubameuo.jpg

New顔としては、ヤリイカの卵!
今年も沢山の卵を産み付けた場所があって、一安心です。
やっぱり2月はヤリイカの季節ですからね~
160206-yariika.jpg

そしてもう1匹。。。アオボシミドリガイ!です。
この子もそろそろ見れる頃なのになあ。。。と探していたら
案外あっけなく見つかりました。しかも別々の場所に2個体。
160206-aobosimidorigai.jpg

久々に右のテーブルサンゴに立ち寄ったらホシゴンベyg!に遭遇。
まだ居たんですね~とっくに居なくなったと思っていました(^^;
160206-hosigonbe.jpg

他にもベニカエルアンコウ・レンテンヤッコ・トウシマコケギンポ・
シマウミスズメ・シロウミウシ・メジナ・カエルウオ
などが。


3本目は野田浜に。。。

ここではボブサンウミウシに出会う!といった嬉しい事がありました。
毎年見れる種ではありますが、そんなに個体数が多くないので・・・
派手だし会えるとやっぱり嬉しいものです。
160206-bobusan.jpg

水中アーチ内ではイサキの他にテングダイが1匹混じっていました。
アーチでテングダイを見たのはすごく久々な気がします。
160206-tengudai.jpg

他にも、カンムリベラyg・コイボウミウシ・ハナオトメウミウシ・クマノミ・
アカエイ・ヒラメ・タカノハダイの群れ!
などが。。。

明日は予定だと早朝の裏砂漠トレッキングからスタートです!
ちょっと雨と風が心配ですけどね。。。(^^;



水温上がりました~!!

2月5日(金) 天気:晴れ

<秋の浜> 透明度:10~12m 水温:18~19℃ 海況:良好

昨日、今日と高気圧の影響で穏やかな海となっています。
4日ぶりに海に潜ったら、なんと水温が2℃!も上がっていました♪
黒潮が近づいた証ですが、透明度はいまひとつパッとしません。


まずはENしてすぐにツバメウオygの姿が2個体ありました!
傷の付き具合からするとずっと漁礁に居ついていた2個体と同じ
子達かと思われます。ウーンここに居るって事は先が短いかも
しれませんね。。。
160205-tubameuo.jpg

本日のNEW顔はサラサゴンベyg!
まだ大きさも4cmくらいで中々可愛らしい個体でした♪
160205-sarasagonbe.jpg

沖の砂地では60cmはある巨大なイズカサゴ!が。。。
毎年冬になると深場から上がってくる大きなカサゴです。
160205-izukasago.jpg

岩場では最近レンテンヤッコが多く目に止まります。
この子はまだ5cmくらいのygサイズです。
160205-rentenyako.jpg

浅場ではフリソデエビのペアが健在です。
すいぶんと大きく成長したものです。
160205-furisode.jpg

EXのハシゴでは久々にカエルウオ!が入っていました。
最後の最後にコイツが居るだけで癒されますね~
160205-kaeruuo.jpg

他にも、セナキルリスズメダイyg・ホシテンスyg・アオサハギyg・
クロイトハゼ・ガラスハゼ・ハナミドリガイ・
などが。

今日はまた北東風で荒れ気味でした~

2月1日(月) 天気:曇り

<秋の浜> 透明度:8~12m 水温:15~16℃ 海況:波あり

今朝はまたまた北東風が強めに吹き、朝一の秋の浜は荒れ気味に。。。
ただ潜れないほどではなかったので、ゲストと相談した結果、予定通り
秋の浜へ潜る事に。。。


ゲストさんがハナゴンベygを撮ってる間に、近くをウロウロと。。。

とりあえず久々にアカホシカクレエビを撮影。。。
160201-akahosikakureebi.jpg

他にもクビアカハゼガラスハゼ・セナキルリスズメダイなども見れています。

クシノハカクレエビは単独になってしまっていましたが元気でした。
160201-kusinoha.jpg

ちょっと最近臆病になっていますが、アカシマシラヒゲエビもペアで健在です!
160201-akasimasirahige.jpg

何だかエビばかりになってしまいましたが、まったくの偶然です(^^;

最後は穴の中でフリソデエビの姿があったので1枚。。。
1匹しか映っていませんが、ちゃんとペアでいましたよ~
160201-furisode.jpg

浅場では他にも、スミツキベラyg・フトスジイレズミハゼなどが見れています。

明日は今日より強く北東風が吹く予報です。こりゃ海は無理そうですね(^^;




プロフィール

OFかっすん

Author:OFかっすん
伊豆大島ダイビングサービス
山&星のネイチャーガイド
オレンジフィッシュ代表 粕谷浩之

ダイビングの情報&陸のネイチャーガイドの記事や写真を紹介しています。

最新記事

最新トラックバック

検索フォーム

ブロとも申請フォーム

QRコード

QR