ウミテングの登場!

3月29日(火) 天気:晴れ

<秋の浜> 透明度:10~15m 水温:17.4℃ 海況:良好

朝から素晴らしい好天に恵まれました。
本日からリピート率No.1のショップ御一行様を迎えています。
僕も1本だけお付き合いで、リサーチDIVを楽しんできました~


昨日西側のポイントを潜って水温が高かったので秋の浜も期待しましたが
残念ながらあまり変わっていませんでした(^^;

やっぱり島の西側と東側ではだいぶ違うんですね~

今日もEN直後に元気なツバメウオにあいさつをしてから沖に。。。

まずはハナゴンベyg!
相変わらずシャイなので、シャッター1~2枚までしか撮らせてもらえないですが
何とか1枚撮れたのでご紹介します。
それにしてもあまり大きくなっていないのが気になります。ちゃんと食べてるのかな?
160329-hanagonbe.jpg

そのまま少しだけ沖まで進み、オオモンカエルアンコウygが健在なのも
チェックしてきました~
160329-oomon.jpg

そして、本日のNEW!が写真のウミテング!!
個人的には今年の初見となりました。しかもこちらの個体はショップガイドの方が
発見です。毎回潜る度に何か新しい発見をして下さるので有難い限りです(^^)/
いやあ、流石!の一言です。
160329-umitengu.jpg

ジョーフィッシュは2個体とも元気に顔を出してくれました。
このまま成長し続けてくれれば夏の口内保育が楽しみです♪
160329-jyo.jpg

途中、クロスジウミウシも目に止まったので、1枚撮ってきました~
昨日の野田浜ではウミウシが沢山見つかったのに、秋の浜はまだ少なめかな?
160329-kurosuji.jpg

浅場で石を捲りながら、安全停止をしていたら久々にキマダラハゼに遭遇!
相変わらず一瞬で小石の隙間に逃げてしまうので、こちらの写真でいっぱいいっぱい。
いつか綺麗に撮ってみたい被写体の一つです。
160329-kimadarahaze.jpg

さて、明後日31日~4月5日まで臨時休業と致します。
メールは多分?受信出来るかと思いますが・・・急ぎの方はお電話下さい。
携帯に転送されるので、ご安心を♪




スポンサーサイト

水温が急上昇(^^)/

3月28日(月) 天気:雷雨のち晴れ

<王の浜> 透明度:15m 水温:20.2℃ 海況:ほぼ良好
<野田浜> 透明度:10m 水温:19.6℃ 海況:ベタ凪


昨夜から朝方にかけて、物凄い雷雨で夜中に目が覚めた程です(^^;
予報が悪い方向になり、昼前くらいまで結構な本降りの雨でした。
とは言え、今日も若い学生ダイバーは元気に2DIVです♪


本日のトピックスは何と言っても水温急上昇!王の浜は平均20℃超え!
野田浜も19℃後半で、水温だけは快適でした♪


1本目の王の浜。。。

浅場は昨夜まで荒れていたので白濁感が強かったですが、沖へ出ると
浮遊物が少なく久々に15m以上の透明度が待っていました。

水温が高いと、中層を泳ぐ回遊魚達も元気があっていいですね~

根の上では大人しいアオウミガメに遭遇出来たので、ゲストと一緒に
記念撮影。。。
160328-kame.jpg

こちらは根下にいつもいるテングダイのペア!
今日は側にもう1ペア居たので、このエリアには計4個体見れますね。
160328-tengudai.jpg

ただ相変わらずこの時期、このポイントはマクロ系が乏しいのが難点ですかね。
ん?オイラが探していないだけ・・・そうとも言いますが(^^;
まあ、王の浜は何となくワイドに楽しみたい心境なのです。


2本目は野田浜へ。。。この頃には雨も上がって日差しが戻りました!

こちらは終わってみればウミウシ祭り!ってな感じでした♪

まずは幸先良くコンシボリガイ!を発見。今年に入って僕は初です!
本当はもうちょっと青い個体が好きですが、この子は黄色バージョンです。
160328-konshiborigai.jpg

次いでガーベラミノウミウシ!毎年春になると、サクラミノ~と一緒に一気に
見れる機会が増えるウミウシです。この種も今年はこれが初見となりました。
160328-ga-bera.jpg

更にボブサンウミウシ!この子はつい何週間か前に見たのと同じ個体です。
左の触角が傷ついてほとんど見れないのがコイツの特徴です。
160328-bobusan.jpg

最後はミスガイ!この種も冬から初夏にかけて良く見かけるウミウシの仲間です。
コンシボリ~と一緒で黒いゴマ粒のような目が可愛いのです。
160328-misugai.jpg

他にもウミウシは、ダイダイ・キカモヨウ・スイートジェリーミドリガイなどが見れています。

しかし今日の野田浜はウミウシのようなマクロ系だけではなく、大物チラホラと
見れたんです。

まずはゲストと一緒に撮ったカスザメ!この冬は例年に比べやや少ない気もします。
160328-kasuzame.jpg

最後は水中アーチの中にいた90cmくらいのアカエイ!やっぱり1m近くになると
アカエイと言えども迫力がありますね♪
160328-akaei.jpg

結局終わってみれば、2日間4DIVが全て違うポイント!になり、中々充実してました~
若いとは言え、WETダイビングお疲れ様でした~風邪引かないように。。。
明日からは某ショップ御一行様が来ま~す♪


久々に大物狙いDIV♪

3月27日(日) 天気:晴れ

<秋の浜> 透明度:12m 水温:16.8℃ 海況:ほぼ良好
<ケイカイ> 透明度:10m 水温:18.4℃ 海況:ベタ凪


今日から新たなゲストを迎えてノンビリ2DIVしてきました~
朝から良い天気で、日中は予報よりもはるかに高い18℃台まで上昇。。。
ちょうどWETゲストさん達だったので、まあ良かったのですが(^^;


1本目は秋の浜に。。。

水面は穏やかですが、水中透明度はいまひとつだったかなあ。。。
それでも深場は15mくらいは見えていた気がします。

まずは久々のサラサゴンベ!
居ない時もたまにあるのですが、今日は定位置にいました~
160327-sarasa.jpg

沖ではこれまた定位置で観察中のオオモンカエルアンコウ!
早く大きくならないかなあ。まあ大きくなったら居なくなりそうですが(^^;
160327-oomon.jpg

浅場に戻ってNewな出会いはミアミラウミウシの幼体!
比較的8cmくらいまで成長する種ですが、この子はまだ2cmほど
160327-miamira.jpg

他にもツバメウオ・アカシマシラヒゲエビ・巨大ヒラメ・ハナミドリガイ・
カンムリベラyg・スジハナダイ・タカベ稚魚の群れ!
などが。


2本目は大物リクエストでケイカイに。。。

こちらは潜ってビックリの18.4℃!秋の浜より約2℃も高ったです♪

まずは幸先良く1個体目のアオウミガメGET!
結構近づく事が出来ました。
まあその後、結局いるわ!いるわ!で計5個体も見れました。
160327-kame.jpg

そして久々にネコザメ!にも遭遇出来ました!
最初は穴の中で大人しくしてたのですが・・・撮ってるウチに
沖へ泳いでいってしまいました~
160327-neko.jpg

残念ながら今日はドチザメには会えなったのでしが、その代わりに
カスザメ&アカエイ&イシガキフグなどの大物に会えています。

明日は雨みたいです(><)まあ風が弱そうなのが幸いですが。。。
WETゲストさん達はちょっと寒いだろうなあ~


体験&ファンガイドな1日♪

3月26日(土) 天気:曇りのち晴れ

<野田浜> 透明度:10m 水温:17.4℃ 海況:良好
<秋の浜> 透明度:10m 水温:16.4~17.2℃ 海況:やや波あり


朝は曇っていてちょっと肌寒かったのですが、昼前からはスッキリ晴れて
暖かく感じました。
そんな本日は、朝一で体験ダイビング、その後ファンガイドで2DIVしてきました~

まずは野田浜での体験ダイビング!
1人は初めての方でしたが、すぐに海にも器材にも慣れて順調に出来ました。
本当は魚の多い秋の浜でやりたかったのですが・・・本日も朝は北東風が強く、
結局静かな野田浜でした。
それでも、水中から見る景色や魚達に感動されていました~
160326-taiken.jpg

そしてここからは秋の浜での2DIVです。
今日のゲストさん達は、なんと明日のウルトラランニング(58kmの部)にも
出場というとってもタフな女子達でした~


まずは1本目に見たツバメウオ!からです。
もう完全にこの場所がお気に入りのようで、まったく逃げる気配なしですね(^^;
160326-tubameuo.jpg

最近は浅場の中層にイワシの群れ!が凄いです。
太陽光に照らされ実にキレイな群れですね。
160326-iwasi.jpg

沖へ向かう途中では可愛いテンクロスジギンポを見てもらいました。
160325-tekuro.jpg

ジョーフィッシュも元気でした♪

2本目は際壁沿いに。。。

まずはヒョウモンダコに遭遇出来ました!
このタコ、猛毒を持ってるタコとしても有名で噛まれるとかなりヤバいです。
キレイなんですけどね~
160326-hyoumondako.jpg

久しぶりにキツネダイも見れました。
だけどいつも見るのはメスの方ばかりなんですよね~
160326-kitunedai.jpg

そして嬉しい出会いとしてキカモヨウウミウシ!に会えました。
このウミウシは触角と虹鰓がキレイなライトグリーンなので個人的に大好きです。
160326-kikamoyou.jpg

浅場の新顔としてはヌノサラシygです。
いつから居たのでしょうか?まったく気づきませんでした(^^;
160326-nunosarasi.jpg

明日はまたゲストが変わってガイドの予定でーす。

マトウダイの子供に出会う!

3月25日(金) 天気:晴れ

<秋の浜> 透明度:10~12m 水温:16.2℃ 海況:やや波あり

昨日はパソコンの調子が悪く、ログをアップデート出来なかったので
1日遅れのログですみません。

本日は調査DIVで1本潜ってきました~

今日もジョーフィッシュはいい感じ♪に顔を出してくれたと思いきや、
近くにもう1個体いました!一昨日はてっきり1個体だけかと思っていたら
ちゃんと相方が居たようです(^^)/
という訳で、一昨日とは別個体のジョーです♪
160325-jyo.jpg

そして、表題にも書いたマトウダイの子供に遭遇しちゃいました!!
この時期、普通に成魚(30~50cm)くらいのは良くみかけますが、
あまり小さい個体は見れません。。。
ちなみに今日見つけた子はこんな感じ!
160325-matoudai1.jpg




と、これでは大きさがよくわからないので、僕のダイコンと比較したのが
コチラです!大きさは6cmほどで超カワイイ大きさでした。
160325-matoudai2.jpg


帰り際に、オオモンカエルアンコウにも寄ってきました。
今日も大人しく定位置に居てくれました~
160325-oomon.jpg

そして、運良くハナゴンベygも1枚だけ撮れました!
いつもシャイで中々撮らせてもらえないのですが・・・この1枚1発勝負でした(^^;
160325-hanagonbe.jpg

今日はマトウダイのチビに時間をかけ過ぎちゃったので、この後はほとんど
スルーでした。でも多分、これっきりの出会いになるんだろうな~。。。


明日からゲストが続きま~す♪

約5年ぶりに復活!なジョーフィッシュ♪

3月23日(水) 天気:晴れ

<秋の浜> 透明度:10~12m 水温:17℃ 海況:ややウネリあり

朝から日中にかけては春らしいポカポカ陽気でした。
地元ガイド仲間から、ジョーフィッシュ復活!との朗報を聞いたので
久々に、調査DIVに行ってきました~(^^)/


週末に体験ダイビングで野田浜には潜りましたが、秋の浜に潜るのは
1週間ぶりでした。水温は変わらず17℃くらいで安定していますが、やや春特有の
浮遊物が出てきてしまいました~まあ、決して春濁りって事ではなく充分な透明度は
あるので問題ありませんが。。。


まずは表題のとおり、久々にテンション上がりまくりのジョーフィッシュの画像から!
いやあ、約5年ぶり?もしかすると6年ぶりになりますか・・・嬉しい再来です。
今日は巣穴の手入れで、大忙しな様子。。。一生懸命に口で小石を積み重ねて
立派な巣穴を修繕していました。
あまりにも可愛くて気づけば20枚くらい撮ってしまってました(^^;
160323-jyo.jpg

待望の新ネタ!はジョーフィッシュだけではなく、今年はまったく気配がなかった
オオモンカエルアンコウも登場してくれました!
オオモン~じゃなくてもイロ~だけでも居て当たり前だったのが秋の浜なのですが、
この半年以上その存在が無く、非常に寂しかったのでとりあえずは良かったです。
160323-oomon.jpg

そしてこれまた新顔のイバラダツ!です。
最近になって、ハナタツやオオミウマ等の噂は聞いていたものの、この子を含め
タツ系には運がなくずっと見れていなかったので嬉しかったです。
160323-ibaradatsu.jpg

伊豆半島では当たり前な普通種ですが、大島ではかなりレア度が高い・・・
キンチャクダイの若魚!です。
幼魚は毎年多く見かけるのですが、こうした成魚に近い色模様が出てる個体に
会うのは本当に稀なんです。ましてやこの子よりも成長した成魚は大島で見たことが
ありませんから。。。
160323-kintyakudai.jpg

最後は何だかんだで越冬してしまったツバメウオ!がまだ健在です(^^;
大島でこんなに長く居ついたツバメウオは多分初めてかと思います。
こうした絶対的な南方種が気軽に毎回見れるのは嬉しい半面、心配でもあります。
この冬は本当に水温が下がりきらなかったんですね~。。。
160323-tubameuo.jpg

他にも、カンムリベラyg・クリアクリーナーシュリンプ・ハナゴンベyg・巨大ヒラメ・
イサキの大群!・クシノハカクレエビ・ニシキウミウシ
などが。

このままちょっとずつでも良いからマクロ系の新顔が増えてきてほしいものですね♪


本日は体験&砂漠ツアーの巻!

3月20日(日) 天気:曇り時々晴れ

<野田浜> 透明度:10~15m 水温:17℃ 海況:ほぼ良好

朝から今ひとつスッキリとしない空模様でしたが、日中は風が弱まったので
ダイビングにせよ、山歩きにせよ、助かりました~♪

まずは午前中に「体験ダイビング!」からです。
本来は秋の浜でやりたかったところですが・・・昨日から北東風(ナライ)の為、
少しでも水面が穏やかな野田浜で。。。

二人とも、体験ダイビングは初めて!とのことでしたがまったく問題なく
スムーズに練習も進み、水中でもこの余裕ぶり(^^)
とても楽しそうに泳いでいた二人が印象的でした。
160320-taiken.jpg


午後からは、別のお客様と一緒に「裏砂漠トレッキングツアー!」へ。。。

本当は裏砂漠で星空を楽しむ予定だったのですが、今夜は生憎の曇り空。
なので急遽、日中の砂漠ツアーに変更致しました♪

砂漠と言えばまずはお約束の? 「砂漠でジャンプ!!」
とっても元気な女子4人組で、一緒に歩いていて楽しい会話も盛り沢山でした。
160320-sabaku.jpg

そしてやっぱり最後は終点の「噴気の壁!」
ここまで歩くと、生きた地球(火山)を間近に感じられるので、大盛り上がりです。
噴気でメガネが曇る!の巻・・・(^^; 大爆笑でした。
160320-funki.jpg


体験ダイビングと山ツアー・・・って組み合わせも悪くないものですね(^^;


2日分まとめて更新!

3月14~15日 天気:大雨&晴れ

<秋の浜> 透明度:10~15m 水温:16.5℃ 海況:波あり(大)
<野田浜> 透明度:10~12m 水温:16.6℃ 海況:ほぼ良好


この2日間は上級者のリピーターゲストさんを迎えての4DIVでした!
初日の14日(昨日)は低気圧通過に伴い、風&雨が強く・・・ポイントはどこも大荒れ。
なんとか午前中に秋の浜、午後からは野田浜に。。。


本日15日は天気も回復して暖かさが戻りましたが、昨日の余波が残り・・・
秋の浜は潜れたものの2本とも波の大きな海況で浅場は苦労しました(><)


14日の1本目は秋の浜へ。。。

リクエストはハナゴンベyg!という事で、雨で水中は暗かったものの、しっかりと
見る事が出来ました。がしかし、ゲストも僕も写真までは撮れず・・・相変わらず
臆病なハナゴンベygでした。

なので、撮った写真としてはクリアクリーナーシュリンプ!くらいです。
今日は1匹に集中して撮ってみました。本当に透明でキレイなエビですね。
160315-kuriakurina.jpg

他に、イソギンチャクモエビ・アカシマシラヒゲエビ・ヒマワリスズメダイ・スジハナダイ・
カンムリベラyg・ハナミドリガイ
などが。

午後からは北東からの強風で秋の浜はクローズ状態となったので、野田浜へ。。。

ここでは何となくウミウシ中心に。。。

まずはダイダイウミウシ!この種はここ野田浜の浅場には沢山います。
個体数は多めながら、実はあまり知られていないウミウシのようです。
160315-daidai.jpg

アカネコモンウミウシ!
個人的には派手な色使いと模様が好きなウミウシです。
160315-aknekomon.jpg

テングダイが良い位置にいたので、撮ってみました~
160315-tengudai.jpg

帰り際に可愛いサイズのコウイカが居たので、これまた1枚。。。
160315-kouika.jpg

他に、シロウミウシ・サラサウミウシ・シロタエイロウミウシなどが。


そして本日15日は2本とも秋の浜へ。。。

まずはリクエストのオシャレハナダイ!
秋に一緒に潜った時は、お見せできずだったので・・・今日はリベンジDay。
そして今回はあまり時間もかからず、あっけなくお見せ出来て良かったです。
僕は写真撮ってませんが、ゲストさんは綺麗に撮れていました♪

深場から戻りつつ、ミスジスズメダイygへ。
今日は水中が明るかったおかげか?ほとんど逃げられずに撮れました。
160315-misujisuzumedai.jpg

側では今季初!となるクロスジウミウシ!
毎年、個体数が多いので良く見てましたが・・・今年は貴重になるかもしれません。
160315-kurosuji.jpg

側ではピカチュウウミウシも無事に発見です(^^)

浅場に戻るとネズミウミウシが見れました。案外大きくなる種でこの子は8cmほど。

段上ではお約束の?ホムラスベヨコエビが見れたのですが・・・かなり波で揺れるので
撮影は苦労しました。だって5mmくらいだし(^^;
160315-homurasubeyokoebi.jpg

2本目は際壁沿いに。。。

狙いはハナゴンベygのリベンジ撮影だったのですが・・・何故か姿を現さず(><)
当てが外れて残念でした。

その代わりに大きさ2cmほどの可愛いサイズのジボガウミウシに遭遇♪
まだ青白さが残っていて、何だか神秘的な色合いでした。
160315-jiboga.jpg

最後にサラサゴンベygにあいさつして。。。
160315-sarasa.jpg

浅場ではオキナワベニハゼ・ハナミドリガイ・カンムリベラygなどが。

明日からはやっと穏やかな天気が続きそうですが、不思議とそういう時は
ノーゲストが続くんですよね(><)困ったものです。






たまには西側のポイントにも。。。

3月13日(日) 天気:曇りときどき晴れ

<秋の浜> 透明度:15m 水温:16.5℃ 海況:波あり
<ケイカイ> 透明度:15m 水温:17℃ 海況:良好


本日はゲストの1人がメデタク100本を迎える!という事で、まずはリクエストの
秋の浜で記念DIVをしてきました~♪

朝一は、結構の波があってちょっとENは大変だったのですが、潜ってさえしまえば
いつものキレイな水中が待っていました~

始めにハシゴに居ついているツバメウオに挨拶をしてから沖へ。。。
水中が荒れていても全然余裕で居ついているからある意味凄いです(^^;

そしてコチラが祝100本を迎えたAさん!本当におめでとうございま~す(^^)/
160313-kinendiv.jpg

さて、沖ではヒマワリスズメダイygを撮ってもらいました。
いい感じの場所に居て撮り易いのでオススメです。
160312-himawari.jpg

側では大きなヒラメが鎮座していました~

久々にアカホシカクレエビなんかも撮ってみました。
透明感があって美しいエビです。
160313-akahosi.jpg

浅場ではチゴミドリガイ!にも遭遇です。ハナミドリガイは個体数多いのですが
この子はやや少なめかな。。。
160313-tigomidorigai.jpg

他にも、ハナゴンベyg・カガミチョウチョウウオ・ホムラスベヨコエビなどが。


2本目は、久々に大物を求めてケイカイ(右)に潜ってきました~!

しばらくこのエリアは潜っていなかったので、ドチザメ!に会える予感があったのですが、
今回は狙いどおり、1m級の2個体のドチザメに会う事が出来ました!!
やっぱりこの流線形のスタイルはカッコいいのです(^^)
160313-dchizame.jpg

そしてケイカイと言えば代名詞のアオウミガメ!ですが・・・
今日はなんと6個体に会えました~まさにこのエリアはカメ祭り!だった感じです。
まあ残念ながら、カメとの2ショット写真は撮れなかったのですが、小さいのから
大きいのまで盛り沢山でした。
160313-kame.jpg

逆に、ここでは他にイシガキフグ。。。くらいしか見てませんが(^^;

さーて、明日からもゲストが続くのですが・・・予報だと大荒れ気味な天気みたいで
果たして秋の浜に何とか潜れるのだろうか?上級者ですが海況が心配です。






3月12日(土) 天気:晴れ時々曇り

<秋の浜> 透明度:12~20m 水温:16.4℃ 海況:やや波あり

昨日とは一転、晴れたのですが今日も北東風(ナライ)がやや強めに吹き、
秋の浜は荒れ気味でした~(><)

とは言え、潜れないほどではなかったので、ゲストのリクエストで3本とも
秋の浜へガッツリ潜ってきちゃいました~♪


1本目は際壁を深場へ。。。

まずは昨日のリベンジでハナゴンベygに立ち寄りました。
今日もシャイなままなので、最初の数枚が勝負です(^^;まあ昨日よりは
何とかまともに撮れた気がします。。。
160312-hanagonbe.jpg

久々にベニサンゴガニsp!に立ち寄ってみました~
いつのまにか2個体になっていて驚きましたが、もう1匹は手前の個体に
かぶってしまい、残念ながら単独写真です。
160312-benisangogani-sp.jpg

この辺りでは、昨日も見れたピカチュウ!が今日も無事に見れました。
昨日と違って、丸くなっていたのでGood♪
160312-pika.jpg

そしてこれまた久々に会えたアカオビハナダイ!
明らかに他の個体と比べて、体表に赤い帯があるのでよく目立ちます(^^)/
160312-akaobihanadai.jpg


2本目からは新たなゲストも合流したので際壁と砂地巡り。

残念ながら砂地にはコレ!といった被写体がいなかったので基本壁沿いと
浅場で見れた魚の紹介になります。


まずは定点観察しているサラサゴンベ!
もうボチボチ2ヵ月以上はこの場所にいる気がします♪一応南方種になります。
160312-sarasagonbe.jpg

浅場ではサガミリュウグウウミウシなんかも目に止まりました。
160312-sagamiryuuguu.jpg

そして多分約1年ぶりになるかと思いますが、ホムラスベヨコエビ!
見つかりました。真ん中の個体と下中央付近にもう1個体が。。。
ちなみにこの子で大きさは約5mmです(^^;
160312-homurasubeyokoebi.jpg


ラスト3本目は中央エリアをウロウロと。。。

深場で印象的だったのはピカチュウの赤ちゃん!
残念ながら写真は撮りませんでしたが、1cm以下のとても可愛い子でした。

そして新たな場所でクシノハカクレエビ!なんかも見れています。
ザラカイメンの中がお家なのです♪
160312-kusinohakakureebi.jpg

浅場に戻りだすと・・・コガネミノウミウシが見つかりました。
大島では毎年冬~初夏にかけて良く見かけます。
160312-koganeminoumiusi.jpg

浅場の段壁まで戻って、今が旬のクリアークリーナーシュリンプ!
見てもらいました。ちょうど3匹映っていました。
160312-kuriaku-na-syurinpu.jpg

他にもヒマワリスズメダイ・ケラマハナダイ・マダイ・ハリセンボン・
ハナミドリガイ・アオサハギyg・ミスジスズメダイyg・クロイトハゼのペア・
ベニカエルアンコウ・ヒラマサ・トウシマコケギンポ
などが。

そんな訳で、3本も潜ればいろいろ種類が豊富に見つかる秋の浜でした!
でも明日もう見せる固定ネタがもうないかも~(^^;



真冬に逆戻りな1日に。。。

3月11日(金) 天気:雨

<秋の浜> 透明度:10~15m 水温:17℃ 海況:波あり

朝から冷たい雨が降り続きました。。。本日は日本中を震撼させたあの3.11。
午後2時46分、ショップから北に向かって黙祷をささげました。
奇しくも、ちょうど5年前のあの日、一緒に秋の浜を潜りに来ていたゲストさんが
本日より来店されています。


真冬のような気温と北風にくじけて、ゲストさんと相談の結果本日は1本にて終了(^^;
秋の浜には時折大きな波が打ち寄せるも、潜れないほどではありませんでした。


深場では相変わらずスジハナダイ!が群れを作っています。
このところ深場でもレア種が少ないので、普通種ですがつい撮っちゃいます(^^;
160311-sujihanadai.jpg

側ではイガグリウミウシが目に止まりました。
今年も個体数は比較的多めでしょうか。。。
160311-igagguri.jpg

完全に伸びきった瞬間のピカチュウことウデフリツノザヤウミウシ!
個人的には丸まってる姿が好みですが・・・まあ仕方ありません。
160311-pika.jpg

完全にピンボケですが、何とかハナゴンベygが撮れました(><)
今日は水中が暗かったのでライト当てると瞬殺だったので、ノーライトで
証拠写真。やっぱり暗いとピントがこないですね~
160311-hanagonbe.jpg

砂地では久々にタツノイトコがペアで見れました。
奥の1匹にしかピンがきてませんが・・・手前にもいるんです(^^;
160311-tatunoitoko.jpg

他にも、ウスバハギ・カスザメ・ハリセンボンなどが。。。

明日は天気だけは回復の予報!ただ北風は変わらず強めのようです。


約1ヵ月ぶりのログ更新(><)

3月8日(火) 天気:晴れ

<秋の浜> 透明度:10~15m 水温:16.8℃ 海況:ややウネリあり

気がつけば1ヵ月近くも更新されておらず・・・申し訳ございませんでした。
別に病気や怪我をしていた訳ではなく、ただ単純に海に潜るお客様が
しばらく居なかった事や、陸でのバイト依頼が沢山あったり、山のガイドや
星のガイドの方が忙しかったりと・・・まあいろいろありました。


ブログには載せませんでしたが、先週はNCFA講習とレスキュー講習も
やったりと、何だかんだ仕事はちゃんとしてるんです(^^;


さてそんな訳で、かなり久しぶりに調査ダイブしてきましたが、水温が高くて
非常に驚きました(^^)

まあ今年の冬は目立ったアイドル魚が不在で、何だか寂しい水中ですが、
贅沢を云わなければ、それなりに見る魚は沢山いるのです!

まずはまだ健在だったツバメウオ!!
正直、2~3日で居なくなっても全然おかしくない魚だし、そもそも南方種だし、
こんな真冬の海に居ついてる事自体が超レアケースです。
160308-tubameuo.jpg

ハワイトラギス!!
この冬の時期にあまり色のついた魚が少ない中、貴重な種とも言えます。
たとえトラギスでも、こんな色のトラギスなら撮ってみたくなりません?
160308-hawaitoragisu.jpg

まだ残ってたヤリイカの卵!!
冬と言えばヤリイカの産卵。。。夜行性でかつ、夜に産卵するので
アオリイカのように産卵シーンは見れませんが、ハッチアウトの瞬間ならば
こうして粘って定点観察していれば見れる可能性もあります。
160308-yariika.jpg

最後は浅場に多いアオボシミドリガイ!!
ミドリガイ系の中でも、ひと際人気な種です。まあ青い点がキレイですよ♪
160308-aobosimidorigai.jpg

他にも、タカベの稚魚の群れ!・カスザメ・ヒラメ・ホウボウ・ベニカエルアンコウ
などが見れました。

明日から久々にガイドのお客さんが続きます。そろそろ春に向けて本腰入れて
いきますかね(^^;




プロフィール

OFかっすん

Author:OFかっすん
伊豆大島ダイビングサービス
山&星のネイチャーガイド
オレンジフィッシュ代表 粕谷浩之

ダイビングの情報&陸のネイチャーガイドの記事や写真を紹介しています。

最新記事

最新トラックバック

検索フォーム

ブロとも申請フォーム

QRコード

QR