裏砂漠ガイドと久々のリサーチDIV♪

5月31日(火) 天気:晴れ

<秋の浜> 透明度:10~12m 水温:20~21℃ 海況:良好

気が付けば5月も今日が最後。。。時間の進みが早すぎる(^^;
昨日から降り続いた雨も今朝には止んで、ちょっと蒸し暑い1日となりました。

今年も夏の大島に団体様としていらっしゃるスタッフさんと今日は下見の砂漠ツアー♪
夏の大島は海はもちろん最高なのですが、砂漠もオススメなのです(^^)
という事で午前中に裏砂漠~キャニオンまでトレッキングしてきました~!
今朝まで小雨が残っていたので、砂漠に到着すると・・・こんな不思議な景観が
楽しめました。
「真黒な砂漠」と「真っ白な雲」のコラボレーションと言いますか、攻めぎあい?
のようにも見えますね。面白い瞬間だったので撮ってみました。
160531-sabaku.jpg


午後からはいつも通りのリサーチDIVで秋の浜へ。。。

この時期にしては、水温・透明度どちらも文句なしな海況が続いています。
例年だともう少し水温は低いし、春濁りも長かったイメージでしたが。。。

まずは最近EN直後のエリアに居ついているネズミフグ!
よく似たフグで大島ではイシガキフグをよく見かけますが、ネズミフグの方が
あまり逃げずに近づいて撮れる気がしてなりません。
160531-nezumifugu.jpg

人気のハナゴンべyg!も今日は窪みから出て元気に泳いでいてくれました。
ゲストがいる時にこうであって欲しいのに、中々うまくいきませんね。。。
160531-hanagonbe.jpg

この春、定番種になってるサラサゴンベ!です。
この子も週末になると隠れてしまっていて中々ゲストに見せれない時が多く
案外困った系のネタです(^^;
160531-sarasa.jpg

個人的に好きなジボガウミウシ!です。
このCoolな?色合いとラメ模様が何とも言えない魅力です。
160531-jiboga.jpg

久々にイガグリウミウシの白バージョン?幼体?が見れました。
大きさとしては普段見るサイズと大して変わらないので別に幼体って訳では
なさそうなのですが・・・たまに見かけます。
160531-igaguri.jpg

最後は産卵に訪れたアオリイカのペア!です。
写真右側のオスの方はまずまずの大きさ。。。隣に寄り添ってマダイが泳いで
いたので、大きさの比較にもなりますね。この時期のオスは結構大きいです♪
160531-aoriika.jpg

このまま水温が下がらず、上がっていけば今年は早くWETに衣替え出来そう!
え?まだドライだったの?って・・・だって例年だと7月中旬までドライですから(^^;



スポンサーサイト

3日分まとめてログ更新です。。。

5月24日(火)~26日(木) 天気:晴れ

<秋の浜> 透明度:10~12m 水温:19~21℃ 海況:良好

先日の火曜の夜から突然パソコンのネットワークが不調となり、全然更新出来ず
やっと本日復旧致しました。なので3日分まとめて更新となり申し訳ありません。


さて今週の平日は月曜から木曜までずっとお天気で風も穏やかで最高の秋の浜が
ずっと続いていました。ちょうど秋の浜大好きゲストさんだったので、本当に良かった♪


いろんな魚が見れたので、主に人気だった子たちをざっと紹介していきます。

まずはジョーフィッシュの口内保育!
順調に保育は進んでいて、一安心ですね。
160525-jyo.jpg

水温が上がって元気にホバーリングしてたヤシャハゼyg!
こちらも順調に成長してきています。
160526-yasya.jpg

面白いところでは、越冬したチンアナゴ!が未だ1匹で見られます。
まあ、相変わらず近づけませんが。。。
160526-tinanago.jpg

中層ではこんなに沢山のイサキの群れ!が間近で楽しめちゃいました♪
160524-isaki.jpg

初夏らしくリュウモンイロウミウシなんかも出てきました。
さわやか系色のウミウシなので、季節的にも◎
160525-ryuumoniro.jpg

砂地ではイボアシヤドカリがいい感じで居座っていました。
160524-iboasiyadokari.jpg

アオサハギのペアは、オスが婚姻色を出してメスに猛アタック中でした。
こういったシーンや柄が楽しめるのも今時期だけ。
160525-aosahagi.jpg

レンテンヤッコも大島の定番種として1年中見れる人気種なのです。
160525-renten.jpg

そうそう、大きなものとしてはカスザメ!なんかも見れちゃいました。
160526-kasuzame.jpg

人気のアマミスズメダイygも定位置で成長し続けています。
すぐお隣のハナゴンべygも写真はありませんが元気です。
160524-amami.jpg

イガグリウミウシも久々に登場です。相変わらず美味しそうな色合い(^^;
160526-igaguri.jpg

浅場ではミアミラウミウシも登場してくれました。この時だけですが。。。
160524-miamira.jpg

そして個人的に大好きなホムラスベヨコエビも穏やかな海なのでバッチリ。
160525-yokoebi.jpg

ハシゴには新顔でイソギンポがチョロチョロしています。
160525-isoginpo.jpg

そしてアミメミノカエルウオもしっかり居ついていますよ~
160524-kaeruuo.jpg

もちろんアオリイカも数こそは減りましたが、未だ産卵に訪れていました~

水温も少しは上がったし、透明度的にも春濁りは終わった感がありますので
このまましばらく良い海況が続いてくれる事を願うばかりです♪


ジョーフィッシュの口内保育始まる!

5月23日(月) 天気:晴れ

<秋の浜> 透明度:8~12m 水温:18~20℃ 海況:ウネリあり
<王の浜> 透明度:10~12m 水温:20℃ 海況:良好

晴れが続きますね~♪風も弱いので海は静かと思いきや・・・
昨日に引き続き、変なウネリが残っています(^^;

昨日からのゲストさん達+本日から合流のゲストさんと一緒に計3DIVです。

午前中はどのポイントも水温が20℃以上あり、中々快適な水温になってます。
ただ午後になると秋の浜は深場から冷たい潮が上がってきて水温が下がります!
まあ透明度はグーンと上がるので、ドライの僕としては大歓迎なのですが(^^;

さて本日のトピックス!は何といってもジョーフィッシュの口内保育!!
今年は5年ぶりにジョーフィッシュが沢山帰ってきたので、期待をしていましたが、
当店としては本日無事に、口内保育をしているジョー君を確認出来ました♪
たぶん今季初保育になるかと思います。まだ卵の色が白乳色だし・・・。
160523-jyo.jpg

水温が上がったおかげで、いろんな魚たちが元気に泳いでいました。

まずはイサキの群れ!
午前中に潜った秋の浜では、このイサキ達が縦横無尽に中層を泳いでいました。
160523-isaki.jpg

王の浜の浅場にはソラスズメダイの数も日に日に多くなってきたように思えます♪
160523-sorasuzume.jpg

ゲストさんが見つけてくれたコウイカの赤ちゃん!
この時期はこういった幼体シリーズが多く見れるのでマクロ系が好きな方には
おすすめです。
160523-kouika.jpg

だけどたまにはこうしたアカエイのような80cm超えの出物にも会えたり。。。
160523-akaei.jpg

EXハシゴの単管パイプ内にはアミメミノカエルウオ!も戻ってきました~
まあまた週末になると消える可能性ありますが(^^;
平日ならではの特典ですな。
160523-kaeruuo.jpg

他にも、越冬したと思われるミナミハコフグygの姿もペアでありました。

さーて、明日も何が見れるか楽しみです♪




砂漠ガイド&海ガイドな1日!

5月22日(日) 天気:晴れ 気温:24℃

<裏砂漠トレッキングコース>

<秋の浜> 透明度:8~12m 水温:18~19℃ 海況:やや波あり

<ケイカイ> 透明度:5~6m 水温:19~20℃ 海況:うねりあり


本日も朝から快晴!暑いくらいな陽気となりました~
さて今日は午前中は「砂漠ガイド」で、午後から2本海のガイドと。。。
久々にフル稼働したイメージです(^^;


山の上はやはり風が強く、若干涼しくは感じました~
でも午後一番の潜り始める頃は暑くて暑くて、ちょっと動けば汗ダクとなる
陽気でした。

まずは裏砂漠を眼下に見下ろせる場所にて、全員での集合写真を♪
初めて見る広大な景色は、みなさん感動だったようです。
160522-urasabaku.jpg

さらに歩き続けて・・・続いては本日の目的地、「噴気を感じよう!」な場所へ。
写真だとあまり噴気が映っていませんが・・・ここは壁一面からモクモクと
出ている場所なのです。
ここでも元気いっぱいなゲスト皆さんの集合写真をパシャリ!
160522-kyanion.jpg

結果、みなさん初めての大島、そして砂漠のダイナミックさに感激して
いかれた様子で、良かった良かった(^^)/



さて、午後からはゲスト変わってダイビングのお客様を元町港へ迎えに。。。
こちらも大島の海は初めて!なご夫婦さんだったので、のんびり2本潜りました~

まずはアオリイカのリクエストで秋の浜へ。。。

透明度が意外といいなあ。。。と思って泳いでいたら水温18℃!
水面温度から2℃も低かったので、WETでのゲストさんはちょっと寒そうでした。

運よく1匹だけですが、アオリイカが産卵に訪れてくれたのでバッチリ見てもらえた
のですが・・・この子、もう余命が近いらしく体はボロボロでした(><)
それなのに最後の力を振り絞って子孫を残す使命感で卵を産みにくるなんて・・・
アオリイカの切な生き様が伝わってきました。

160522-aoriika.jpg

2本目はウミガメのリクエストでケイカイへ。。。
こちらは驚くほど濁っていて・・・しかも意味不明な大きなウネリも入っていて
思っていた以上に厳しい海況でのダイビングでした。

それでもラッキーな事に、大きなアオウミガメに遭遇出来て一応は目的達成!
透明度がかなり悪かったので、確率低かったのに、すごい引きのゲスト夫婦でした♪
160522-kame.jpg

今日は本当に朝から良い天気で、夕方ゲストさんを宿へ送った帰りに
こんなに素晴らしい夕日に出会えました!
160522-yuuhi.jpg

明日も良い天気になりそうです(^^)/






本日は体験ダイビングのみ!

5月21日(土) 天気:晴れ

<野田浜> 透明度:8~10m 水温:19~20℃ 海況:良好

今日は朝から風も弱く、絶好のダイビング日和となりました~
そんな本日は千葉からいらして、初めての体験ダイビング!という女性2人組
を迎えました~


初めの陸上説明で、かなり緊張している様子だったので・・・
かなりゆっくりノンビリと練習をして潜ってみました~

しかし実際に海に潜り始めると・・・
練習もスムーズだったし、結果笑顔で2人とも楽しめちゃいました~♪

160521-taiken.jpg

今日は浅場オンリーでしたが、透明度も比較的良かったし、水温も20℃で
意外と快適でした~(^^)/

明日は午前中は山ガイド、午後から海ガイドの予定です!

昨日とは一転、暑い1日となりました~

5月18日(水) 天気:晴れ

<野田浜> 透明度:8~10m 水温:19℃ 海況:良好
<ケイカイ> 透明度:8~10m 水温:19℃ 海況:良好


朝から青空が広がり、初夏らしいすばらしい好天となりました。
WETで潜ってるゲストさん達にしてみれば、昨日と今日ではかなりの差を
感じたようです。やっぱり太陽の力は偉大なり!

風向きが今日は完全に北東(ナライ)に変わったので、昨日潜れなかった
西側のポイントを2本潜りました~

1本目は野田浜へ。。。

昨日潜った秋の浜よりは全然マシな透明度で、まずは一安心です。
まあ水深が浅いから・・・という事もありますが(^^;

まずはダイダイウミウシがすぐに目に留まりました~
本当に昔からこのウミウシは野田浜で多く見かけます♪
160518-daidai.jpg

水中アーチ内はまだまだ寂しい魚影っぷりですが・・・
こんなに可愛いシマウミスズメyg!を見ることができています。
160518-simaumisuzume.jpg

他には巨大ヒラメ・タカベの群れ・イラ・コロダイ・カゴカキダイなどが。


2本目はケイカイへ。。。

こちらも野田浜と同じような海況コンディションでまずまずでした。

完全に定番となっていますが、まずはハナタツをチェックしてから沖へ。。。
何度見ても可愛いからつい撮ってしまうのです。
160518-hanatatsu.jpg

側では真っ白いからとても目立つシロタエイロウミウシ!の姿が。
最近は旬なだけあって、個体数も増えてきたようです。
160518-sirotaeiro.jpg

沖では、いつもの窪地で大きなイシガキフグ!なじっくり観察できました。
ちょっとライティングにいっぱいいっぱいで写真は撮れていませんが。。。

戻りかけると、行きで見たペアのとは別に、一回り小さめなテングダイ!
優雅に泳いでいました。
160518-tengu.jpg

他には、ハナオトメウミウシ・ヒラマサ・スズメダイの群れ・ウツボなどが。

今日は日中、最高気温が23度台まで上がりました~こうなるとドライスーツは
陸上が厳しくなってくるんですよね~・・・そろそろロクハンに衣替えしようかな~
悩みどころです(^^;

ついに本格的な春濁りが。。。(><)

5月17日(火) 天気:雨

<秋の浜> 透明度:5~6m 水温:18~19℃ 海況:ベタ凪

予報通り、南よりの温かく湿った強風と雨が降り続ける1日でした。。。
当然、その影響で西側のポイントは全滅でしたが、東側の秋の浜だけはベタ凪です♪


そんな雨の中ででしたが、元気な姉妹ゲストさんが来てくれました~
私はまだまだドライスーツで潜っていますが、最近来るゲストのほとんどは
初心者がたまたま多いせいか?WETレンタルでみなさん潜っています。

1本目は姉妹の様子を見ながら、浅場を中心に。。。

水中が暗いせいか、今日はやけにエイ!が多かったです。
写真はアカエイですが、ほかにもホシエイ含め、計3個体見れています。
160517-akaei.jpg

さらに大きなヒラメにも遭遇出来ました!
一時、あまり見なくなっていましたが、最近また多く見かけます♪
160517-hirame.jpg

2本目は、アオリイカの産卵床へ。。。

残念ながらアオリイカは産卵に訪れていませんでしたが、
真っ白なプリップリな卵!は見れました。
160517-tamago.jpg

帰りはクマノミ城で、クマノミ達と遊んできました~
160517-kumanomi.jpg

他には、カスザメ・マダイ・オトヒメエビ・トウシマコケギンポ・カサゴなど。

今日は早めの時間から3DIV♪

5月15日(日) 天気:晴れ

<秋の浜> 透明度:8~10m 水温:17~18℃ 海況:やや波あり。。。

朝のうち北東風(ナライ)が強めに吹き、今日はちょっとだけ荒れ気味な秋の浜。
ただお客様全員が200本以上の上級者だったので何の問題もなく皆さん潜れました。

昨日とは一転、マクロ派のゲストさんが増えたので、本日はマクロ中心なガイドで。
とは言っても、不思議なものでそういう時に限って、大きめな被写体と出会うんです(^^;
まあ、それは後ほど。。。

1本目は際壁~アオリイカ漁礁コースで。。。

まずは定番のアマミスズメダイyg!
今日も朝から元気に顔を出してくれました~朝一はちょっと水中が暗かったので
心配だったのですが、無事見せれて良かったです。
すぐ側のハナゴンベygも朝からちゃんと見れましたが、ライトを嫌ってススーっと
巣穴の奥へ。。。中々自由には撮らせてもらえず(><)
他にもオオモンカエルアンコウygはほとんど場所は変わらず、ご機嫌でした。
160515-amami.jpg

1本目チンアナゴの姿は出ず。。。まあ仕方ありません。

イカ漁礁では大きなアオリイカが1ペアのみ。。。側を大きなヒラマサが悠々と
泳ぎ去っていきました~

2本目は中央エリアでジョーフィッシュを見てもらいました。
今日は2個体しか目に入らなかったのですが、後の2~3個体は何処へ?
160515-jyo.jpg

浅場に戻り初め、ふと上を見上げたら、メジマグロが集団で泳いでいきました。
カメラがマクロモードだったので、急いでワイドに切り替えるも時すでに遅し(><)

浅場ではトウシマコケギンポホムラスベヨコエビなどと遊んでもらいました。

3本目はリベンジも兼ねて、もう一回際壁コースへ。。。

まずはチンアナゴが顔を出してくれていました。
ゲストの1人も、肉眼では確認しましたが、カメラを構えて、1m居ないに
近づこうものなら、瞬殺で巣穴に引っこまれてしまいました(><)

ここでは久々にシモフリカメサンウミウシ!に出会いました(^^)
深場限定ですが、個体数の少ないレアなウミウシなんです。
それにしても変わった名前ですよね~(^^;
160515-simofurikamesan.jpg

棚の上では大きなインターネットウミウシも見てもらいました。
160515-internet.jpg

そして中層(かなり上ですが)で、またまたマグロの群れ!が通過。
こういったシーンの時は、この春独特な浮遊物が邪魔ものですね。

浅場に戻ると、今度は小さなアオウミガメが目の前を泳いでいました。
写真は撮れなったけど、意外な場所でカメに会えてうれしかった~

他にも、ヒマワリスズメダイyg・ハナゴンベyg・アオリイカ・カスザメ・
ヒラメ・テンクロスジギンポ・ヤシャハゼ・アオサハギコウイカの仲間!
などが。



今日はワイドに潜った1日。。。

5月14日(土) 天気:晴れ

<ケイカイ> 透明度:8m前後 水温:18℃ 海況:良好
<王の浜> 透明度:8~10m 水温:18℃ 海況:良好


予報通り、穏やかな週末を迎えました♪週末に船の到着港が「元町」に
なるのは何だか久しぶりな気がします。

さて本日は上級者のリピーターゲストさん&当店の非常勤ガイドさんを迎えて
西側のポイントに2DIVです。

基本、マクロ好きではない方なので・・・2本ともワイドに泳ぎ回りました~!

とは言え、海は春濁り中だったので中々気持ち良く群れを見ながら泳ぐって
感じではありませんでしたけど(^^;

見れた大物系としては、、、ネコザメ・カスザメ・テングダイ・クエ・アオブダイ・
イシガキフグ
ってところでしょうか?
その中で、唯一写真が撮れたのはカスザメ!
晩秋~初春、主に冬の大島で多く見かけるサメなのですが、最近では1年中
見れてる気がします。
160514-kasuzame.jpg

王の浜ではまさかのストーカー魚に遭遇しました。
この魚、ENして間もなくウロウロとしていたのですが、どうやらその後20分間くらい
僕のタンクの上を付きまとって泳いでいたらしいです(^^)
正体は・・・ワカシ(ブリの子供)かヒラマサの幼魚っぽいですが、おそらく特徴から
するるとワカシかな~?って感じです。
こんな経験は初です(^^;
160514-wakasi.jpg

最後に、ゲストさんは完全無視でしたが(^^;僕は気になったので・・・
定点観察をしているケイカイのハナタツです。
今日は少しだけウロウロと泳ぎ回っていました。居なくならなければ良いですが。。。
160514-hanatatsu.jpg

他にもマクロ系は、スミゾメミノウミウシムカデミノウミウシ・サキシマミノウミウシ
などが見れています。

明日はマクロ好きなリピーターゲストさんが合流してくるので、、、
秋の浜でマクロ&ワイド狙いで潜ってみようと思います。実はこのパターンが
一番難しいのですが。。。(^^;



初夏の陽気とベタ凪な秋の浜。。。

5月13日(金) 天気:晴れ

<秋の浜> 透明度:6~12m 水温:17~18℃ 海況:ベタ凪

今日も朝から素晴らしい好天に恵まれております♪
午前中は自宅の庭の草刈りを済ませ、午後からリサーチDIVで
潜ってきました~

昨日と同じく、静かな海は・・・浅場は6~8mくらいの透明度ですが、
深場は8~12mくらい見えていて、視界は悪くはなかったです。
まあ水温は相変わらず低めなままですけど。。。


今日は際壁沿いをウロウロ。
残念ながら新たな発見はありませんでしたが、人気種はGWの時のまま
全て健在です♪

まずはやっぱり美しいハナゴンベyg!
比較的小さな窪みにいるので、撮りにくいのですが粘ればこんな感じに
まあまあ近づいて撮れます。
160513-hanagonbe.jpg

今まで気づかなかっただけか?最近入ったのか?写真には写っていませんが、
ちょうどハナゴンベygの陰にフルセゼブラヤドカリと思われる小さくて若そうな
個体が見れました♪
もちろん、すぐ側ではアマミスズメダイygも元気に健在でした。

久しぶりにチンアナゴ!もヒッソリと砂地から顔を出してくれていました。
相変わらず近寄らせてはもらえませんが、僕のコンデジではこれが限界かな。。。
160513-chinanago.jpg

更に沖へ進み、、、オオモンカエルアンコウygもほぼ定位置で見つかりました。
毎日微妙に位置を変えるので、今日は若干見つかるまで大変でした。
160513-oomon.jpg

壁沿いでキレイなジボガウミウシが見つかったので1枚撮ってみました。
見ると思わず撮りたくなる渋さと美しさをもったウミウシな気がします(^^;
160513-jiboga.jpg

帰り際、イカの産卵漁礁に立ち寄ると・・・全部で3ペア6個体のアオリイカが産卵
やってきてくれていました!
いつも決まった構図の写真ばかりだったので今回はこんな感じで撮ってみました。
思ったより素敵な雰囲気に写りました~
160513-aoriika.jpg

浅場ではニラミギンポが捕食で元気に泳ぎ回っていました。
カメラを近づけても巣穴には戻らず、中々良さげな場所に止まってくれたので
ラッキーでした♪
160513-nirami.jpg

特に新たな発見も無かったので、いつものフトスジイレズミハゼを撮ったりと・・・
少し遊びながらEXしました~
160513-futosujiirezumihaze.jpg

他に見れたのは、スジハナダイ・アカオビハナダイ・ヒマワリスズメダイ・
カガミチョウチョウウオ・レンテンヤッコ・サラサゴンベyg・ホムラスベヨコエビ・
アミメミノカエルウオ
などが。

さて、明日からの週末は久々に穏やかな海況で楽しめそうです(^^)/

やっとヤシャハゼも姿を現しました~♪

5月12日(木) 天気:晴れ

<秋の浜> 透明度:6~10m 水温:17~18℃ 海況:良好

昨夜の大雨が嘘のように朝から気持ちの良い青空が広がりました~
絶好の海日和って事で、今日は午前中にリサーチDIVしてきました!

まずはEN前の秋の浜。。。富士山がとてもキレイに見れました(^^)
160512-fujisan.jpg

水中はさすがにまだ春濁りが抜けていませんが、深場はそこそこキレイ。
今日はちょい深場にまで足を運びました~

まずは自身今季初!となるヤシャハゼygの紹介です。
GW中も出ていたのかな??地元ガイド仲間からの情報でした。
今年はジョーフィッシュと言い、このヤシャハゼと言い、中央エリアが賑やかに
なりそうな予感がします。この子はまだ3cmくらいのチビちゃんです。
160512-yasya.jpg

そのまま深場までちょいと寄り道をすると、トサヤッコygが見れました。
大島では年中見れるイメージですが・・・もうちょっと浅い水深で見れるのは
まだまだ水温的にも先となります。
160512-tosayakko.jpg

そういう意味ではコチラのアマミスズメダイygは深場の中でも浅い水深域で
見れるのでガイドネタとしては非常に助かる子です♪
頭のV模様が光っててカッコいいのです~(^^)/
160512-amami.jpg

浅場では久々にトウシマコケギンポを撮ってみました。
捕食の為とは言え、いつもこんなに上ばかり見ていて疲れないのだろうか?(^^;
160512-kokeginpo.jpg

そしてここ最近のお馴染みとなっているホムラスベヨコエビ!
相変わらず地球外生物のような姿をしています(笑)
160512-homurasubeyokoebi.jpg

最後にEX用ハシゴパイプの中にタテガミカエルウオ系の姿が見れました。
実際に今日初めてジックリと写真を撮ってみたら・・・
どうやらアミメミノカエルウオ!のようです。ちょっとサイケデリック風な
体模様が特徴的です♪
160512-amimeminokaeruuo.jpg

他にもジョーフィッシュ・テントウウミウシ・クロスジウミウシ・サラサゴンベygなどが。

平日は空いていて、マクロ系生物が撮り放題でカメラ派ダイバーにオススメです!
週末もワイワイ楽しいですが、時間が取れる方なら是非とも平日が狙い目ですね。


最後の最後でキレイな海でした♪

5月8日(日) 天気:晴れ

<秋の浜> 透明度:6~8m 水温:18.7℃ 海況:良好
<ケイカイ> 透明度:8~12m 水温:17.4℃ 海況:良好


GW?普通の週末?よくわからないGWからの週末となっていましたが、
何となく一区切りとなりました。
そんな今日は朝からお天気も良く、風も弱く、最高の海日和となりました~♪


1本目は秋の浜へ。。。

水面は静かで一見、透明度は良さそうなのですが・・・いざ潜ってみると浮遊物が
プヨプヨといっぱいでした。
今日はジョーフィッシュを見に右~中央エリアに向かいました~
もちろん今日も元気な顔を見せてくれています!

ジョーのすぐ側でコウイカの仲間!に遭遇♪
ジョーフィッシュも可愛いのですが、初心者にはこっちの方がウケが良いかも。。。
160508-kouika.jpg

エリアをしばらく横に移動していくシロタエイロウミウシに遭遇。
大きさは2cmほどの小さめサイズでした。
160508-sirotaeiro.jpg

印象的だったのはインターネットウミウシ(10cmくらい)
もちろん個人的には今季初見となりました~シロタエイロを見た後だったので
大きさの違い的にもインパクト大!でした(^^;
160508-internet.jpg

ゲスト全員のエアーに余裕があったので、帰りに砂地の漁礁に立ち寄りました。
すると今日は大きなアオリイカのペアが1組だけ産卵に訪れていました!
何度見ても神秘的な1シーンですね♪


2本目はウミガメ&大物系のリクエストでケイカイに。。。

大潮の干潮に重なり、相変わらずEN・EXはちょっと大変でしたが・・・
水中透明度はこのGW期間中で一番キレイだったと思います。
やっぱりココは地形ポイントでもあるので、透明度が12mくらいあると
泳いでいてとても心地よいですね!


沖へ向かう途中、幸先良くコブダイ若魚!に遭遇出来ました。
ちょうどゲストの1人が好きな魚だったのでラッキーです。

いつもの岩陰には、いつものテングダイ!がペアで出迎えてくれました。
秋の浜ではマクロ系中心だったので、このくらいの大きさでも印象が良いです。
160508-tengudai.jpg

次いで、ラッキーな事にちょっと小さめなネコザメが沖から泳いできてくれました!
何枚か写真を撮ってたら逃げていっちゃったのですが、運良くゲストと一緒に
撮れました~♪
160508-neko1.jpg
160508-neko2.jpg

そしてその後に・・・まずは小さめのアオウミガメが目の前を優雅に泳いでいきました。
今日はリクエスト通りにカメが見せれて一安心です。
帰り際には、ゲストの1人が今度は巨大なアオウミガメを発見!
こちらの方が近距離だったので何とか証拠写真も撮れました~♪
160508-kame.jpg

他にも、スミゾメミノウミウシ・ハナタツ・イシガキフグなどが。。。

何はともあれ、最後の最後に海がキレイで大物に会えて、ゲスト的には大喜びでした!

さあて明日はゆっくり休みつつ、GW中の片付け&事務処理な1日ですかね。。。


予報変わり、朝からお天気でした♪

5月7日(土) 天気:晴れ

<秋の浜> 透明度:6~10m 水温:17~18℃ 海況:ベタ凪
<野田浜> 透明度:8~10m 水温:18℃ 海況:ほぼ良好


本日のゲストさん達は全員がWET!でも予想外に雨が降らずに済んだので、
皆さん楽しく潜れた様子です。
とは言え、水温17~18℃はやっぱり寒い~
こんな時でも、秋の浜に新設されたコイン式温水シャワー&お風呂は有難いですね!


1本目は秋の浜へ。。。

まだ朝のうちは、水温が高めです。その分濁りもあるんですが(^^;

沖では人気のジョーフィッシュを見て頂きました~
今日も数個体とも元気に顔を出してくれました。
160507-jyo.jpg

浅場に戻る途中、中層で目の前フワフワとカンナツノザヤウミウシが浮遊してきました。
珍しいシーンですが、その後水底の海藻に置いてから撮影してみると・・・
どうやらもう限界のような色、形で張りが無い感じでした~(><)
160507-kanna.jpg

他にもマダイ・キイロウミウシ・オキナワベニハゼ・オルトマンワラエビなどが。


2本目は野田浜へ。。。

ここ数日は大潮で午前中が最干潮なので、いつもより1mくらい水面が低い。。。
というよりは水面が遠い(^^;のでEN・EXが大変です。
水中は水温が18℃ちょうどで透明度もやや回復傾向でした。

まずは浅場のカゴカキダイを見て頂きました~
決して珍しい訳ではありませんが、この時期にこうした色のある魚は貴重です。
160507-kagokakidai.jpg

水中アーチの中でイシガキフグと遊んでから浅場へ戻りかけると・・・
大きなホシエイが1匹泳いでいきました~
160507-hosiei.jpg

更に砂地では珍しく大きなヒゲダイが見られました!
ケイカイでは良く見かけますが、野田浜で見たのはかなり久々な気がします。
160507-higedai.jpg

他にも、サラサウミウシ・クマノミ・マダイ・ミナミギンポ・ムカデミノウミウシなどが。


3本目は再び秋の浜へ。。。

予想通り、朝に比べ水温が若干下がっていました。もちろんその代わり透明度は
少し上がって8~10m程です。


アオリイカの産卵シーンが見たかったのですが、残念ながらこのタイミングは
見ることが出来ませんでした。
なので産みたてホヤホヤの真っ白いプリップリの卵を撮影!
明日は見れるかな。。。
160507-tamago.jpg

側ではゴマテングハギモドキが悠々と泳いでいました。
こういった魚も最近は当たり前に見かけるようになってきた気がします。
嬉しいような、心配なような。。。
160507-tenguhagimodoki.jpg

昨日ブログでも紹介したアマミスズメダイygは今日も健在でした!

他にもハリセンボン・アカホシカクレエビ・ミツイラメリウミウシ・シマウミスズメ・
ルージュミノウミウシ・トラウツボ・タテガミカエルウオ
などが。

さて、明日も何か新たな出会いがあるといいなあ。。。




ここへ来て水温が急低下(^^;

5月6日(金) 天気:曇り

<ケイカイ> 透明度:8~10m 水温:17℃ 海況:良好
<秋の浜> 透明度:6~15m 水温:16.4℃~17.6℃ 海況:良好


今年は今週末までがGWなんだと思っていたのですが・・・どうやら世間的には
昨日で終わっていたようで、今日はいつもと変わらない普通の平日と同じように
海にはダイバーの姿がほとんどありませんでした。
もちろん、当店もたったの1人だけだったんですけどね。。。(^^;


1本目はケイカイに。。。

ちょうど潮が一番引いている時間帯だったので、EN&EXがとても大変でした。
だけど何より驚いたのが、水温が1日にして下がった事で、、、その分透明度は
上がったのですが、寒かったです(><)


先日見れたお腹パンパンのハナタツ!は今日も健在でした。
近くに相方がいると思うのですが、どうしても見つけられません。。。
160506-hanatatsu.jpg

スミゾメミノウミウシも健在で、しばらくは観察出来そうです。
160506-sumizome.jpg

他にも、大きなネコザメ・ハリセンボン・ニシキウミウシ・ゴイシウミヘビなどが。


2本目は秋の浜へ。。。

西のケイカイは冷たかったけど、東の秋の浜は変わっていないだろう。。。なんて
甘い考えは、潜った瞬間に吹っ飛びました(^^;コチラも水温下がってました。
しかも水深30mエリアは、水温16.4℃でした(><)だけど久々にキレイな海です!!


ここでのNEW!はアマミスズメダイyg♪
実はGW前半に来店されたショップスタッフさんが見つけてくれたのですが、中々見れず
本日やっと見てくる事が出来ました~こういう南方種は嬉しいですね!
160506-amami.jpg

そして運良く久々にミアミラウミウシ!にも遭遇出来ました。
いつ見てもド派手なウミウシですよね~
160506-miamira.jpg

オオモンカエルアンコウもまだ居るかどうか心配してましたが、定位置にちゃんと居てくれました。
160506-oomon.jpg

砂地の漁礁には産卵でアオリイカが今日も産みに何ペアか漂っていました~
そのすぐ下には、大きなヨコスジヤドカリも見る事が出来ています。

浅場では、なんとイッセンタカサゴの群れ!が見れました。
僕の中ではもっと南の暖かい海域で群れで見れる印象で、まさかこの水温が冷たい時期に
見れるとは・・・かなりビックリしました。
160506-issentakasago.jpg

段上ではちょっと大きめなホムラスベヨコエビが観察出来ました。
とは言え、これでも8mmくらいでしょうか(^^;
160506-homurasubeyokoebi.jpg

他にも、ワニゴチ・アカハタ・アカホシカクレエビ・ニラミギンポなどが。

今晩から明日にかけて雨予報・・・明日の日中には完全に上がっていてほしいですね。




本日はスノーケリングなり~♪

5月5日(木祝) 天気:晴れ

<秋の浜> 透明度:8m 水温:19℃ 海況:やや波あり

今日も朝から素晴らしい青空が広がり、清々しい春風が心地よい1日でした。
そんな本日は残念ながらダイバーさんからの予約がないので・・・
スノーケリングのお客様とのんびり楽しんできました~

しかも今回の女子2人は遠い石川&福井から大島までわざわざ遊びに
来て頂きました~有難い事ですね(^^)/

160505-snk1.jpg

さて海の方は・・・ちょっと西風が回り込んでいて微妙に風波が入っていましたが
まあ楽しくスノーケリングして頂きました~
春濁りの真っ只中なので、今ひとつ青さは無かったのですが、魚もチラホラと
見れたし、まずまずだったかな♪

160505-snk2.jpg

今回は遠方からのお越し、本当にありがとうございました。
またいつか大島に遊びにいらして下さいね~


本日は大荒れで船が欠航?!

5月4日(水祝) 天気:曇りのち晴れ

<秋の浜> 透明度:6~8m 水温:18.6℃ 海況:良好

西側の海岸線は荒れ狂う大波でしたが、島影となる東側の秋の浜は湖並みに
静かな海況でした~♪
にも関わらず、高速船は全便欠航に(><)本日帰るゲストの皆さんは急遽午後一番で
出港する大型客船に切り替えて帰っていかれました。
おかげで朝から皆さん2DIVがバタバタでした~



1本目はジョーフィッシュのリクエストでちょい深場へ。。。

GW中は、かなりのフラッシュを浴びたろうに、ジョーフィッシュ4個体とも元気に
顔を出してくれました。このまま行けば今年の初夏は口内保育jが楽しみですね~
160504-jyo.jpg

浅場に戻る途中、テントウウミウシがいい感じで大きな岩の上で見つかりました。
相変わらず1cm以下ですが、可愛いウミウシです。
160504-tentou.jpg


2本目はアオリイカ狙いで左の砂地へ。。。

沖へ向かう途中、いつものテンクロスジギンポに寄り道です。
今日も3個体とも元気に巣穴から顔を出していました~
160504-tenkuro.jpg

もちろん、その後はメインであるアオリイカの産卵を見学に!
今日も運良く、1ペアが産みに来てくれていました。

浅場に戻る途中で偶然にもベニカエルアンコウに遭遇!
160504-beni.jpg

他にもイソギンチャクモエビ・アカホシカクレエビ・クマノミ沢山・マダイなどが。

明日はスノーケリングのお客様がいるだけです♪


GW後半戦の初日は。。。

5月3日(火祝) 天気:晴れのち曇り

<野田浜> 透明度:6~8m 水温:18.6℃ 海況:良好
<ケイカイ> 透明度:6~8m 水温:18.8℃ 海況:良好
<秋の浜> 透明度:6~8m 水温:18.6℃ 海況:良好


さてGW後半戦が始まりました~今年は純粋にファンガイドのみとなりそうです。
そんな訳で、本日は各ポイントに計3DIV潜ってきました~


1本目は初心者ゲストさんのチェックDIVを兼ねて、野田浜へ。。。

水深4m以内ならば透明度も15mくらい見えているのですが・・・
それより深く行くと急に濁りがひどくなります(><)まあ自然ですから仕方ありません。

ダイダイウミウシが相変わらず、多かったので1枚。
160503-daidai.jpg

他に、サラサウミウシ・カゴカキダイ・ホウライヒメジ・テングダイ・タカノハダイ・
カンムリベラyg
などが。


2本目は上級者の皆さんも合流してケイカイへ。。。
明日は猛烈な南西風で今日しか潜れなくなると思ったので、ここへ。
やはり野田浜と同じく、浅場はキレイですが深場はドンヨリです。
しかし案外いろいろ見れました~!

まず早々に1m近い巨大ヒラメに遭遇!
やっぱり西側に潜れば、こうして大きな被写体の遭遇率が上がります♪
160503-hirame.jpg

そしてなんと・・・GW前半にいらしたゲストさんで2月にもいらしてリクエストを
もらいながらお見せ出来なかったウミウシが、皮肉にも今日は3個体も
見れちゃいました。スミゾメミノウミウシです。
決してレア種じゃないんですけどね~(><)
160503-sumizome.jpg

そしてゲストの1人が巨大ネコザメ!を発見♪
残念ながらあっち向いてホイ状態でしたが、大きかったです。
160503-neko.jpg

テングダイもいい感じで優雅に泳いでくれていました~
160503-tengu.jpg

今年は個体数が少なくてちょっとレア的な・・・キャラメルウミウシです!
例年ならば簡単に見れるくらい多い種だったのに、不思議ですね~
160503-kyarameru.jpg

いよいよ後は浅場に戻るだけ~って時に、以前ハナタツ!がペアでいた
場所をチラ見したら・・・なんといるではありませんか!1匹だけだったけど。
最近の大島ではハナタツですらとっても人気ですから大事に見守っていきたいです
160503-hanatatsu.jpg

3本目は上級者さん達のみで秋の浜へ。。。

深場の予定だったのですが、、、ゲストの1人が急に耳抜きが不調となり・・・
急遽、浅場のみのダイビングに切り替えました。


中でもニラミギンポだけは今季初見となったので嬉しかったです。
160503-nirami.jpg

他にもサラサゴンベyg・オルトマンワラエビ・トウシマコケギンポ・ハナミドリガイなど。

さて、さて、明日は猛烈な南西風が吹き荒れる予報となっています。
秋の浜だけは静かだと思いますが、そもそも高速ジェット船が欠航するかもなので
朝からバタバタしちゃいそうです(><)


GW前半の最終日も♪

5月1日(日) 天気:晴れ

<秋の浜> 透明度:6~8m 水温:18.8℃ 海況:良好

あっという間のGW前半でした。最終日も天気は良く、西風が強かったので
秋の浜しか潜れませんでしたが、波もなく穏やかな水面、水中で楽しめています。
ただ日に日に春濁りが増してきたようにも感じますが(^^;


本日は東海汽船さんの企画で日帰り弾丸ツアー!のお客様を迎えての2DIVと
体験ダイビング一組でした♪


初心者も居たので1本目はチェックDIVを兼ねて、浅めに短く。。。

クマノミやホウライヒメジ・アカハタ・巨大ヒラメ・トラウツボなどを見てもらいました。
ダイビングスキルは然程問題もなく、中性浮力は上手な方達でした~


休憩中に体験ダイビングを1本。。。

初めての体験ダイビングという事でしたが、とっても上手で練習もスムーズ♪
とても余裕のある体験でした。なので記念写真もバッチリ!
160501-taiken.jpg

体験の途中で見つけたサガミリュウグウウミウシです。
160501-sagamiryuuguu.jpg


ファンの2本目は、ジックリ潜ってきました~

まずはENハシゴの裏に住んでるツバメウオに、ご挨拶から。。。
GW期間中、さぞフラッシュを浴びたろうに全然逃げません(^^;
160501-tubameuo.jpg

沖へ向かう途中のテンクロスジギンポ!
いつも笑顔が可愛い魚です。
160501-tenkurosujiginpo.jpg

そして今日もアオリイカが沢山、産卵に訪れてくれました~
今年は順調にどんどん産んでもらえたら嬉しいですね♪
160501-aoriika.jpg

砂地で比較的大きめなコロダイが居たので1枚。。。
初心者さんには、あまり小さな被写体よりもこのくらいの魚が喜ばれますね。
160501-korodai.jpg

他にもハリセンボン・キイロイボウミウシ・イソギンチャクモエビ・オニカサゴ・
アカシマシラヒゲエビ・トウシマコケギンポ・タカベ稚魚の群れ・イサキの群れ!・
タテガミカエルウオ
などが見れています。

明日は一旦、ゲストがきれるので体を休めま~す。。。



プロフィール

OFかっすん

Author:OFかっすん
伊豆大島ダイビングサービス
山&星のネイチャーガイド
オレンジフィッシュ代表 粕谷浩之

ダイビングの情報&陸のネイチャーガイドの記事や写真を紹介しています。

最新記事

最新トラックバック

検索フォーム

ブロとも申請フォーム

QRコード

QR