ニシキフウライウオが抱卵中(^^)/

10月27日(木) 天気:晴れ

<秋の浜> 透明度:8~10m 水温:23.6℃ 海況:大荒れ

ゲストが来ると秋の浜が荒れる?そんな嫌なサイクルになりつつある平日ですが
皆さん上級者ばかりだったので、大波の中潜ってきちゃいました(^^;
まあ午前中は少しでも安全を考え、左ENしましたけど。。。


荒れていた影響も多少あってか?透明度が昨日より落ちてしまい、ついに10mを
切ってしまった感があります(><)特に午後は水中が暗く感じました。

それでも潜れば明るいニュースが盛り沢山でして・・・
まずは先日ペアになったばかりの人気のニシキフウライウオが抱卵中である事が
確認出来ました。そんな訳で、今日はお腹にクローズアップ!!
161027-nisikifuurai.jpg

すぐ側では、二回りくらい小さい♂が単独でユラユラと。。。
こちらも渋格好いい色合いです。
161027-nisikifuurai2.jpg

個人的に嬉しい出会いはウミウシカクレエビ!
隠れていた母体は、ウミウシでもなく、ナマコでもなく、タツナミガイでした(^^;
まだ1.5cmくらいの小さな個体なのでこのまま大きく育って欲しいですね。
まあ動くのでガイドネタにはなり辛いですが(><)
161027-umiusikakureebi.jpg

リクエストの一つでハナゴンベyg!にも寄りました~
だいぶ成長して少しふっくらした印象。。。もう幼魚って感じじゃありませんね。
161027-hanagonbe.jpg

クロメガネスズメダイygは相変わらず定位置で元気にしていました。
今年はスズメダイ系が乏しいので、頑張って長く居ついてもらいたいところです。
161027-kuromeganesuzumedai.jpg

リクエストのハタタテハゼは今日もペアで元気にホバーリング中。
まあ撮ったのは1匹ですが(^^;
161027-hatatatehaze.jpg

ゲストが紫色大好きな方なので、ハナゴイygは外せません(^^;
161027-hanagoi.jpg

浅場ではやっと目に入ったミノカサゴyg!先週からずっと居たらしいのですが、
オイラの目にはまったく見えてこなかったので(^^;
161027-minokasago.jpg

最後は今見れてる魚の中で一番擬態上手なイロカエルアンコウ(グレー)
見てもらいました。例え上級者でもエッ?どこ?ってくらい黒いカイメンにしか
見えません。
161027-iro.jpg

もちろん他にも昨日までに紹介してる人気種達も健在でした~

明日からは、風は弱まりますが・・・夕方からまとまった雨になりそうです。
どうも今週末は太陽が望めそうもありませんね。。。


スポンサーサイト

タルミ繋がりって事で(^^;

10月26日(水) 天気:晴れ

<秋の浜> 透明度:10~12m 水温:23.4℃ 海況:良好

昨日とは一転して暖かいのですが、南西からの強風で西側のポイントは
全てクローズ状態。ただ島影となる秋の浜は、穏やかなコンディションでした。
こんな良い日にノーゲストだからと言って潜らないのは勿体ないので・・・
午前中に草刈りを済ませ、午後から1本潜りにいっちゃいました~


ちょうど潜る前に地元ガイド仲間から、超レア物情報をお聞きしたので
早速そいつを見に行ってきました~(^^)

その超レア魚とはコイツ!ホホスジタルミyg!!です。
大島に移住してから約10年経ちますが、見たのはこれで2回目だった気がします。
いやあ、毎年マダラタルミygが見れるようになった近年では、決して珍しい事では
ないかもしれませんが・・・改めて見れちゃうと秋の浜の凄さ!が際立ちますね(^^;
いつもながら思いますが、こういった超レア種を一番最初に見つけたガイドは神ですね!
161026-hohosujitarumi.jpg

この魚を見ちゃったら、お約束のタルミ繋がりって事で・・・
マダラタルミygも撮りたくなっちゃいました(^^;
いずれにしてもこの2つのタルミ系ygが一気に見れるのはきっと今だけですので、
見たい方、撮りたい方はお早めに!!
161026-madaratarumi.jpg

他にも魅力的な魚満載なのですが。。。とりあえず個人的に4度目の正直でやっと
見れた赤いカミソリウオのペア!をご紹介です(^^;
今まで限りなく近い場所をウロウロしていたのに、見落としていた自分が恥ずかしい
くらいです。
161026-kamisori.jpg

ペアって事では、人気のハゼ達はほとんどペアなのですが、ヤシャハゼ&ネジリンボウ
まったくペアで撮らせてもらえなかったので・・・ハタタテハゼのペアを載せます。
161026-hatatatehaze.jpg

浅場の超可愛いサイズのフタスジリュウキュウスズメダイygも元気にしてました~
161026-futasujiryuukyuu.jpg

全然上手く撮れませんでしたが、ハナゴイygなんかも時折目にしますよ~
161026-hanagoi.jpg

今日確認したのは他に、ホシゴンベyg・ヤリカタギ・クチグロニザyg・セミホウボウ・
スミレナガハナダイyg・ケラマハナダイyg・クマドリカエルアンコウ・巨大ヒラメ・
クロメガネスズメダイyg・アカハチハゼ・シマハギyg・モンツキハギyg
などでした。

何やら情報では黒クマ&イロカエルアンコウygも新たに現れたとか・・・
この調子だと2日間4DIVとも秋の浜に潜らない限り、全てをお見せできなくなる程
マクロネタが豊富になってきましたね~ある意味困った事です。


でも明日はまた北東風が強めらしく・・・予報通りならかなり荒れそうです(><)


ニシキフウライウオがペアになりました♪

10月24日(月) 天気:曇り

<王の浜> 透明度:10~15m 水温:24.2℃ 海況:良好
<秋の浜> 透明度:10~12m 水温:23.8℃ 海況:やや波あり

今日も予報通り、朝から北東風が強めに吹き、秋の浜は大波に。。。
しかし西側のポイントもウネリがなくなったので、1本目は王の浜に潜りました。

久々に王の浜に潜りましたが、まずまず海況コンディションは良く視界も良好でした。

まずは相変わらず定位置でウロウロしているタスキモンガラyg!
荒れてる時はいったいどこに身を潜めてるのでしょうか?
161024-tasukimongara.jpg

沖に出ると運良く2匹のアオウミガメが泳いでいました!
ゲストの一人は初めて見るカメだったので大喜びです♪
161024-kame.jpg

サンゴの周りで何か居ないか探してると、イッテンチョウチョウウオ!が見れました。
大島ではたまに見かける種ですが、個人的には今季初でした~
161024-ittenttyoutyouuo.jpg

浅場に戻る途中、いい感じにハリセンボンがのんびりとしていたので1枚。
このくらいのサイズだと初心者ゲストさんでも写真が撮りやすく良かったようです♪
161024-harisennbon.jpg

EN・EXの側では相変わらず、サザナミヤッコygが美しいです。
161024-sazanamiyakko.jpg


少し長めに休憩をして、2本目は少し波の落ち着いた秋の浜に潜ってきました~

ゲストが初心者さんだったので、無理をせずに少しでも波が穏やかな左からEN!
潜ってさえしまえば、何の問題もなく穏やかです♪

久々にベニカエルアンコウが目に飛び込んできました~
その後、ヌノサラシを見てもらい、、、久々にツユベラygを撮ってみました。
161024-tuyubera.jpg

沖では情報を聞いて、早速ニシキフウライウオの待望の相方!を見にいきました。
色違いですが、同じような柄な雰囲気がとっても美しく、こうしてペアになってる姿は
微笑ましい限りです(^^)/
これでもうしばらくはこの場所で観察出来そうです。
161024-nisikifuuraiuo.jpg

161024-nisikifuurai2.jpg

帰りにチンアナゴに寄ってみました~
今日はスペシャルにニョキニョキと大きく伸びあがってくれてサービス旺盛です♪
最近はかなり近づけるのでゲストにも見せやすくなりました~
161024-chinanago.jpg

その後はハナゴンベygをちょっとだけ紹介して一気に浅場へ。。。

今日もクマドリカエルアンコウは定位置で快適そうでした♪
最近はあまり動かなくなったので助かります!
161024-kumadori.jpg

すぐ側ではマダラタルミygも健在なのですが、クマドリとは逆に最近は
泳ぎまくりで、毎回ゲストに見せるのに苦労します(^^;

最後は迫力あるカンパチの捕食シーンを見てからEXしました~

明日は1日、陸作業の予定でーす。


ようやくハタタテハゼも現る!

10月24日(日) 天気:晴れ

<秋の浜> 透明度:12~15m 水温:24.2℃ 海況:波あり
<野田浜> 透明度:10~15m 水温:24.2℃ 海況:ほぼ良好


本日も新たに高速船到着のゲストがいたので、入れ替わりの計3DIVです。
新たに到着されたゲストの中で、初ファンダイブの方もいたので・・・海況が
とても心配だったのですが、無事に潜れる海があって良かったです(^^)/

しかし予報通り、北東の風が強く・・・午前中は大荒れだった秋の浜(><)
ただ午後からは、風が急に弱まり・・・初心者でも何とか潜れる海況にまで回復しました。
そして、ずっと続いていた西側のウネリもかなり収束に近づき・・・
本日やっと唯一、野田浜にだけは潜る事も出来ました~♪


1本目の秋の浜は・・・朝一の海況チェックの時は大して波も高くなく、普通に潜れると
判断して、迷わずゲストと来てみたのですが、たった1時間ちょっとでまるで別の海か?
と思うほど、高波に変わっていました(><)こんな事もあるんですね~恐るべし!

しかし、朝の段階では野田浜にはウネリが多少残っていたので・・・まあ上級者だし、という事で
思い切って潜ってきました~。実際にはEXの際、かなり危なかったんですけどね(^^;

ただ海の中では嬉しい出会いも。。。
数日前から情報だけは頂いていて、中々見に行けなかった魚。。。
そうようやっとハタタテハゼ!の登場です。今年は遅かったのですがやっと現れてくれました。
ただちょっと水深が深く、中上級者向けでしょうか。。。
161023-hatatatehaze.jpg

他にも本日の秋の浜ではこんな子達と遊んできました~

黒いイロカエルアンコウ!相変わらず、魚に見えないですね(^^;
161023-iro.jpg

アジアコショウダイyg!この子は午後から潜った初心者向けのコースの個体です。
161023-ajiakosyoudai.jpg

リクエストの一つだったヤシャハゼのペア・ヒレナガネジリンボウのペアはどちらも
出てはいたのですが・・・今日はやけに敏感すぎて、まったく見せれず(><)

他に、ヨコシマクロダイyg・クロメガネスズメダイyg・クリアクリーナーシュリンプ・
クマドリカエルアンコウ・ヒレグロコショウダイyg・タテジマキンチャクダイyg・
ヒラメ・イソギンチャクエビ・アカハチハゼ
など。

野田浜は思っていた以上に透明度は良く、潜ってみても大してウネリは強くなく
初心者チームでも潜れたレベルです。


そして野田浜での一番のヒットは、1mオーバーの巨大クエ!!
最近、マクロ系の魚ばかりだったので、何だか久々に大物をお見せ出来た気がします。
なので、2カット載せちゃいま~す(^^;
161023-kue1.jpg

161023-kue2.jpg

水中アーチの中では、ヨスジフエダイygが変わらずペアで健在でした~
161023-yosujifuedai.jpg


さて、明日もどこまで北東風が吹くのやら(><)また海況選びが大変そうです。


 

西側のウネリ未だ取れず♪

10月22日(土) 天気:曇り時々晴れ

<秋の浜> 透明度:10~15m 水温:24.6℃ 海況:波あり

今日も台風によるウネリで西側のポイントは潜れず(><)秋の浜のみです。。。
本日も入れ替わりのゲストが居たため、計3DIVです


今日は週末という事もあり、秋の浜は結構賑わっていました~
1本目は右エリアへ。。。

まずはダメもとで、ドリーが居たテーブルサンゴへ。。。
すると、一番大きなサンゴに1匹だけですが、ドリーこと、ナンヨウハギyg!を発見。
3匹のウチ、1匹だけはここへ引っ越していたのでしょうか?嬉しい誤算でした。
161022-nannyouhagi.jpg

側ではミナミハコフグyg♪と思って撮ってみたら、どうやらハコフグygのようです。
でもこのサイズはどちらも可愛いのでゲストも喜んでくれました~
161022-hakofugu.jpg

砂地へ降りると、大島で見る中ではちょっと小さめなヒラメ!(50cmくらい)が居ました。
でも食べるならこのくらいのサイズが一番美味しいのかもしれませんね(^^;
161022-hirame.jpg

側にはヨコシマクロダイygの姿もありました~結構広い範囲を動くので
毎回見る場所が微妙に違います(^^;
161022-yokosimakurodai.jpg

クロメガネスズメダイygはチラ見程度でしたが、健在でした。

その後は、少しだけ成長してるタテジマキンチャクダイygを見てからUターン。
161022-tatekin.jpg

浅場ではクマドリカエルアンコウマダラタルミygなども見てもらいました~


2本目は、高速船のゲストも到着したので2チームに分かれてのガイドです。

人数が多かったので、まずはテンクロスジギンポ!で一時休憩。。。
161022-tenkuro.jpg

沖ではニシキフウライウオ!を見に行ってきました~今日も単独でしたが、健在です。
161022-nisikifuurai.jpg

他にはハナゴンベyg・クロユリハゼygなどを見てから浅場へ。。。

1本目同様に、クマドリカエルアンコウ&マダラタルミygを見てから段上へ。。。

段上では、ガイド仲間に教えてもらったイロカエルアンコウ(濃いグレー)を見てきました。
まったくもって普通のカイメンにしか見えません。これぞ見事な擬態ですね!
161022-irokaeru.jpg


3本目は、リクエストで最近ホットな?中央右のハゼエリア!へ。。。

その予定だったのですが、沖合20mくらいまで進んだところで、ゲストの一人に
ちょっとしたトラブルがあり・・・急遽予定変更して、浅場に戻ってのガイドでした。

時間も遅かったので水中が暗く、ドリーの姿はほとんど見れず・・・代わりに?
ホシゴンベygを見てもらいました。

そして段壁ではここ2日間消えた?と思っていた極小フリソデエビ!を再発見。
どうやら、隙間に上手く隠れていただけで、ちゃんと残っていたようです。
161022-furisode.jpg

結局ここでかなりの時間を費やしてしまったので、後はEXでした~

うーむ・・・こりゃ明日はリベンジで潜りたいところなのですが、そこそこ強めに
北東風(ナライ)が吹く予報です。果たして秋の浜に潜れるのかな~?やや心配。
そして西側のウネリは消えるのかな~?
朝から海況チェックに走りまわることになりそうです(><)

今日も潜れたのは秋の浜のみ。。。

10月21日(金) 天気:晴れ

<秋の浜> 透明度:10~12m 水温:24.8℃ 海況:波あり

今日も西側の海岸には巨大な台風ウネリが残り、ほぼクローズ状態に。。。
台風の位置はフィリピンの西側だというのに、恐るべし台風の余波です(><)
そんな訳で、今日も入れ替わりのゲストさんが居たので、朝から秋の浜のみに計3DIV
となりました~♪

やはり今日も少しだけ水温が下がり、透明度も若干下がり気味だったので、
間違いなく黒潮がやや離れた感じの海でした。それでも24℃後半ですし、
透明度も10m以上はあるし、マクロ系な魚は豊富なので、十分に楽しいですけどね(^^;


まずは今週末も無事に見れそうなニシキフウライウオをチェック!
残念ながらまだ独り者のようです。早く相方を見つけペアになってもらいたいのですが。。。
161021-nisikifuurai.jpg

最近急に個体数が増えた?ような気がするレンテンヤッコyg!
シャイですが、意外と近づけます。
161021-rentenyakko.jpg

ハナゴンベygはもう幼魚から若魚?というくらい成長して堂々としてきました。
カメラが近づいても、広角のライトならばほとんど逃げませんね。
161021-hanagonbe.jpg

ゲストさんが夢中に撮ってる間、すぐ側にいたスミレナガハナダイyg!を撮影。
今年も順調に見れ始めました♪
161021-sumirenagahanadai.jpg

久々に浅場の砂地もウロウロしてみました。

チンアナゴは初心者でも見れるくらい、元気にギュンギュンと首を振っていました。
週末もこれくらい寄って見れれば最高なのですが。。。
161021-chinanago.jpg

ふと見上げると、大きなマダイ!が優雅に泳いでいました。
161021-madai.jpg

比較的新しめなアオリイカの卵です。産卵漁礁さえあれば、この時期にも生む個体が
いることに驚きと新鮮さがあります♪
161021-tamago.jpg

そして比較的に浅い場所で、アジアコショウダイygを発見。
この水深ならば初心者でも見せれるので、ガイドとしては嬉しい限りです。
161021-ajiakosyoudai.jpg

他にも、ヤシャハゼ・ヒレナガネジリンボウ・ネジリンボウ・クビアカハゼ・
ツユベラyg・タテジマキンチャクダイyg・ヒレグロコショウダイyg・コロダイyg・
巨大イセエビ・アカハチハゼのペア・シマハギのペア・モンツキハギのペア
などが。

さすがに、これだけ秋の浜が続くと・・・他のポイントにも潜りたくなりますが、
果たして明日はこのウネリが取れるのかどうか。。。悩ましいところです。




体験DIV&ファンガイドな1日♪

10月20日(木) 天気:晴れ

<秋の浜> 透明度:10~15m 水温:25.2℃ 海況:良好

今日は朝一で体験ダイビングで潜り、その後にファンガイド2本でした~
相変わらず、西側のポイントにはフィリピン近くにあった台風のせい?と思われる、
ウネリが消えません。なので体験も含め、今日もALL秋の浜でした~
残念ながら、昨日までの真っ青な透明度ではなかったものの、まだまだキレイですし、
何よりまだ25℃台の海が楽しめています♪

まずは初めての体験ダイビング♪という地元の島民のお客様。
島民と言っても仕事で新たに大島に移り住んできた方で、大島の海が
当たり前の大島っ子という訳ではありませんので、とっても感動されていましたよ~
161020-taiken.jpg

さてファンガイドの方は・・・
あまり目新し発見はありませんでしたが、ENしてすぐに、ちょうど潜っていた地元ダイバーの
大先輩からムスジコショウダイygを教えて頂きました。この子は今季初かな?!
161020-musuji.jpg

その他は最近見れてる人気種をいろいろと。。。

上級者ゲストさんのリクエストがヤシャハゼ!だったので、撮ってもらってる間に近くを
ウロウロと。。。
まずはヒレナガネジリンボウ!が沢山見れました。全部で6個体かな。。。
その中でも一番寄れた個体がこの子です(^^)/
161020-hireneji.jpg

もちろんヤシャハゼも昨日のペア!からシングルの個体も沢山見れています。

浅場に戻る途中、大人気のニシキフウライウオにちょっとだけ寄り道。。。
まだ単独でした~早くペアにならないかな~。。。
161020-nisikifuurai.jpg

そして今日は!クマドリカエルアンコウがすぐに目に飛び込んできました(^^;
いったいこの2日間は何で見つからなかったのかが、ただただ不思議です(><)
161020-kumadori.jpg

フリソデエビの幼体!もしっかり定位置で観察出来ました~
161020-furisode.jpg


2本目は、時間が遅く暗くなってしまったので・・・浅めにご案内を。。。

まずはフタスジリュウキュウスズメダイyg!
今まではこのサンゴには居なかったので、きっと前から居た近くの子が
引っ越ししてきたんだろうと思っています。
161020-futasujiryukyuu.jpg

そしてここでゲストさんがハマった?クビアカハゼとテッポウエビ!
中々セットで撮る機会がなかったので、一応僕も撮ってみました。
161020-kubiaka.jpg

側では以前から居ついてるアブラヤッコygも元気でした♪
161020-aburayakko.jpg

浅場ではマダラタルミygを久々に撮ってみました~だいぶ成長しましたね。
161020-madaratarumi.jpg

ラストはヒレグロコショウダイyg!
今年は当たり年なのか?比較的コショウダイ系の幼魚をよく見かけます。
161020-hireguro.jpg

他にもソウシハギ・メガネスズメダイyg・セミホウボウyg・タテジマキンチャクダイyg
などが見れています。

さーて明日はまた何が見れるか楽しみです♪


今年はヤシャハゼの当たり年?

10月19日(水) 天気:晴れ

<秋の浜> 透明度:15~20m 水温:25~26℃ 海況:良好

朝から素晴らしい好天の伊豆大島。。。平日だと比較的静かで暖かいのですが
週末になると崩れやすい気がします(><)
そんな今日は午前中に私用を済ませ、午後から今とっても楽しくて快適な
秋の浜に潜ってきました~♪


昨日はガイドで見つけた魚達も含め、のんびりリサーチしてきました~

まずはクロメガネスズメダイyg!
個人的には「クロ」が付かないメガネスズメダイygの方が色合い的に好きなのですが、
こちらの方が個体数も少なくレアなのかな。。。
161019-kuromegane.jpg

深場で見つけたオオモンハタygと思われる魚。。。大きさはまだ3cmくらいなので
超可愛いサイズですが、やや深いので中上級者限定でしょうか?
161019-oomonhata.jpg

今年はハゼ系が元気なのかな?特にヤシャハゼの個体数が多い気がします♪
そんな中、新たにヤシャハゼのペア!を見つけました~
単体でも人気者なのに、ペアならきっと喜ぶゲストも多いかな(^^)/
この他に、それぞれ3個体いるので・・・私の知る限りは5匹はいることになります。
161019-yasya.jpg

ヒレナガネジリンボウもペアで継続観察出来ています♪こちらはかなりシャイで
1枚撮ると巣穴に隠れてしまいましたが(^^;
161019-hireneji.jpg

あまりガイドネタにはしませんが、クロユリハゼygだって意外とそこらじゅうに居ます。
161019-kuroyurihaze.jpg

赤いカミソリウオのペア!の情報を頂き、昨日から探すのですが、僕の目には
どうも見つかりませんね~(><)
その代わり、小さいセミホウボウなんかは見れちゃいましたが(^^;
161019-semihoubou.jpg

浅場に戻る途中、久々にヒレグロコショウダイygが見つかりました。
段落ちの壁以外の場所で見たのは個人的に今シーズン初めてです。
161019-hireguro.jpg

マダラタルミygは今日も自由に泳ぎ回っていて、中々探すのに苦労します。

そして今日も私の目にはクマドリカエルアンコウが見当たりません。
でも同じ時間に潜っていたガイド仲間の方は見ているので、居るんです!
僕の目が節穴なのでしょう(><)明日こそは見つけるぞ~

そうそう、浅場で定住したフリソデエビ!やっと見てきました~♪
想像以上にかなり小さいです(^^;これを最初に見つけるガイドさんは神ですね。
素晴らしいの一言です。
161019-furisode.jpg

もちろん他にもいろんな人気種が勢揃いしています。

とにかく「青い!暖かい!マクロネタが豊富過ぎる!」と楽しい秋真っ最中です。
これでニタリ様まで現れたら・・・もう潜るの秋の浜だけで良くなっちゃう程です(^^;


1日でもこの最高のコンディションが続くことを願いましょう♪
明日からまたしばらくガイドでーす!



消えゆく人気種いれば、現る人気種も!

10月18日(火) 天気:晴れ

<秋の浜> 透明度:15~20m 水温:25~26℃ 海況:ほぼ良好
<野田浜> 透明度:10~15m 水温:25~26℃ 海況:ウネリあり

本日は朝から爽やかな秋晴れに!
今日は以前勤めていた都市型ショップの後輩スタッフ達が下見で潜りに
きてくれました~
♪オイラが辞めて早11年。。。そりゃスタッフも新たに入れ替わります
もんね~。。。初大島という事で、秋の浜や野田浜の地形を中心に3DIVしてきました~

秋の浜は相変わらずコンディション良く、真っ青で暖かな黒潮の海が楽しめています。
ただここ数日でバタバタと居なくなってしまった旧アイドル魚達。。。
今日も居る予定だった、ジョーフィッシュとナンヨウハギygが複数匹いたにも関わらず
完全に姿を消してしまってました(><)
 
2種とも、この夏大いに楽しませてくれた人気種だっただけに残念ですが、もしかすると
新たな場所へ引っ越しただけかもしれませんので前向きに考えましょう(^^;
また探してみます。

さて去る南方種いれば、現る南方種も居て・・・今日は新たにこんな子達に出会えました。

まずはメガネスズメダイyg!
毎年9月くらいから楽しめる人気種ですが、今年は遅めの登場です。
161018-megane.jpg

動くのでガイドネタにはなりませんが、ソウシハギなんかも今年初じゃなかったかな?
161018-sousihagi.jpg

写真は上手く撮れませんでしたがクロメガネスズメダイygも個人的に新発見でした♪

中央の砂地では相変わらずヤシャハゼ!が元気です。他の場所でも1個体見たので、
僕の知る限りは、この子の15m範囲内に全部で3個体いますね。
ヤノダテハゼとペアのヤシャ君の方は今日は見れませんでした(><)ヤノ~はいつも
出てるんですけどね。。。
161018-yasya.jpg

浅場ではアカハチハゼのペアが少し個体数減りましたが、まだまだ元気です。
161018-akahachihaze.jpg

マダラタルミygも健在でしたが、だいぶ成長して泳ぐ範囲も広がりましたね~
こうなるとこの子もいつまで見れるやら。。。

EXのハシゴ前では、ご覧のとおり見事な「イワシ天井」が楽しめます♪
161018-iwasi.jpg

今日は未確認ですが、クマドリカエルアンコウやカミソリウオのペア&フリソデエビ
出てるらしいので、今年の秋もいよいよマクロ系が充実してきましたね~

3本目に野田浜へ。。。

何だか不思議なウネリが入ってまして・・・予想外に水中は砂や海藻が巻き上がるは、
アーチの中でも体は揺らされるは、、、で意外と散々でした(><)
まあ、今回はファンガイドではなく、スタッフさんへの地形案内なので問題ありませんが。

アーチの中ではここ数日、決まってこのイシガキフグが観察できます。
近づけば逃げるにせよ、かなりスローな動きをしてくれるので、こういった写真もOK。
161018-isigakifugu.jpg

アーチの上のイソギンチャク畑には、ミツボシクロスズメダイygがもの凄い数で群れて
います。この写真に写ってるだけでも約70匹。。。(暇人ですみません)
イソギンチャク畑全体で考えれば、軽く200匹はいるでしょう(^^;
まさに「ミツボシ保育園」です♪
161018-mitubosi.jpg

帰る途中、今日も大きなヒラマサが単独で泳いでいました。一瞬だったけど。。。

そしてこれも一瞬だったけど久々に1mオーバーのクエの姿も見れました。

後輩スタッフ達の下見ダイビングは、日帰りだったのでここから大慌てで帰って
行きましたが、コンディション良かったので良い下見が出来たことでしょう?!(^^;


今日も暖かくダイビング日和でした~♪

10月16日(日) 天気:晴れ

<ケイカイ> 透明度:12m 水温:25℃ 海況:ほぼ良好
<秋の浜> 透明度:15m 水温:25.6℃ 海況:波あり(大)


今日も朝から強い北東風(ナライ)で秋の浜は大荒れでした~(><)
本日は初心者も上級者も1チーム構成で潜ったので、朝一の荒れた秋の浜へは
潜らず
1本目は秋の浜に比べればだいぶ静かなケイカイへ。。。

根に入って最初にまずは定番のアデヤカミノウミウシがいました~
未だに数個体、確認できるのでまだまだこの先も見れそうです。
側では極小のムラサキウミコチョウの姿もありました。
161016-adeyakamino.jpg

ケイカイと言えば最近は当たり前の定番種となったハナタツ!
今日も元気な姿が見れています。
161016-hanatatsu.jpg

写真は撮れませんでしたが、大き目なアカエイ!も見れました。

壁の窪みではおとなしいハリセンボンを眺めて・・・
161016-harisenbon.jpg

中央の根に着くと、今日は水面近くにホウライヒメジが群れていました~
この子達は、今日みたいに流れがないと元気で、流れがあると必ず
水底で休んでいます(^^;
161016-houraihimeji.jpg

Uターンして、戻り始めの辺りなのでしょか?上級者ゲストの一人が
巨大なアオウミガメを水底で目撃したようです。
一生懸命にタンクを叩いて教えてくれていたようですが、、、誰一人と気づかず
申し訳ない事をしました。
これといった出会いはありませんでしたが、相変わらず群れや地形が楽しかった
雰囲気でした。

2本目は少しだけ波がまろやか?になった秋の浜へ。。。

とは言え、初心者にはまだまだヤバいくらいの波と荒れ具合でしたので・・・
体験ダイビングのようにハシゴから降りて何とか水面の大波をしのいで
もらいました。
水底に潜ってさえしまえば、天国のような青さ!と暖かさなんですけどね(^^;

昨日も行ったドリーこと、ナンヨウハギygを見に行くと・・・驚くことに3匹いたハズなのに
今日はたったの1匹しかいませんでした。
さすがに3匹であのサンゴは小さ過ぎた?

ヨコシマクロダイygは同じ場所でのんびりしていました。
161016-yokosimakurodai.jpg

途中、大きなヒラメイサキの群れに突っ込むカンパチ!の姿などを見て、
やっぱり今日も気になるニシキフウライウオ!まだ消えずに残っててくれました~
161016-nisikifuurai.jpg

残念ながらクマドリカエルアンコウは目に入りませんでしたが、
マダラタルミygはゆっくりと見て頂けました。

他にもいろいろ見れました♪

明日は予報変わって、やっと北東風が南西に変わります。
ただ雨予報なんですよね~(涙)



いろんな意味で盛り沢山(^^)/

10月15日(土) 天気:晴れ

<秋の浜> 透明度:15~20m 水温:25~26℃ 海況:波あり(大)
<野田浜> 透明度:10~12m 水温:25~26℃ 海況:ほぼ良好
<王の浜> 透明度:10~12m 水温:25~26℃ 海況:良好


久々に朝から秋晴れ!って感じに爽やかに晴れ渡りました。
しかし、北東風(ナライ)は今日もやや強く、午前中は大荒れ!午後もウネリは
残っていました。

本日は、初ファンダイブな方~600本以上の方まで、幅広い経験本数なゲストさんで
集まったので、オレンジフィッシュとしては初のファンダイブだけの3チーム構成!で
潜ってきました~

上級者チームは朝から夕方までALL秋の浜に3本。
初心者チーム&中級者チームは、野田浜1本、王の浜1本で潜ってきたようです


オイラが上級者チームで3本とも秋の浜だったので、秋の浜のマクロ尽くし!な
偏ったログですが、お許しあれ。。。

1本目は右から中央エリアに。。。

まずはお約束のドリーこと、ナンヨウハギyg!今日は3個体全部収めました(^^;
161015-nanyouhagi.jpg

個人的には大島で初かな?ツキチョウチョウウオ成魚です。
161015-tukityoutyouuo.jpg

クビアカハゼテッポウエビと一緒にご機嫌でした。
161015-kubiakahaze.jpg

ガイド仲間から情報頂いて、ヤシャハゼyg&ヤノダテハゼの共生を確認!
161015-yasya-yano.jpg

もちろんジョーフィッシュもご機嫌でした。
161015-jyo.jpg

マダラタルミygを見て、1本目は荒れていたので早々にEXでした。
161015-madaratarumi.jpg


2本目は際壁から中央へ。。。

まずはチンアナゴ!今日も元気にグイグイ頭を出してくれてました~
161015-chinanago.jpg

軽くハナゴンベygムスメハギをチラ見して。。。

昨日、登場したニシキフウライウオ!をじっくり見てもらいました。
何度見ても素敵な色合いですよね~このカラーリングは貴重です(^^)/
161015-nisikifuurai.jpg

久々にビシャモンエビ!なんかも紹介してみました。
161015-bisyamon.jpg

浅場に戻って、ダメ元で諦めかけていたクマドリカエルアンコウの場所へ
行くと、なんと復活してました!自然に元の場所に帰ってきたのか?
誰かが見つけて同じ場所に引っ越しをさせたのか不明ですが嬉しい再会です。
161015-kumadori.jpg

そしてこの1本でメデタク「祝100本!」を迎えたリピーターの「I 様」
本当におめでとうございま~す。一緒に潜った皆さんと一緒に記念撮影(^^)/
161015-100hon.jpg

その後は、もの凄い数のメジナの群れ!を眺めながらEXしました~


3本目は再び右~中央エリアに。。。

特別目新しい発見には至らなかったですが・・・アオリイカの群れ!などを眺めつつ、
降りて、ヨコシマクロダイygワニゴチなどを見てもらいました。

ヤシャハゼ成魚!の方は夕方にも関わらず、驚く程元気にホバーリングしていました。
やっぱり水温が高いというのは魚にとって居心地よいのですね~
161015-yasya.jpg

早々に浅場でゆっくり遊びました♪

タテジマキンチャクダイygは今日も定位置でユラユラしてました~
161015-tatekin.jpg

ミヤケテグリygも同じ穴の中でチョコチョコ動いて可愛かったです。
161015-miyaketeguri.jpg

最後に岩の隙間、奥~の方でコチラの様子を伺うアブラヤッコygの姿が
妙に可愛かったです。
161015-aburayakko.jpg

まあ他にもいろいろ見てるのですが・・・きりがない程、魚種&魚影が濃いので
今日はこのへんで。。。

明日も北東風が強い予報(><)、穏やかな秋の浜を楽しみたいのに。。。


待望のニシキフウライウオも登場♪

10月14日(金) 天気:晴れ時々曇り

<秋の浜> 透明度:10~15m 水温:25.8℃ 海況:大波
<野田浜> 透明度:10~15m 水温:25.6℃ 海況:小波
<王の浜> 透明度:10m前後 水温:25.4℃ 海況:ほぼ良好


今日も北東風(ナライ)が止まりません。。。いったい何日続くのか?当然のように
秋の浜は大荒れです(><)

しかし、朝一だけは昨日からの上級者ゲストさんとマンツーマンという事もあり・・・
思い切って左EN・左EXで潜ってきてしまいました。今日も水温は暖かく◎♪

そんな勢いが良かったのか?今日は素敵な発見をしてしまいました~
それはコイツ! ニシキフウライウオ!です。

僕の記憶が正しければ・・・去年は1回も現れずだっただけに、待望の人気種が
登場となりました。本当に偶然見つけたのですが、たまには大島の為になる
仕事もするのです。ハイ(^^;
まあすぐお隣の伊豆半島じゃあ、とっくに現れてるらしいのですが、やっぱり
人気種は人気種ですから~

161014-nisikifuuraiuo2.jpg

それから個人的には今季初!となるソメワケヤッコygなんかも見れちゃいました。
相変わらずとてもシャイなので、中々撮らせてもらえませんが・・・。
161014-somewakeyakko.jpg

ムスメハギygは定位置に健在です。
161014-musumehagi.jpg

久々にフエヤッコダイにも会えました♪
161014-fueyakkodai.jpg

ヨコシマクロダイygも去年沢山見れた場所に今年も居ついています。
161014-yokosimakurodai.jpg

ナンヨウハギyg全部で3個体いるのですが、今日は2個体までしか1枚の写真に
納められませんでした(^^;
161014-nanyouhagi.jpg

クマドリカエルアンコウは依然と行方不明中です(><)


2本目からは新たなリピーターゲストさんも合流して野田浜に!

野田浜にも多少波がありましたが、秋の浜に比べればまったく問題ない範囲です。
水温、透明度は共に良好でした(^^)

ここでも個人的に今季初となったメガネスズメダイygが印象的。。。
今年は中々見ないなあ。。。などと思っていたら、見れちゃいました(^^;
161014-meganesuzumedai.jpg

砂地では1mくらいのヒラマサ!が悠々とウロウロしていました。
写真を撮ってもあまり逃げない良い子でした~♪
161014-hiramasa.jpg

ムラサキウミコチョウはペアに戻っていました。
この場所でまだまだ観察出来そうです。
161014-murasakiumikochyou.jpg


3本目は一番穏やかな王の浜へ。。。

潜ったのが午後3時半過ぎだったので、やや水中が暗かったですが、
透明度&水温が高いので、楽しく泳いできました~

まずは浅場のサザナミヤッコの赤ちゃん(写真下)子供(写真上)はそれぞれ定位置です。
161014-sazanami.jpg

161014-sazanami2.jpg

写真はありませんがstrong>、タスキモンガラygも定位置で観察出来ています。

沖ではテングダイのトリオ!が今日も元気にしていました~

サンゴでは今日も定番のヤリカタギygの姿が。。。
161014-yarikatagi.jpg

これまた写真は無理でしたが、ゲストが1m級の巨大カメ!を発見。
中々の迫力サイズでした~

明日も明後日も予報では北東風がやや強めなんですよね~
もしかすると・・・秋の浜は上級者しか潜れないかもしれません
(><)


水温UP!も秋の浜は大荒れ(^^;

10月13日(木) 天気:小雨のち曇り

<秋の浜> 透明度:8~15m 水温:21~25℃ 海況:波あり(大)

昨夜から吹き始めた北東風(ナライ)が影響して、王の浜以外はどこも波あり。。。
特に東側の秋の浜が一番波が高く、朝一チェックに行った時はこりゃ無理かな~と
思ったのですが、高速船でゲストが到着する頃には、少しだけ風が弱まった事もあり、
秋の浜に潜ってきちゃいました~
まあ、ゲストも500本以上潜ってる上級者さんだったので。。。

そして黒潮情報通り、秋の浜は水温がグーン!と上がって、全体的に25℃台の海に
戻っていました(^^)/透明度も連休中に比べれば、かふなり良くなりました♪
ただ深場(30m以深)は水温が21~22℃台と冷たくてクリアーな潮でした(^^;


深場系の魚では、個人的にNEWフェイスとなったタキゲンロクダイyg!
きっとちょっと前から居た様子でした。
161013-takigenrokudai.jpg

久しぶりにアカオビハナダイも確認出来ました。
161013-akaobihanadai.jpg

フタイロハナゴイは今日も元気いっぱいに穴から出ていましたが・・・
最近、老眼が特に進んだようで・・・カメラではピントが合ってたように思ったのですが
こうしてPCでチェックすると、最近合ってない事が増えましたね(><)
161013-futairo.jpg

浅場に戻りつつ、シロボシスズメダイyg!がキレイだったので撮ってみたのですが
この子も微妙にピントがずれていて(ノД`)・゜・。
161013-sirobosisuzumedai.jpg

そして午後に潜った時、際沿いでは水深15~35mエリア全体に、ワラサ!
ものすごい数で通り過ぎていきます。移動しつつも結局10分近くは見てましたが・・・
その間、群れが切れる事無く・・・次から次へと!
もの凄いスピードで泳ぎ去るので全然写真が撮れませんでしたが、中に混じって
メジマグロ!も泳いでいきました。
極めつけは、浅場に戻りつつの群れの中でハンマーヘッドの姿も!!
急いでシャッターを押したのですが、心の目にしか映っていない程度でした(><)
後で動画で撮れば良かったと、後悔しちゃいました。


浅場ではヌノサラシが全然逃げなかったので撮ってみました。
161013-nunosarasi.jpg

ハシゴを上がる手前では、妙にアオリイカの子供の群れ!が多かったので
思わず撮ってしまいました。
161013-aoriika.jpg

他にも、アジアコショウダイyg・イロカエルアンコウyg・アカボシカクレエビ・
スジハナダイ・タテジマキンチャクダイyg・マダラタルミyg・ハナゴンベyg・
ムスメハギyg・アマミスズメダイyg・イワシの群れに突っ込むカンパチ!
など。

明日も、明後日も北東風(ナライ)の予報。。。このままじゃ、初心者は秋の浜に
潜れない週末かもですね~ある意味、困ったものです。


少し透明度が回復傾向です♪

10月12日(水) 天気:晴れ

<秋の浜> 透明度:10m 水温:22~24℃ 海況:やや波あり

本日はノーゲストだったので、午前中は庭の草刈りなどして、午後から1本だけ
潜ってきました~
ENすると、浅場に関しては連休中のような濁りではなく、少しクリアーな水中でした♪
そして水温も24℃台で気持ち上がっていました~


着底するとすぐにカンムリベラygがウロウロと。。。
以前からいるのですが、見れる時と見れない時でバラつきが多いです。
161012-kanmuribera.jpg

際沿いでは相変わらずハナゴンベygが元気いっぱいで、かなり撮りやすいです。
161012-hanagonbe.jpg

側ではムスメハギyg・アマミスズメダイyg・チンアナゴなども健在です。

深場ではフタイロハナゴイも定位置で元気でした~
そしてこの辺りの中層では、大きめなカンパチ!が群れで捕食に現れていました。

週末は見れなかったアジアコショウダイygも今日はバッチリ。
161012-ajiakosyoudai.jpg

カイメンに寄り添う極小のイロカエルアンコウygは何だか白→レモン色っぽく?
161012-iro.jpg

浅場に引き返し始めると、なんと2匹のヒメクサアジ!に遭遇しました♪
毎年見れるにせよ、滅多にお目にかかれないのでラッキーでした。
161012-himekusaaji.jpg

タテジマキンチャクダイygも定位置で観察出来ました。
161012-tatekin.jpg

浅場では、やはり外せない人気のクマドリカエルアンコウ!
ゆっくりですがノソノソと歩いて?いました。まあほぼ定位置ですが(^^;
161012-kumadori.jpg

もちろんマダラタルミygもまだ頑張っています。

その後はミヤケテグリygを見てEXへ。。。
161012-miyaketeguri.jpg

ハシゴ前まで来て、そういえば先週ちょっと話題となっていた魚がまだ残っているか
確かめに向かってみると・・・まだ居てくれました!
ナミダクロハギ!です。
個人的には大島で初めて見たし、初めて写真も撮りました~
こんな南方種まで現れてしまうなんて、すごいぞスーパービーチ秋の浜!!
161012-namidakurohagi.jpg

まだまだこの先、いろんな魚が現れそうですね(^^)/


連休最終日は秋の浜に潜れず。。。

10月10日(月祝) 天気:曇り時々晴れ

<裏砂漠トレッキング> 北東風:11m
<野田浜> 透明度:8~10m 水温:22.4℃ 海況:波あり
<王の浜> 透明度:10m 水温:22℃ 海況:やや波あり

連休最終日は昨日とは一転、北東からの強風で気温は低いし、秋の浜は大波!
オイラのチームは早朝に裏砂漠トレッキング&野田浜1DIV。
非常勤の天野っちチームは王の浜に2DIVしてきました。


まずは裏砂漠ツアー♪砂漠山頂は猛烈な北東風で体感温度は約8℃くらい?
かなり寒かったですが、ダイナミックな景観を皆さん楽しんでくれてました~
161010-urasabaku.jpg

その後に潜った野田浜は意外と透明度が回復傾向でした(^^)
まあ正直、波はそこそこありましたが、潜ってみるとロープ沿い以外は
そこまでサージもきつくなく、のんびりLONGダイブを楽しんできましたよ~

まずはヨコシマクロダイygが波に負けずに元気にしていました。
161010-yokosimakurodai.jpg

アーチ手前の壁で久々にハクセンミノウミウシに遭遇。
現場では小さすぎて判別が難しかったですが・・・PCで開いてみると明らかです。
161010-hakusenmino.jpg

アーチ内のイサキは15匹程度の群れでしたが、相変わらずヨスジフエダイのペア
が定位置だったのと、ウメイロモドキygが1匹だけウロウロとしてました~
161010-yosujifuedai.jpg

161010-umeiromodoki.jpg

タカノハダイばかりが集団で集まる「タカノハ団地」の裏にはだいぶ少ないですが・・・
キンメモドキの群れ!も残っていました。あんなに居た子達はみんな食べられて
しまったのかな???
161010-kinmemodoki.jpg

最後はこのところ定番のシロハナガサウミウシが健在です。
近くには大好物のユビノウトサカに群がる姿もありました!
161010-sirohanagasa.jpg

王の浜に行ったチームの印象的な魚は、サザナミヤッコygだったようです♪

明日も引き続き、北東風がビュービューのようですね。これで一気に汚い潮を
どこかに飛ばしてくれれば良いのですが・・・果たして(^^;


10月の3連休2日目は。。。

10月9日(日) 天気:雨のち晴れ

<秋の浜> 透明度:5~8m 水温:23~24℃ 海況:良好

昨夜からの猛烈な南西風により、西側のポイントはALLクローズ(><)
それでも東側の”スーパービーチ秋の浜”はまったく問題なしのベタ凪(^^)
その結果、秋の浜は真夏並みの大混雑でした~(^^;


オレンジフィッシュも今日は3チームに分かれてオイラは計3DIV♪
ガッツリと潜ってきました~


そして秋らしくNEWフェイス!がいっぱい登場しました(^^)/

まずは待望のクマドリカエルアンコウ!
大きさはすでに4cm程あるので、結構育った個体が登場です。
161009-kumadori.jpg

続いて白いイロカエルアンコウyg!
こちらは大きさ1.5cmほどの超可愛い盛りの登場です。
161009-iro.jpg

ミヤケテグリygコウワンテグリyg
ここ数日で一気に個体数が増えた?感じで何個体も見れました。
161009-miyaketeguri.jpg

定番種としては、ハナゴンベygが元気いっぱいに出てくれてました。
161009-hanagonbe.jpg

ムチカラマツエビなんかも久々に撮ってみました~
161009-muchikaramatuebi.jpg

写真はありませんが、超大人気だったドリーこと、ナンヨウハギygや中々認識して
もらえないチンアナゴ(白)などがゲストには好評だった?気がします。

他に、アマミスズメダイyg・シロボシスズメダイyg・シコクスズメダイyg・ツユベラyg・
ヌノサラシ・クリアクリーナーシュリンプ・イソギンチャクエビ・イソギンチャクモエビ・
カザリイソギンチャクエビ・モンツキハギyg・シマハギyg・ホシゴンベyg・巨大イシダイ・
マダラタルミyg・アカハチハゼ・クロイトハゼ・スミツキベラyg・ムスジコショウダイyg
などが。

10月では異例の透明度の悪さですが・・・これだけマクロ系が豊富なので
非常に助かります♪

さて、明日はいよいよ最終日なのですが、風向きが変わって強めの北東風が
吹く予報です。さすがに秋の浜は厳しいかなあ。。。(><)



10月の3連休初日!

10月8日(土) 天気:曇りのち雨のち晴れ

<ケイカイ> 透明度:5~6m 水温:24℃ 海況:良好
<秋の浜> 透明度:6~10m 水温:22~24℃ 海況:やや波あり

予報通り・・・連休初日から雨です(><)ただお昼くらいからは予報以上に晴れ!
しかし、水中透明度は激落ちの8mあるかないか。。。
午前中の秋の浜の深場だけは10m以上見えていました♪

今日は2チームに分かれてでしたが、早朝から結局合計4ガイドしてきました~

1本目のケイカイ。。。

水中が想像以上に暗く(><)逆潮の流れもあったので、あまり泳げずに
ちょっと不完全燃焼気味でした。
それでもいつものハナタツ!は健在だったし。。。
161008-hanatasu.jpg

アデヤカミノウミウシも沢山見れました。
161008-adeyaka.jpg

2本目からは秋の浜へ。。。

ヤシャハゼ!は運良く、貸し切り状態で全員が撮影出来ました♪
161008-yasya.jpg

クビアカハゼもかなり小さいですが、元気に出てました~
161008-kubiakahaze.jpg

浅場では定番のマダラタルミygを見てもらいました~
少し成長したので、広範囲を動き回り探すのに意外と苦労します。
161008-madaratarumi.jpg

3本目。。。

右エリアを中心に。。。まずはドリーこと、ナンヨウハギygがなんと3個体に!!

沖へ向かう途中のサンゴではノコギリハギyg!が見れました。
161008-nokogiri.jpg

側ではホシゴンベyg・フタスジリュウキュウスズメダイygなど。
沖では久々のカスザメ!&巨大なコロダイ!
161008-kasuzame.jpg

そういえば、EX前に偶然にコウワンテグリygに遭遇♪
161008-kouwanteguri.jpg

ラスト4本目・・・

中央エリアを中心に。。。夕方だったので、かなり暗かったですが、
それなりに何とかいろいろ見れました。

まずはタテジッマキンチャクダイyg!
水中が暗かったせいもあり、ライト当てると窪みに隠れちゃいます。

側ではジョーフィッシュ・2cmくらいのキツネベラygなんかも見れました。
161008-kitunebera.jpg

他にもアカハチハゼのペア・シマハギyg・コイボウミウシなどが。

そして、本日記念すべき50本!を迎えたダイバー「タカちゃん」
素敵な仲間がサプライズで用意してくれた手書きフラッグ!と一緒に記念撮影でした~
本当におめでとうございま~す(^^)
161008-kinen.jpg


明日も雨予報(><)せめて透明度だけはもっときれいに戻って欲しいな(^^;



台風通過後の海は・・・(><)

10月7日(金) 天気:曇り時々晴れ

<野田浜> 透明度:6~10m 水温:23℃台 海況:やや波あり
<秋の浜> 透明度:6~10m 水温:23℃台 海況:やや波あり

台風の直接的被害はなかったものの、ウネリと強風は昨日までありました。
今朝はウネリはなくなったものの、北東からの強風で午前中はどのポイントも
荒れ気味の中の2DIVです。


1本目は野田浜に。。。

浅場は日差しもあり、水中はやや明るめの透明度でしたが、沖は暗い感じ。。。
つい何日か前までは透明度15mオーバーで水温も26℃くらいあったので
やけに悪くなった気がしちゃいます(><)

水中アーチ内のイサキはほとんどおらず、寂しい感じでしたが、
ヨスジフエダイygのペア!は相変わらず健在でした。
161007-yosujifuedai.jpg

先日見れたムラサキウミコチョウも1個体のみでしたが、生き残っていました(^^;
161007-murasakiumikochyou.jpg

他にも、シロタエイロウミウシ・シロハナガサウミウシ・クマノミ・ミツボシなどは
健在でしたが、キンメモドキやマアジ稚魚達の群れはありませんでした(涙)


2本目は少し波が落ち着いた秋の浜へ。。。

こちらも台風後のウネリが取れず、全体的に8m程度の透明度に激落ちです。
まあ自然相手なので仕方ありませんが、しばらく真っ青な海ばかりだったので
目が慣れずちょっと苦労しました(^^;

久々にハナゴンベyg!を見てきました♪またまた少し場所を変えていたので
しばらくご無沙汰気味でしたが、相変わらず健在です。
161007-hanagonbe.jpg

側ではタテジマキンチャクダイygの姿が。
この場所で見たのは初めてでしたが、もうちょっと深場の個体と同じようなサイズです。
161007-tatekin.jpg

浅場のイサキyg&マアジygの群れ!は変わらず健在でしたが・・・海の色が暗い(><)
早く良くなることを期待しましょう。
161007-isaki.jpg

他にはアカハチハゼのペア・ツノダシ・テンクロスジギンポ・イソギンチャクエビのペア・
アカハタ・ムスメハギyg・マダイ・イシガキダイ・ヌノサラシ・ツユベラyg
などが。

さてさて、明日から10月の3連休!ですね~今年も大勢のダイバーで賑わうのですが
この透明度だと正直、安全管理に神経使いそうです(^^;



台風前のラストDIV♪

10月4日(火) 天気:曇り時々晴れ

<秋の浜> 透明度:15~20m 水温:22~25℃ 海況:ほぼ良好

昨日からのゲストさんと2DIVです。西側は波が高いのでこの日は秋の浜に
2本、どっぷりです。


1本目は右エリアへ。。。

まずはカンムリベラyg!が目に入りました。見れる時と見れない時があります。
161004-kanmuribera.jpg

テーブルサンゴにはナンヨウハギyg(ドリー)が定着してますが、
よく見ると。。。もう1匹さらに小さな個体が仲間入りです♪今後が楽しみです。
161004-nanyouhagi.jpg

沖の深場は水温が22℃でしたが、大きなソフトコーラルにイサキの群れ!が。
161004-isaki.jpg


2本目は中央エリアへ。。。

沖の砂地でNEWフェイスアジアコショウダイyg!を発見。
例年見れてる季節だったので、今年も待望の登場です♪
161004-ajiakosyoudai.jpg

久々にフタイロハナゴイを見に行くと、運良くケラマハナダイygと2ショット!
撮れました♪
161004-futairohanagoi.jpg

浅場ではマアジygの群れ!が圧巻の見応えでした~
161004-aji.jpg

他にもいろいろ・・・潜れば楽しい季節ですね(^^)/


今日は西側のポイントに♪

10月3日(月) 天気:曇りのち雨

<ケイカイ> 透明度:15m 水温:24~26℃ 海況:ベタ凪
<王の浜> 透明度:10m 水温:22~26℃ 海況:やや波あり


朝のうちは薄日も差すくらいの曇りで気温も高かったのですが、昼前から
雨となり・・・そこからは天気予報どおり1日まとまった雨となりました。
そんな中、ワイド派なリピーターゲストさん達を新たに迎えて・・・
まだ台風のウネリがない静かな西側のポイントに2本潜り、泳ぎまくってきました~♪

1本目はケイカイへ。。。

まずはいつものハナタツ!
今日は50cm以内に2匹のハナタツが見れました。♂♀のペアですね(^^)
たまには正面顔を載せてみます(^^;
161003-hanatatsu.jpg

先週からずっと岩陰にじっとしているオオセ!は今日も健在でした。
お腹が大きいので、卵を持った個体なのかもしれませんね。
161003-oose.jpg

沖ではテングダイのトリオ!が見れました。
やっぱりテングダイは単体よりもこうしてグループから群れ!になっていて
もらいたいですね。
161003-tengudai.jpg

そしてウミガメも沢山見れました~!全部で5個体、そう5カメです(^^;
そのウチ、一番近くで見れた個体を載せました。
161003-kame.jpg


2本目は王の浜へ。。。

沖へ向かうと、何だか魚影が少なめ。。。水温も低いし、流れも逆潮だったので
仕方ありませんが、魚達はさすがに敏感なんですね~

王の浜でもアオウミガメGET!全部で2個体です♪
161003-kame2.jpg

浅場ではキレイなアカハチハゼのペア!が印象的でした。
161003-akahachihaze.jpg

そしてEX間際では、サザナミヤッコyg!の登場です。
毎年見れますが、この青い輝きは本当に美しく人気があります♪
161003-sazanamiyakko.jpg

明日は晴れ予報なので、明るい水中が楽しめそうです。

透明度&水温が安定しててGood♪

10月1日(土) 天気:曇り

<秋の浜> 透明度:12~20m 水温:24~26℃ 海況:波あり
<野田浜> 透明度:12~20m 水温:25~26℃ 海況:ほぼ良好


昨日に続き、北東風がやや強めに吹いていて、午前中の秋の浜はやや波が高い状態。
ファンチームは全員が中~上級者さん達だったので、普通に潜れましたが・・・
体験チームは、波の穏やかな野田浜へ。


水面の荒れ模様とは裏腹に潜ってさえしまえば、中々の大島ブルー!が楽しめます。
水温も1本目は終始26℃台で快適、快適(^^)/

1本目、透明度は15~20mあって遠くまで見渡せました。
こうなると、ついつい中層が気になって仕方ありませんが、残念ながらニタリ様や
ハンマー様の姿はありませんでした。しかし、ゲストの1人がニタリの尾びれらしき
姿を見たようで、
証拠写真はありませんがやっぱり回遊してそうですね!

後ろ髪引かれながらも沖へ出てまずはヤシャハゼ!元気に出てました~
161001-yasya.jpg

側ではジョーフィッシュ・タテジマキンチャクダイyg・アブラヤッコygの姿も♪
マアジygの群れ!も見応え抜群でした。

そしてめでたく200本!!を迎えたゲストのU様♪
200本中、170本くらいが大島という、かなりの大島LOVEな方です。
本当におめでとうございま~す(^^)/

161001-usijima.jpg

2本目は際沿いに。。。

砂地はそよそよと流れがかかっていたので、チンアナゴ!が元気でした。
そして今日はかなり寄れました♪
161001-chinanago.jpg

壁沿いではムスメハギygの姿も。ちょっとシャイですが、待てば撮れます。
161001-musumehagi.jpg

浅場では近年もはや普通種と言えるヌノサラシのペア!を観察。
特に今年は大島全体に個体数が多めです。一応は南方種のハズですが。。。
161001-nunosarasi.jpg

3本目は、野田浜に。。。

夕方にも関わらず、透明度が良かったので水中が明るかったです♪

まずはガイド仲間から頂いた情報のムラサキウミコチョウのペアへ!
写真見て初めて気づきましたが、卵産んでました~(白い粒々)
161001-murasakiumikochou.jpg

水中アーチにはイサキの群れ!が戻ってきてました~
この群れ・・・最近は時間帯や日によってはまったく居ない時も。。。
今日はラッキーでした。
161001-isaki.jpg

浅場ではツユベラyg(2cm)も相変わらず健在です。
161001-tuyubera.jpg

他にも、キンメモドキの群れ・マアジygの群れ・ヨスジフエダイyg・シロタエイロウミウシ
なども。。。

さて、明日は息子の運動会なので「臨時休業」とさせて頂きます。
まあたまには家族サービスしないとね(^^;






プロフィール

OFかっすん

Author:OFかっすん
伊豆大島ダイビングサービス
山&星のネイチャーガイド
オレンジフィッシュ代表 粕谷浩之

ダイビングの情報&陸のネイチャーガイドの記事や写真を紹介しています。

最新記事

最新トラックバック

検索フォーム

ブロとも申請フォーム

QRコード

QR