何とか潜れて良かった~(^^;

11月23日(水祝) 天気:曇り

<王の浜> 透明度:10~12m 水温:21~22℃ 海況:良好

昨日は早朝到着された日帰りゲストさんがいたのですが・・・まさかの津波注意報で
朝から潜れず、午前中に解除される保証がなかったので午前中の飛行機で帰ってしまい、
皮肉なことに飛行機で帰ってすぐに津波注意報が解除されるという結末に(><)
うーん、自然災害の判断って相変わらず難しいですね。


そして本日も早朝から日帰りのゲストさん達。。。
今日は朝から北東風(ナライ)が強く、これまたどのポイントも荒れ気味に。。。
ゲストと相談して、結局日中に1本だけ潜って帰って頂きました。


ポイントの中でも一番穏やかだったのは王の浜だったので、迷わずここへ。

まずはサザナミヤッコygが居たのですが、ライトに敏感過ぎてまったく撮らせて
もらえず(><)
シロタエイロウミウシなんかを見てもらってから沖へ。

沖の根を進んでいくと、大きなアオブダイが比較的側で見れました。
あまり逃げない良い子でしたが、写真までは撮らせてもらえず。。。

そのすぐ後に大きなアオウミガメに遭遇!
ゆっくりと泳いでくれたのでコチラは何とか撮れました(^^;
161123-kame.jpg

テーブルサンゴには相変わらずヤリカタギygが目立っていましたが。。。
本日の主役はコチラ!メガネゴンベygです!!
大島では毎年見れる種ではありますが、そんなに個体数は多くないので
希少種ですね。今年は秋の浜で2週間ほど見れましたが、その後は
見れていなかったので、今日はラッキーでした。
161123-meganegonbe.jpg

いつもの場所でテングダイと遊んできました。
この子達、実は4匹いるのですが・・・近づくといつも1匹だけは遠くへ逃げて
しまいます。なので3匹でしか映っていないのですが、何故なんでしょうか?
161123-tengudai.jpg

他にも、キンチャクダイyg・ホウライヒメジの群れ・イサキの群れ!などが。

明日は東京都内でも積雪とのニュースが!大島も大シケとなりそうです。



スポンサーサイト

今日は日差しがあって明るい水中に♪

11月20日(日) 天気:晴れ

<秋の浜> 透明度:15~20m 水温:21~22℃ 海況:良好

朝から素晴らしい好天に恵まれました♪風も弱く、どのポイントも良好です。
リクエストで本日も秋の浜に2DIVしてきました~

ENした瞬間から真っ青な海が気持ち良い!やっぱり晴れてると水中が明るく、
気分↑ますね~(^^)/
まずは幸先良く、いきなりNEWな出会いが。。。
ミヤコキセンスズメダイygです。毎年当たり前のように浅場で見れてた魚ですが
今年はスズメダイ系が不作だった為、個人的には秋の浜ではお初でした。
161120-miyakokisen.jpg

中央沖の砂地で、ヤシャハゼのペアネジリンボウのペアなどを見て
もらいました~ただ近寄ると、どちらか一方は巣穴に隠れてしまい、
中々ペアで撮らせてもらえませんでした。
161120-yasya.jpg

セナキルリスズメダイygは今日も健在で、ゲストさんも夢中に撮ってました。
161120-senaki.jpg

側のハナゴンベygもバッチリ出てくれていてご機嫌でした~
161120-hanagonbe.jpg

もちろん、フタイロハナゴイygのペア4匹のハタタテハゼも居ましたよ♪


2本目は際から中央の棚場へ。。。

まずは極小のカンムリベラygからご紹介。うーんこのレンタルカメラでは
中々この大きさのネタは厳しいな(^^;
161120-kanmuribera.jpg

アカハチハゼもまだまだ健在ですが、どの子も結構大きく成長してきてて
可愛さは以前に比べるとやや劣りますね。
161120-akahachihaze.jpg

さて深場では個人的に今季初となったカンナツノザヤウミウシ♪
先日はゲストさんがピカチュウを見つけていたので、やっぱりこの子も
出てきましたね~これからもっともっと増えてきそうです。
161120-kanna.jpg

今年はアジアコショウダイygが多く、しかも元気ですね。
3個体は確実に居ますね。
161120-ajiakosyoudai.jpg

ニシキフウライウオもペアで健在でした。もちろん♀のお腹には卵が!
161120-nisikifuurai.jpg

際壁沿いでは、チンアナゴ&ハナゴンベ(大)も元気な姿が見れています。

浅場ではフリソデエビが一生懸命にアカヒトデを食事中でした♪
やっぱりこの子が1匹見れるだけで、全体の満足感が上がりますね。
161120-furisode.jpg

他にもクマドリカエルアンコウ・タテジマキンチャクダイyg・タツノイトコ・
ミスジスズメダイyg・ホシゴンベyg・ヤリカタギyg・シマハギyg・
アカシマシラヒゲエビ・アカボシカクレエビ・アブラヤッコyg
などが。

明日は東京都&大島町による合同総合防災訓練で消防団活動となる為、
海はお休みしまーす。



まだまだ新たな出会いが続きます!

11月19日(土) 天気:雨

<秋の浜> 透明度:15m 水温:21~22℃ 海況:ほぼ良好

予報通りに朝から夕方前まで雨でした~(><)でも南から強風予報に関しては
まったく外れ、弱い北東風のままでした。。。
そんな本日はリピーターの上級者さん達を迎えての2DIV!
そして今日も新たな発見と出会いにニンマリです(^^)


本日のNEWその1は、ハナゴンベyg(約2cm)です。
今まで見ていた成長した個体でもなく、際壁の深場に新たに現れた個体とも
違う子です。という事はこれで秋の浜には3匹のハナゴンベygがいる事になりますね♪
161119-hanagonbe.jpg

NEWその2は、フタイロハナゴイygのペア!
だいたい単独で見かける事が多い種ですが、こうやって2匹同時に見れるのは
珍しい気がします。なんか今年は何かとペアが多いような?(^^;
161119-futairo.jpg

久々に見れたフエヤッコダイ!
161119-fueyakkodai.jpg

相変わらずビビッとな黄色が映えるクログチニザyg!
161119-kuchiguroniza.jpg

ハタタテハゼは4匹一緒の場所を新たに発見!写真には2匹しか
映っていませんが、4匹がギュッとまとまって居てくれました~
161119-hatatatehaze.jpg

浅場ではタテジマキンチャクダイygが定位置でした。
161119-tatekin.jpg

他にも、昨日見つけたセナキルリスズメダイyg・ニラミギンポ・ヒラメ・
フタスジリュウキュウスズメダイyg・ニシキフウライウオのペア・マダラタルミyg・
クマドリカエルアンコウ
などが。

明日は朝から晴れ間が戻ってきそうです。やっぱり晴れてる日のダイビングが
気持ち良いですからね~♪


セナキルリスズメダイygに出会う!

11月18日(金) 天気:晴れ

<秋の浜> 透明度:15m 水温:21~22℃ 海況:ほぼ良好

予報よりも北東風(ナライ)が強くなく、しかも早くに静かになったので
秋の浜はあまり荒れずに、普通な感じでした♪

久々に調査DIVで浮かれていたのでしょうか?カメラやっちゃいました水没です(><)
そんな訳で、後半は急急と戻ってきてしまったので、潜水時間はまさかの35分間。
それでも今期初の出会いもあって、収穫はありました~!

個人的には今季やっと会えたセナキルリスズメダイyg!です。
今年は出ないね~なんて会話を10月くらいからガイド仲間でも話していたのですが・・・
遅ればせながらなのか?やっとの登場です♪
161118-senakiruri.jpg

久々に出会った!と言えば、ニラミギンポも急激に増えた気がします(^^;
本日、おお久々に見たな~なんて思って泳いでいたら、結局3個体もいました。
いったいどこから湧いて出てくるのでしょうか?
161118-niramiginpo.jpg

ハタタテハゼも相変わらず元気に泳いでいていい感じです。
161118-hatatatehaze.jpg

久々にオトメハゼなんかも撮ってみました。
161118-otomehaze.jpg

水温はジリジリと下がってきていますが、まだ全体的に21℃以上ありますし、
透明度も普通に15mは見えています。

今週末、明日は雨が強そうですが・・・日曜は小春日和が戻ってきそうですね。

そんな訳で、明日からレンタルカメラにての撮影となりますが、頑張って撮ってきまーす!

11月12~13の週末ログです(^^;

11月12~13日 天気:曇り~晴れ 

<秋の浜> 透明度:10~15m 水温:22~23℃ 海況:やや波あり
<ケイカイ> 透明度:10~15m 水温:22~23℃ 海況:良好


実は11月に入ってから、夏の疲れが今頃出たのか?ずっと体が怠く微熱が続いて
いたのですが、まあいつも通りに気合いで乗り切り!乗り切り!でしたが、週明けから
熱が上がり、今年初のダウン(><)病院には行ったもののやはり「ただの風邪」で
まあ、下の息子の夜泣き時期にも重なったし、いろんな疲れが出たらしく・・・
そんな訳で今週の平日はおとなしく布団の中でずっと休養しておりました。
本日から少し良くなったので、ようやく先週末のブログを書いております(><)

記憶の限りでは、風の静かな週末で天気も小春日和に恵まれ、ゲストの皆さんも
WETで潜っていたくらいですから。。。


とりあえず見れた魚としては下記のようなところです。

12日(土)は秋の浜に2DIV♪

ジョーフィッシュは元気な姿で人気者!
161112-jyo.jpg

側のヤシャハゼはかなりシャイな個体もいますが、よく探せば撮らせてくれる
個体もいるのでまずまずかな。。。
161112-yasya.jpg

ニシキフウライウオもペアで見れてラッキーでした。
欲言えばもう少し近づいて欲しかったのですが(^^;
161112-nisikifuurai.jpg

チンアナゴも元気、元気!
161112-chinanago.jpg

ハナゴンベygはかなり成長して幼魚感があまり無くなってきました。
161112-hanagonbe.jpg

浅場では久々にヒレグロコショウダイygに会えました~でも動きまくり。。。
161112-hireguro.jpg

そしてついに?やっと?タイミング良くフリソデエビに再会!
ちょうどトレーニングで潜っていたバディ潜水チームのK&Aペアから
手招きで教えて頂いちゃいました~♪
 
161112-furisode.jpg


13日(日)は1本目:ケイカイ、2本目:秋の浜へ

水中海況は東も西もほとんど変わらずでした。ただ風が無風に近く太陽が
あったので非常に陸上が暖かかった印象です。

このところ、ケイカイに潜れば会えるこのウミウシ達からご紹介です。

まずはムラサキウミコチョウのペア!
こんなサイズの違うペアってすごく珍しい気がします♪とっても可愛かったです。
161113-murasakiumikochyou.jpg

そして今年のケイカイの代名詞と言っても良いくらい、必ず見てる・・・
アデヤカミノウミウシです。こう当たり前に見れちゃうと有難みが薄れてきますね(^^;
161113-adeyaka.jpg

そしてアデヤカミノ~に並んで必ず見てるのがこのハナタツ!
だけど今日はオレンジの子じゃなく、黄色の個体でした。
161113-hanatatsu.jpg

唯一の大物?はカスザメ!です。
本当はカメが一番見たかったのですが・・・そういう日に限って見れず(><)
161113-kasuzame.jpg

ラストは久々に現れたキャラメルウミウシです。
またしばらくこの場所で見れると良いのですが・・・。
161113-kyarameru.jpg


そして2本目に潜った秋の浜では、激レア魚のホホスジタルミygを見てもらいました。
場所が場所なので、毎回見に行けず・・・もしかしたら居ないかも?と思いつつ
こうして見れるとホッとします。
161113-hohosujitarumi.jpg

そして現地ガイドさんに教えてもらった小さなクマドリカエルアンコウyg
やはり人気種で、大勢の方が撮るので・・・1枚だけ証拠程度に撮ったものです(^^;
でも位置的にすぐに居なくなっちゃいそうで怖いですね。。。
161113-kumadori.jpg

もちろん他にもいろんな魚を見た気がしますが・・・すみません更新が今日17日なので
こんなところが精一杯でした。

明日は何とか調査で潜ってこようと思ってはいます。


全ポイントクローズ!

11月11日(金) 天気:雨のちくもり

<低気圧通過による強風で、全ポイントクローズ!>

昨日からのゲストさんも心配していたのですが・・・
やはり今朝の海は完全に荒れ狂っていました(><)
平均11mを超える北北東の風が午前中を中心に吹き荒れて、
まったく潜れませんでした。


始めて大島にいらしたゲストさんだっただけに、残念ながら運悪く今日1日暇潰して
帰っていかれました(><)

是非また穏やかな海況の時にリベンジして下さいね~

荒れ気味な1日でしたが潜れました~

11月10日(木) 天気:曇り

<野田浜> 透明度:10~15m 水温:23.6℃ 海況:やや波あり
<秋の浜> 透明度:10~15m 水温:23.2℃ 海況:波あり

昨日から北東風(ナライ)が続き、この日も荒れ気味な伊豆大島!
新たに新規のお客様を迎え2DIVしてきました~

1本目は野田浜に。。。

久々のドライスーツでのダイビングという事で、様子を伺いながら
感覚を取り戻すダイビングでした。

沖へ向かう途中ではシロタエイロウミウシがペアで見れました。
161110-sirotaeiro.jpg

水中アーチ内は今日も魚の群れは無く寂しかったのですが、
白いハナタツだけは健在でした♪
161110-hanatatsu.jpg

お客様のウケが良かったのはアーチ上に群がる、ミツボシクロスズメダイの群れ!です。
確かに、この数はすごく多いですもんね~
161110-mitubosi.jpg

さて、2本目は何とか北東風が少し弱まったので秋の浜に行ってみました。
まあ波は普通にありましたが、何とかEN・EX出来そうだったので潜っちゃいました。

まずはモンツキハギygの黄色いカラーがすごく目立っていたのでご紹介。
161110-montukihagi.jpg

次いで久々にテンクロスジギンポに立ち寄りました。今日も笑ってる~
161110-tenkurosuji.jpg

ハナゴンベygは今日もバッチリ出ていました。
161110-hanagonbe.jpg

先日ゲストが見つけてくれたハタタテハゼにも会ってきました~
161110-hatatatehaze.jpg

砂地ではアジアコショウダイygが定位置です。
161110-ajiakosyoudai.jpg

浅場に戻ると、前から1mオーバーのネコザメ!が出現。
ネコザメを見たのは何ヵ月ぶりだろうか?最近はめっきり個体数減りましたね~
161110-nekozame.jpg

今回のゲストさんはWETの予定でしたが、あまりにも陸上が寒いので
急遽、ドライレンタルに変更で潜りました。
いやあ、、、いよいよ秋~冬になってきましたね~

雲一つない青空ですが、海は荒れました~

11月6日(日) 天気:晴れ

<秋の浜> 透明度:10~15m 水温:21~23℃ 海況:波あり
<王の浜> 透明度:10~15m 水温:22~23℃ 海況:ほぼ良好


朝から最高な秋晴れなのですが・・・あれ?予報が急に変わって北東風(ナライ)が
かなり強めに吹く1日でした~

朝早い時間帯なら、まだ完全に荒れる前なので・・・という事で、
1本目は秋の浜に。。。
右斜面は昨日行ってなかったので、主に右エリアへ。。。

まずは定番種のホシゴンベygへ。
だいぶ慣れたのか?かなりおとなしく撮らせてもらえるようになってました。
あわよくばドリーygが居ないかな~なんて思ったのですが、やはり姿なく(><)
161106-hosigonbe.jpg

沖へ向かう途中、これまた定番種となってるフタスジリュウキュウスズメダイygへ。
この子も少し成長したように思えます。
側ではハナゴイygも健在でした。
161106-futasujiryuukyuu.jpg

さらに進んでクチグロニザygがビビットな黄色で非常に目立ちます。
この子も大きさといい、動きといい比較的撮りやすい子かな。。。
161106-kutiguroniza.jpg

そして目玉なホホスジタルミyg!
今日も定位置に居ましたが、どうも上手く撮れないんですよね~
今回も完敗です(^^;
161106-hohosujitarumi.jpg

ハタタテハゼのペアを見せたかったのですが、瞬殺気味に消えたので・・・
代わりにケラマハナダイygを紹介です。
161106-keramahanadai.jpg

そこからは一気に浅場へ戻り、ミノカサゴyg・タテジマキンチャクダイygなどを
見てからEXへ。
すると、ハシゴ手前でもの凄い勢いで捕食してるアジ系の群れに遭遇!
10枚くらい撮った中で唯一、見れるのがコチラ。。。
胸鰭が黄色いのでカスミアジの群れ!でした。立派な南方種ですが、今年は
個体数が多く、よく見かけますね。
161106-kasumiaji.jpg


2本目は秋の浜がとてもまともに潜れる海況ではなくなったので・・・
予定通りに王の浜へ。。。

昨日からずっと秋の浜でマクロ系中心だったので、ここでは比較的大きな魚を
狙って潜りました~

まずはアオブダイホウライヒメジの群れ!などを見ながら沖の根へ移動。。。
根の上を進んでいくと、狙い通りにアオウミガメに遭遇!!
今回見れたカメは小さめでしたが甲羅がキレイで可愛いカメでした♪
161106-kame.jpg

サンゴの周りで少しだけマクロ系狙い。。。

まずはヤリカタギygが今日も良い位置で健在でした。
いつまで居ますかね~
161106-yarikatagi.jpg

ナマコをひっくり返すと、運良く小さなウミウシカクレエビを発見。
個人的にも大好きなエビですが、この子はまだ1cmくらいで非常に小さかった~
161106-umiusikakureebi.jpg

根を降りていつものテングダイを見に行くと・・・
今日はラッキーな事に、カスザメが居てくれました。カスザメと言えどサメはサメ!
ゲスト達も喜んで撮ってくれました~
側では大きめなヒラメも居たり、カゴカキダイが群れていたり・・・と
何だか賑やかなエリアでした。
161106-kasuzame.jpg

最後はテングダイを撮るゲストの写真があったので、載せておきます(^^;
161106-tengudai.jpg

唯一、残念だったのは湾内に居たサザナミヤッコygの姿が無かったことです。
たまたま奥に隠れてて見れなかったのか?居なくなったのか?
ちょっと寂しかったですね~

今回のゲストの皆さんは全員がドライスーツで潜りました。
水温的にはまだWETでも潜れますが、陸上の気温が低い日や風の強い日は
やはり素直にドライスーツがオススメです。皆さんもスーツ選びは慎重に♪



久々にダイビング日和な週末に♪

11月5日(土) 天気:晴れ

<ケイカイ> 透明度:10~15m 水温:23.4℃ 海況:良好
<秋の浜> 透明度:10~15m 水温:23.2℃ 海況:ほぼ良好


早朝から潜れる海探しに走り回らない週末はいつぶりだろうか?
本日は朝から穏やかに晴れて、最高のダイビング日和となりました~♪

そして今週末は「伊豆大島MDフェアー!」なのでしたが・・・何だかダイバーの数は
ちょっと寂し気な気がしなくもなかったかな(^^;まあもう11月ですからね。。。

さて、昨日からのゲストに本日到着のお客様も合流して、早朝から元気に計3DIV
1本目はケイカイからです。。。

いつもの壁で、アデヤカミノウミウシを紹介していると、側でムラサキウミコチョウ!を発見。
ですが・・・何だか微妙に変だなあと思い、とりあえず撮って先ほどPCの画面で確認したら
ビックリ!
なんとムラサキウミコチョウアデヤカミノウミウシの幼体が乗ってる~♪
こんな事もあるんですね~(^^;
161105-murasakiumikochyou.jpg

そしてこのダイビングでちょうど「祝50本!」というゲストのWさん。
おめでとうございま~す!!
161105-oiwai.jpg

側ではゴイシウミヘビも祝福してくれていた?ようです(^^;
161105-goishiumihebi.jpg

他にも、定位置のハナタツ!は運よくペア♪で見れました。
写真は上手く撮れなかったけど、1mオーバーの巨大アオウミガメ!にも会えました。


2本目、3本目は秋の浜でドップリと!

まずはクマドリカエルアンコウを見てもらってから沖へ。。。今思うと贅沢なガイド順ですね(^^;

砂だまりではクビアカハゼがご機嫌でした~
161105-kubiakahaze.jpg

ニシキフウライウオはこれまた運良くペア!になっていました~
♀のお腹には、変わらずタップリと卵が抱卵されています!
161105-nishikifuuraiuo.jpg

際壁に降りて、ハナゴンベygをご紹介。今日もご機嫌に撮らせてもらえました。
161105-hanagonbe.jpg

チンアナゴをゲストに見てもらいたかったのですが、コチラは不機嫌だった様子で
全然見せれませんでした(><)
そんなすぐ側で、ゲストの一人がいつの間にかハタタテハゼを撮っていました(^^;
やっと際沿いにも居ついてくれました~ 見つけたTさん、お手柄です♪

その後は、ゲストさんリクエストでお酒を貯蔵して、、、アジアコショウダイや、
コロダイyg・ホシテンスyg・マダイygなどを見てEXしました~

3本目は右から今熱い中央エリアへ。。。

まずはヨコシマクロダイygを見てから沖へ。すると砂地でヒラメ!を発見。
久々に顔をクローズアップでパシャリ!目がキレイなんです。
161105-hirame.jpg

リクエストのジョーフィッシュ!はすぐに地元ガイドさんの情報通りの場所で発見。
何だかんだ、個人的に3週間ぶりくらいに見た気がします。まだ居たんですね~
161105-jyo.jpg

その2m以内では赤いカミソリウオもいました。こちらは残念ながら単独でした。
161105-kamisori.jpg

そしてこれまたゲストのTさんがピカチュウ!こと、ウデフリツノザヤウミウシを発見。
何だか本日の彼女は神ってました!!(^^;
161105-pika.jpg

もちろんこのジョーフィッシュから半径5mエリアにはヤシャハゼ&ヒレナガネジリンボウ
などの姿もありましたが、無減圧時間内では全部の紹介と撮影は無理でした~。

という訳で、急ぎ浅場へ引き返し・・・マダラタルミyg・タテジマキンチャクダイyg・
イソギンチャクエビ・ニセクロスジギンポ
などを見てEXへ。。。

終わってみれば今日も充実した秋の浜の魚影&魚種でした~(^^)/
さすがはスーパービーチですね♪



想定外の荒れた海でしたが。。。

11月4日(金) 天気:晴れ

<秋の浜> 透明度:15m 水温:23.6℃ 海況:波あり
<野田浜> 透明度:12m 水温:23.4℃ 海況:ほぼ良好

本日も入れ替わりでゲストさんが来店する関係上、計3DIVです!

予報では弱い北東風だったのですが・・・朝、秋の浜に到着してみると。。。
エッツ?と思うくらい、大きな波が打ち寄せていました。
潮が満潮で満ちてる時間帯という事もあるのですが、想定外で驚きました(^^;
結局、朝一は上級者だけだったので、普通に?潜っちゃいましたが。。。

1本目は際沿いに。。。

一応、安全をみて左からENです。
するといきなり目の前をナンヨウカイワリ!が1匹通り過ぎました~
体の黄色い斑点が特徴的なアジですね。
161104-kasumiaji.jpg

久々にチンアナゴに立ち寄ってみました~
今日も変わらず定位置で元気にニョキニョキしてました~(^^;
161104-chinanago.jpg

ハナゴンベygアマミスズメダイ・スミレナガハナダイygなどをチラ見しながら
沖へ沖へ。。。

今までフタイロハナゴイが居た場所に着くと、何故か居ない!?
ありゃ?消えたかな?と思い、仕方なく代わりにその場所に居た
ベニハナダイygを久々に撮ってみました。たまに撮ると新鮮です♪
161104-benihanadai.jpg

他の場所をフタイロ~を探しながらウロウロしてたら、クダゴンベ!に遭遇。
ちょうどゲストさんが大好きな魚だったのでラッキー♪
久々に見ました~
161104-kudagon.jpg

そして探していたフタイロハナゴイは、他の場所で無事発見。
残念ながらライトを嫌がり、すぐに亀裂に消えてしまい撮れませんでしたが
とりあえずは居て良かったです。

浅場で、フルセゼブラヤドカリタテジマキンチャクダイygを見てEXしました~


2本目は右エリアに。。。

この頃(昼前)になれば、秋の浜の波もかなり穏やかに戻りつつありました~

ヨコシマクロダイyg・ホシテンスygなどを見ながら沖へ~

今日もハタタテハゼのペア!は健在でした。写真は相変わらず1匹ですが(^^;
161104-hatatatehaze.jpg

側では久々にオトメハゼの姿もありました~
161104-otomehaze.jpg

ヤシャハゼは数ヵ所にそれぞれ見れるんですけど・・・どれもシャイでカメラを構えると
瞬殺で居なくなります。困った限りです(><)

浅場に戻る途中、水面近くを見上げると、やや遠めにウミガメ大きなヒラマサが目に
飛び込んできました。
しかし微妙に両者が離れていて、カメは逃げていき、ヒラマサを
ちょうどコチラに向かってくる時だったで、ヒラマサに絞って紹介を。。。
正直、どちらを見てもらうか一瞬悩みましたが・・・より近かったヒラマサにして良かった?

浅場では定番のクマドリカエルアンコウを見てからマダラタルミyg!へ。
今日はちょっと大きさがわかるように、ゲストのカメラと一緒に撮ってみました~
161104-madaratarumi.jpg


3本目はアーチや洞窟系の地形好きな方のリクエストで野田浜に。。。

小アーチをくぐってから沖へ向かう途中、行方不明中だった?ミナミハコフグyg
遭遇。ちょっと遠かったのですが、何とか証拠写真に。。。
161104-minamihakofugu.jpg

いつもの大アーチに着いて、ゲストがワイド写真を撮影中にハナタツ撮影!
先日見つけた同個体に再会出来て良かった、良かった♪
161104-hanatatsu.jpg

ラストは極小のカンムリベラyg(1cm)を撮影。
撮るには苦労しますが、この大きさはめちゃ可愛いのです。
161104-kanmuribera.jpg

さて・・・明日は早朝から、計3DIVの予定です。
明日こそは穏やかな秋の浜になるといいなあ。。。




少しだけ水温上がったかな?!

11月3日(木祝) 天気:晴れ

<野田浜> 透明度:15m 水温:23℃ 海況:良好
<秋の浜> 透明度:10~15m 水温:22~23℃ 海況:ほぼ良好


朝から文句なしの秋晴れに!
今日は体験ダイビングの親子様と上級者のリピーターさんを迎えて、
計3DIVでした~


1本目のファンダイブ&体験ダイビングは野田浜へ。。。

今日の大島は黒潮の支流が近いおかげか?どのポイントも水温がややUP!
野田浜に至っては、透明度もまずまず良く青かった印象です♪

何と言っても最近は野田浜で良く見かける巨大クエ!!
今日も水中アーチの向こう側に堂々とホバーリングしているヤツ!を発見です。
161103-kue.jpg

久々にゾウリエビ!なんか見れちゃいました♪これ食べるとめっちゃ!旨いです。
昔、漁師さんからご馳走になった時の事を良く思い出します。
161103-zoriebi.jpg

体験ダイビングな親子!
11月だというのに、WETで元気に潜った頑張り屋さん親子でした~
161103-taiken.jpg


2本目は波も静かになった秋の浜へ。。。

まずはリクエストでニシキフウライウオに!
本当はペアの姿をリクエストされていたのですが・・・辺り探しても♂の姿がどこにも
見当たりません(><)もしかして他の♀を探しに旅に出たのか?(^^;
161103-nisikifuurai.jpg

沖では今回もセミホウボウyg達がウロウロと。。。
いつも2個体でこのエリアをウロウロしてる感じでした。
161103-semihoubou.jpg

ヤシャハゼ!はどの子も非常にシャイですが、その中でもこの子が一番
近寄れるかも?!
161103-yasya.jpg

浅場では定番のクマドリカエルアンコウ!が定位置です。
161103-kumadori.jpg

そしてタテジマキンチャクダイygはあれ?いつの間にか成長してる!!
薄っすらとブルーのラインも見えてきましたね。
161103-tatekin.jpg

もちろん他にもいろいろと人気種を見てきていま~す。
明日も天気&海況は良さそうですね(^^)/


午後からは貸切な秋の浜。。。

11月1日(火) 天気:雨のち晴れ

<秋の浜> 透明度:10~15m 水温:21~22℃ 海況:ほぼ良好

早いものでもう11月。。。今年も残り2ヵ月ですね~
さてこの日は、毎夏、大勢の子供達を大島に連れてきて下さる某ゼミ代表の方を
お迎えしてのダイビング♪どうやら忙しくて潜るのは4年ぶりだったそうですが、
実際にはブランクを感じさせない余裕が見られました。さすがですね~!


とは言え、1本目は慎重に感覚を取り戻すために浅場でのんびりと。。。

まずENするとお約束のキビナゴを追いかけ回すカンパチ若魚!の姿が。
まだまだ小さいサイズではありますが、捕食で狙った瞬間は大迫力です!
161101-kanpachi.jpg

アカハチハゼもだいぶ成長しましたね~
161101-akahachi.jpg

ゲストさんが印象的だったのは、意外にもミツボシクロスズメダイyg!
こんなに群れで沢山一気に見たのは初めてだったようで・・・感動されていました。
161101-mitubosi.jpg

そしてリクエストだったマダイ!!
普段は当たり前のように砂地で見かけますが、この日は午後から砂地へ
向かったので、やや暗め。。。
正直、まったく姿が見れず少々焦りましたが、小さいながらも1匹居てくれて
ラッキーでした。
161101-madai.jpg

最後は元町港から見た夕焼け空!!
雲が多く、夕日はちょっと見れなかったけど久々にきれいに真っ赤に染まった
海と雲を眺めた気がします♪
161101-yuuhi.jpg

朝は雨でも、最後にこんな素敵な空が見れる大島ってやっぱりいいですね~(^^)


先週末3日分のログです(><)

10月28~30日 天気:雨&晴れ&曇り

<秋の浜> 透明度:8~15m 水温:21~22℃ 海況:やや波あり
<野田浜> 透明度:10m 水温:22℃ 海況:ほぼ良好
<ケイカイ> 透明度:10~15m 水温:22℃ 海況:ほぼ良好
<王の浜> 透明度:8~15m 水温:21℃ 海況:ほぼ良好


ちょっと28日くらいから体調を崩しまして・・・夜中にPCにすら向き合えない
くらいに最悪の状況でした(^^:
以後そうならないよう気をつます。
ゲストさん達もこの週末に絡んだ数日は入れ替わりも激しく・・・
計3本潜ったり、2本だったりと。
ショップさんも大勢で潜りにいらしていて、ナイトダイビングなども
あって何気に忙しい3日間でした。


主に見れた魚達を簡単に紹介しておきます。

秋の浜の浅場で見つけたミノカサゴの赤ちゃん
まだ3cmほどしかなく、激可愛い存在でした。
161029-minokasago.jpg

野田浜では久々に真っ白いハナタツを見つけました。
偶然とは言え、これだけ擬態せず目立っていたのでラッキー♪
161029-hanatatsu.jpg

秋の浜の深場では相変わらずヤシャハゼが人気あります。
161029-yasya.jpg

ケイカイは、思っていたより透明度が回復していて、少し冷たかったけど潮はキレイ。。。

お約束のハナタツはなんとペアに!これはラッキーでした。
161030-hanatatsu.jpg

そして今年、大発生しているアデヤカミノウミウシ!も沢山見れています。
161030-adeyakamino.jpg

王の浜ではお約束のテングダイのトリオ!
161030-tengu.jpg

運良く会えたアオウミガメ!
161030-kame.jpg

こちらも偶然に居合わせたカスザメ!
161030-kasuzame.jpg

ラストはEX直線に見つけたニジハギyg

161030-nijihagi.jpg

海に潜れば熱は下がる・・・我ながらすごい粗治療だと思うが事実である(^^;



プロフィール

OFかっすん

Author:OFかっすん
伊豆大島ダイビングサービス
山&星のネイチャーガイド
オレンジフィッシュ代表 粕谷浩之

ダイビングの情報&陸のネイチャーガイドの記事や写真を紹介しています。

最新記事

最新トラックバック

検索フォーム

ブロとも申請フォーム

QRコード

QR