静かな秋の浜に戻りました~

12月29日(木) 天気:曇りのち晴れ

<秋の浜> 透明度:10~12m 水温:18℃ 海況:ほぼ良好

午前中は曇りがちでしたが午後から晴れました。風も南西風に変わり、
午後は強く吹きましたが、秋の浜は終日静かでした。
そんな本日からリピーターゲストさん達&新規のゲストさんを迎えて
のんびり2DIVです。


ゲストの1人がドライスーツ2回目&10本以内の初心者ゲストさんだったので
浅場を中心に時間も短めに潜りました~


いつもとネタは一緒ですが・・・今日もフリソデエビが見れました。
ただ相変わらず見せにくい場所なので悩みどころです。
161229-furisode.jpg

クマドリカエルアンコウは2個体確認出来ました。
今日も小さい子は定位置です。
161229-kumadori.jpg

他にも、テンクロスジギンポ・イソギンチャクエビ・クマノミ・オニカサゴ・
アカホシカクレエビ・イソギンチャクモエビ・巨大コロダイ・イサキの群れ・
タテジマキンチャクダイyg・シロイバラウミウシ・アオウミウウシ
などが。

明日からはショップ御一行様達も合流するので賑やかになりそうです。
海が荒れないことを祈りましょう♪



スポンサーサイト

大荒れの1日に(><)

12月28日(水) 天気:晴れ

<秋の浜> 透明度:6~12m 水温:18℃ 海況:波(大)

朝から雲一つない青空が広がった本日。。。
しかしながら、昨夜から吹き荒れ始めた北北東の風が、予報に反して
朝になっても静かにならず、風速10mを超えたままの午前中(><)
昨日は南西風で大荒れになった西側のポイントには大きなウネリが残り、
東は風波!西はウネリ波。。。という事で島中のダイビングポイントがほぼ
壊滅状態でした。

昨日からのゲストさんは、数百本潜る上級者!
秋の浜の大波を一緒に観察して、15分間の相談の上、潜ることに!!

当然ENも波のタイミングを計り、待つこと約3分。。。波が小さくなった時を狙い
左からENしてみました~
浅場は案の定、大きな底揺れで砂や海藻が巻き上がっていました。


そのまま真っすぐ砂地まで降り、水深20mくらいでやっと揺れない海域でした。

まずはシロイバラウミウシなんかが目に留まりました。
1cmもない真っ白な子なので、ちょっと撮りにくいですけどね。
161228-siroibara.jpg

砂地をウロウロしてると、単独のカミソリウオを発見。
黒茶色系で地味~な子でしたが(^^;揺れがひどくまったく撮れませんでした。

リクエストだった大きな方のハナゴンべygは定位置で健在でした。

棚の上ではニシキフウライウオも定位置で観察出来ました~
相変わらず雄が単独で寂しそうでした(^^;
161228-nisikifuuraiuo.jpg

浅場では久々にフリソデエビが観察出来ました。
大きな個体の方でしたが、穴の奥~の方なので中々撮らせてもらえません。
161228-furisodeebi.jpg

側ではクマドリカエルアンコウygも波に負けず頑張って壁に着いていました。

そこからEXのハシゴまでは、大きな波に押されて一瞬でした(^^;
そして、ハシゴの下で待つこと約5分・・・やっと波の静かな一瞬を狙って
EX出来ました~


中々のエキサイティングな海だったので、相談の上本日はこの1本で終了!
午後からは風も弱まり、だいぶ波も収まった感はありますが・・・
本日帰る予定なので、仕方なく断念しました~


明日からは海も静かになりそうです♪

12月とは思えない気温に!

12月27日(火) 天気:曇りのち雨

<秋の浜> 透明度:12~15m 水温:18.2℃ 海況:ベタ凪

ものすごい南風が吹き荒れて、気温は朝16℃、日中19℃という異例の暖かさと
なった本日は、遠方からのリピーター様をお迎えしてのダイビングです。

この暴風の影響で、午前中の高速船は欠航に。。。幸い昨晩からの夜行船で
来てくれたので、朝から問題なく潜れました~

1本目は深場に。。。

天気が悪いので、もっと暗い水中を想定してましたが、透明度が良くなっていたので
暗さはあまり感じられませんでした。
スジハナダイの群れの中で、スミレナガハナダイygが妙に気になったので撮ってみました。
もう少し、ハナダイ系の種類が見れれば良いのですが、今年はガイド範囲内ではあまり
その姿を見ることができません。
161227-sumire.jpg

一気に浅場に戻って、久々にミノカサゴygが見れました。
この子も何だかんだ成長してきて、可愛さも徐々に半減気味(^^;
161227-minokasago.jpg

個人的に嬉しい出会いとなったキンチャクガニ!!1cmも無かったです(^^;
気が付けば1年ぶり?くらいに見た気がします(^^;
小石をひっくり返すのは少々面倒ですが、探せばいるもんなんですね~
161227-kinchakugani.jpg

2本目は、右エリアに。。。

リクエストのハナゴンべyg&フタイロハナゴイなどを見て頂きました~

オイラは傍にいたセナキルリスズメダイygを観察。。。
水温が下がってきたせいで、少々シャイになってきてますね~
161228-senakiruri.jpg

浅場ではクマドリカエルアンコウygが定位置で可愛く存在中。。。
161227-kumadori.jpg

さらに段上のイロカエルアンコウも健在でした~
161227-iro.jpg

他にも、フタスジリュウキュウスズメダイyg・マダラタルミyg・
タテジマキンチャクダイyg・ヨコシマクロダイyg
などの
人気種もバッチリ見れました。

今日は南西風だったので、どれだけ強く吹いても秋の浜が凪ですが・・・
明日28日は北東風が吹きそうです。
あまり強く吹かないことを願うばかりです。


クリスマスの海は。。。

12月25日(日) 天気:晴れ

<秋の浜> 透明度:10~12m 水温:18.2℃ 海況:ほぼ良好
<王の浜> 透明度:10~12m 水温:18.2℃ 海況:良好


メリークリスマス!大島では全然そんな雰囲気はありませんが・・・
子供達にはサンタさんが来たそうで、朝から大はしゃぎです(^^;


さて、1本目は秋の浜へ。。。
DM講習中のお客様のガイドで、際沿いを降りてみました~

まずはアカシマシラヒゲエビ!
最近はいろんな場所で見れる甲殻類の一つになりましたね。
161225-akasimasirahigeebi.jpg

アカホシカクレエビ!
定番ですが、冬は大事なガイドネタです(^^;
161225-akahosikakureebi.jpg

ピカチュウこと、ウデフリツノザヤウミウシ!は講習生が見事発見。
しかも1cmくらいのサイズですから、中々やりますね~
161225-pikachyu.jpg

オイラはそのすぐ傍にいたフチドリワモンヤドカリを撮影。
派手なヤドカリはつい撮ってしまいます。
161225-yadokari.jpg

もちろん、ニシキフウライウオの雄も定位置にいました~

浅場ではタテジマキンチャクダイygを紹介してもらいました。
161225-tatekin.jpg

とまあ、他にもいろいろ居ましたが、人気種を含めこれだけ見つけられれば
DM練習としては贅沢すぎるほどですね(^^;


2本目は本日「祝300本!」を迎えるゲストさんの希望で王の浜へ。。。

本当はウミガメと記念写真でも撮れれば最高だったのですが、今回は
泳いでいたアオウミガメを見るだけになってしまいました。

珍しいところとしては、アカホシカニダマシ!です。
大島では毎年この場所には必ず生息してますね。貴重なネタの一つです。
161225-akahosikanidamasi.jpg

そしてラストはやっぱり記念撮影!今回は「ウサギの耳」を装着(^^;
まあ映りはともかく、300本達成!おめでとうございました~!!!
161225-300.jpg

明日は1日休んで、27日から連チャンです。

1日遅れの連休スタート!

12月24日(土) 天気:晴れ

<秋の浜> 透明度:10~12m 水温:18.4℃ 海況:ほぼ良好

3連休の初日は案の定、高速船が全便とも欠航!(><)
嫌な予感が当たり、1日遅れで本日よりゲストさん達が到着です!
世間ではX!masムードで彩っておりますが、大島は普段通りですね(^^;


さて、リクエストがハタタテハゼという事で、右エリアに。。。
日差しが弱かったせいもあり、定位置にはほとんど居なかったのですが
1匹だけ元気な姿を見せてくれました~
161224-hatatatehaze.jpg

側では定番のフタイロハナゴイが。。。
161224-futairo.jpg

砂地ではセミホウボウのペアが仲良く遊んでおりました♪
161224-semihoubou.jpg

全然予想もしていなかった場所でツユベラygなんかもいました。
161224-tuyubera.jpg

一応、本日はクリスマスイブって事で・・・イバラカンザシなんかも
撮ってみました~(^^;
161224-ibarakanzasi.jpg

ニシキフウライウオ「クリぼっち」ではありましたが、定位置でした。
161224-nisikifuuraiuo.jpg

浅場では人気のオオモンカエルアンコウyg
161224-oomon.jpg

クマドリカエルアンコウygなどを見て頂いております。
161224-kumadori.jpg

明日は風向き変わって北東風がやや強い予報?果たして。。。


秋の浜は穏やかでした~!

12月22日(木) 天気:晴れのち曇り

<秋の浜> 透明度:10~12m 水温:18.5℃ 海況:良好

いよいよ明日から冬の連休だというのに、天気は下り坂で初日はかなりの強風?
船が止まらなければ良いのですが・・・
さて明日からのゲストに備えて、調査で1本潜ってきました~

水温、透明度はほとんど変化なしです。

新顔としては潜る前に情報を頂いたカミソリウオのペア!
以前から居た個体がペアになって移動してきたのかな。。。?
161222-kamisori.jpg

他は定番の魚ばかりですが・・・こんな子たちが見れています。

まずは久々にたくさん見れたハタタテハゼ!
今日は全部で4個体見れました~
161222-hatatatehaze.jpg

先日、再発見したクロメガネスズメダイygも定位置で見れました。
161222-kuromegane.jpg

今日はちょっとシャイになっていた右エリアのハナゴンべyg!
161222-hanagonbe.jpg

側にいるフタイロハナゴイはいい感じに泳ぎ廻っていました♪
161222-futairo.jpg

もちろん、セナキルリスズメダイygもバッチリ居ました。

久々にヨコシマクロダイygを撮ってみました。
あまり早く泳がない魚なので初心者にもおススメの被写体です。
161222-yokosimakurodai.jpg

浅場のクマドリカエルアンコウも定位置で観察出来ました~
161222-kumadori.jpg

他にも、マダラタルミyg・フリソデエビ・ヤシャハゼ・イロカエルアンコウyg
などが見れています。

いやあ・・・明日の船の就航状況が気になります(><)


昨日までとは一転、暖かな1日でした~♪

12月18日(日) 天気:晴れ

<秋の浜> 透明度:10~12m 水温:18℃ 海況:良好

風もなく、天気も良く、12月としては暖かいダイビング日和となりました。
上級者のリピーターさん達を迎えて日帰りながら2本潜ってきました~

まずはオレンジのオオモンカエルアンコウygを見てから沖へ。

際沿いのハナゴンベygは今日も元気いっぱいです。

久々にウミウシ達が多く目に留まりました。
まずはジボガウミウシ!全体にラメ模様が入って、黒い触覚が目立って
とても綺麗な種です。
161218-jiboga.jpg

側ではこれまた久々に見たイガグリウミウシ!も見つかりました。
161218-igaguri.jpg

写真は載せませんが、ピカチュウことウデフリツノザヤウミウシもいました。

リクエスト頂いたニシキフウライウオ!
最近はすっかりこのオスの姿のみとなってしまいましたが、元気ですね。
161218-nisikifuurai.jpg

一つのイソギンチャクにアカホシカクレエビが5匹集まっていました。
今年はちょっと数が少なめだったし、これから増えると嬉しいですね♪
161218-akahosikakureebi.jpg

浅場ではフリソデエビが2匹見れました~
161218-furisode.jpg

そして段上では新たな仲間で、イロカエルアンコウygが見つかりました。
先月から見れていたようなのですが、よく動くらしく・・・果たして定住するか
微妙ですね(^^;
161218-iro.jpg

2本目は右エリアに。。。

沖へ向かう途中、久しぶりにクロメガネスズメダイygに再会できました。
以前見ていた個体と同一かどうかはわかりませんが、あまり位置が変わって
いないので一緒の可能性大ですね。てっきり居なくなったものだと。。。
161218-kuromegane.jpg

沖ではもう定番となった人気種3つを見てきました~

まずはフタイロハナゴイyg!
まあygと言っても6cmくらいある大き目な個体です。
161218-futairo.jpg

セナキルリスズメダイygは水温が下がっても、依然頑張っています♪
161218-senaki.jpg

そして今日はハナゴンべygが元気な姿を見せてくれました~
居ない時はきっと穴の奥に入っちゃってるんでしょうね。。。
161218-hanagonbe.jpg

浅場のクマドリカエルンコウygは1本目は見れたのですが、2本目では
行方不明に?たまたまなら良いのですが少し心配です。

まだまだ人気種が多くて、楽しい海が続いていますね~!!


凍てつく朝でしたが、海は穏やかです♪

12月17日(土) 天気:晴れ

<秋の浜> 透明度:10~12m 水温:18~19℃ 海況:ほぼ良好

週末だというのにゲストがおらず寂しいのですが、明日は日帰りでリピーター様が
来るので、調査で1本潜ってきました。
透明度&水温は一昨日と変わらない感じです(^^;


今日は主に中央エリアをウロウロと。。。

まずは今年は数が多かったヤシャハゼ!!
いろんな場所でまだ見られますが・・・この子が一番寄れると思います♪
161217-yasyahaze.jpg

側では寂しそうな単独のカミソリウオが!
色が色なのであまり写真映えしませんね~(^^;
161217-kamisori.jpg

可愛いサイズのキツネベラygが居ました。
大島では決して珍しくはありませんが、たまに見ると撮りたくなります。
161217-kitunebera.jpg

目的の魚が居なかったので、そばにいたキンチャクダイygを。。。
161217-kiherikinntyakudai.jpg

以前よりガイド仲間から聞いていたオドリカクレエビ!を見てきました。
透明なうえに、よく動く(踊る?)ので何気に撮りにくいですね(^^;
161217-odoriebi.jpg

そこからは一気に浅場へ。。。

タテジマキンチャクダイygは未だ定位置で元気にしてます。
161217-tatekin.jpg

ツユベラygなんかも大小ペア?のように一緒に寄り添っていました。

ミノカサゴyg(4cm)なんかも久々に見れました。以前から居た奴が
成長したのだろうか??
161217-minokasago.jpg

フリソデエビは相変わらず極小サイズですが今日は2個体見れました。

そして本日はしっかりとクマドリカエルアンコウygを見てきました。
あまり場所も大きさも変わっていないですね~
161217-kumadori.jpg

うーん、冬だし水温低いんだからもう少しスッキリとした透明度がほしい
ところなのですが・・・まあ、マクロ系狙いならば、まったく気になりませんがね。



久々のブログ更新!

12月15日(木) 天気:曇り時々晴れ

<秋の浜> 透明度:10~12m 水温:18~19℃ 海況:波あり

気が付けば12月半ば。。。別に仕事で潜ってなかったわけでもなく、
体調を崩していたわけでもないのですが、海のお客様が講習だったり、
山のガイドの仕事が多かったり、子供が次々に熱出したりと色々あって
ちょっとさぼってしまいました(><)ごめんなさい
。。。

さて12月に入り、やはり海の水温もジリジリ下がってきましたね~
でもまだ18度台ですから、ドライならばそこまでしんどくはありません。


相変わらず色々と見れていますが、今日は軽くご紹介しときます。

まずは僕的には新顔のオオモンカエルアンコウyg
ygと言っても、5cmくらいなのでそこまで小さくありません。
161215-oomon.jpg

ハナゴンベygは未だに健在です!しかも全然寄れます!!
こちらもygとは言え、5cmくらいはあるので小さくはありません。
161215-hanagonbe.jpg

これまら新顔のネッタイミノカサゴyg!
今年はこの種の魚が比較的少なかったですね~貴重ですね。
161215-nettaimino.jpg

そしてピカチュウこと、ウデフリツノザヤウミウシ!
やっぱり冬はこの子を見ないとね♪
161215-pika.jpg

浅場で人気なクマドリカエルアンコウyg!
今日は残念ながら見つけれなかったのですが、ガイド仲間情報では
確実にいるらしく。。。先日の写真です。
161215-kumadori.jpg

そして最近は完全に定着し始めた?フリソデエビ!
この子は1cmちょっとの極小サイズでした(^^;
161215-furisode.jpg

他にもチンアナゴ・マダラタルミyg・ツユベラyg・タテキンyg・
アカハチハゼ・ベニカエルアンコウ・アカシマシラヒゲエビ
など。

年末年始は31~1日の2日間だけはショップ様貸し切り営業となります。
それ以外の日程はガイドOKですので、皆様からのご予約お待ちして
おります!!




プロフィール

OFかっすん

Author:OFかっすん
伊豆大島ダイビングサービス
山&星のネイチャーガイド
オレンジフィッシュ代表 粕谷浩之

ダイビングの情報&陸のネイチャーガイドの記事や写真を紹介しています。

最新記事

最新トラックバック

検索フォーム

ブロとも申請フォーム

QRコード

QR