予報よりも西風が強く・・・

1月22日(日) 天気:晴れ

<秋の浜> 透明度:10~20m 水温:16℃ 海況:やや波あり

予報では弱い南西風でしたが、実際にはかなり強めの西風でした(><)
結果、西側のポイントは全滅で、今日も秋の浜のみ。。。
しかも午前中の秋の浜は時折、大きな波が打ち寄せ・・・油断すると足を掬われる程です。


さて、今日もDMトレーニングを兼ねて2本潜ってきました~
昨日の午後に比べれば、今日はマシな方です(^^;

まずは可愛いサイズのレンテンヤッコygが印象的でした。
この魚は成魚より幼魚の方が動きが遅いので撮りやすいですね。
170122-rentenyakko.jpg

砂地では相変わらずセミホウボウygがウロウロしていて可愛らしいです♪
170122-semihoubou.jpg

昨日見たタテキンygも同じ場所に居ました~

2本目は中央エリアへ。。。

久々にサラサゴンベygが見れました。そういえば最近見ていませんでした。
170122-sarasa.jpg

沖へ向かう中、バラハタygの場所に立ち寄ってみました。
今日も定位置で健在でした♪
170122-barahata.jpg

そして久々にアブラヤッコygの場所にも立ち寄りました~
こちらも定位置です。
170122-aburayakko.jpg

比較的大きめなイソギンチャクモエビも見つかりました~
170122-moebi.jpg

浅場に戻る途中に、ジボガウミウシが見れました。
非常に美しいウミウシなので個人的にも好きです。
170122-jiboga.jpg

更に今日はこんな可愛いアオサハギygにも会えました♪
まだ2cmくらいです。
170122-aosahagi.jpg

浅場ではハナゴイyg・フリソデエビも見れました。

今も西風ビュービューです(><)明日こそは静かになってもらいたいものです。


スポンサーサイト

午前と午後とで全然違う海でした(^^;

1月21日(土) 天気:晴れ

<秋の浜> 透明度:10~20m 水温:16℃ 海況:良好→高波

久々のゲストと一緒のダイビング。。。西側のポイントはウネリが残ったので
秋の浜に2本潜ってきました。

しかし、比較的穏やかな午前中に対して、午後は風向きも変わり海が一変!
タイミングを計らないとEN出来ない程の海に変貌してしまいました。
いやあ、自然の驚異ですね(^^;


さて海の中はまだまだいろんな人気種がたくさん居ました♪

まずはヤリカタギyg!まだ居たんですね~水温的にはもう限界なハズですが。
170121-yarikatagi.jpg

砂地でクビアカハゼを久々に見ました。テッポウエビも一緒です。
170121-kubiakahaze.jpg

ジョーフィッシュは相変わらず定位置でご機嫌でした。
170121-jyo.jpg

驚いたのはヤシャハゼ!が2ヵ所で見れた事です。水温も低いので
もう出てないかと思いましたが、ご機嫌でした。
170121-yasya.jpg

側ではオドリカクレエビも健在でした~
170121-odorikakureebi.jpg

浅場に戻り始めると、久々にイガグリウミウシに遭遇しました。
最近何だかウミウシ見てないな~(^^;
170121-igaguri.jpg

すると今度は大きな岩の隙間で少しだけ成長したタテジマキンチャクダイyg
遭遇出来ました。定位置ではありませんがまだ残っていたんですね~
170121-tatekin.jpg


2本目は際沿いに。。。

アカシマシラヒゲエビは定位置で健在でした。
170121-akasimasirahige.jpg

定位置と言えば、、、漁礁が消えた後もチンアナゴだけはそのままの場所に
居残っています(^^;

ハナゴンべ!も未だ健在!去年出てからもう1年です。これはこれで素晴らしい事です。
170121-hanagonbe.jpg

際を上がると、フルセゼブラヤドカリが見れました。キレイなヤドカリですよね♪
170121-furusezebura.jpg

他にもいろいろ居ましたが、高波が心配だったので・・・早々に引き上げました~
明日は久々に西側のポイントにも潜りたいなあ
。。。


久々の海は。。。

1月16日(月) 天気:晴れ

<秋の浜> 透明度:15~20m 水温:16.2℃ 海況:良好

先週末は今季最大寒波の到来で大荒れの大島で、ゲストさんも日程変更を
余儀なくされてトホホでした。
昨日からだいぶ海も落ち着いた感じだったので本日は調査で1本。。。

やはり水温は少し下がっていて全域で16℃台に。ただ透明度は良かったです♪

1週間前に発見したバラハタyg!ですが、今日も定位置に居てくれました!
やはり意外と逃げない子なので撮りやすいです。
170116-barahata.jpg

右のチンアナゴも定位置で元気にしていました。
これからは大島でも毎年見れる常連種になっていくのでしょうか??
170116-chinanago.jpg

深場でハナゴンべygを探すも姿なく・・・仕方なくフタイロハナゴイ
撮ってみました。
170116-futairo.jpg

側ではセナキルリスズメダイygも生き残っていましたが、さすがに水温が
低いせいか?シャイ過ぎてまったく撮らせてもらえませんでした(^^;

浅場では新たにピンク色のフリソデエビが登場していましたが・・・
失敗して全てピンボケ(><)

段上のイロカエルアンコウygは未だ健在でした。
170116-iro.jpg

さすがに冬らしく、人気の南方種は減ってしましましたが、それでも贅沢なくらい
まだまだいろいろと見れます♪
ボチボチとハナダイ&ウミウシが中心となっていくのでしょうか。。。

それにしても海から上がって陸が寒くて凍えそうです(^^;
でも大島はまだ最低3℃、最高8℃だからマシなはずなのですが・・・。



大荒れの連休中日でした~(><)

1月8日(日) 天気:曇りのち雨

<王の浜> 透明度:10m前後 水温:16.8℃ 海況:やや波あり

予報どおり、朝から強い北東風が吹き・・・昼前には雨も降りだし暴風気味に
なってしまいました。
午前中は野田浜も何とか潜れたようでしたが、初心者の方もいたので、
無理せず一番穏やかな王の浜に2本潜ってきました~


まずは沖で定番のテングダイ!を見て頂きました。
必ずと言ってよいほど、この場所にいるので大変助かります。
170108-tengudai.jpg

テングダイを見ていたら、ゲストの一人が興奮気味に呼んできます。
その指差す方向を見ると、なんとクマドリカエルアンコウ!ではありませんか!
偶然とは言え、大変な人気種を見つけたゲストのOさん・・・お手柄です♪
パチパチパチ(^^)/
170108-kumadori.jpg

浅場に戻る途中にやけにフレンドリーな?イシガキフグに遭遇。
こちらはゲストの一人と一緒に1枚パシャリ♪
170107-isigakifugu.jpg

2本目は雨降る中、波もやや出始めましたがまだ何とか潜れました。

沖へ向かうロープ沿いで今度はムラサキウミコチョウを発見!
水深3m以内だったので、波に揺られて撮りにくかったのですが、ゲストの皆さん
頑張って撮ってくれました(^^;
170107-murasaki.jpg

2本目は中央エリアに向かったので、アカホシカニダマシを見て頂きました。
やっぱりこの子は人気があるし、可愛い存在ですね。
170108-akahosikanidamasi.jpg

午後からはどんどん風も雨も強まり、夜には嵐となっています。。。
こりゃ完全にプチ台風ですな(^^;



連休初日は穏やかな海でした~♪

1月7日(土) 天気:晴れ

<秋の浜> 透明度:10~15m 水温:16.4℃ 海況:ほぼ良好
<野田浜> 透明度:10m 水温:17.2℃ 海況:ややウネリあり

年明け最初の土曜日、連休初日は天気も良く、風も弱く穏やかな1日でした。
そんな本日からリピーターゲストさん達や新規のゲストさんをお迎えして
のんびり2本潜ってきました~

まだドライスーツビギナーの方もいらしたので、ガッツリとは潜っていませんが
やはり冬・・・30分過ぎると、体が冷えてきますね~(^^;

潜ってみると、年末年始の時には居た人気種がやや減った印象です。
もしかしたらどこかに隠れているだけかもしれませんが・・・。


まずは深場のジョーフィッシュ!!
水温が低いせいか?やや巣穴からの出が悪い気もしましたが・・・
無事、全員見れています。
170107-jyo.jpg

嬉しかったのはバラハタygとの出会い!
個人的には2年ぶりに見た気がします。。。いつからここに居たのかな??
ただゲストの残圧が少なかったので・・・僕だけのチラ見確認でした。
170107-barahata.jpg

浅場ではオオモンカエルアンコウygが定位置に復活してくれてました。
居ない時はいったいどこに隠れているのやら。。。
170107-oomon.jpg

他にも、ニシキフウライウオ(ゲストのみ確認)・キツネベラyg・キイロウミウシ・
クビアカハゼ・イサキの群れ・アオリイカの群れ・カンムリベラyg
などが。


2本目はゲストからのリクエストで野田浜に。。。

この時期は日暮れが早いうえに、高速船の到着が遅いのでどうしても2本目が
夕方の水中になってしまいます(><)
今回もかなり暗めの水中でしたが、それなりに楽しめました♪

ゲスト全員が喜んでくれたのは大きなカスザメ!
いつもなら砂地を探すところですが、今回はなんとカスザメの方から
こちらに向かって泳いできてくれたのです。こんなラッキーな事もあるんですね♪
170107-kasuzame.jpg

相変わらずシロハナガサウミウシは数個体いますね。
170107-sirohanagasa.jpg

他にも、イソギンチャクエビ・マツカサウオ・スミゾメミノウミウシ・
ミツボシクロスズメダイyg・シロタエイロウミウシ
などが。

さて・・・明日は南岸低気圧がやや発達しながら通過する予報です。
大島でも風と雨が強まる予報ですので、何とか潜れれば良いのですが・・・
不安が残ります。果たして!






2017年初潜り!!

2017年1月1日(日) 天気:晴れ

<秋の浜> 透明度:12~15m 水温:17℃ 海況:良好

あけましておめでとうございます!!
今年も粕谷家&オレンジフィッシュをどうぞよろしくお願い致します(^^)/

さて、今年はガイドゲストさんが居た訳ではありませんが、ショップ御一行様達と
一緒に1本、初潜りでリサーチしてきました~

今年に年末年始は本当に穏やかなダイビング日和となりまして・・・
冬の寒さを忘れるくらいとっても快適で穏やかな水中でした~

まずは右のハナゴンべyg!
サイズは小さいのですが、とってもご機嫌に定位置でした♪
170101-hanagonbe.jpg

クロメガネスズメダイyg!も新年から見る事が出来て、満足満足♪
170101.jpg

ジョーフィッシュにも新年のご挨拶を済ませてきました~
170101-jyo.jpg

中央の砂地ではアオサハギygのペアが可愛かったです。
170101-aosahagi.jpg

側ではハタタテハゼygも元気な姿を見る事が出来ました。
170101-hatatatehaze.jpg

浅場では、クマドリカエルアンコウygが相変わらず定位置でした。
170101-kumadori.jpg

お正月らしく、フリソデエビもバッチリでした。
170101-furisode.jpg

段上ではイロカエルアンコウygが存在感いっぱい?でした。
170101-iro.jpg

ハシゴ手前には、可愛いサイズのツユベラygが登場です。
170101-tuyubera.jpg

側ではカンムリベラygもいまして、この子は比較的撮りやすいかも。
170101-kanmuribera.jpg

他にも魅力的な子が多く、楽しい海が未だ残っています。
このまま2017年も賑やかな大島であってもらいたいですね。


しばらく海はお休みして、次の更新は週末の3連休になる予定です!!



今年最後のガイドダイビング!

12月30日(金) 天気:晴れ

<野田浜> 透明度:12m 水温:17℃ 海況:やや波あり
<秋の浜> 透明度:12m 水温:17℃ 海況:やや波あり

風はそんなに強くなかったんですが、昨夜吹いた強い北東風の影響で
朝一の秋の浜は大荒れ。。。ケイカイも波が高かったので、ほとんどの
ダイバーが野田浜に大集合してました(^^;

久々の野田浜でしたが、マクロから大物までいろいろ見れて楽しかったです。

まずはシロハナガサウミウシ!
このウミウシは比較的大きくなりますが、この子のような小さいうちの方が
可愛いと思います。
161230-sirohanagasa.jpg

側では1.5mはあるであろう巨大なネコザメが穴の奥~の方にいました。
残念ながら写真はあまり良く取れず・・・

水中アーチをくぐり、砂地へ出ると大きなカスザメ!が寝ていました。
お決まりではありますがゲストの一人と一緒に撮影。。。
161230-kasuzame.jpg

2本目は少し風が収まってきたので、秋の浜へ。。。

中央の砂地地帯で久々にジョーフィッシュを見て頂きました。
夏は6匹近くいたのに・・・今ではこの1匹しか観察出来ません。
161230-jyo.jpg

浅場ではマダラタルミygが未だに健在です!
見始めた当初はすぐに消えてしまうと思ったのですが・・・
気がつけば半年近くになりますね。
161230-madaratarumi.jpg

段上ではイロカエルアンコウygも健在です。
良く動くので、中々見つけるのに苦労もしますが。。。
161230-irokaeru.jpg


さて、2016年に僕がガイドで潜るのはこれでおしまいです。
1年間どうもありがとうございました。
2017年も頑張ってガイドしますので、皆さん大島に起こし下さいませ。





プロフィール

OFかっすん

Author:OFかっすん
伊豆大島ダイビングサービス
山&星のネイチャーガイド
オレンジフィッシュ代表 粕谷浩之

ダイビングの情報&陸のネイチャーガイドの記事や写真を紹介しています。

最新記事

最新トラックバック

検索フォーム

ブロとも申請フォーム

QRコード

QR