本日はジオトレッキングなり~!

3月29日(水) 天気:曇りのち晴れ

<三原山山頂経由、大島温泉ホテルへのトレッキング!>

昨夜は見事な星空が楽しめたわりには雲の多めな朝を迎えました。
まあ予報どおりなんですけどね(--;

本日はとある「女性向けアウトドア雑誌」の特集ページの取材のお手伝いで、
大島ジオパークの代表的なコースの一つでもある、三原山山頂火口経由の
温泉ホテルルートをトレッキングガイドしてきました~

山頂は標高が高いのでまだまだ冬の寒さかな~と思いつつ歩いてみると、
溶岩の隙間から顔を出す可愛い若葉達や、小さな蕾をつけた大島つつじなどが
見れて、少しずつですが春を迎える準備が確認出来ました♪

一通りの話をかいつまんで山頂まで到着すると・・・昨夜降った雨の影響もあり、
山頂火口壁からはたくさんの噴気(水蒸気)が出ていました。
170329-funki.jpg

ここから一気に下山し始めて、いざ温泉ホテルへ。。。

途中、過酷な環境にも負けず生えてきた明日葉を見たり、大島桜を確かめたり、
1986年の流れ出た溶岩流などを眺めたりしつつ、記念写真を!
一応、皆さん「三原山ポーズ!」のつもりです(^^;
170329-syuugou.jpg

溶岩流跡から温泉ホテルへ向かう真っすぐな1本道。。。
ここは、火山で荒れ果てた地面から植物の遷移の歴史が一望出来る、
貴重な場所でもあります。
170329-ipponmiti.jpg

トータル3時間半ほどのトレッキングルートでしたが、一緒に歩いた皆さんが
とっても明るく元気な女性陣ばかりだったので、大変助かりました♪


平日ではありましたが、春休みだけあって以外とたくさんの観光客に会えた
のには少し驚きました。
是非、皆さんも一度は大島の陸上ツアーにも参加してみていかがですか?
おススメします(^^)/

スポンサーサイト

また秋の浜が大荒れです(><)

3月28日(火) 天気:晴れ

<ケイカイ> 透明度:8~12m 水温:16℃ 海況:やや波あり
<秋の浜> 透明度:6~8m 水温:15.4℃ 海況:波、ウネリあり

昨日の寒さから一転、朝からポカポカ陽気で風も弱く、陸上は暖かで
まさに「春」でした(^^)/
昨日はどこの海も大シケでしたが、昨夜から風が収まり今日は普通に潜れるかな?
なんて思っていたのですが、かなり甘かったです(^^;


1本目は何とか潜れそうな波のレベルだったのでケイカイに。。。

浅場のEN・EX以外は、大きな問題もなく水温も16℃台で上がっていました♪

まずはムラサキウミコチョウ!との再会です。
昨年末まで同じ岩でしばらく見れていましたが、今日も同じような場所で見れました。
非常に色合いが美しいウミウシの仲間です。
170328-murasakiumikochyou.jpg

側では定番のスミゾメミノウミウシが今日も定位置にいました~
170328-sumizomemino.jpg

中央の根では、いい感じで潮が当たっていたので魚影がとても濃かったです♪
イサキ・スズメダイ・キンギョハナダイ・メジナ・ニザダイ等が群れていました~

ケイカイと言えばカメ!という事で久々にカメエリアに行ってみました。
今日もここは絶好調で、なんと6個体のアオウミガメに遭遇。
中でも一番大きな個体(1m以上)の「主」と呼んでいるアオウミガメに会えました。
いやあ、何度見てもこのカメだけは圧巻です!
170328-kame.jpg


2本目は、様子を見つつ秋の浜へ。。。

正直、想像以上のウネリ波が残っていたので、悩みましたが・・・
ゲストさんと相談の上、思い切って潜ってきました。

が、やはり今回はちょっと無理しすぎました(><)
水深25mまで行っても底揺れがあって、透明度も悪いし、魚もみなんな避難中。
少々疲れたダイビングとなってしまいました(反省)


そんな中、同じ穴の中に可愛い2匹が共存してました。

まずは色鮮やかなレンテンヤッコyg!
まだ子供サイズなので、色もキレイでした。
170328-rentenyakko.jpg

続いてアマミスズメダイyg!
この子はちょっと成長し過ぎちゃって、残念な色合いですが、
一応どうどうと南方種なのです(^^;
170328-amamisuzumedai.jpg

今晩はこれから昨日に引き続き、星空ガイドツアーに行ってきます。
あまり上手く撮れなかったなあ。。。
170328-hosi.jpg


明日は雑誌取材でジオトレッキングに行ってきまーす♪



春濁りが始まったのかな???

3月25日(土) 天気:晴れ

<野田浜> 透明度:12m 水温:15℃ 海況:ほぼ良好
<秋の浜> 透明度:6~8m 水温:15℃ 海況:波あり

この日は、初ファンダイブ&初ドライスーツという元気な女性2人組を迎えて
2本潜ってきました~

昨夜から吹き始めた北東風の影響で秋の浜には大きな波があったので
1本目は迷わず静かな野田浜を潜ることに。。。

まずは初大島ダイビングという事なのでお決まりの記念写真!
P3250317.jpg

2人とも初心者という事で、少々浮力調整に戸惑っていましたが、
楽しく潜ってもらえました。
浅場の壁では、シロハナガサウミウシが登場です。
170325-sirohanagasa.jpg

側にはムカデミノウミウシも居ました~
170325-mukademino.jpg

水中アーチはやっぱり初心者には喜ばれるようで、
ここでもお決まりの水中写真を1枚。。。
P3250326.jpg

2本目は少し波が静かになった秋の浜へ。。。

驚いたのはつい先日に比べ、劇的に透明度がダウンしてしまった事(><)
まあ3月も終わりですから、ボチボチ春濁りのシーズンですが・・・
10m以下の透明度は半年以上ぶりなので、ドキドキしちゃいました。


こんな低水温でもキンギョハナダイの群れ!はキレイなのです。
P3250352.jpg

これから春休みなのに。。。何だか憂鬱な透明度ですね。


水温15度台に上がるもウネリ続く。。。

3月22~23日(水~木) 天気:晴れ

<秋の浜> 透明度:10~15m 水温:15.3℃ 海況:ややウネリ
<野田浜> 透明度:5~10m 水温:15.8℃ 海況:ウネリあり

2日間まとめての更新ですみません。
当店のお客様でもあり、インストラクターでもあるお客様と調査ダイビングで
2日間潜ってきました。

陸上は風も弱く、海も穏やかなハズ。。。なんて思っていたら、意外と荒れてまして
浅場は常に揺られまくりの海況でした(><)
深場の透明度はスコーン!と比較的良いので潜ってしまえば快適なのですが(^^;

主には地形等の確認だったので、あまり魚のリサーチはしなかったのですが、
2週間前には居たけど、今回は居ない・・・という非常にネタが乏しくなった印象が
あります。まあ、越冬できるかできないかの瀬戸際ですから、仕方ありませんよね。


そんな中ですが、見れた生物の紹介を少々。。。

まずは大き目なイロカエルアンコウ!
この子だけは、もう1ヵ月近くいるでしょうか。。。微妙に場所を変えたりしてますが
基本同じような場所にいます。
170323-iro.jpg

ジョーフィッシュ!
去年は約5年ぶりに大ブレイクしましたからね~今も2個体確認できています。
170323-jyo.jpg

コールマンウミウシ!
この子は若干、色が薄いバージョンですね。。。徐々にウミウシ達が増えてきました。
170323-korlman.jpg

唯一の新顔?がこの子。。。ウミテング!!
大きさは4cmはあるので、きっと去年からずっと左の砂地をウロウロしていた
個体だと思われます。それでも約3か月ぶりの再会かな?
170323-umitengu.jpg

アキノハマカクレエビ!
この子はさすがに低水温にも余裕で耐えられるのでしばらくは見れそうです。
170323-akinohamakakureebi.jpg

最後はヒラムシの仲間!
なのですが、この写真はお腹側(裏側)が主に映っています。
それが逆に妙に美しいと思ったので載せちゃいました(^^;
170323-hiramusi.jpg

野田浜は全体的に浅いので・・・終始うねりの影響があって大変でした~
早く穏やかな海に戻ってもらいたいものです。




やっとまともな?海に戻りました~

3月17日(金) 天気:晴れ

<秋の浜> 透明度:10~12m 水温:14.8℃ 海況:やや波あり
<ケイカイ> 透明度:8~12m 水温:15℃ 海況:ほぼ良好


昨日までの大ウネリも今日は大丈夫だろうと朝一で秋の浜に向かうも、
やはりそんな甘くはなく・・・本日の北東風も重なり、まだまだ荒れ気味(><)
それでも潜ってみると、昨日までの酷さはなく、水深10mより深場では
普段のキレイな秋の浜に戻ってくれていました~


そして、今日は今年初のケイカイへ!今まで別にすべて潜れなかった訳では
ありませんが、リクエストの時は波で潜れなかったり、静かな時は逆に
秋の浜のリクエストだったりと・・・不思議と今日まで潜ることがなかったのです。


まずは秋の浜。。。

残念ながら今日もハナゴンベの姿は見れず・・・寒いから巣穴から出てきてない?
それともついに消えたのか?心配なところです。
代わりに、その付近で他の魚達を・・・
まずはアマミスズメダイyg!
幼魚というか、もう限りなく成魚に近い雰囲気です。もうここまで色が褪せると
やはり人気が薄れるんですよね~(^^;
170317-amami.jpg

深場では相変わらずスジハナダイの乱舞が素敵です。
写真は2個体ですが、15匹以上はこの辺りに群がっています。
170317-sujihanadai.jpg

その側の亀裂?穴の中に大きなネコザメがお邪魔していました。
たまーにこういった場所で見かけるんですよね♪
170317-neko.jpg

帰り際にシロボシスズメダイygと遊んでみました。
この子も小さいうちの方がやはりキレイだし人気者ですね。
170317-sirobosi.jpg

浅場では久々にシロウミウシ!が目に留まりました。
伊豆半島でも良くみかける普通種ですが、大島ではそこまで個体数が
多くはなく、個人的には今季初となりました。
170317-siro.jpg

段壁では、以前に段上にずっと居たと思われるイロカエルアンコウyg
新たに見れました。地元ガイド仲間からの情報ですありがとうございました。
170317-iro.jpg


ケイカイもやや回り込んできた波もありましたが、まずまず普通な感じの
水中景観が楽しめたと思います。

やはりウミウシが多く、ユビウミウシ・スミゾメミノウミウシ・フリエリイボウミウシ
なども見れましたが、久々に見たのはこのシロミノウミウシです。
秋の浜でもたまにみかける種類ですが、今期としては初となりました~
170317-siromino.jpg

そしてケイカイらしく、岩と岩の隙間で「お腹の大きなオオセ!」が見れました。
この種のサメ類は、大島でもここケイカイが一番高確率ですね♪
170317-oose.jpg

そして写真こそは撮れませんでしたが、ちゃんとアオウミガメ!も1匹見れました。
やっぱりケイカイと言えば、カメが代名詞ですからね♪

明日から私用で、数日は臨時休業とさせて頂きます。
お電話は繋がるので、お急ぎの方はお電話下さいませ~



ナイトロックス講習&大ウネリの中に!

3月15日~16日(水~木) 天気:晴れ

<秋の浜> 透明度:5~8m 水温:14.8℃ 海況:大ウネリ

週末から続く、北東風の影響で昨日、今日と大荒れの伊豆大島です(><)
海が荒れていたという事もあるのですが、昨日は午後から講習を兼ねて、、、
そして今日は大荒れの大ウネリの中、朝から3本頑張って潜ってきました。


普通のお客様レベルでは決して潜らない程の大シケでしたが・・・
ゲスト2名ともダイブマスター&インストラクターという事で、潜っちゃいました(^^;


まあ、案の定・・・浅場から海藻が舞ってしまって、浅場の透明度は5mあるかないか。
そして水深30mでも揺れを感じるほどの大ウネリでした~

そんな中でもいくつか魅力的な魚達を撮ってきたのでご紹介します!

まずは深場から・・・コウリンハナダイ♂です。
今回は水温が下がったからか?いつもより浅めに居てくれたので、ラッキーでした。
170315-kourin.jpg

そして時間がなくてこの1カットだけですが・・・ミゾレウミウシ!
約1年以上ぶりの再会です。やっぱこのウミウシはキレイだな~♪
170315-mizore.jpg

側ではコウイカの仲間!が見れました。
まあわざわざこの水深で見なくても良い被写体でしたが・・・可愛かったので。
170315-kouika.jpg

岩の隙間から顔を出してくれたレンテンヤッコyg!
いつ見ても鮮やかで可愛いです。
170316-rentenyakko.jpg

アカシマシラヒゲエビも定位置に健在です。
いつもペアでいるので、今年も抱卵が待ち遠しいですね。
170315-akasimasirahigeebi.jpg

寒いし、揺れてるのに・・・頑張ってるミヤケテグリyg!
ちょっとこのところ元気がなさそうに感じます。
170315-miyaketeguri.jpg

イロカエルアンコウygも今日は岩の隙間に体を埋めて、ウネリを一生懸命に
凌いでいました。みんな必死なんですね~
170316-iro.jpg

カスザメもウネリが強いからか砂がすぐに動いちゃって、全然隠れられていない
個体が多く見受けられました(^^;
170316-kasuzame.jpg

流れに身を任せ、ユラユラと上手くホバーリングしていたアオサハギの幼魚達!
写真は1枚だけですが・・・良く探すと、2m以内に6個体くらいユラユラしてました~
170316-aosahagi.jpg

地元ガイド仲間に教えてもらったヨコシマエビのペア!可愛かったなあ。。。
個人的にも大好きなエビです。このズングリとした形と蜂のような色模様がGood。
やっと見れた~情報ありがとうございました。
170316-yokosimaebi.jpg

それにしても昨日も今日も、EN/EXが神経&体力使って本当に大変でした。
明日はもうちょっと静かになってもらいたいなあ。。。

そうそう、T様ナイトロックス講習、お疲れさまでした。
改めておめでとうございます♪




1泊2日 OFオリジナル陸上ツアー♪

3月11~12日 天気:晴れ

<オリジナル陸上ツアー> 関西酒場らくだば8周年旅行の皆様と♪

この週末は、30名の団体(らくだば御一行さま)を迎えてのオリジナルツアーを
やってきました~(^^)/
縁あって、参加者の中にはかっすんのリピーターさんもチラホラと♪

初日11日(土)は、高速船で来島される仲間数人を待ってから、始まり始まり!
まずはOFオリジナルのプチロゲイニングゲーム!から。
このゲーム・・・オイラが予め元町地区の、とある看板や名所、建物などの写真を
撮っておき、皆さんには大島の方とコミュニケーションをとったり、地図で探しながら
同じ場所の写真を時間内に撮って、得点を競い合うグループゲームです。
元町港を中心に5kmの範囲ですが、皆さんよく歩いて、探し当てましたね~
素晴らしい!!最後は皆さんでロゲイニング頑張ったぞー!記念写真。
170311-roge.jpg

続いては、この旅行の幹事メンバーからの強いリクエストで・・・
「御神火太鼓体験!」
オイラも太鼓を習ってる1人として、皆さんと一緒に叩けた事は貴重な機会と
なりました。総勢30名を10人ずつに分けて叩いたのですが、どの組も
一生懸命で、最終的には長くそして早く、2つの太鼓を同時に叩く、乱れ打ち!の
一部をマスターしていました。これには、教えてくれた会長もオイラもビックリです(^^;
170311-taiko2.jpg

170311-taiko1.jpg

天気も良かったので、その後に三原山山頂口にて、記念写真を♪
1986年(前回)の噴火の際に流れ出た溶岩流跡を見ながら、簡単な説明を。。。
今度は火口を見に、ここを一緒に歩きたいですね。
170311-miharayama.jpg

その後皆さんは、温泉でゆっくり温まり・・・夕食は宿の庭でBBQを楽しんでました~


さて2日目(12日)は、裏砂漠トレッキング!
大島には魅力ある自然の宝物がいっぱいあるのですが、僕が一押しでおススメな
砂漠ツアーを楽しんでもらいました。
ここは、1777年の安永の大噴火以降、度重なる噴火の影響でスコリアと火山灰が
降り積もった、日本ではないような貴重な景観エリアなのです。
もちろん日本で唯一、「砂漠」という国土地理院の正式名称がついてる場所でもあります。

歩いていくと、途中で広がるこの広大な砂漠景色!
この場所は、映画やドラマ、CM、歌手などのPV撮影のロケ地としても有名なのです♪
170312-urasabaku2.jpg

そしてこの砂漠の目玉はこの噴気がモクモクと出ている「キャニオンの壁!」
もちろんこの噴気の90%は水蒸気で、このガスに毒性が無い事は証明済みです(^^;
170312-urasabaku1.jpg

そんな表の三原山と違う裏側の顔を楽しみつつ、下山致しました~

最後は椿祭り会場にて、ゆっくりとお弁当を食べつつ、フリータイム!
椿園で楽しんだ方も、動物園で楽しんだ方も、お疲れ様でした。


あっという間の2日間でしたが、こんなに大勢の方とここ大島を楽しめたことが
オイラにとって貴重な財産であり、最高の思い出の一つです。
今回このツアーに参加下さった大勢の皆様、らくだばのオーナー、そしてまとめて
下さった旅行社の南雲さん、幹事メンバーさん、本当にありがとうございました!

170312-sarubiamaru.jpg

またいつか皆さんと一緒に大島で遊べる日を願っています♪

PS・・・今度、都内に行った時にでも、らくだばで一緒に飲みましょう!(^^)




水温がついに14℃台に!

3月9日(木) 天気:晴れ

<秋の浜> 透明度:8~10m 水温:14.8℃ 海況:良好

強い西風が吹き続けて今日で3日目。。。予想通りというべきか?
今年の予想に反してというべきか?
結局今年も遅れはしましたが14℃台の水温まで下がってきました。

まあ3日間も西風が吹き続ければ、納得の結果ですが(^^;

そんな本日は日帰りで新規のお客様を迎えて秋の浜に2本潜ってきました。
地形好きのゲストさんだったので本来は西側のポイントに潜りたかったのですが
これだけ西風が吹き続けては、完全にクローズ状態なので仕方ありません。


なので今回は秋の浜でも、やや広めに泳ぎ、大物系も視野に入れて
潜ってみました~ 結果はまずまずだったかな♪

右奥へ進むと、巨大ヒラメが岩の上で休憩中!
カメラで近づいてもまったく動じない兵でした(^^;
170309-hirame.jpg

砂地にはこれまた大き目なカスザメ!
ゲストさん曰く、1m級のこの大きさの個体は初だったそうです。
170309-kasuzame.jpg

ちょうど比較的、側に居たのでジョーフィッシュも紹介しました。
水温が下がってちょっと寒いのか?いつもより控えめな雰囲気です。
170309-jyo.jpg

後半はマクロ系で。。。カエルアンコウも好き!と聞いていたので
今見れる中では一番大き目な?オオモン?イロ?カエルアンコウです。
もちろん、クマドリ&イロカエルygも見てもらってます♪
170309-oomon.jpg

浅場では比較的大き目なハナミドリガイをチョイス(^^;
この子で4cmくらいかな。。。
170309-hanamidorigai.jpg

2本目は際沿いに。。。

まずはハナゴンベ!まあ1年以上もここにいるので、だいぶ成長して
大きさもまずまずですよ♪
170309-hanagonbe.jpg

久々にミノカサゴygも見れたので載せておきます。
この子で6cmくらい♪
170309-minokasago.jpg

浅場に戻って久々にヤリイカの卵を見に行くと・・・
ハッチアウトした後でした(><)
170309-yariika.jpg

しかーし、今日のオイラは大物運があったようで、、、
岩陰に潜む巨大ネコザメ!を発見♪
まずは横のスタイルを撮影。。。
170309-neko1.jpg

次いで真正面から!
170309-neko2.jpg

それにしても水温が下がってるのに、水中は浮遊物が多くて
何だかちょっと残念です。どうせなら冷たくてシャキーン!って感じの透明度が
良いのですが。。。
明日は、三原山山頂ジオパーク展のバーチャルガイドです♪

久々の山ガイド&海情報♪

3月7日(火) 晴れ & 3月8日(水) 晴れ

<三原山火口トレッキングツアー> 風速:10m 気温:5℃くらい(体感温度)
<秋の浜> 透明度:8~12m 水温:15.3℃ 海況:ほぼ良好



この日は、急なご来店のお客様のリクエストで三原山&椿ツアーと称して
特別におひとり様をガイドしてきました~(お一人様追加料金として)


最近は海ばかりでしたので、山歩きは少し新鮮で楽しかったです。
天気は良く、見晴らしも先ず先ずだったのですが、後半は西風が強く・・・
山頂付近は、風で体が吹き飛ばされそうでした(^^;
前日が雨だった事もあり、山頂付近の溶岩台地からはモクモクと水蒸気(噴気)が
いろんなところから上がっていました。
P3070046.jpg

下山後は、椿巡り。。。
約30年前に来た時に、椿の種を拾い油に変えてもらった記憶が。。。
という事で、早速「高田製油所」にGo!
当然、世代交代はしていましたが、昔も今も、椿の種をお金じゃなく油に変えて
くれるのはココだけですからね♪
久々に来店してみて、とっても懐かしくもあり、楽しそうに説明を受けていました。
P3070048.jpg

前日は、ご自分で大島公園内の椿園&椿資料館を楽しんだようですので、
この日は数ある中でも、僕のお気に入りの「椿トンネル」を一緒に散歩して頂きました。
残念ながら、この辺りの椿の満開時期は過ぎていたので、頭上に椿いっぱい!とは
いきませんでしたが、のんびりと楽しんで頂けたご様子でした~


さてここからは、本日8日、水曜日に調査で潜った海情報です(^^)

やはり昨日、今日と2日間ほど強い西風が吹いたので水温が落ちていました。
深場で15.3℃とやや下がりましたね。それでも例年よりちょっと高いですが。。。

クマドリカエルアンコウは、少し場所を変えていましたが健在でした♪
まったく擬態する気がないような大きな岩の上にポツンと(^^;
170308-kumadori.jpg

こちらはバリバリに擬態しているイロカエルアンコウygです。
まあ、厳密に言えば色が微妙に違いますが、ほぼ同じ黄色い場所に
うまく隠れています。
170308-iro.jpg

久々に沖合でコールマンウミウシに出会いました。
このタイプのウミウシに遭遇したのはすごく久々だし、この種は今季初です♪
ただちょっと深い&遠いのです。
170308-korruman (1)

水温がほぼ15℃ジャストだというのに、未だ頑張ってるセナキルリスズメダイ!
このまま越冬出来ちゃうのか???
170308-senaki.jpg

浅場では今日もミヤケテグリygがチョコチョコと元気でした(^^;

明日はガイドで潜りま~す!!





穏やかな週末でした~♪

3月5日(日) 天気:晴れ

<秋の浜> 透明度:10~12m 水温:15.8℃ 海況:ややウネリあり

昨日も今日も風が弱く、しかも好天に恵まれ中々のポカポカ陽気ダイビングが
楽しめました。
そんな中、本日もリクエストで秋の浜をマッタリと2本潜ってきました~

まあ今日はこれといった目新しい生き物には会えませんでしたが、いろんな種類を
楽しんでもらえました~

まずはコウイカの仲間!
これからの時期はだんだん個体数が増えていきます。
イカって見るとつい撮っちゃうんですよね~(^^;
170305-kouika.jpg

砂地の定番カスザメ!
このところ、右の砂地でほぼ100%見れていますね。
170305-kasuzame.jpg

残念ながらお目当てのヤシャハゼは巣穴から出ていませんでしたが、
セミホウボウの可愛いサイズがウロウロしていました~
170305-semihoubou.jpg

久々にアキノハマカクレエビの場所にも立ち寄ると・・・未だ健在で
一安心です。
170305-akinohamakakureebi.jpg

この辺りでは他に、ミズヒキガニ・サンゴトラギス・シマウミスズメygなども
見れています。

浅場に戻りつつ、アブラヤッコyg・ルージュミノウミウシ・テンクロスジギンポ
なども見て頂きました。

段壁では久々にヌノサラシ!(比較的小さめ)が見れました。
やっぱり寒いのか。。。小さな穴からまったく出てくる雰囲気じゃなかったです。
170305-nunosarasi.jpg

ミヤケテグリygは1本目だけ観察出来ました。
手前に居るときはすぐに目に入りますが・・・姿が見えない時は何処へ?
170305-miyaketeguri.jpg

久々にフトスジイレズミハゼとも遊んできました。
ゲストの1人はこの魚にハマった様子で一生懸命探して撮っていました~
170305-futosujiirezumi.jpg

この2日間、風はほとんど無かったですが、結局ウネリは残っていました。
水中も白濁感が残って、もうちょっとクリアーだと、より嬉しいですが・・・
まあ贅沢な悩みかもしれません。




いつの間にかカエルアンコウだらけ?

3月4日(土) 天気:晴れ

<秋の浜> 透明度:10~12m 水温:15.8℃ 海況:ややウネリあり

雨、風ともに心配のない穏やかな週末となりました♪
それなのに昨日から意味不明な?ウネリが入っていて浅場は結構揺れました(^^;
本日からリピーターのゲストさんを迎え、久々にガイドで2本潜ってきました~

秋の浜LOVEなご夫婦のリクエスト!って事で、マクロ系中心にのんびりと。。。

EN前に、ここ数日で急に賑やかになった噂のカエルアンコウシリーズの情報を
いろいろな方からお聞きしまして、早速見に行ってきました~


まずは久々の登場となるクマドリカエルアンコウ!
サイズは5cmほどでやや大きめのゴツゴツ感が出始めた雰囲気の個体でした。
まあ、この時期にクマドリ君が見れるだけ贅沢なことはありませんからね♪
170304-kumadori.jpg

続いてはサイズも色合いもとっても可愛いイロカエルアンコウygです!
まだ2cm程でやや黄色に近いオレンジ色で非常に可愛い個体でした♪
170304-iro.jpg

以前からいるオオモンカエルアンコウもちょっとだけ居場所を変えて健在でした。
カエルアンコウばかりじゃ飽きますが、たまにこんなに揃うと嬉しいものですね(^^;
170304-oomon.jpg

本当はさらにソウシカエルアンコウも見れる予定だったのですが、どうやらたった1日で
どこかへ引っ越しされたようです(><)

個人的にはこのスミゾメミノウミウシがいい感じの色合いでお気に入りです。
この種は最近、あまり秋の浜で見かけないのでラッキーでした。
170304-sumizomemino.jpg

春から初夏にかけて多く見かけるコガネミノウミウシ!まだ小さかったですが、
淡いレモン色っぽいカラーが春らしくて良いですね♪
170304-koganemino.jpg

ラストはようやく見られたミヤケテグリygです。
情報だけは結構前に頂いていたのですが・・・中々ジックリと探し見る機会がなく
少々ピンボケ写真ですが、久々だったので載せちゃいます(^^;
170304-miyaketeguri.jpg

他にも、ジョーフィッシュ・フリエリイボウミウシ・ハナミドリガイ・アオボシミドリガイ・
アカシマシラヒゲエビ・ハナゴンベ・チンアナゴ・アカホシカクレエビ・コガネキュウセン・
イサキの群れ!
などが。

明日も穏やかそうで、楽しみです♪



3月最初の海は。。。

3月1日(水) 天気:晴れ

<秋の浜> 透明度:10~15m 水温:15.8℃ 海況:ほぼ良好

早いもので今日から3月。。。まだ春は遠い気温が続いていますが、
大島の桜は、どんどん咲いてきていて、今年は例年に比べ10日程早く
満開となりそうです。


さて、先月から島内在住の方のCカード講習を始めていました。
そしてこの日は、仕上げの最終日。
もちろん、優秀な成績で合格されました~!!
こうして新たなダイバーが誕生するのは本当に嬉しい事です♪

講習のラストは水深18mを取りに中性浮力の練習!
そこで主に撮った写真を少しご紹介します。

まずはテンクロスジギンポ!
穴の中に住み着いていて、顔が可愛いです。側のイバラカンザシも
綺麗ですよね♪
170301-tenkuro.jpg

幸運なことに、砂地で大きなカスザメ!が隠れていました。
講習中にこんな大物まで見れちゃうなんてラッキーですよね♪
170301-kasuzame.jpg

そしてお約束の水深18mでの記念写真!
余裕な表情ですね♪
170301-kousyuu.jpg

浅場に戻る途中に見れたレンテンヤッコyg!
大島で見れる普通種ですが、幼魚の方が比較的撮りやすいですね。
170301-renten.jpg

浅場ではホオズキフシエラガイを久々に見ました。
オレンジ色で半透明なウミウシの仲間です。
170301-houzukifusieragai.jpg

最後は小さな小さなホムラスベヨコエビ!
この子で大きさは8mmくらい。久々に見れました。
170301-homurasubeyokoebi.jpg

今年は結局15℃台のままこれ以上は水温が落ちないのでしょうか?
まあ少しでも暖かい方が潜っていて楽なのですが・・・やはり水中の生態系が
変わってきてしまうのは困りますね~




プロフィール

OFかっすん

Author:OFかっすん
伊豆大島ダイビングサービス
山&星のネイチャーガイド
オレンジフィッシュ代表 粕谷浩之

ダイビングの情報&陸のネイチャーガイドの記事や写真を紹介しています。

最新記事

最新トラックバック

検索フォーム

ブロとも申請フォーム

QRコード

QR