西側のポイントは激流でした。

6月27日(火) 天気:曇り時々雨

<秋の浜> 透明度:8~15m 水温:21.4℃ 海況:良好
<野田浜> 透明度:10~15m 水温:20.4℃ 海況:流れあり

本日は島民で知り合いの方の姪っ子さんをゲストに迎え、2本潜ってきました~
梅雨らしい、降るんだか降らないんだか微妙な天気でしたが、基本は曇りでした(^^;

1本目は秋の浜へ。。。

初心者でかつ、ブランクが数年あったので潜降はハシゴにつかまって行いました。
しばらくは大丈夫か、様子を伺いながらゆっくり、ゆっくり浅場を進みましたが・・・
結果、耳抜きも中性浮力も問題なかったので、後半は普通に潜れました♪

まずはテンクロスジギンポを見てリラックス♪今日も笑ってる~
170627-tenkurosuji.jpg

棚の上では久々にキイボキヌハダウミウシが見つかりました。
170627-kiibokinuhada.jpg

砂地では今日もアオリイカが産卵に何ペアも訪れていましたよ~
何度見ても神秘的で美しい!ゲストも大興奮でした♪

帰り際、水底を見下ろすと・・・何やら砂がモクモクと。。。
案の定、アカエイが何かを捕食中でした!近づくと逃げられましたが、
かなり近くで見れたと思います。
170627-akaei.jpg

他にも、シマウミスズメ・イロカエルアンコウ・ニジギンポなどが。


2本目は、大島を潜るのが初めてだったので野田浜にしました!

ENする前から、沖の水面には流れが激流であるサインは出てましたが、
実際潜ってみると、やはり沖の水中アーチ付近は本当に激流でした(><)
まあ、その代わりメチャメチャ透明度は良いし、魚群で群れ群れでしたが!

まずは壁の亀裂付近に固まるカゴカキダイの群れ!
170627-kagokakidai.jpg

水中アーチの中には激流に負けず泳いでいたイサキの群れとゲスト!
170627-isaki.jpg

アーチ入口には仲良しなハナタツのペア!を確認♪
170627-hanatasu.jpg

最後は浅場で見たヒトエガイ!を観察してきました~
170627-hitoegai.jpg

他にも、キャラメルウミウシ・シロハナガサウミウシ・サラサウミウシ・タカノハダイ・
イシガキフグ・ハマフエフキ・メジナの群れ!・クマノミの赤ちゃん!
などが。

終わってみれば、全然ブランクを感じさせないとっても上手なゲストさんでした!
また違う季節に、大島へ遊びに来てもらいたいですね♪

スポンサーサイト

雨の中でも快適ダイビング♪

6月25日(日) 天気:雨。。。

<秋の浜> 透明度:10~20m 水温:18.8~21.6℃ 海況:ほぼ良好

天気予報通り、朝から雨降りな1日でした。救いだったのは土砂降りは明け方だけで、
日中はシトシト降りで、風も弱く、水中の流れもこの日はありませんでした。


リクエストで1本目はアオリイカの産卵を見に行きました~
タイミングが悪いと、産みに来ていないのですが、今日はバッチリ見れました♪
170625-aoriika.jpg

産卵をしばらく見てから中央の棚へ。。。
幸先よく、真っ白なボディにキラキラなラメ柄が美しいジボガウミウシ!に遭遇。
170625-jiboga.jpg

すぐ側には個人的に今季初となるフジイロウミウシにも会えました♪
170625-fujiiro.jpg

浅場ではハナキンチャクフグに再会出来ました。
170625-hanakintyakufugu.jpg


2本目は右エリアに。。。

リクエストのセナキルルリスズメダイyg!も元気よくバッチリ出ていました~
170625-senakiruri.jpg

この辺りは水温が少し低かったですが、透明度は20mくらいあってじつにキレイ!
なので浅場に戻りつつ、ガラスハゼとダイバーを激写♪
170625-garasuhaze.jpg

側では大きなマダイ!もウロウロしてて、こっちに向かってきたので1枚!
170625-madai.jpg

浅場では小さなウミウシが2匹。。。
まずは久しぶりに見たチゴミドリガイ!まだこの時期にも見れるんですね~
170625-chigomidorigai.jpg

そして久々にシロイバラウミウシのペア!かな?1cmも無い可愛いサイズです。
170625-siroibara.jpg

最後はビンの中で一生懸命に卵を育ててるニジギンポ!
卵が見えるかな?
170625-nijiginpo.jpg

ログ上で写真はありませんが、中層にはカタクチイワシがものすごい数で群れていて、
それを狙って、ヒラマサ・カンパチ・メジマグロが時折、カッ飛んでいきます(^^;
賑やかな季節になってきましたね~


久しぶりの4DIV(^^;

6月24日(土) 天気:曇り

<秋の浜> 透明度:8~15m 水温:21~22℃ 海況:良好
<野田浜> 透明度:8~12m 水温:20~21℃ 海況:良好


薄曇りな1日でした。昨日からのゲストに、本日のゲストが加わり、
日中3DIV+ナイトDIVしてきました~。
別チームで体験ダイビングもありました~♪

1本目、2本目は秋の浜に。。。
この日の秋の浜は、けっこう流れがあって、沖から帰ってくるのが一苦労でした。
ただ水温は暖かく、WETのダイバーには快適だったようです。

口内保育中のジョーフィッシュはいつの間にか巣穴が破壊されてて?
残念ながらその保育中の様子は見れませんでした。
170624-jyo.jpg

個人的にヒットだったのは、美しいハナイロウミウシ!です。
去年見たかどうか記憶にないのですが・・・大島でも比較的レアな種です。
170624-hanairo.jpg


3本目に潜った野田浜が面白かったです♪

EN直前に、EXしたばかりの地元ガイド仲間からネコザメ&ハナタツ情報あり!
テンション高めに潜っていくと・・・
早速、頭かくして尻隠さず状態のネコザメ(80cmくらい)の可愛いサイズに遭遇。
こんな浅場のこんな亀裂で見たのは初めてでした(^^;
170624-nekozame2.jpg

沖に向かう途中、シロハナガサウミウシ・キイロウミウシ・サラサウミウシなどを
見ながら、水中アーチに着くと・・・
なんと目の前から巨大なカスザメが泳いで来て、僕らの目の前で着底!
こんなラッキーな事もあるんですね~
170624-kasuzame.jpg

アーチの入口では、情報を頂いていたマーブル模様のハナタツ!もGET♪
相方の白い個体は探し切れませんでしたが。。。
170624-hanatatu.jpg

アーチを抜けると、今度は巨大ヒラメが登場。。。何だか大物系との遭遇率が
高くて、ゲストの一人は大喜び。
170624-hirame.jpg

そして浅場へ戻り始めると、今度は目の前からネコザメ!が泳いできました!
いったい今日は良い意味で、「なんて日だ!」状態。
大きさからスタートに見た奴かと思っていたのですが、なんと別個体でした。
170624-nekozame.jpg

更に、極めつけにアカエイ!までが登場。。。本当に驚くくらい豊富なネタでした♪

ずっと定点観察出来てるキャラメルウミウシも元気でした(^^)
170624-kyarameru.jpg


そしてラストはナイトで秋の浜でした~

新月の闇夜だったので、予想通りイセエビ!が沢山見れました。
個人的に興味深かったのは、イセエビ同士の喧嘩?!のシーンでした。
お互い前向きに、よりかかり合って押し合いしてるようでした。
170624-iseebi.jpg

それからエダウミウシかなあ?と思われます。久々に見ました~
夜に潜ると、ウミウシも昼間は中々目にしない種も見つかるので、ウミウシ好きな方は
おススメです。
170624-edaumiusi.jpg

明日は1日中、雨かな~(><)




穏やかで気持ちいい海でした♪

6月23日(金) 天気:晴れ

<秋の浜> 透明度:8~15m 水温:18~21℃ 海況:良好

本日は梅雨を忘れるくらい朝から暑い日差しの晴れ日でした!
トレーニングを兼ねたゲストさんをファンで迎え、スノーケリングのお客様も
午後から迎え、気持ちの良い秋の浜を潜ってきました~


午前中は浅場から深場までスコーン!と透明度15mくらいあったのですが、
午後からは少し濁って全体的に10mくらいでした。

それでも天気はいいし、海は穏やかだったので、素晴らしいダイビング日和と
なりました。

ゲストさんが地形をチェックしている間に、そのエリアで見れた子達を紹介。。。

まずは抱卵中のアカホシカクレエビ!
他にもいろんな場所にいますが、この子は比較的大きくて撮りやすいです。
170623-akahosi (2)

久々のTHEネジリンボウ!
ヤシャハゼに比べるとややシャイなのであまり寄れませんが、久々に撮れました。
170623-nejirinbou.jpg

最近お馴染みのインターネットウミウシ!
毎年この初夏に沢山見れてますが、今年も例年並みに見れてます。
170623-internet.jpg

ウミウシ繋がりで、いくつか見れた他のウミウシ達。。。

穴の中で見つけたニイニイミノウミウシ!
ナイトダイビングでは沢山見れる夜行性のウミウシですが、こうした大きな穴の中で
日中でもたまに見られます。
170623-niiniimino.jpg

こちらも最近多い、ツツイシミノウミウシ!
浅場でのんびり散策してるとたまに見かけます。
170623-tutuisimino.jpg

岩の亀裂で見つけたオトメミドリガイ!
こんな場所で見たのは初めてだったのでちょっと驚きました。
170623-otome.jpg

浅場のイロカエルアンコウも定位置です。
170623-iro.jpg

今年も南の海からギンユゴイ!がやってきました!
毎年夏になると、浅場の水面近くでよく見かけます。
尾鰭の白黒の模様が可愛い魚です♪
170623-ginyugoi.jpg

他にもヤシャハゼのペア・ジョーフィッシュ・ワニゴチ・ナヌカザメの卵・
産卵中のアオリイカ・メジマグロ・イサキ&タカベの群れ!・ベニカエルアンコウ・
ミツイラメリウミウシ・ミスジスズメダイ
などが。

明日から週末!何とか雨が降らないと良いのですが。。。





魚影の濃い海でした~♪

6月22日(木) 天気:晴れ

<秋の浜> 透明度:10~15m 水温:18.2~20.6℃ 海況:良好

昨日の台風のような土砂降りの雨から一転、今日は蒸し暑い1日となりました。
午前中に車のサビ止め塗装や掃除を済ませ、午後から1本調査で潜ってきました~


透明度は変わらず安定していて、まずまずキレイです。特に水深25mより深場は
水温が18℃台と冷たいですが、透明度は15~20mくらいは見えます♪
浅場は少しだけ水温が下がったかな??

深場のフタイロハナゴイygが撮りたかったのですが、2m以内に近寄らせてもらえず、
あまりにもシャイ過ぎるので、多少粘ったのですが断念しました(><)
水温が下がったせいか?近くのセナキルリスズメダイygも姿なく。。。

唯一、撮らせてもらえそうなスミレナガハナダイの♀を撮ってきました。
ちょっと水深が深いのがネックですが、美しいハナダイの一つですね。
170622-sumirenagahanadai.jpg

ジョーフィッシュは3個体とも元気でしたが、残念ながら今日は卵を咥えては
くれませんでした。まあこれは本当にタイミング次第ですからね(^^;

ヤシャハゼペアで見るには見れましたが、写真を撮りに近づくと♂は早々に
隠れてしまいますね。なので今回は単独で。。。
170622-yasya (2)

浅場に戻る途中、水面を見上げると頭上を覆いつくす程のカタクチイワシ!
思われる大群が圧巻でした!

時折、その魚群に捕食で突っ込む、カンパチの姿も見逃せません♪
170622-iwasi.jpg

浅場では新たな新顔にハナキンチャクフグが登場です!
これからの時期、どんどん増えてきそうです。
170622-hanakintyakufugu.jpg

久々にアライソコケギンポにも立ち寄ってみました♪
いつもと変わらず、元気な姿が見れて一安心ですね。
170622-araiso.jpg

地味なのですが・・・スズメダイがあちこちで卵を守っています。
気づかずに他の魚を撮ってたりすると、手や足などにツンツン!と攻撃を
しかけてきます。もちろん、スズメダイにしたら大切な卵を守るためですから
必死な訳で・・・
170622-suzumedai.jpg

ですので皆さんも写真を撮る時には、スズメダイの卵を潰さないように
気を付けましょう♪

明日からトレーニングダイブのお客様が少し続きます。


アオリイカの産卵シーンが見事!!

6月20日(火) 天気:晴れ

<秋の浜> 透明度:10~15m 水温:21.8℃ 海況:ややウネリあり
<ケイカイ> 透明度:10m 水温:21.8℃ 海況:ややウネリあり

本日は急遽、予約の入ったリピーターゲストさんの日帰り2DIVでした♪

天気は梅雨とは思えないくらい暑く、海もウネリは残ってましたが・・・
秋の浜の透明度は、想像以上に回復してキレイになっていました。


あまりマクロ系がお好きじゃないゲストさんだったので、際壁~砂地にかけて
潜ってみました。
すると、イカの産卵床には遠くからでも確認出来る程、アオリイカが群れ!で
産卵に訪れていました。
全部で5ペア、10パイはいたかと思います♪
個人的には今シーズンで一番多くの産卵シーンとなりました。
やっぱり水温が20℃以上で安定すると産みに来るんですね~(^^)/
170620-aoriika2.jpg

今日は産み付けた瞬間も撮らせてもらえました♪(下の子ね)
170620-aoriika1.jpg

際壁沿いにも新たなアオリイカの卵を発見!今年は何だか妙な所にも
沢山産んでます。お願いだから産卵床に産んでおくれ~(^^;
170620-tamago.jpg

帰り際、インターネットウミウシのペアに遭遇。
このウミウシは大型種なので、今回のゲストさんでも興味あったようです。
170620-internet.jpg

他にはイサキの群れ!・ヒレナガカンパチの群れ・タカベの群れ・マツカサウオyg・
イロカエルアンコウyg・泳ぎ去るトビエイの影
。。。


2本目は地形好きなゲストさんのリクエストでケイカイに。。。

ウネリの影響と、逆潮のせいで、透明度は今一つでしたが、群れ!は相変わらず
多かったです。そういった意味ではゲストさん的には大喜び♪

印象的だったのは、お腹パンパンのハナタツ2個体!
お腹の張り具合からどちらも♂な気がしますが。。。微妙に膨らみ方が違います。
たぶん、上の子は逆三角形のような、上側の膨らみ方なので♂かと。
下の子は素直な三角形?で下の方が膨らんで見えるので♀かと。。。

毎日夜明け近くに粘って潜れば、ハッチアウトの瞬間が見れるかも?ですが、
外した時のダメージを思うと・・・いつも諦めてます(^^;
170620-hanatatu2.jpg

170620-hanatatu1.jpg

ゲストさんには興味ない1cmの世界でしたが、浅場で久々にウスイロウミウシ
見かけました(^^;
170620-usuiro.jpg

他にも、イシガキフグ・アオブダイ・ホウライヒメジの群れ・ベラギンポ・コロダイなど。


明日は1日中、雨だなあ。。。やっぱり梅雨だなあ。。。



北東風の影響で西側のポイントへ。。。

6月18日(日) 天気:曇りのち雨

<野田浜> 透明度:10m 水温:19.8℃ 海況:ほぼ良好
<王の浜> 透明度:10m 水温:19.6℃ 海況:ほぼ良好


せっかくのMDフェアー2日目だというのに、荒れ予報の影響で、
各メーカーのモニター会ブースは急遽、王の浜に。。。がしかし・・・
前日の予報とは裏腹に、意外と朝のウチは秋の浜にも野田浜にも
波が立たず・・・結局は各ショップバラバラなポイントに潜ったようで、
メーカーさん達も、早々と撤収せざる得なかったようです(><)


ウチも1本目はまだ潜れそうだった野田浜に。。。

ロープ沿いでミスガイ!に遭遇。
最近、高確率にこの辺りで目にします♪
170618-misugai.jpg

もちろん水中アーチ内には今日もイサキの群れ!でいっぱいでしたよ。

後半廻った大きな根の下で、イシガキフグに会えました。
正面顔が撮れたので・・・笑ってる~(^^;
170618-isigakifugu2.jpg

浅場では、このところいつも定位置のキャラメルウミウシ!がだんだん大きく成長してきました。
今日はいい感じな場所に居てくれたので撮りやすかったですね。
170618-kyarameru.jpg

他にも、シロハナガサウミウシ・ニシキウミウシ・サラサウミウシ・クマノミ・
ムカデミノウミウシ・アカハタ・カゴカキダイ・コロダイのペア・ハマフエフキ
など。


2本目は王の浜へ。。。

約1ヵ月半ぶりに潜った気がします(^^;
想像はしてましたが、やっぱり沖は”ヒロメの森”にいつの間にかなっていました。
海藻ワサワサ過ぎて、根の形が微妙にわからなくなる程でした。


まずはEN前にちょうどEXしてきた地元ガイドさんに、ムラサキウミコチョウ!
情報をもらい、早速行ってみました♪
すると、可愛らしいペアの姿で見る事が出来ました。
170618-murasakiumikochyou.jpg

沖の根の壁で、何か探していると・・・いい感じの場所でフルセゼブラヤドカリ
会えました。小さいけれど、実に美しい色合いのヤドカリです♪
170618-furusezeburayadokari.jpg

最後は、テングダイのペア!
以前と変わらずの定位置で今回も仲良しな姿が見れて、良かったです。
170618-tengudai.jpg

結局は午後から、秋の浜もかなり高い波が入ってきてしまい・・・午後3時過ぎは
危険な海に変貌してしまっていました。




MDフェアーの本日、海はチョイ荒れ?!

6月17日(土) 天気:晴れ

<秋の浜> 透明度:8~12m 水温:19~21℃ 海況:やや波あり
<野田浜> 透明度:8~12m 水温:20~22℃ 海況:良好


本日は伊豆大島MDフェアー(伊豆大島「マジ」で「大好き」フェアー)でした(^^;
朝から天気には恵まれましたが、北東風がやや吹いて、水面は少し波がありました。
ファンダイブは何の問題も無かったのですが、体験ダイバーもいらしたので・・・
体験ダイビングだけは、海が穏やかな野田浜で行いました!

まずは野田浜での体験ダイビング!
足の着く深さでの練習時には、女性の方が「ちょっと怖くて無理かも~・・・」なんて
弱気な発言もありましたが、浅場での練習を少し多めにゆっくりやっていくと・・・
「何か大丈夫かも~!」に変化してきました。
結果、二人とも全然問題なく、大島の海を満喫して潜ってもらえました~♪
写真はクマノミを見て喜ぶ二人です。(クマノミは写ってないけど・・・)

EXしてからの上り坂は大変そうでしたが・・・お疲れ様でした(^^)/
170617-taiken.jpg


さて、ファンダイブの方は秋の浜へ行って2DIVです。

まずは久々にテンクロスジギンポに立ち寄りました~
水温が上がって元気になりましたね。
170617-tenkuro.jpg

砂地では突然1匹のワラサ!が突っ込んできました。
やっぱり流線形のボディがカッコイイですね。
170617-warasa.jpg

痛々しい巨大ヒラメ!に遭遇。。。(><)
傷のつき方から察するに、「突きんぼ」で捕獲に失敗した傷後のようですね。
間一髪の所で逃げれたのでしょうが・・・かなり弱ってしまっていました(涙)
仕方ない事ですが、中途半端に外すくらいなら突かないでもらいたいものです!!
170617-hirame.jpg

ハシゴ周りには相変わらずものすごい数のタカベyg!が群れています。
これはこれでキレイなもんです。
170617-takabe.jpg

深場ではラッキーな事に、ヤシャハゼのペア!が見れました。(写真は1匹)
昨日、今日は水底にたくさんのイサキがウロウロしていて・・・中々ハゼが巣穴から
出ていない事が多く、見れなかったダイバーが多かったみたいです。

170617-yasya.jpg

段上では、ベニカエルアンコウが見事な擬態っぷりを見せつけて?いました(^^;
170617-beni.jpg

他には、ジョーフィッシュ3個体(1個体は口内保育中)・ナヌカザメの卵・
アカシマシラヒゲエビのペア・アオリイカ・アオリイカの卵・イシガキダイ・
イラ・ホウライヒメジ・ハリセンボン・メジナ・カレイの仲間・イロカエルアンコウ・
オルトマンワラエビ・シロウミウシ・ニジギンポ・トウシマコケギンポ・マツカサウオ
などが。

明日は北東風が強くなり、天気も雨予報(><)
潜れる海が限られてきそうです
。。。


ソウシカエルアンコウに出会う!

6月16日(金) 天気:晴れ

<秋の浜> 透明度:8~12m 水温:19~22℃ 海況:良好

今日は朝から強い日差しで、暑いくらいの陽気でした。
リピーターでもあるショップ御一行様をお迎えしました♪
まあ、個人のゲストは居なかったので、スタッフ3人(非常勤含め)で
調査ダイブしてきました~


水温は昨日と変わらず、まずまず快適です。

地元ガイド仲間から聞いた、あるレア生物情報を頼りに右方面へ。。。
すると、聞いていた場所とはまったく違う所でソウシカエルアンコウ!
出会いました!ちょうど移動中だったのか、ガシガシ歩いていたのですが・・・
聞いていた場所にはペアで居た!と言っていたので、その場所に行ったのですが
姿はなく・・・やっぱりさっき見た個体が、穴から移動してきてたんですね~
でも帰りにもう一度見たくて立ち寄ると、なんとその姿がありません(><)
たった5分くらい目を離にただけなのに、なんと逃げ足が速いのやらです。
元の場所に戻ってくれると嬉しいのですが・・・。無理だろなあ。。。
170616-soushi.jpg

もう一つ、頂いた情報で、フタイロハナゴイを見てきました~
コチラは情報通りの場所で見れたのですが、1枚撮ったら奥にススーっと。。。
中々ジックリ撮らせてもらえませんでした。
170616-futairo.jpg

セナキルリスズメダイygは、水温が上がって、以前よりも表へ出てきます♪
越冬してしまった事事態、素晴らしいですね。
170616-senaki.jpg

中央エリアでは、昨日見たジョーフィッシュの口内保育は今日も見れました!

逆に昨日は見れたヤシャハゼのペアは、イサキがうろついていたせいで、
見れずでした(><)
その代わりに?今回もセミホウボウがウロウロしてました。
170616-semihoubou.jpg

浅場に戻る途中、クビアカハゼも元気な姿を見せてくれました。
170616-kubiakahaze.jpg

段落ちで、イロカエルアンコウをチラ見してからハシゴに戻ると・・・
先に戻っていたスタッフ達が、何やら撮っていました。
極小サイズのツツイシミノウミウシでした(^^;
綺麗なウミウシですね♪
170616-tutuisimino.jpg

さて、明日から伊豆大島MDフェアーです!!
ちょっとした大島のダイビング祭りなのですが、大勢のゲストさんで盛り上がりそうです。








ジョーフィッシュの口内保育始まる!

6月15日(木) 天気:晴れ

<秋の浜> 透明度:8~12m 水温:20~22℃ 海況:良好

午前中に土建業のバイトを済ませ、午後からは久々の調査ダイビング♪
天気もいいし、風も弱く、海は穏やかです!


ENすると・・・ん?暖かい!どうやら黒潮の恩恵で大島中、水温がUPした様子。
浅場(3~10m)は22℃、深場(水深30~40m)でも水温20℃でした!
ただ透明度は今一つ、青くないんですよね~(^^;

さて本日のトピックス!は何と言ってもジョーフィッシュの口内保育ですね!!
毎年6月くらいから始まるので・・・最近マメにチェックはしていたのですが、
今年は今日が初観察となりました。(個人的にはですが)
この後、数週間ほどで孵化させては、もう一度・・・と何度か産卵と口内保育を
繰り返しますが、今年も何回も口内保育が見れると嬉しいですね♪
170615-jyo.jpg

側ではヤシャハゼのペア!も元気な姿を披露してくれました!
ただこうしてペアで寄って撮れるのも、平日ならではなんですよね~(^^;
週末はフラッシュを浴び過ぎてなのか?とてもシャイになってしまいます。
170615-yasya.jpg

本当は深場をジックリとリサーチする予定でしたが、思わぬジョーの口内保育の
おかげで、エアーも時間も使ってしまったので、深場はサックリと。。。

深場で定番のジボガウミウシ!が見れました。だいたい30m以深が多いんです。
170615-jiboga.jpg

写真はNGでしたが、コウリンハナダイの♂が元気に中層を泳ぎ廻っていました。

一気に浅場に戻り、、、定番のマツカサウオ若魚に。。。まだ金色の大きさをキープ。
170615-matukasauo.jpg

久々にイロカエルアンコウを撮りました。今日はエスカー振り回してご機嫌そうでした。
170615-iro.jpg

ラストはちょうどサラサエビを捕食した直後のコウイカ!です。
口元から、ちょっとはみ出した、エビの触覚と足が、とてもリアルでした(^^;
170615-kouika.jpg

水温が上がると、どんどんいろんな魚が現れ始めるので明日以降も期待大ですね!!



約20年ぶりのダイビング?!

6月13日(火) 天気:曇りのち雨

<野田浜> 透明度:8~12m 水温:20~21℃ 海況:べた凪

今日は梅雨らしい、降ったり止んだりの曇り空でしたね~午後からはほとんど
降っていましたが(^^;
さて、そんな本日は約20年ぶりに潜るというダイバーさんと一緒に1本だけ
野田浜を潜ってきました。

あまりにも間が開きすぎてるので、本人は一応、体験ダイビング!として
お申込み頂いていたのですが・・・実際に海に潜り始めてみると・・・
案外、いろんな知識や技術を覚えていて、一番の課題である中世浮力も
ほんの数分で間隔を取り戻していたので、体験ダイビングというよりは、
初心者向けのファンダイビング(一応リフレッシュ講習)として潜ってもらいました!
本人曰く、ライセンス講習を受けた時に数本しか潜っていなかったそうですが、
20年経ってもすぐに感覚を呼び起こせるのは、センスの良さ!としか
言いようがありませんね。素晴らしいお客様でした♪

170613-taiken.jpg

ガイドロープ沿いには、今年もボラ!の姿が出始めました。
いよいよ初夏ですね~
170613-bora.jpg

水中アーチの中には今日もイサキの大群!でいっぱい(^^)/
170613-isaki2.jpg

クマノミygも水温が上がったおかげで元気、元気!
170613-kumanomi.jpg

カゴカキダイもいつの間にか群れ!になってきました。
170613-kagokakidai2.jpg

他にも、アカエイ・シロハナガサウミウシ・ハマフエフキ・ニザダイの群れ!・
メジナygの群れ!・キンギョハナダイの群れ!・オトヒメエビ・トラウツボ
などが。

黒潮のおかげで水温は上がったので、透明度だけもうちょっと上がって欲しい
ところですね♪





西側のポイントは暖かい!

6月11日(日) 天気:曇り

<ケイカイ> 透明度:8~12m 水温:20℃ 海況:ややウネリあり
<野田浜> 透明度:8~12m 水温:21℃ 海況:良好


ログ更新が遅れてすみません。
この日は、天気こそは曇りでしたが、南西の風は止んで西側のポイントにも
潜る事が出来ました♪

予想通り、西側の海は水温が少し高くWETでも快適そうでした。

1本目のケイカイは、まだ前日の余波が少しだけ残っていましたが、
普通に潜れるレベルでした。
流れが少しかかっていたので、いつもの根の下にはご覧のとおり、
ホウライヒメジがまた怠けていました(^^;
170613-houraihimeji.jpg

その側の窪みでは大きなイシガキフグがのんびりと。。。
170613-isigakifugu.jpg

18mの砂地ではこれまた大きなカスザメが見つかりました!
比較的大きめな魚が好きなゲストさん達だったのでちょうど良かったです。
170613-kasuzame.jpg

そして今のケイカイと言えば、ハナタツ!
今日も1ペア2個体のハナタツを観察出来ました。
170613-hanatatu.jpg


2本目は野田浜に。。。

水深5m以内の透明度は20mくらいあって久々にクリアーな青さでした。
まあ、その先はいつもの10mくらいでしたが(^^;

浅場ではたくさんのウミウシ達に会えました。
まずはコモンウミウシ!大島や伊豆半島で良くみかける種です。
170613-komon.jpg

ミスガイ!こちらは大島ならではの種ですが、野田浜では比較的に
高確率な気がします。
170613-misugai.jpg

水温が上がったおかげで、カゴカキダイも元気な姿を見せてくれました。
これからどんどん個体数が増えてくる時期ですね。
170613-kagokakidai.jpg

水中アーチ内は、相変わらずイサキの大群!が♪
この魚影を1m以内に接近して見れるのは本当に嬉しい限りです。
170613-isaki.jpg

最後はこのところ定位置にいるキャラメルウミウシを見てEXです。
170613-kyarameru.jpg

梅雨入りして初の週末でしたが、雨に打たれず幸いでした!

黒潮の恩恵で透明度&水温がUP!

6月10日(土) 天気:晴れ

<秋の浜> 透明度:8~15m 水温:18~20℃ 海況:良好

本日はトライアスロン大会の為、当店の前の道や西側の海岸線が
通行止めなので、朝から秋の浜に行きっぱなしの2DIVです。
ゲストさんは全員WETでしたが、気温が高く、太陽ギラギラだったので
全然寒そうにしてませんでした(^^;


そして何よりも、ENした瞬間から昨日までの水温&透明度ではなく、
暖かくて、キレイで実に気持ちの良いダイビングでした~


水温が上がったおかげでクビアカハゼが出てくれてました♪
170610-kubiakahaze.jpg

ジョーフィッシュも相変わらずご機嫌です♪
170610-jyo.jpg

インターネットウミウシも昨日とほぼ同じ場所で見られました。
170610-internet.jpg

浅場に戻ると、いい感じの場所にトラウツボ!が。。。
170610-torautubo.jpg


2本目は砂地へ、、、

アオリイカの卵は新しいのが産卵床に産み付けられていました。
いつ産みに来たのかな??

本日のベスト出会い!はアオウミガメとの遭遇です。
パッと見はタイマイっぽいのですが・・・おそらくアオウミガメかと思われます。
170610-kame.jpg

浅場ではアライソコケギンポが今日も元気でした。
170610-araiso.jpg

明日は西側の海も落ち着きそうだし、大会はないので、西側のポイントに
潜りに行く予定です。



冷たいけど少しキレイに戻ってました。

6月9日(金) 天気:曇りのち晴れ

<秋の浜> 透明度:8~12m 水温:17.2~19℃ 海況:良好

いやあ、梅雨入りしてしまいましたね~でも6月は雨が少なめだそうな。。。
そんな今日は、雨上がりの晴れ日でした♪


秋の浜に1本だけ調査で潜ってきました~

久々に潜ったら、透明度が少しだけ回復してました!まあその代わり水温が
やや下がり、深場にさえ行かなければ全体的に18℃台です。
でも、西側のポイントは19℃以上という情報が入ったので、ここ数日中には
秋の浜の水温も上がる可能性ありますね(^^)/

さて、何だか今日はやけにウミウシが目に留まりました。
中でも初めて出会った種もいます。
そいつはこの子、トルンナ・ダニエラエ!という非常に覚えにくいウミウシです。
でも非常に小さく(1cm)、そして美しいウミウシでした♪
170609-torunnadanierae2.jpg

残りは定番種ですが・・・まずはコガネミノウミウシ!(2cm)
リクエストで探すと中々見つからないのですが、こういう日には不思議とポイポイ
見つかるんです。
170609-koganemino.jpg

かなり巨大なインターネットウミウシ(10cm)
いつもとは全然違う場所で見かけました。
170609-internet.jpg

キイボキヌハダウミウシ!(6cm)
先週と同じような場所で見つかったので、同じ個体かと思われます。
170609-kiibokinuhada.jpg

ウミウシ以外では・・・

ハワイトラギスのペア!比較的深場でよく見かけます。水深30m台かな。。。
170609-hawaitoragisu.jpg

コウイカの仲間!今日は8cmくらいの可愛いサイズでした。
170609-kouika.jpg

浅場では久々にオキナワベニハゼを観察してきました。こちらも定位置です。
170609-okinawabenihaze.jpg

他にも、イサキの群れ!・タカベの群れ!・キビナゴの群れ!などの魚群が
印象的でした。

どうやら、黒潮の支流が入ったようで、地元ガイド仲間の情報では・・・
早朝のケイカイで、ハンマー10匹ほど見れたそうです。今年のハンマー祭りは
例年に比べ、早めかな???まあ黒潮次第でしょうけどね(^^;

さて、明日はトライアスロン大会です!もちろん、海のゲストが居るので・・・
例年のとおり、ショップ前の道路が通行止めとなり、ちょっと大変なんですよね。
南西の風が強い予報なので、元町でのスイムは大変そうですね(><)





各ポイントへ3DIV♪

6月4日(日) 天気:晴れ

<野田浜> 透明度:4~8m 水温:18℃ 海況:ほぼ良好
<ケイカイ> 透明度:4~8m 水温:18℃ 海況:ほぼ良好
<秋の浜> 透明度:4~8m 水温:17℃ 海況:ほぼ良好


今日は久々に弱い北東風に変わり、非常に爽やかな晴れ日!となりました。
ゲストさんの帰る日でしたが、ちょっと早めにスタートして、何とか3DIV
楽しんできました~


全ポイント普通に潜れたのですが・・・残念ながら透明度だけは生憎な感じ。
まあ仕方ないので、こういった時はALLマクロ系狙いのダイビングです。
今日もリクエストのウミウシを中心に。。。

1本目は野田浜に。。。

相変わらず多いシロハナガサウミウシです。今日も7個体くらい見たかな(^^;
170604-sirohanagasa.jpg

アーチでは成長したヌノサラシ!に会えました。
170604-nunosarasi.jpg

帰り際にガーベラミノウミウシの幼体に遭遇。ラッキーでした。
170604-garberamino.jpg

ここ3週間ほど、定位置にいるキャラメルウミウシですが、今日はいつもの
岩から降りたところで発見。ボチボチ動いちゃうかな~(^^;
170604-kyarameru.jpg

2本目はケイカイに。。。

まずは不明種なミノウミウシ!アオミノウミウシ属のSPかな~??
170604-fumei.jpg

ハナタツも定位置で見る事が出来ました。
170604-hanatatu.jpg

3本目は秋の浜に。。。

こちらはNEW!なヤマドリに遭遇♪
相変わらず派手でサイケデリックな感じですよね~(^^;
170604-yamadori.jpg

イロカエルアンコウ若魚も定位置に戻ってました!
170604-iro.jpg

全てのポイントで、他に見れたのは・・・
アオウミウシ・サラサウミウシ・サメジメオトメウミウシ・オトメウミウシ・ハナミドリガイ・
ウスイロウミウシ・スミゾメミノウミウシ・コガネミノウミウシ・スイートジェリーミドリガイ・
イセエビ・ハリセンボン・イシガキダイ・ミギマキ・マツカサウオyg・ベニカエルアンコウ・
アオリイカの卵・ワニゴチ・ミツイラメリウミウシ・タカベygの群れ・ニジギンポ
などが。

明日からしばらく土建業のお手伝いです(^^;


冷たい潮が上がってきた~(^^;

6月3日(土) 天気:晴れ

<秋の浜> 透明度:6~12m 水温:16.2~19℃ 海況:良好

昨日の強い南西からの風は収まったものの、西側のポイントにはまだウネリが
残っていたので、本日新たに迎えたゲストさんと一緒に秋の浜へ2本潜りに
行ってきました~


驚いた事に、昨日は深場だけだった冷たい潮が今日は浅場まで上がってきてました。
おかげで、透明度は全体的に少し上がりましたが、水深10mから深場は常に
水温18℃以下と冷た~い海でした(^^;
深場の32mでは16.2℃とドライでも、かなりシビれる水温でした(><)


ゲストさんのリクエストで、ウミウシを中心に。。。

まずはここ最近、深場で高確率に見られるインターネットウミウシ!
今日は比較的小さめで可愛い子が見つかりました♪
170603-internet.jpg

久々にキイボキヌハダウミウシ!にも遭遇。
こういった明るい色合いで大き目なウミウシは人気がありますね♪
170603-kiibokinuhada.jpg

コガネミノウミウシなんかも見つかりました♪
コチラはかなり小さいので、ゲストさんも撮るのに苦労してました。
170603-koganemino.jpg

浅場では今日もアライソコケギンポが元気な姿を見せてくれました。
170603-araiso.jpg

そしてハシゴ周りには、一段とタカベygの群れ!が増えてきました。
目の前で撮影しても動じる事無く、群れ、群れです。
170603-takabe2.jpg

他には、オトメウミウシ・サメジマオトメウミウシ・ハナミドリガイ・アオウミウシ・
ヤシャハゼ・ジョーフィッシュ・ガラスハゼ・アカホシカクレエビ
など。

明日は西側のポインに潜れれば、潜りたいと思います。



午後は浅場と深場で別世界!

6月2日(金) 天気:晴れ

<秋の浜> 透明度:6~12m 水温:17~19℃ 海況:良好

朝から猛烈な南南西の風の影響で、島の西側の海は大シケでした。
それでも東側の秋の浜は、まったく問題なく潜れてます。
早いものでもう6月、梅雨前だというのに、毎日暑い日が続きますね。


さて、一昨日潜った時は浅場~深場まで、ドンヨリ暗く非常に濁っていたのですが
今日は若干マシだったように思います、特に水深20mから先の深場は、水温が
グーンと下がり、17℃ちょうどでしたが、透明度は12mくらいに復活してました!
まあ午前中は全体的に暗かったようですが。。。(^^;

透明度が上がったおかげでヤシャハゼ!が顔を出してくれてました。
170602-yasya.jpg

ジョーフィッシュはいつも通りご機嫌です。
170602-jyo.jpg

そして今日もセミホウボウはいつもの辺りをウロウロとしていました。
余程、このエリアがお気に入りなのですね(^^;
170602-semihoubou.jpg

アカホシカクレエビを撮ってみたら、早くも卵を作り始めた個体に遭遇♪
今年も沢山の赤ちゃんを産んで欲しいですね。
170602-akahosi.jpg

浅場ではクリアクリーナーシュリンプを観察。。。中層を浮いてる姿が
とても可愛いのです。
170602-kurakurirna.jpg

久々にベニカエルアンコウに会えました!ちょっと大きくて汚れてます(^^;
170602-beni.jpg

ホムラスベヨコエビも相変わらず定位置にいます。この子は比較的大き目な子で
8mmくらいかな。。。
170602-yokoebi.jpg

他にも、ワニゴチ・ミスジスズメダイ・イロカエルアンコウ・ニジギンポなどが。

水温が17℃となると・・・スーツ選びは慎重になりますね。まあオイラはもうちょっと
ドライで潜る予定です(^^;


プロフィール

OFかっすん

Author:OFかっすん
伊豆大島ダイビングサービス
山&星のネイチャーガイド
オレンジフィッシュ代表 粕谷浩之

ダイビングの情報&陸のネイチャーガイドの記事や写真を紹介しています。

最新記事

最新トラックバック

検索フォーム

ブロとも申請フォーム

QRコード

QR