やっとニタリ!と思いきや・・・?-オレンジフィッシュ-

12月6日(土) 天気:晴れ

<秋の浜> 透明度:12~15m 水温:16~17℃ 海況:良好

今日の午前中まで西風が強く、相変わらず体感温度はマイナスな大島です。
午後から風が止まり、やっと太陽の暖かさを感じる1日でした。

さて、本日はリピーターの上級者さん達を迎えて「ニタリ」狙いで深場の3DIV♪
今年はどういう訳か?ニタリの目撃は深場が多く、ほとんどが水深30m以深です。
今日も水温は低く、深場16℃台、浅場17℃台です(^^;


そんな訳で、前半から中層を流しつつ・・・キョロキョロと。。。
しかし、そんなあっけなく見れる程は甘くなく、1本目&2本目は撃沈でした。
それでも2本目で、巨大マグロが目に前を泳ぎ去ってくれたのは救いでした(^^;

とは言え、何も見せない訳にはいかないので(^^;

ついに見てしまった(><)冬の代表魚イズカサゴ!
水温が低くなった冬~春にしか見かけない魚です。巨大で存在感ありますが、
見るとやっぱり低水温を実感させられます(^^;
141206-izukasago.jpg

他にも、コウリンハナダイ・ジボガウミウシ・クダゴンベなどが。。。

で、目的だった「ニタリ」は・・・一番後ろにいたゲストの1人が3本目に発見してくれて、
もちろんタンクを叩く合図が出るなりすぐに、その音の方角に全員でダッシュしたものの、
結局見れたのは第一発見者のみ!

ウーン究極のニアミスに見れなかったメンバーはガックリ(><)
しかし、、、大物運に見放されたオイラ的には、ガイド中にゲスト1人だけでも見れた事は
かなりの前進と言えるでしょう(^^;

浅場では小さなイソコンペイトウガニが見つかりました!
居ついているトサカを離れてチョコンと居たので今回は見せ易くてラッキーでした。
141206-isokon.jpg

黒いクマドリカエルアンコウyg!だけは大人しく定位置に。白は行方不明です。。。
141206-kurokuma.jpg

段上のイロカエルアンコウygは、毎日少しずつですが成長してきて、だいぶ大きく
なったと思います。
141206-iro.jpg

さあて明日こそは、例えシルエットでもニタリの姿をカメラに納めたい。。。なあ(願望)


 
スポンサーサイト

Trackback

Comment

Post a comment

Secret


プロフィール

OFかっすん

Author:OFかっすん
伊豆大島ダイビングサービス
山&星のネイチャーガイド
オレンジフィッシュ代表 粕谷浩之

ダイビングの情報&陸のネイチャーガイドの記事や写真を紹介しています。

最新記事

最新トラックバック

検索フォーム

ブロとも申請フォーム

QRコード

QR