水温下がり、コロザメ出現(^^;-オレンジフィッシュ-

3月13日(金) 天気:晴れ

<秋の浜> 透明度:10~12m 水温:13.9~14.8℃ 海況:良好

数日間、吹き続けた猛烈な西風も止まり、3日ぶりに高速船が就航して
本日の上級者ゲストさん達も無事到着で何よりです(^^;

皆さん一眼系のカメラ派ダイバーなので、秋の浜をどっぷりと2DIVしてきました~

とは言え、水温は昨日よりも更に下がり・・・ついに13℃台に突入(><)
40分過ぎると、体の芯まで冷え切る感じでした~(^^;


1本目は際壁沿いに沖へ。。。

中層を進むと、砂地に巨大なサメ跡が・・・
この大きさはきっと!と思い、降下していくとやっぱりコロザメ!でした。
この冬初!の遭遇に嬉しさと水温の低さを改めて実感してしまいました(^^;
横に並ぶと、ちょうど165cmのオイラと同じくらいの大きさでしたが、
大島で見るコロザメの中ではこれでもやや小さめな方です。
150313-korozame.jpg

何気に久々にイガグリウミウシが目に留まりました。
カメラのフラッシュを上げずにハウジングに入れてしまったのでライト光での
撮影ですが、それでも案外撮れるもんですね。
150313-igaguri.jpg

浅場の定番、マツバギンポもさすがに寒そうに見えました(^^;
150313-matubaginpo.jpg


2本目は、右斜面へ。。。

多少向かい潮で沖へ出るのが大変でしたが、頑張って沖まで行ってきました。
午後と言っても3時半以降だったので水中も暗いと予想してましたが、案外明るく・・・
日が伸びたんだなあ。。。とこれまた実感です。

まったく逃げないスミレナガハナダイ♀です。
この子は際壁沿いの個体と違って、ライト当てても逃げないので撮り易かったです。
150313-sumirenagahanadai.jpg

右コースと言えば、今では定番のアサヒハナゴイ成魚です。
やはり午前中に比べるとライト光に少し敏感でしたが、まあ図鑑写真的な1枚くらいは
撮れて良かったです(^^;
150313-asahihanagoi.jpg

ゲストさん達が夢中に撮ってる間に、側にいたコガネスズメダイygを撮ってみました。
この時期にこういった明るい色合いの魚は映えますね~
150313-koganesuzumedai.jpg

浅場ではこのところ定位置に居ついてるアオサハギygを激写!
やっぱり何度撮ってもこの子は可愛いです♪
150313-aosahagi.jpg

他には、クダゴンベ・スジハナダイyg・ベニハナダイyg・サクラダイyg♀・タコ・
アオリイカ・ベニカエルアンコウ・クロスジウミウシ・ハナキンチャクフグ・
レンテンヤッコ・ハナミドリガイ・カエルウオ・チシオコケギンポ・巨大ヒラメ
などが。

明日はゲストの入れ替わりもあって3DIV予定です♪

スポンサーサイト

Trackback

Comment

Post a comment

Secret


プロフィール

OFかっすん

Author:OFかっすん
伊豆大島ダイビングサービス
山&星のネイチャーガイド
オレンジフィッシュ代表 粕谷浩之

ダイビングの情報&陸のネイチャーガイドの記事や写真を紹介しています。

最新記事

最新トラックバック

検索フォーム

ブロとも申請フォーム

QRコード

QR