1日で海況がかなり回復♪

10月18日(日) 天気:晴れ

<王の浜> 透明度:6~8m 水温:21~22℃ 海況:ややウネリあり
<秋の浜> 透明度:8~12m 水温:21~22℃ 海況:波あり


1日遅れのログですみません。。。
非常に強い北東風に悩まされ続けたこの3日間でしたが、この日はだいぶ
海況がおさまりつつあり、初心者でも何とか潜れる海になって一安心でした。


とは言え、波がまったく無くなったわけではないので1本目は安全に王の浜へ!

昨日よりも浅場のウネリが弱くなり、だいぶ見やすくなりました。
まずはロープ沿いの浅場に何故か単独のヒレナガカンパチ!が。。。
あまりにも動きが鈍かったので思わず撮りましたが、その後は急いで
泳ぎ去って行きました(^^;
151018-hirenagakanpachi.jpg

沖へ向かう途中の根の上ではイッセンタカサゴygの群れ!がキレイでした。
こうした南方種の回遊魚の群れが見れるのは王の浜の良いところです。
151018-issentakasago.jpg

サンゴの上では、相変わらずイッテンチョウチョウウオの姿が目立ちます。
余程この場所がお気に入りのようですね。
151018-ittentyoutyouuo.jpg

サンゴの下にはヒレグロコショウダイygが出たり入ったり・・・
中々撮らせてもらえなかったのですが、今季初なので嬉しい出会いです。
151018-hiregurokosyoudai.jpg


2本目は風がだいぶおさまっていたので、思い切って秋の浜へ!

まあ波はそこそこ高かったですが、朝一でチェックした時の半分ほどの大きさに
波が小さくなってくれていました。
久々の秋の浜でしたが、やっぱり西側の海より透明度が良いですね~♪

砂地との際ではキレイな発色のコガネキュウセンygを見てもらいました。
ちょうど大きさも手頃で、あまり激しく動かないのでガイドネタにはかかせません。
151018-koganekyuusen.jpg

沖では抱卵中のアカホシカクレエビを紹介です。
中々肉眼では見え辛いのですが、こうしてマクロレンズを使って写真を撮ってみると
キレイなオレンジ色した粒々の卵が見えるんです♪
151018-akahosikakureebi.jpg

浅場のフリソデエビのペア!も定位置で健在だったのでホッとしました(^^)
2日間程、かなり荒れ狂っていたのですが、荒波を乗り越えてくれて助かりました。
151018-furisodeebi.jpg

他にもテンクロスジギンポ・ワニゴチ・イソギンチャクエビのペア・トラウツボ・
ホウライヒメジ・イサキの群れ・トウシマコケギンポ・ソラスズメダイの群れ!

などが。

しばらく晴れが続きそうですね(^^)でも週末の度に荒れるのだけは勘弁してほしい
ものです(><)




スポンサーサイト

Trackback

Comment

Post a comment

Secret


プロフィール

OFかっすん

Author:OFかっすん
伊豆大島ダイビングサービス
山&星のネイチャーガイド
オレンジフィッシュ代表 粕谷浩之

ダイビングの情報&陸のネイチャーガイドの記事や写真を紹介しています。

最新記事

最新トラックバック

検索フォーム

ブロとも申請フォーム

QRコード

QR