休暇明けの海でした~♪

1月13日(水) 天気:晴れ

<秋の浜> 透明度:10~12m 水温:17.5℃ 海況:良好

年末年始は働きづめだったので、7日~5日間ほど休暇で実家に
戻ってました~まあ法事とかもあったしね(^^;


という訳で、1月5日以来の海です(^^)/
残念ながら、いつの間にか水温は下がり、全体的に17℃台でした。
まあこれで普通というか、まだ若干暖かいくらいでしょうか(^^)


そして年始に見損なっていたレア者である待望のクマドリ君を見たくて
地元ガイド仲間からだいたいの場所を聞いて向かったのですが・・・
結果はまさかの撃沈(><)

微妙に探した場所が悪かったのか、もう引っ越した後なのか?
ただ単に老眼のオイラの目では探せなかっただけなのか?「涙」でした。

その代わりに見てきたものは可愛いサイズのピカチュウこと、
ウデフリツノザヤウミウシ♪2cmくらいでした。
160113-pika.jpg

久しぶりに見れたイガグリウミウシ!
この子も2cmくらいで比較的大島で見れる中では小さめでした。
160113-igaguri.jpg

クマドリ探しで時間を使ったので、ここでTIMEUP(><)

後ろ髪引かれながらも浅場へ移動すると、まるで元気付けてくれるかのように
天から?1cmくらいの半透明な者が、偶然舞い降りてきたのです!
そっと、手の平に乗せてみると・・・なんとフリソデエビの赤ちゃんでした!!
このくらい小さいと、こうしてフワフワと浮遊して移動するのでしょうか?
こんな偶然初めてで、ちょっと感動的でした。手首の赤いコンピューターベルトの止め具穴の大きさと
比較してみてください。

160113-furisode.jpg

せっかくなので、更に浅場でみんなが見てる大きなフリソデエビのペアの場所へ
運んでみました。
まああまりにも小さいので、ここに居つくかわかりませんが、
一応ここならば定期的に誰かがエサであるアカヒトデを運んできてくれるし、
運がよければこの場所で大きく成長できるでしょう♪
160113-furisode2.jpg

そして最後の最後で浅場をウロウロと回遊していたナンヨウカイワリ!です。
個体数は少ないし、もう時期ではありませんが結構美味な魚として有名です。
まあシルエットも少しカッコいいですし、特徴でもある体に点在する斑点模様が
独特な魚です。
160113-nanyoukaiwari.jpg

今日は水温低い割には浮遊物が少し目立ちました。。。だけどまだまだ魚影は
濃いままです(^^)/



スポンサーサイト

Trackback

Comment

Post a comment

Secret


プロフィール

OFかっすん

Author:OFかっすん
伊豆大島ダイビングサービス
山&星のネイチャーガイド
オレンジフィッシュ代表 粕谷浩之

ダイビングの情報&陸のネイチャーガイドの記事や写真を紹介しています。

最新記事

最新トラックバック

検索フォーム

ブロとも申請フォーム

QRコード

QR