3月12日(土) 天気:晴れ時々曇り

<秋の浜> 透明度:12~20m 水温:16.4℃ 海況:やや波あり

昨日とは一転、晴れたのですが今日も北東風(ナライ)がやや強めに吹き、
秋の浜は荒れ気味でした~(><)

とは言え、潜れないほどではなかったので、ゲストのリクエストで3本とも
秋の浜へガッツリ潜ってきちゃいました~♪


1本目は際壁を深場へ。。。

まずは昨日のリベンジでハナゴンベygに立ち寄りました。
今日もシャイなままなので、最初の数枚が勝負です(^^;まあ昨日よりは
何とかまともに撮れた気がします。。。
160312-hanagonbe.jpg

久々にベニサンゴガニsp!に立ち寄ってみました~
いつのまにか2個体になっていて驚きましたが、もう1匹は手前の個体に
かぶってしまい、残念ながら単独写真です。
160312-benisangogani-sp.jpg

この辺りでは、昨日も見れたピカチュウ!が今日も無事に見れました。
昨日と違って、丸くなっていたのでGood♪
160312-pika.jpg

そしてこれまた久々に会えたアカオビハナダイ!
明らかに他の個体と比べて、体表に赤い帯があるのでよく目立ちます(^^)/
160312-akaobihanadai.jpg


2本目からは新たなゲストも合流したので際壁と砂地巡り。

残念ながら砂地にはコレ!といった被写体がいなかったので基本壁沿いと
浅場で見れた魚の紹介になります。


まずは定点観察しているサラサゴンベ!
もうボチボチ2ヵ月以上はこの場所にいる気がします♪一応南方種になります。
160312-sarasagonbe.jpg

浅場ではサガミリュウグウウミウシなんかも目に止まりました。
160312-sagamiryuuguu.jpg

そして多分約1年ぶりになるかと思いますが、ホムラスベヨコエビ!
見つかりました。真ん中の個体と下中央付近にもう1個体が。。。
ちなみにこの子で大きさは約5mmです(^^;
160312-homurasubeyokoebi.jpg


ラスト3本目は中央エリアをウロウロと。。。

深場で印象的だったのはピカチュウの赤ちゃん!
残念ながら写真は撮りませんでしたが、1cm以下のとても可愛い子でした。

そして新たな場所でクシノハカクレエビ!なんかも見れています。
ザラカイメンの中がお家なのです♪
160312-kusinohakakureebi.jpg

浅場に戻りだすと・・・コガネミノウミウシが見つかりました。
大島では毎年冬~初夏にかけて良く見かけます。
160312-koganeminoumiusi.jpg

浅場の段壁まで戻って、今が旬のクリアークリーナーシュリンプ!
見てもらいました。ちょうど3匹映っていました。
160312-kuriaku-na-syurinpu.jpg

他にもヒマワリスズメダイ・ケラマハナダイ・マダイ・ハリセンボン・
ハナミドリガイ・アオサハギyg・ミスジスズメダイyg・クロイトハゼのペア・
ベニカエルアンコウ・ヒラマサ・トウシマコケギンポ
などが。

そんな訳で、3本も潜ればいろいろ種類が豊富に見つかる秋の浜でした!
でも明日もう見せる固定ネタがもうないかも~(^^;



スポンサーサイト

Trackback

Comment

Post a comment

Secret


プロフィール

OFかっすん

Author:OFかっすん
伊豆大島ダイビングサービス
山&星のネイチャーガイド
オレンジフィッシュ代表 粕谷浩之

ダイビングの情報&陸のネイチャーガイドの記事や写真を紹介しています。

最新記事

最新トラックバック

検索フォーム

ブロとも申請フォーム

QRコード

QR