約5年ぶりに復活!なジョーフィッシュ♪

3月23日(水) 天気:晴れ

<秋の浜> 透明度:10~12m 水温:17℃ 海況:ややウネリあり

朝から日中にかけては春らしいポカポカ陽気でした。
地元ガイド仲間から、ジョーフィッシュ復活!との朗報を聞いたので
久々に、調査DIVに行ってきました~(^^)/


週末に体験ダイビングで野田浜には潜りましたが、秋の浜に潜るのは
1週間ぶりでした。水温は変わらず17℃くらいで安定していますが、やや春特有の
浮遊物が出てきてしまいました~まあ、決して春濁りって事ではなく充分な透明度は
あるので問題ありませんが。。。


まずは表題のとおり、久々にテンション上がりまくりのジョーフィッシュの画像から!
いやあ、約5年ぶり?もしかすると6年ぶりになりますか・・・嬉しい再来です。
今日は巣穴の手入れで、大忙しな様子。。。一生懸命に口で小石を積み重ねて
立派な巣穴を修繕していました。
あまりにも可愛くて気づけば20枚くらい撮ってしまってました(^^;
160323-jyo.jpg

待望の新ネタ!はジョーフィッシュだけではなく、今年はまったく気配がなかった
オオモンカエルアンコウも登場してくれました!
オオモン~じゃなくてもイロ~だけでも居て当たり前だったのが秋の浜なのですが、
この半年以上その存在が無く、非常に寂しかったのでとりあえずは良かったです。
160323-oomon.jpg

そしてこれまた新顔のイバラダツ!です。
最近になって、ハナタツやオオミウマ等の噂は聞いていたものの、この子を含め
タツ系には運がなくずっと見れていなかったので嬉しかったです。
160323-ibaradatsu.jpg

伊豆半島では当たり前な普通種ですが、大島ではかなりレア度が高い・・・
キンチャクダイの若魚!です。
幼魚は毎年多く見かけるのですが、こうした成魚に近い色模様が出てる個体に
会うのは本当に稀なんです。ましてやこの子よりも成長した成魚は大島で見たことが
ありませんから。。。
160323-kintyakudai.jpg

最後は何だかんだで越冬してしまったツバメウオ!がまだ健在です(^^;
大島でこんなに長く居ついたツバメウオは多分初めてかと思います。
こうした絶対的な南方種が気軽に毎回見れるのは嬉しい半面、心配でもあります。
この冬は本当に水温が下がりきらなかったんですね~。。。
160323-tubameuo.jpg

他にも、カンムリベラyg・クリアクリーナーシュリンプ・ハナゴンベyg・巨大ヒラメ・
イサキの大群!・クシノハカクレエビ・ニシキウミウシ
などが。

このままちょっとずつでも良いからマクロ系の新顔が増えてきてほしいものですね♪


スポンサーサイト

Trackback

Comment

Post a comment

Secret


プロフィール

OFかっすん

Author:OFかっすん
伊豆大島ダイビングサービス
山&星のネイチャーガイド
オレンジフィッシュ代表 粕谷浩之

ダイビングの情報&陸のネイチャーガイドの記事や写真を紹介しています。

最新記事

最新トラックバック

検索フォーム

ブロとも申請フォーム

QRコード

QR