ここへ来て水温が急低下(^^;

5月6日(金) 天気:曇り

<ケイカイ> 透明度:8~10m 水温:17℃ 海況:良好
<秋の浜> 透明度:6~15m 水温:16.4℃~17.6℃ 海況:良好


今年は今週末までがGWなんだと思っていたのですが・・・どうやら世間的には
昨日で終わっていたようで、今日はいつもと変わらない普通の平日と同じように
海にはダイバーの姿がほとんどありませんでした。
もちろん、当店もたったの1人だけだったんですけどね。。。(^^;


1本目はケイカイに。。。

ちょうど潮が一番引いている時間帯だったので、EN&EXがとても大変でした。
だけど何より驚いたのが、水温が1日にして下がった事で、、、その分透明度は
上がったのですが、寒かったです(><)


先日見れたお腹パンパンのハナタツ!は今日も健在でした。
近くに相方がいると思うのですが、どうしても見つけられません。。。
160506-hanatatsu.jpg

スミゾメミノウミウシも健在で、しばらくは観察出来そうです。
160506-sumizome.jpg

他にも、大きなネコザメ・ハリセンボン・ニシキウミウシ・ゴイシウミヘビなどが。


2本目は秋の浜へ。。。

西のケイカイは冷たかったけど、東の秋の浜は変わっていないだろう。。。なんて
甘い考えは、潜った瞬間に吹っ飛びました(^^;コチラも水温下がってました。
しかも水深30mエリアは、水温16.4℃でした(><)だけど久々にキレイな海です!!


ここでのNEW!はアマミスズメダイyg♪
実はGW前半に来店されたショップスタッフさんが見つけてくれたのですが、中々見れず
本日やっと見てくる事が出来ました~こういう南方種は嬉しいですね!
160506-amami.jpg

そして運良く久々にミアミラウミウシ!にも遭遇出来ました。
いつ見てもド派手なウミウシですよね~
160506-miamira.jpg

オオモンカエルアンコウもまだ居るかどうか心配してましたが、定位置にちゃんと居てくれました。
160506-oomon.jpg

砂地の漁礁には産卵でアオリイカが今日も産みに何ペアか漂っていました~
そのすぐ下には、大きなヨコスジヤドカリも見る事が出来ています。

浅場では、なんとイッセンタカサゴの群れ!が見れました。
僕の中ではもっと南の暖かい海域で群れで見れる印象で、まさかこの水温が冷たい時期に
見れるとは・・・かなりビックリしました。
160506-issentakasago.jpg

段上ではちょっと大きめなホムラスベヨコエビが観察出来ました。
とは言え、これでも8mmくらいでしょうか(^^;
160506-homurasubeyokoebi.jpg

他にも、ワニゴチ・アカハタ・アカホシカクレエビ・ニラミギンポなどが。

今晩から明日にかけて雨予報・・・明日の日中には完全に上がっていてほしいですね。




スポンサーサイト

Trackback

Comment

Post a comment

Secret


プロフィール

OFかっすん

Author:OFかっすん
伊豆大島ダイビングサービス
山&星のネイチャーガイド
オレンジフィッシュ代表 粕谷浩之

ダイビングの情報&陸のネイチャーガイドの記事や写真を紹介しています。

最新記事

最新トラックバック

検索フォーム

ブロとも申請フォーム

QRコード

QR