消えゆく人気種いれば、現る人気種も!

10月18日(火) 天気:晴れ

<秋の浜> 透明度:15~20m 水温:25~26℃ 海況:ほぼ良好
<野田浜> 透明度:10~15m 水温:25~26℃ 海況:ウネリあり

本日は朝から爽やかな秋晴れに!
今日は以前勤めていた都市型ショップの後輩スタッフ達が下見で潜りに
きてくれました~
♪オイラが辞めて早11年。。。そりゃスタッフも新たに入れ替わります
もんね~。。。初大島という事で、秋の浜や野田浜の地形を中心に3DIVしてきました~

秋の浜は相変わらずコンディション良く、真っ青で暖かな黒潮の海が楽しめています。
ただここ数日でバタバタと居なくなってしまった旧アイドル魚達。。。
今日も居る予定だった、ジョーフィッシュとナンヨウハギygが複数匹いたにも関わらず
完全に姿を消してしまってました(><)
 
2種とも、この夏大いに楽しませてくれた人気種だっただけに残念ですが、もしかすると
新たな場所へ引っ越しただけかもしれませんので前向きに考えましょう(^^;
また探してみます。

さて去る南方種いれば、現る南方種も居て・・・今日は新たにこんな子達に出会えました。

まずはメガネスズメダイyg!
毎年9月くらいから楽しめる人気種ですが、今年は遅めの登場です。
161018-megane.jpg

動くのでガイドネタにはなりませんが、ソウシハギなんかも今年初じゃなかったかな?
161018-sousihagi.jpg

写真は上手く撮れませんでしたがクロメガネスズメダイygも個人的に新発見でした♪

中央の砂地では相変わらずヤシャハゼ!が元気です。他の場所でも1個体見たので、
僕の知る限りは、この子の15m範囲内に全部で3個体いますね。
ヤノダテハゼとペアのヤシャ君の方は今日は見れませんでした(><)ヤノ~はいつも
出てるんですけどね。。。
161018-yasya.jpg

浅場ではアカハチハゼのペアが少し個体数減りましたが、まだまだ元気です。
161018-akahachihaze.jpg

マダラタルミygも健在でしたが、だいぶ成長して泳ぐ範囲も広がりましたね~
こうなるとこの子もいつまで見れるやら。。。

EXのハシゴ前では、ご覧のとおり見事な「イワシ天井」が楽しめます♪
161018-iwasi.jpg

今日は未確認ですが、クマドリカエルアンコウやカミソリウオのペア&フリソデエビ
出てるらしいので、今年の秋もいよいよマクロ系が充実してきましたね~

3本目に野田浜へ。。。

何だか不思議なウネリが入ってまして・・・予想外に水中は砂や海藻が巻き上がるは、
アーチの中でも体は揺らされるは、、、で意外と散々でした(><)
まあ、今回はファンガイドではなく、スタッフさんへの地形案内なので問題ありませんが。

アーチの中ではここ数日、決まってこのイシガキフグが観察できます。
近づけば逃げるにせよ、かなりスローな動きをしてくれるので、こういった写真もOK。
161018-isigakifugu.jpg

アーチの上のイソギンチャク畑には、ミツボシクロスズメダイygがもの凄い数で群れて
います。この写真に写ってるだけでも約70匹。。。(暇人ですみません)
イソギンチャク畑全体で考えれば、軽く200匹はいるでしょう(^^;
まさに「ミツボシ保育園」です♪
161018-mitubosi.jpg

帰る途中、今日も大きなヒラマサが単独で泳いでいました。一瞬だったけど。。。

そしてこれも一瞬だったけど久々に1mオーバーのクエの姿も見れました。

後輩スタッフ達の下見ダイビングは、日帰りだったのでここから大慌てで帰って
行きましたが、コンディション良かったので良い下見が出来たことでしょう?!(^^;


スポンサーサイト

Trackback

Comment

Post a comment

Secret


プロフィール

OFかっすん

Author:OFかっすん
伊豆大島ダイビングサービス
山&星のネイチャーガイド
オレンジフィッシュ代表 粕谷浩之

ダイビングの情報&陸のネイチャーガイドの記事や写真を紹介しています。

最新記事

最新トラックバック

検索フォーム

ブロとも申請フォーム

QRコード

QR