雲一つない青空ですが、海は荒れました~

11月6日(日) 天気:晴れ

<秋の浜> 透明度:10~15m 水温:21~23℃ 海況:波あり
<王の浜> 透明度:10~15m 水温:22~23℃ 海況:ほぼ良好


朝から最高な秋晴れなのですが・・・あれ?予報が急に変わって北東風(ナライ)が
かなり強めに吹く1日でした~

朝早い時間帯なら、まだ完全に荒れる前なので・・・という事で、
1本目は秋の浜に。。。
右斜面は昨日行ってなかったので、主に右エリアへ。。。

まずは定番種のホシゴンベygへ。
だいぶ慣れたのか?かなりおとなしく撮らせてもらえるようになってました。
あわよくばドリーygが居ないかな~なんて思ったのですが、やはり姿なく(><)
161106-hosigonbe.jpg

沖へ向かう途中、これまた定番種となってるフタスジリュウキュウスズメダイygへ。
この子も少し成長したように思えます。
側ではハナゴイygも健在でした。
161106-futasujiryuukyuu.jpg

さらに進んでクチグロニザygがビビットな黄色で非常に目立ちます。
この子も大きさといい、動きといい比較的撮りやすい子かな。。。
161106-kutiguroniza.jpg

そして目玉なホホスジタルミyg!
今日も定位置に居ましたが、どうも上手く撮れないんですよね~
今回も完敗です(^^;
161106-hohosujitarumi.jpg

ハタタテハゼのペアを見せたかったのですが、瞬殺気味に消えたので・・・
代わりにケラマハナダイygを紹介です。
161106-keramahanadai.jpg

そこからは一気に浅場へ戻り、ミノカサゴyg・タテジマキンチャクダイygなどを
見てからEXへ。
すると、ハシゴ手前でもの凄い勢いで捕食してるアジ系の群れに遭遇!
10枚くらい撮った中で唯一、見れるのがコチラ。。。
胸鰭が黄色いのでカスミアジの群れ!でした。立派な南方種ですが、今年は
個体数が多く、よく見かけますね。
161106-kasumiaji.jpg


2本目は秋の浜がとてもまともに潜れる海況ではなくなったので・・・
予定通りに王の浜へ。。。

昨日からずっと秋の浜でマクロ系中心だったので、ここでは比較的大きな魚を
狙って潜りました~

まずはアオブダイホウライヒメジの群れ!などを見ながら沖の根へ移動。。。
根の上を進んでいくと、狙い通りにアオウミガメに遭遇!!
今回見れたカメは小さめでしたが甲羅がキレイで可愛いカメでした♪
161106-kame.jpg

サンゴの周りで少しだけマクロ系狙い。。。

まずはヤリカタギygが今日も良い位置で健在でした。
いつまで居ますかね~
161106-yarikatagi.jpg

ナマコをひっくり返すと、運良く小さなウミウシカクレエビを発見。
個人的にも大好きなエビですが、この子はまだ1cmくらいで非常に小さかった~
161106-umiusikakureebi.jpg

根を降りていつものテングダイを見に行くと・・・
今日はラッキーな事に、カスザメが居てくれました。カスザメと言えどサメはサメ!
ゲスト達も喜んで撮ってくれました~
側では大きめなヒラメも居たり、カゴカキダイが群れていたり・・・と
何だか賑やかなエリアでした。
161106-kasuzame.jpg

最後はテングダイを撮るゲストの写真があったので、載せておきます(^^;
161106-tengudai.jpg

唯一、残念だったのは湾内に居たサザナミヤッコygの姿が無かったことです。
たまたま奥に隠れてて見れなかったのか?居なくなったのか?
ちょっと寂しかったですね~

今回のゲストの皆さんは全員がドライスーツで潜りました。
水温的にはまだWETでも潜れますが、陸上の気温が低い日や風の強い日は
やはり素直にドライスーツがオススメです。皆さんもスーツ選びは慎重に♪



スポンサーサイト

Trackback

Comment

Post a comment

Secret


プロフィール

OFかっすん

Author:OFかっすん
伊豆大島ダイビングサービス
山&星のネイチャーガイド
オレンジフィッシュ代表 粕谷浩之

ダイビングの情報&陸のネイチャーガイドの記事や写真を紹介しています。

最新記事

最新トラックバック

検索フォーム

ブロとも申請フォーム

QRコード

QR