アオリイカの産卵シーンが見事!!

6月20日(火) 天気:晴れ

<秋の浜> 透明度:10~15m 水温:21.8℃ 海況:ややウネリあり
<ケイカイ> 透明度:10m 水温:21.8℃ 海況:ややウネリあり

本日は急遽、予約の入ったリピーターゲストさんの日帰り2DIVでした♪

天気は梅雨とは思えないくらい暑く、海もウネリは残ってましたが・・・
秋の浜の透明度は、想像以上に回復してキレイになっていました。


あまりマクロ系がお好きじゃないゲストさんだったので、際壁~砂地にかけて
潜ってみました。
すると、イカの産卵床には遠くからでも確認出来る程、アオリイカが群れ!で
産卵に訪れていました。
全部で5ペア、10パイはいたかと思います♪
個人的には今シーズンで一番多くの産卵シーンとなりました。
やっぱり水温が20℃以上で安定すると産みに来るんですね~(^^)/
170620-aoriika2.jpg

今日は産み付けた瞬間も撮らせてもらえました♪(下の子ね)
170620-aoriika1.jpg

際壁沿いにも新たなアオリイカの卵を発見!今年は何だか妙な所にも
沢山産んでます。お願いだから産卵床に産んでおくれ~(^^;
170620-tamago.jpg

帰り際、インターネットウミウシのペアに遭遇。
このウミウシは大型種なので、今回のゲストさんでも興味あったようです。
170620-internet.jpg

他にはイサキの群れ!・ヒレナガカンパチの群れ・タカベの群れ・マツカサウオyg・
イロカエルアンコウyg・泳ぎ去るトビエイの影
。。。


2本目は地形好きなゲストさんのリクエストでケイカイに。。。

ウネリの影響と、逆潮のせいで、透明度は今一つでしたが、群れ!は相変わらず
多かったです。そういった意味ではゲストさん的には大喜び♪

印象的だったのは、お腹パンパンのハナタツ2個体!
お腹の張り具合からどちらも♂な気がしますが。。。微妙に膨らみ方が違います。
たぶん、上の子は逆三角形のような、上側の膨らみ方なので♂かと。
下の子は素直な三角形?で下の方が膨らんで見えるので♀かと。。。

毎日夜明け近くに粘って潜れば、ハッチアウトの瞬間が見れるかも?ですが、
外した時のダメージを思うと・・・いつも諦めてます(^^;
170620-hanatatu2.jpg

170620-hanatatu1.jpg

ゲストさんには興味ない1cmの世界でしたが、浅場で久々にウスイロウミウシ
見かけました(^^;
170620-usuiro.jpg

他にも、イシガキフグ・アオブダイ・ホウライヒメジの群れ・ベラギンポ・コロダイなど。


明日は1日中、雨だなあ。。。やっぱり梅雨だなあ。。。



北東風の影響で西側のポイントへ。。。

6月18日(日) 天気:曇りのち雨

<野田浜> 透明度:10m 水温:19.8℃ 海況:ほぼ良好
<王の浜> 透明度:10m 水温:19.6℃ 海況:ほぼ良好


せっかくのMDフェアー2日目だというのに、荒れ予報の影響で、
各メーカーのモニター会ブースは急遽、王の浜に。。。がしかし・・・
前日の予報とは裏腹に、意外と朝のウチは秋の浜にも野田浜にも
波が立たず・・・結局は各ショップバラバラなポイントに潜ったようで、
メーカーさん達も、早々と撤収せざる得なかったようです(><)


ウチも1本目はまだ潜れそうだった野田浜に。。。

ロープ沿いでミスガイ!に遭遇。
最近、高確率にこの辺りで目にします♪
170618-misugai.jpg

もちろん水中アーチ内には今日もイサキの群れ!でいっぱいでしたよ。

後半廻った大きな根の下で、イシガキフグに会えました。
正面顔が撮れたので・・・笑ってる~(^^;
170618-isigakifugu2.jpg

浅場では、このところいつも定位置のキャラメルウミウシ!がだんだん大きく成長してきました。
今日はいい感じな場所に居てくれたので撮りやすかったですね。
170618-kyarameru.jpg

他にも、シロハナガサウミウシ・ニシキウミウシ・サラサウミウシ・クマノミ・
ムカデミノウミウシ・アカハタ・カゴカキダイ・コロダイのペア・ハマフエフキ
など。


2本目は王の浜へ。。。

約1ヵ月半ぶりに潜った気がします(^^;
想像はしてましたが、やっぱり沖は”ヒロメの森”にいつの間にかなっていました。
海藻ワサワサ過ぎて、根の形が微妙にわからなくなる程でした。


まずはEN前にちょうどEXしてきた地元ガイドさんに、ムラサキウミコチョウ!
情報をもらい、早速行ってみました♪
すると、可愛らしいペアの姿で見る事が出来ました。
170618-murasakiumikochyou.jpg

沖の根の壁で、何か探していると・・・いい感じの場所でフルセゼブラヤドカリ
会えました。小さいけれど、実に美しい色合いのヤドカリです♪
170618-furusezeburayadokari.jpg

最後は、テングダイのペア!
以前と変わらずの定位置で今回も仲良しな姿が見れて、良かったです。
170618-tengudai.jpg

結局は午後から、秋の浜もかなり高い波が入ってきてしまい・・・午後3時過ぎは
危険な海に変貌してしまっていました。




MDフェアーの本日、海はチョイ荒れ?!

6月17日(土) 天気:晴れ

<秋の浜> 透明度:8~12m 水温:19~21℃ 海況:やや波あり
<野田浜> 透明度:8~12m 水温:20~22℃ 海況:良好


本日は伊豆大島MDフェアー(伊豆大島「マジ」で「大好き」フェアー)でした(^^;
朝から天気には恵まれましたが、北東風がやや吹いて、水面は少し波がありました。
ファンダイブは何の問題も無かったのですが、体験ダイバーもいらしたので・・・
体験ダイビングだけは、海が穏やかな野田浜で行いました!

まずは野田浜での体験ダイビング!
足の着く深さでの練習時には、女性の方が「ちょっと怖くて無理かも~・・・」なんて
弱気な発言もありましたが、浅場での練習を少し多めにゆっくりやっていくと・・・
「何か大丈夫かも~!」に変化してきました。
結果、二人とも全然問題なく、大島の海を満喫して潜ってもらえました~♪
写真はクマノミを見て喜ぶ二人です。(クマノミは写ってないけど・・・)

EXしてからの上り坂は大変そうでしたが・・・お疲れ様でした(^^)/
170617-taiken.jpg


さて、ファンダイブの方は秋の浜へ行って2DIVです。

まずは久々にテンクロスジギンポに立ち寄りました~
水温が上がって元気になりましたね。
170617-tenkuro.jpg

砂地では突然1匹のワラサ!が突っ込んできました。
やっぱり流線形のボディがカッコイイですね。
170617-warasa.jpg

痛々しい巨大ヒラメ!に遭遇。。。(><)
傷のつき方から察するに、「突きんぼ」で捕獲に失敗した傷後のようですね。
間一髪の所で逃げれたのでしょうが・・・かなり弱ってしまっていました(涙)
仕方ない事ですが、中途半端に外すくらいなら突かないでもらいたいものです!!
170617-hirame.jpg

ハシゴ周りには相変わらずものすごい数のタカベyg!が群れています。
これはこれでキレイなもんです。
170617-takabe.jpg

深場ではラッキーな事に、ヤシャハゼのペア!が見れました。(写真は1匹)
昨日、今日は水底にたくさんのイサキがウロウロしていて・・・中々ハゼが巣穴から
出ていない事が多く、見れなかったダイバーが多かったみたいです。

170617-yasya.jpg

段上では、ベニカエルアンコウが見事な擬態っぷりを見せつけて?いました(^^;
170617-beni.jpg

他には、ジョーフィッシュ3個体(1個体は口内保育中)・ナヌカザメの卵・
アカシマシラヒゲエビのペア・アオリイカ・アオリイカの卵・イシガキダイ・
イラ・ホウライヒメジ・ハリセンボン・メジナ・カレイの仲間・イロカエルアンコウ・
オルトマンワラエビ・シロウミウシ・ニジギンポ・トウシマコケギンポ・マツカサウオ
などが。

明日は北東風が強くなり、天気も雨予報(><)
潜れる海が限られてきそうです
。。。


ソウシカエルアンコウに出会う!

6月16日(金) 天気:晴れ

<秋の浜> 透明度:8~12m 水温:19~22℃ 海況:良好

今日は朝から強い日差しで、暑いくらいの陽気でした。
リピーターでもあるショップ御一行様をお迎えしました♪
まあ、個人のゲストは居なかったので、スタッフ3人(非常勤含め)で
調査ダイブしてきました~


水温は昨日と変わらず、まずまず快適です。

地元ガイド仲間から聞いた、あるレア生物情報を頼りに右方面へ。。。
すると、聞いていた場所とはまったく違う所でソウシカエルアンコウ!
出会いました!ちょうど移動中だったのか、ガシガシ歩いていたのですが・・・
聞いていた場所にはペアで居た!と言っていたので、その場所に行ったのですが
姿はなく・・・やっぱりさっき見た個体が、穴から移動してきてたんですね~
でも帰りにもう一度見たくて立ち寄ると、なんとその姿がありません(><)
たった5分くらい目を離にただけなのに、なんと逃げ足が速いのやらです。
元の場所に戻ってくれると嬉しいのですが・・・。無理だろなあ。。。
170616-soushi.jpg

もう一つ、頂いた情報で、フタイロハナゴイを見てきました~
コチラは情報通りの場所で見れたのですが、1枚撮ったら奥にススーっと。。。
中々ジックリ撮らせてもらえませんでした。
170616-futairo.jpg

セナキルリスズメダイygは、水温が上がって、以前よりも表へ出てきます♪
越冬してしまった事事態、素晴らしいですね。
170616-senaki.jpg

中央エリアでは、昨日見たジョーフィッシュの口内保育は今日も見れました!

逆に昨日は見れたヤシャハゼのペアは、イサキがうろついていたせいで、
見れずでした(><)
その代わりに?今回もセミホウボウがウロウロしてました。
170616-semihoubou.jpg

浅場に戻る途中、クビアカハゼも元気な姿を見せてくれました。
170616-kubiakahaze.jpg

段落ちで、イロカエルアンコウをチラ見してからハシゴに戻ると・・・
先に戻っていたスタッフ達が、何やら撮っていました。
極小サイズのツツイシミノウミウシでした(^^;
綺麗なウミウシですね♪
170616-tutuisimino.jpg

さて、明日から伊豆大島MDフェアーです!!
ちょっとした大島のダイビング祭りなのですが、大勢のゲストさんで盛り上がりそうです。








ジョーフィッシュの口内保育始まる!

6月15日(木) 天気:晴れ

<秋の浜> 透明度:8~12m 水温:20~22℃ 海況:良好

午前中に土建業のバイトを済ませ、午後からは久々の調査ダイビング♪
天気もいいし、風も弱く、海は穏やかです!


ENすると・・・ん?暖かい!どうやら黒潮の恩恵で大島中、水温がUPした様子。
浅場(3~10m)は22℃、深場(水深30~40m)でも水温20℃でした!
ただ透明度は今一つ、青くないんですよね~(^^;

さて本日のトピックス!は何と言ってもジョーフィッシュの口内保育ですね!!
毎年6月くらいから始まるので・・・最近マメにチェックはしていたのですが、
今年は今日が初観察となりました。(個人的にはですが)
この後、数週間ほどで孵化させては、もう一度・・・と何度か産卵と口内保育を
繰り返しますが、今年も何回も口内保育が見れると嬉しいですね♪
170615-jyo.jpg

側ではヤシャハゼのペア!も元気な姿を披露してくれました!
ただこうしてペアで寄って撮れるのも、平日ならではなんですよね~(^^;
週末はフラッシュを浴び過ぎてなのか?とてもシャイになってしまいます。
170615-yasya.jpg

本当は深場をジックリとリサーチする予定でしたが、思わぬジョーの口内保育の
おかげで、エアーも時間も使ってしまったので、深場はサックリと。。。

深場で定番のジボガウミウシ!が見れました。だいたい30m以深が多いんです。
170615-jiboga.jpg

写真はNGでしたが、コウリンハナダイの♂が元気に中層を泳ぎ廻っていました。

一気に浅場に戻り、、、定番のマツカサウオ若魚に。。。まだ金色の大きさをキープ。
170615-matukasauo.jpg

久々にイロカエルアンコウを撮りました。今日はエスカー振り回してご機嫌そうでした。
170615-iro.jpg

ラストはちょうどサラサエビを捕食した直後のコウイカ!です。
口元から、ちょっとはみ出した、エビの触覚と足が、とてもリアルでした(^^;
170615-kouika.jpg

水温が上がると、どんどんいろんな魚が現れ始めるので明日以降も期待大ですね!!




プロフィール

OFかっすん

Author:OFかっすん
伊豆大島ダイビングサービス
山&星のネイチャーガイド
オレンジフィッシュ代表 粕谷浩之

ダイビングの情報&陸のネイチャーガイドの記事や写真を紹介しています。

最新記事

最新トラックバック

検索フォーム

ブロとも申請フォーム

QRコード

QR