冬らしくウミウシ増えてました~

2月9日(金) 天気:晴れ 気温:3~10℃ 風:南西(中)

<秋の浜> 透明度:15m 水温:16℃ 海況:良好

このところ、穏やかな陽気が続いています。
午前中に、秋の浜へ1本調査で潜ってきました~


水温は16℃台で安定してます。透明度もまずまず。。。

沖へ向かう途中の大きな岩で、ミドリガイ系が沢山見つかりました。
まずはハナミドリガイ!
大島では冬~春にかけてもっともポピュラーな種です。
180209-hanamidorigai.jpg

チゴミドリガイも数は少なめですが、定番種ですね。
180209-chigomidorigai.jpg

アオボシミドリガイはさらに個体数が少ないですが毎年の定番です。
180209-aobosimidorigai.jpg

砂地に視線を移すと、クビアカハゼが寒さに負けず元気でした♪
180209-kubiakahaze.jpg

オオモンカエルアンコウygは少しだけ成長してて、定位置でした。
180209-oomon.jpg

沖ではクダゴンベも変わらず元気です。
180209-kudagon.jpg

他にも、アサヒアハナゴイ・スジハナダイ・フタイロハナゴイなども♪

浅場へ戻り、久々にサガミリュウグウウミウシが見れました。
個人的には驚く事に約半年ぶり?そんなに珍しくもないのに不思議です。
180209-sagamiryuuguu.jpg

ムラサキウミコチョウも相変わらずの定位置でしたが、今日はペアで!
180209-murasakiumikochyou.jpg

個人的にはようやくマツバギンポygが目に入ってきました(^^;
情報だけはかなり以前から聞いてはいたのですが。。。
180209-matubaginpo.jpg

ラストはサガミミノウミウシの幼体!
本当に美しい色合いの種で、比較的春先によくみかけます。
180209-sagamimino.jpg

他にも、フリエリイボウミウシ・スミゾメミノウミウシ・ニシキウミウシ(大・小)・
アカシマシラヒゲエビ・アカホシカクレエビ・キリンミノ・ヨコシマエビ
などが。

明日から久々にゲストのいる週末です。
あまり荒れないでもらいたいですね~



久々のブログ更新!

2月3日(土) 天気:晴れ

<野田浜> 透明度:10~15m 水温:17℃ 海況:流れあり

毎年の事ですが、冬恒例の副業が忙しく、中々潜れない日々が続いておりまして、
実は先日の2月4日に腰を痛めてしまい、しばらくリハビリ中でした(><)
2月8日現在、ほぼ回復しましたが、完全復活は明日2月9日からと致します(^^;


そんな訳で、先週の土曜日にスタッフのさやかが、レンタル用のドライスーツの
水没チェックを兼ねて、野田浜に1本潜ってきてもらいました。


何より驚きだったのは、未だにツバメウオが群れ!で健在だった事です!!
その数16匹!!残念ながらこの写真には11匹しか映っていませんが、
ちゃんと数えて、間違いなく16匹居たそうです。

昨年12月初旬に見たっきり、潜っていなかったので・・・てっきり冬で水温下がったから
とっくに消えているだろうと思っていましたが、まだ生き残ってしかも住み着いて
いたんですね~ やっぱり大島は南国化してきてます。
180203-tubameuo.jpg

他にはウミウシが少々。。。

久々のミカドウミウシの幼体!
180203-mikado.jpg

ダイダイウミウシ!冬になって今年も定番種が出始めました。
180203-daidai.jpg

ツツイシミノウミウシ!この頭でっかちなフォルムが可愛いウミウシです。
180203-tutuisimino.jpg

秋の浜は、水温15~16℃に対して、西側はやや暖かいようですね♪


降雪?!の中のダイビング

1月26日(金) 天気:晴れ時々曇り 気温:3~7℃ 風:西(弱)

<秋の浜> 透明度:15~20m 水温:15.8~16.0℃ 海況:良好

本日は気温こそ昨日よりは高かったものの、午前中はそこそこの西風が吹き、
体感的には昨日より寒く感じました。
何より午前中は、チラッとではありますが、雪が空から舞ってきたくらいですから(^^;

本当は西側のポイントに1本くらいは・・・と思っていましたが、思った以上に西風で
海が荒れていたので、今日もおとなしく秋の浜へ2DIV♪


今日見れた初者は。。。

アカネコモンウミウシ!個人的には約1年ぶり?くらいとなります♪
180126-akanekomon.jpg

そしてシロイバラウミウシも冬らしく、出てきましたね~これからもっと見れるかな?
180126-siroibara (1)

ここからは定番種ですが。。。

約1ヵ月半ぶりに、ホタテツノハゼ!を確認出来ました。
最近は、巣穴から出ていない事が多かったので、もう諦めていましたが、健在でした。
180126-hotatetunohaze.jpg

シテンヤッコygも久々に見れました。今シーズン見てきた個体の中でも一番チビでした。
180126-sitenyakko.jpg

美味しそうな?大きなマダイが捕食でウロウロしてました~
180126-madai.jpg

昨日見れた、アマミスズメダイyg!は今日も定位置でご機嫌な様子♪
しばらくここで見れるかな。。。
180126-amami.jpg

深場では大きなクダゴンベ!が存在感出していました~
180126-kudagonbe.jpg

側ではスミレナガハナダイのメスも優雅に泳いでましたね~
180126-sumire.jpg

他にも、アサヒハナゴイyg・ケラマハナダイyg・カシワハナダイyg・スジハナダイ・
アブラッヤコyg・フタイロハナゴイyg・アカシマシラヒゲエビ・イソギンチャクモエビ・
イサキの群れ!・ボラの群れ!
などが見れてます。

明日からの週末はセルフで潜るショップ様のみ。。。
春が待ち遠しいですね~



久々にファンガイドで。。。

1月25日(木) 天気:晴れ 気温:0~6℃ 風:南西(弱)

<秋の浜> 透明度:15m 水温:16℃ 海況:良好

都心では48年ぶりにー4℃と、かなり冷え込んでニュースになってましたが、
大島でも朝の気温は0.5℃と、今年一番の冷え込みでした(><)

それでも昨日や一昨日の猛烈な西風に吹かれるよりは、体感温度的には
全然暖かく感じました~

さて、本日からリピーターゲストさんと一緒に約1週間ぶりのダイビング。。。
そもそも今回のゲストさんは最初の予定では月~火だったのですが、
あまりにも強風続きだったので、延期して今日でした。結果大正解ですね♪

昨日まで大シケだった西のポイントは避けて、今日は秋の浜に2本です。
透明度&水温共に、あまり変化なしです。


本日最初の大物は、THEコブダイ!80cmくらいで中々の迫力サイズでした。
180125-kobudai.jpg

そして復活の?アマミスズメダイyg!まだこんな小さい奴が残ってたんですね。
180125-amamisuzumedai.jpg

冬らしく、巨大なイズカサゴ!いつも大きくて存在感バツグンです。
180125-izukasago.jpg

今シーズン貴重で人気のオオモン?イロ?カエルアンコウの幼魚!健在です。
180125-oomon.jpg

フカミスズメダイygも元気でした~
180125-fukami.jpg

そして相変わらず個体数の多いフタイロハナゴイ!
180125-futairo.jpg

イサキの群れ!を追いかけまわしていた、巨大なヒラマサ!
180125-hiramasa.jpg

浅場のムラサキウミコチョウは1匹だけになってましたが、健在です。
180125-murasakiumi.jpg

最後に可愛らしい正面顔だったので1枚。。。キタマクラです(^^;
180125-kitamakura.jpg

他にも、アカボシハナゴイyg・スジハナダイ・カスザメ・キツネベラyg・
サクラダイygメス・アカホシカクレエビ・ヨコシマエビ・カンムリベラyg
など。

明日も引き続き、気温が低く寒そうですね~(^^;






初ドライゲストさんの日帰りDIV♪

1月21日(日) 天気:晴れ 気温:15℃ 風:北東風(弱)

<秋の浜> 透明度:15m 水温:16℃ 海況:やや波あり
<ケイカイ> 透明度:15m 水温:16.8℃ 海況:波無し、流れあり


久々にゲストが居たオレンジフィッシュです(^^;
本日は、リピーターさんで、初ドライにチャレンジしてくれたゲストさん♪
若さもあるのでしょうが、すぐに感覚をつかんで、とっても上手に潜られていきました。

1本目は、ドライ講習(ドライ慣れ)を含め、短めに、中性浮力を中心に。。。

それでもこんなに可愛いコガネキュウセンygのペア!なんかと遊び。。。
180121-koganekyuusen.jpg

側ではクリアクリーナーシュリンプが元気でした♪
180121-kuriakurrna.jpg

浅場ではカンムリベラygが寒さに負けず頑張っています。
180121-kanmuribera.jpg

他にも、フタイロハナゴイ・カスザメ・イサキygの群れ!などが。


2本目はウミガメのリクエストで、今年初!となるケイカイへ、、、

まずはお約束のアデヤカミノウミウシ!
結局この場所に1年中居ましたね~
180121-adeyakamino.jpg

沖へ出ると、大きな岩の隙間でテングダイ!
180121-tengudai.jpg

側では産卵中のスミゾメミノウミウシ!
180121-sumizomemino.jpg

そしてラストはお約束のアオウミガメなのですが・・・
ゲストとカメの2ショットは残念ながら撮れませんでした~(><)
180121-kame.jpg

他にもコブダイ・アオブダイ・ホウライヒメジの群れなどが。

明日からリピーターゲストさんと潜る予定でしたが・・・
潜れる海が無さそうでしたので、急遽1日後ろにずらして、
明後日からに変更となりました。







水温が少し復活してました~

1月16日(火) 天気:晴れ 気温:13℃ 風:南西(弱)

<秋の浜> 透明度:15m 水温:17.4℃ 海況:良好

毎年1月~2月は、予約が少ないので副業に励んでおりますが・・・
今日は会社がお休みだったので、午前中にDIYを済ませ、午後から1本、
調査で潜ってきました~


前回に比べると、やや白濁感はありましたが、水温が17℃台に復活して
まあこの時期の通常水温に近かったと思います。


ENしてすぐにツツイシミノウミウシが目に留まりました。
浅場に多い種ですが、久々に見た気がします。
180116-tutuisimino.jpg

沖に出て、先日見れたアカボシハナゴイygに立ち寄りました♪
水温のせいでしょうか?鰭が痛々しい姿ですが、健在でしたね。
180116-akabosihanagoi.jpg

相変わらず多いフタイロハナゴイヒオドシベラygをチラ見しつつ、
深場へ進み、アサヒハナゴイとスジハナダイの2ショット。
180116-asahihanagoi.jpg

他には特にめぼしい魚も見当たらず・・・浅場へUターン。

途中、オオモン?イロ?カエルアンコウのチビ助に寄り道。。。
やっぱり何度見てもこの大きさはカワ(・∀・)イイ!!
180111-oomon.jpg

そしてキリンミノがいい感じの岩に着いていたので1枚。。。
180116-kirinmino.jpg

浅場ではこの寒い冬&水温にも関わらず、ツノダシが泳いでいました。
やっぱり最近の海はちょっとおかしいです(><)
180116-tunodasi.jpg

そういった意味ではこのサザナミヤッコygなんかも越冬しそうな雰囲気。。。
180116-sazanami.jpg

ヨコシマエビは久々にペアになって仲良く並んでいました~♪
180116-yokosimaebi.jpg

もうちょっと、ウミウシ類が目に留まると思ったのですが・・・意外と見当たりません。
やっぱり水温が関係してるんですかね~?



新年、初潜り!!

2018年1月11日(木) 天気:晴れ 気温:7℃ 南西風:9m

<秋の浜> 透明度:15~20m 水温:15.4~16℃ 海況:良好

新年、明けましておめでとうございます!
今年もオレンジフィッシュをどうぞ、よろしくお願い致しますm(--)m


さて今年は元日にショップさんに同行して潜らなかった為、なんと本日が
僕の初潜り!となりました。おそらく過去11年で一番遅い初潜りでしたね(^^;


今週に入ってずっと西風が強く、、、こりゃ水温下がってるんだろうなあ。。。と
思い潜ってみたら・・・やっぱり冷たかった~(><)なんと15℃台です。
1月初旬にして、例年の最低水温にほぼ近かったですから、先が思いやられます。

潜る前に、ガイド仲間からいくつか新ネタを教えて頂き、早速見に行ってきました!

まずはコイツ♪
アカボシハナゴイyg!です。まだ2cmくらいの超カワ(・∀・)イイ!!サイズでした♪
運良く潮が微妙にかかっていたので、全然逃げずに良い子でした。
180111-akabosihanagoi.jpg

そしてもう1匹、貴重な新ネタ♪
オオモンカエルアンコウyg!です。こちらは1cmあるかないかの極小サイズ!
しかもクリーム色な雰囲気で、超カワ(・∀・)イイ!!個体でした。
この大きさの個体を最初に見つけるガイド仲間は神レベルですね。素晴らしい。
180111-oomon.jpg

もちろん去年からの人気シリーズも、ほぼ定位置でした♪

まずはフタイロハナゴイ!相変わらず個体数多いままです。
18111-futairo.jpg

そしてヒオドシベラyg!だいぶ成長して見つけやすくなってきました。
と言うより、こんなに長く見れるとは思ってもいなかったですね~
180111-hiodosibera.jpg

そしてようやくまともに撮れたミナミハナダイ属の1種!
なんとも言えないこの美しいグラデーション柄と尾鰭が素敵過ぎますね♪
今日みたいに潮がそよそよかかってる日は、撮りやすいのでおススメです。
180111-minamihanadai.jpg

久々にジボガウミウシなんかも目に留まりました。これからウミウシシーズンですね。
180111-jiboga.jpg

実は今日は水底ばかりが賑やかだった訳ではなく、中層からも目が離せませんでした。
その理由はコイツ♪

THEヒラマサ!です。1mは余裕であるBigサイズでした!
この子が、中層の回遊魚たちを縦横無尽に追いかけまわしていたのです。迫力満点!
180111-hiramasa (1)

そして写真は撮れませんでしたが、大きなクロマグロが3匹、レーザービームのような
スピードで泳ぎ去っていきました!超興奮♪

そんなこんなで、あまりにも楽しかったので、つい長居してしまい・・・ダイコン見てビックリ。
大慌てで、浅場に戻りました~

浅場では、クリアクリーナーシュリンプが撮りやすい位置にいました♪
18111-kuriakurnasyurinpu.jpg

そして去年から見れてたムラサキウミコチョウは、なんといつの間にかペアに♪
180111-murasakiumikochyou.jpg

カンムリベラygもこの水温でも頑張っていました。
180111-kanmuribera.jpg

いやあ、水温は低かったけど透明度は抜群だし、久々の海はやっぱり楽しい!
でも潜り過ぎには、皆さんも注意しましょう(^^; この水温で90分超はキツかった~(><)


1月は予約が全然ありませ~ん(><)是非この暇な時期にマンツーマンで潜りませんか?
皆様からのご予約を心よりお待ちしておりまーす!




プロフィール

OFかっすん

Author:OFかっすん
伊豆大島ダイビングサービス
山&星のネイチャーガイド
オレンジフィッシュ代表 粕谷浩之

ダイビングの情報&陸のネイチャーガイドの記事や写真を紹介しています。

最新記事

最新トラックバック

検索フォーム

ブロとも申請フォーム

QRコード

QR